We define an ideal crystal as a body composed of atoms arranged in a lattice such that there exist three fundamental translation vectors a,b,c,with the property that the atomic arrangement looks the same in every respect when viewed from any point r as when viewed from the point r'=r+xa+yb+zc,where x,y,z are arbitrary integers.

 この英文を訳せる方いますか?これで1文です。(長いっす!!) どこで区切っていいのか文法的に分かりません。英語に詳しい方は教えてください。よろしくお願いします。

 ちなみに lattice=格子 arbitrary integers=任意の整数 です。(辞書で調べました。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

結晶学ですね。


区切りは、以下のように考えます、

1)We define an ideal crystal as a body composed of atoms arranged in a lattice
定義したという主文。

2) such that there exist three fundamental translation vectors a,b,c, with the property
格子について説明。

3) that the atomic arrangement looks
the same in every respect when viewed from any point r
as when viewed from the point r'=r+xa+yb+zc,
where x,y,z are arbitrary integers.
the propertyの具体的性質について説明。

離れているけど、the sameから asまでがひとまとまりで、
~ looks the same as ~
~が~と同じように見える。
ということです。
whereはもちろん、ここでx,y,zは~という説明ですね。

日本語の方は長々と書くとよけいわかりにくいので、幾つかに区切って書くと、

1格子中に複数原子が配置されているものを一つの構成とした結晶を定義します。
その格子は3つの基本変換ベクトル(ようするに格子ベクトルのことです)a,b,cがあり、このベクトルは、原子の配列がどんな視点rから見たときでも、r'=r+xa+yb+zcから見たときと同じになるような性質をもっています。
ここでx,y,zは任意の整数です。

てな具合です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご回答ありがとうございました。
文法的にも非常によく分かりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/03/29 16:38

まず


「我々は原子が格子状にならんだ構造をもつ理想的な結晶を定義する」
これはsuch thatまでです。

で、それはどんな格子構造(body)かというと、
「ある特性を持った、基礎となる変換ベクトルa,b,cが存在するような」構造。

その特性(property)とは
「その原子配列が(ベクトル空間の)どの点rから見ても、
r'=r+xa+yb+zc(x,y,zは任意の整数)
で表される点r'から見るのと同じように見える」特性。
(the same -- as --です)

意味的には
格子配列の点をrとして、r'=r+xa+yb+zcで変換すると同じ格子状配列
になるような原子配列を持つものを理想な結晶とする
ということのような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくご説明していただいて本当にありがとうございました。
順を追って説明していただいたので文法的にも非常によく分かりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/03/29 16:42

ちなみに lattice=束、格子 Space lattice=空間格子(結晶において三次元的に一定の間隔を隔てて表れるような点の配列) Crystal lattice 結晶格子 のようです。

(辞書で調べました。)
    • good
    • 0

我々は理想的な結晶を定義する ― 原子から成る体が格子で取り決めたように、ようである ― 3つの基本的変換ベクトルa,b,cが存在する、{極小の取り決めがあらゆる点で同じものに見える} 特性でどんな点rからでも見られる、{ x,y,zが任意の整数である} 点r'=r+xa+yb+zcから見られる。



ポケトラエコで直翻したらこうなりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。本当に助かりました。

お礼日時:2001/03/29 15:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QThen took the other, as just as fair, ... : Robert Frost の"The Road Not Taken"から

Robert Frostの”The Road Not Taken”という詩にめぐり合いました。が、その一部がよくわかりません。

全部で4つのスタンザからなる詩ですが、そのうち第2スタンザまでを下に引用します。
TWO roads diverged in a yellow wood,
And sorry I could not travel both
And be one traveler, long I stood
And looked down one as far as I could
To where it bent in the undergrowth;

Then took the other, as just as fair,
And having perhaps the better claim,
Because it was grassy and wanted wear;
Though as for that the passing there
Had worn them really about the same,
(以下は省略。全体は、”The Road Not Taken” さらに訳例は ”行かなかった道” などで検索していただくと出てきます)

この第2スタンザの最初のlineの後半:
as just as fairの部分がよくわかりません。

(1)直訳して、
さらに
(2)文法・語法的に、さらに修飾関係を説明して、
いただけませんでしょうか?

《以下は補足です》
1.
駒村利夫氏訳では、このスタンザは次のとおりです。
「そこで私はもう一方の道を選んだ。同じように美しく、
草が深くて、踏みごたえがあるので
ずっとましだと思われたのだ。
もっともその点は、そこにも通った跡があり
実際は同じ程度に踏みならされていたが。」

2.
辞書を引くと、『ジーニアス英和辞典』(第4版)は
“just as good[bad, big] (as O):…と同じくらいによい[悪い、大きい]”
という成句が挙がっていましたが、件の表現と何か関係があるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Robert Frostの”The Road Not Taken”という詩にめぐり合いました。が、その一部がよくわかりません。

全部で4つのスタンザからなる詩ですが、そのうち第2スタンザまでを下に引用します。
TWO roads diverged in a yellow wood,
And sorry I could not travel both
And be one traveler, long I stood
And looked down one as far as I could
To where it bent in the undergrowth;

Then took the other, as just as fair,
And having perhaps the better claim,
Because it was grassy an...続きを読む

Aベストアンサー

Then took the other, as just as fair,
最初のasは「~なので」と理由を述べる接続詞で、just as fair は辞書でご覧になったjust as ... と考えればいいのではないでしょうか。
訳はそのまんまですが「同じくらいにきれいだったので」

QThomas Nagel.The View from Nowhere,Oxford UP

Thomas Nagel.The View from Nowhere,Oxford UPの内容を知っている人はどんなものかさわりの部分だけでいいのでおしえてください。ちなみに、これを日本語訳するのはどのくらい大変ですか。(一般的に考えて)

