自分のお店を開く時の心構えとは? >>

電源回路の避雷対策として、酸化亜鉛バリスタを使用しているのですが、
バリスタの性質を素人に説明するのに「制限電圧>バリスタ電圧」となる理由が
上手く説明できずに困っています。

http://www.chemi-con.co.jp/catalog/pdf/va-j/va-s …
上記URLの資料によれば、「バリスタを被保護回路または半導体素子に
並列に挿入すると、回路にサージが印加されたときにサージ電圧 Vs と
サージインピーダンス Zs によって決定されるサージ電流 Is を流すことにより
サージ電圧をバリスタの制限電圧 Vclamp に抑えます。」とあるのですが、
これはつまり、サージの条件が一定で、同じ定格のバリスタを使用していても
被保護回路の入力インピーダンスによって制限電圧が変化するということで
合っていますか?

また、上記の資料でIs=Vs/Zsの関係ある一方で、部品メーカーのデータシート
に記載されている電圧電流曲線などでは、バリスタに流れる電流(Is)が多いほど
制限電圧も高くなる傾向を示しています。
ということは、被保護回路のインピーダンスが高い方がバリスタの制限電圧が
低くなり、雷サージによる被害を受けにくくなるということでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

サージインピーダンスと言っているインピーダンスは被保護回路の


入力インピーダンスではありません。サージ源からサージ電流が
流れてくる経路のインピーダンスです。雷の場合は空気中のプラズマ、
電灯線、電源回路、通信線と電源との静電容量によるインピーダンスなど
いろいろの合計です。

実際サージインピーダンスがいくらあるかなんて解りません。ただ
何らかのサージインピーダンスがあって、サージ電流が流れるという
ことを式で示しているだけです。

きちんと保護されるとして、保護されるということは、被保護素子には
サージ電流は流れない訳です。流れたら壊れてしまいます。

「制限電圧>バリスタ電圧」となる理由は、バリスタにサージ電流という
大きな電流が流れると、バリスタの内部抵抗によりその端子電圧が
大きくなるからです。

これは質問者さんご自身が「バリスタに流れる電流(Is)が多いほど
制限電圧も高くなる傾向を示しています。」とおっしゃっている事と
同じことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、サージインピーダンスというのは被保護回路には無関係なのですね。
サージが伝達しにくい経路を通ってくるのであれば、相対的に制限電圧も下がる
という説明なら直感的に理解して貰えるような気がします。

お礼日時:2010/03/11 22:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定格と制限電圧について

雷サージ付のトリプルタップ(STT153W)を買いました。
ネットでの説明を見ると、以下のように書いてあります。
--
定格:15A 125V
雷サージ機能:最大サージ電圧=4500V/制限電圧=330V

(参照URL↓)
http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001000790613/index.html

定格125Vということは、この商品は海外では使えないということでしょうか?
それとも、制限電圧330Vとあるので、240Vの国でも使えるのでしょうか?
お教え下さい。

Aベストアンサー

100V用(125V)と200V用は、そもそも差し込みプラグの形状が異なるため、差し込めません。
制限電圧は、サージ電圧を放電したときに、何ボルトまで抑えるかということなので、定格電圧の240Vとは関係ありません。
だから、使えないですね。

プラグの形状
http://www.travelerscafe.jpn.org/electricity.html

Qフェライトコアの正しい取り付け方について

お世話になります。
自分はノイズ対策とかそういうものが大好きで、
色々なものにフェライトコアを付けています。
しかし、以前から疑問だったのですが、フェライトコアの理論の説明や、
効果については色々と検索して見つけたのですが、
取り付け方の説明というのを見た事が無かったので質問に至りました。

もしかしたら、そのケーブルの種類によっても作法が異なったり、
付けない方がいいという場合もありましたら、教えて頂けると幸いです。
今回は文字だけだと説明が難しかったので画像を添付致します。
お手数をお掛けして申し訳ないのですが、何卒よろしくお願いします。

それでは、本題です。
■質問:01
フェライトコアは巻いてこそ意味があるのでしょうか?(または、効果が上がるのでしょうか?)
同様に、巻かなくもいいのでしょうか?

■質問:02
コードをフェライトコアに巻きつける場合、なるべく多く巻いた方がいいのでしょうか?(何周も)
また、巻きすぎが良くない場合など、およそ何周くらいが丁度良いのでしょうか?

■質問:03(添付の画像)
フェライトコアにケーブルを巻きつける場合、画像の様な3パターンを考えるのですが、
どの巻き方が一番良いのでしょうか?
A:コアとの隙間を広く取り、ケーブルを大きく巻く
B:コアと密着させ、小さく巻く
C:コアの周りを巻かず、ケーブルを束ねる様に中を通す

お手数をお掛けしますが、宜しくお願いします。

お世話になります。
自分はノイズ対策とかそういうものが大好きで、
色々なものにフェライトコアを付けています。
しかし、以前から疑問だったのですが、フェライトコアの理論の説明や、
効果については色々と検索して見つけたのですが、
取り付け方の説明というのを見た事が無かったので質問に至りました。

もしかしたら、そのケーブルの種類によっても作法が異なったり、
付けない方がいいという場合もありましたら、教えて頂けると幸いです。
今回は文字だけだと説明が難しかったので画像を添付致します。
お...続きを読む

Aベストアンサー

1.「巻いた方が効果が上がる」です。コアの中を貫通させるだけでも効果は有りますが、コアの中を通る磁束を高めた方が効果が出ます。

2.1の通り
巻きすぎるといろいろとロスも発生しますので、程度問題では有りますが・・

3.
Aのように隙間を空けてはコアを通らない磁束が大量に発生して効果が薄れます。
Cの往復ではケーブルの外に出る磁束が往復でキャンセルされてしまい効果が薄れます。
という事でBの密着巻きです。

Qバリスタの破壊原因について

バリスタ(サージアブソーバ)の破壊原因について、お知恵を拝借したくお願いします。

電源はAC100V 電源コネクタはアース付3P LとNの両方にヒューズ(125V 5A) その後にL-GND間、N-GND間、L-N間にバリスタ その後にスイッチングDC電源 負荷はモータ・制御回路

1、L-GND間のバリスタが破壊し、L側のヒューズが溶断した。
  (どちらが先かは不明)
2、機器の電源が入らなくなった当日の天候は晴れ
3、「故障当日以前に何らかの外的要因(サージ)によりバリスタが劣化・半破壊状態になった。
   その後、機器通常作動中もバリスタに電流が流れ続けて劣化が進み、ついには完全破壊となり
   ヒューズ容量を超える電流が流れ、ヒューズ溶断に至ったと考えられる。」・・・が機器メーカの見解。

そこで疑問。
メーカが言っていることは、本当に考えられるのか? 内的要因は考えられないのか?
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>仮に保護回路が入っていたとして、その回路劣化やスイッチングDC電源の経時劣化等でAC入力側(のバリスタ)に影響が出るようになるという事は考えられないでしょうか。

モータの停止時の逆起電圧をモータ側から順番に測定して見てはいかがですか。
スイッチングDC電源の入力に逆起電圧の高圧が発生していないのなら保護回路劣化やスイッチングDC電源の経時劣化は考えにくいと思います。

そのときは、やはりバリスタの外部ノイズ劣化か内部要因だと思います。


どんなシステムか分かりませんので、この程度しか言えません。悪しからず・・・。

Qパソコンに絶縁抵抗計の500Vの電圧がかかっても良いのか?

高圧受電してます(80KVAほど)漏電があったときに、回路切り分けて探すのですが、保安協会さんの年1回の停電での絶縁抵抗検査などのときに、ブレーカー切った状態で、コンセントがささったままのパソコンに500Vがかかっているのだと思うのですが、大丈夫なのでしょうか?

子ブレーカーを切ったとしても、その回路を調べるのにコンセント抜かなくても大丈夫なのかどうかと思っています。できれば、125Vで測った方が良いのかと思います。

で、親回路が生きていても、子ブレーカー切って、2次側を検電器で充電してないこと確認して、125V掛けたら、自分たちでも、コンセント回路の絶縁抵抗を計れると思っています。間違っていますでしょうか?

逆に、電動工具の絶縁抵抗を測るのに125Vでは不足なのでしょうか?