Aベストアンサー

斜め読みしたことがあります。

内容は、
1.序論、2.心、3.心と身体、4.客観的自己、
5.知識、6.思考と実在、7.自由、8.価値、9.倫理、10.正しく生きることと善く生きること、11.誕生と死そして人生の意味

というふうに分かれていて、哲学者が取り上げるような問題を大体カバーしています。
しかし、過去の哲学者の思想を紹介するという本ではなく、著者自身の考えを述べた本です。
「人間が、主観的な視点から出発して、どのようにして客観的な視点から世界を見るようになって行くか」という問題を立てて、「人間にとって、主観性を克服することは大切だけれど、客観性にも限界がある」というような方向で議論を進めている本だと思います。

哲学の本にしては、英語は平易です。しかし、英語の哲学用語がたくさん出てくる(たとえば、skepticism(懐疑論)、realism(実在論)、autonomy(自律)など)ので、訳すのが大変かどうかは、哲学の用語を知っているかどうかにもよります。

QThe same as I am now.の意味を教えて下さい。

英文を読んでいて???マークが私の頭上に現れたので、お聞きさせてください。

太郎:I'd like to be self-employed.
花子:So what would you like to do?
太郎:The same as I am now.

The same as I am now.の意味を教えて下さい。

ちなみに
花子:So what would you like to do?
のところはSo what would you like to do exactly? と
exactlyが入るべきでしょうか?

どなたかわかる方、お願いします.

Aベストアンサー

Gです。

私なりに説明させてくださいね。

The same as I am now.は私としては、I would like to do the same thing as I am doing now.といっていると感じます。

The same as I am doing now.と言う事ですね。

つまり、今やっている事と同じことだけど、自営業として、同じことをして、お金をもらい生活の糧にしたい、といっているのでしょう。

exactlyと入れる事によって、はっきりした事は分かっているの? 縛全的なことではなく、具体的には何をしたいの?といっているわけですね。

これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。

Qas , while , when の違いは? (英語、接続詞、TOEIC、英検)

as , while , when の違いを教えていただけないでしょうか m(_ _)m
よろしくお願い致します m(_ _)m

Aベストアンサー

時間をしめすという話に限ってかいせつします。
asは同時性が高い時、同時に起こっていることが意識にあるとき
よく使われます。
whenはそれほど同時性は問われません。例えばカナダに住んでいた時
その話をきいたっていうような時は、
When I was in Canada, I heard that story.
でasは使いにくいと思います。
whileはなにか両方が進行している感覚がある時につかいます。
時という訳をあてはめることができる場合でも、一方と言い換え
れるような場合という感覚です。

Qseen from the planeはlooked at from the planeではダメか?

分詞構文勉強中です。

質問内容は、

Seen from the plane, the island looled like a turtle.

というような、よくあるやつです。

これのseen from the planeの部分を考えろというような問題だったのですが、
語数指定がなかったので、

Looked at from the plane, the island looked like a turtle.

でも文法的には正しいのでは?という疑問を抱きました。

lookとseeの違いと言えば意識的に見るのか、無意識的に目に入ってくるかの違いが有名なので、それでlook atはダメなのかなとも思いましたが、この場合どちらととってもいいように思えます。

ならば、もしやlook atは受動態にできないからなのか?と考えたのですが、look atを受動態で使ってはいけないという記述も見つけることができず、むしろ群動詞として使えるみたいな風に書いてあるものをよく見ます。

でもネットで"seen from the plane"を検索するとやたら出てくるのに対し、"looked at from the plane"は数件しか出てきません。ってことは使われてないってことですよね?

文法的になぜseeはokでlook atがこの場合ダメなのかが知りたいです。

今のところ自分の知識を総動員して考えると…
やっぱり受動態の関係で、ダメなのではないか…という推測をたてています。
目的語が影響を受けるとか受けないとかそんな話では…?と推測してますが、これに対しての明確な答え、というか、納得できる考え方をお持ちの方がいたらぜひお願いいたします。

※本来、英語とは言語なので、理屈だけで説明できるわけではないということはわかっています。それでもこれはこうだからこう!という答えをもって自分の中で納得したいのです。

分詞構文勉強中です。

質問内容は、

Seen from the plane, the island looled like a turtle.

というような、よくあるやつです。

これのseen from the planeの部分を考えろというような問題だったのですが、
語数指定がなかったので、

Looked at from the plane, the island looked like a turtle.

でも文法的には正しいのでは?という疑問を抱きました。

lookとseeの違いと言えば意識的に見るのか、無意識的に目に入ってくるかの違いが有名なので、それでlook atはダメなのかなとも思いま...続きを読む

Aベストアンサー

「look at」は瞬間的、表面(をなぞり)的な感じがします。これはあくまでも私の感じです。以下も同様ですが、参考までに。

話を単純化するために能動態で考えてみます。
「機内から」「島を」「見た」なら、それは「島」として「見た」のでそれを「亀」として「見た」(「亀」に見えた)というのは、論理的に矛盾するような気がするのですが。「島をみたら、そこに亀が見えた」ならば矛盾がないように思いますが。
「see」ならば、まだ一個の対象として「島」を捉えるより一息前の時間が記述されているような気がし、次の瞬間、「島に見えた」といっても矛盾していないのではないでしょうか。

「look」は自動詞だと考えれば、やはり受動態には厳しいものがあるかと。

また辞書によれば「look at」には「点検する」の語義があって、そのときにこそ受動態がぴったりするとあります。
I have my car looked at.〔ジーニアス4版p1160.〕


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報