Aベストアンサー

その程度では問題ありません。
500Vの電圧と言っても、地面に対して500Vを掛けて漏電を調べるわけで、パソコンは100Vの電源のラインに、地面に対して500Vの電圧がかかっても壊れない設計になっています。
もし、100Vの電源の入力に500Vをかけたら間違いなく壊れるのですが、メガーと言われる絶縁測定の計器はその場合には自動的に低い電圧しか出ない設計になっていますから、壊れることはありません。

絶縁を測定するのには、正しい知識と方法が無いと危険です。
正しく測定するならば125Vでも測定できますが、間違えると事故や破壊の原因になります。
メガーと呼ばれる絶縁測定の計器ならば、比較的間違いが起きにくい設計になっているのですが。

なお、メガーと呼ばれる絶縁測定の計器には100Vや250Vや1000Vなど、使用目的に合わせた試験電圧の物が用意されています。
これは、非直線性と言って、たとえば100Vならば電気は漏れないけれど1000Vならば漏れる、という場合もある事と、逆に100Vの電圧をかけても問題ないけれど1000Vの電圧をかけると破壊されたり劣化したりする物があったりするからです。

家庭の100Vのラインに接続されている機器でしたら、100Vのラインにメガーと呼ばれる絶縁測定の計器で500Vを掛けても全く問題ありません。

その程度では問題ありません。
500Vの電圧と言っても、地面に対して500Vを掛けて漏電を調べるわけで、パソコンは100Vの電源のラインに、地面に対して500Vの電圧がかかっても壊れない設計になっています。
もし、100Vの電源の入力に500Vをかけたら間違いなく壊れるのですが、メガーと言われる絶縁測定の計器はその場合には自動的に低い電圧しか出ない設計になっていますから、壊れることはありません。

絶縁を測定するのには、正しい知識と方法が無いと危険です。
正しく測定するな...続きを読む

QUSBホスト機能とは何ですか?

よくMP3プレーヤーの仕様に「USBホスト機能」と書かれていますが、これはどんな機能なのですか?
(「USBストレージクラス」とは違うのでしょうか?)

Aベストアンサー

USBホスト機能とは、USBの周辺機器を接続するための「親」になる機能です。USBは、その対応機器が「ホスト」「デバイス」に別れており、「ホスト」は「デバイス」に対し接続制御を行える端末、「デバイス」は「ホスト」から制御信号を与えられて初めてデータ伝送が行える端末、という区別が為されます。

通常は、「ホスト」になるのはPCであって、「デバイス」はPCの周辺機器ということになります。例えばPCとマウスをUSBで繋ぐとき、PCがホスト、マウスがデバイスになります。この時、PCのUSBインターフェースはホスト専用ですし、マウスはデバイス専用ということになります。間違ってもこの関係が逆転することはあり得ません。
デジカメをPCに繋ぐときも同じことが言え、PCが「ホスト」、デジカメが「デバイス」です。同じようにプリンタをPCに繋ぐときはPCが「ホスト」、プリンタが「デバイス」になります。

ところが最近は、PC抜きでデジカメとプリンタを繋いでデジカメの写真をプリントしようという機能が付けられるようになりました。この時、デジカメとプリンタは両方とも「デバイス」ですから、そのままでは接続しても動作しません(制御信号を与える役目の装置がない)。よって、例えばデジカメにUSBホスト/デバイスの両方になれる機能を持たせることで、他にUSBホストがいる場合(PCとデジカメを繋いだ場合)はデジカメはUSBデバイスに、他にUSBホストがいない場合(デジカメとプリンタを繋いだ場合)はデジカメがUSBホストに、というように、ケースバイケースで様々な組み合わせを可能にするような周辺機器が登場しています。

MP3プレイヤーのUSBホスト機能がどういった役に立つのかはそのMP3プレイヤーによって異なりますが、USBホスト機能がある場合は他のUSB周辺機器を繋げることで、PC抜きで様々な動作が可能になっている、と思えば良いでしょう。
当然ですが、USBストレージクラスとは別の用語となります。

USBホスト機能とは、USBの周辺機器を接続するための「親」になる機能です。USBは、その対応機器が「ホスト」「デバイス」に別れており、「ホスト」は「デバイス」に対し接続制御を行える端末、「デバイス」は「ホスト」から制御信号を与えられて初めてデータ伝送が行える端末、という区別が為されます。

通常は、「ホスト」になるのはPCであって、「デバイス」はPCの周辺機器ということになります。例えばPCとマウスをUSBで繋ぐとき、PCがホスト、マウスがデバイスになります。この時、PCのUSBインターフェース...続きを読む

Qアメリカの電圧は110V?120V?

アメリカ・カナダの電圧は、何ボルトですか? 110Vと120V、2つのどちらかだというのはわかるのですが、実際のところどちらなのでしょうか?
いろんなご意見があるので、パニックになってますw

100-110V仕様の製品を持っていっても平気でしょうか?(560wです。)

Aベストアンサー

ANo2です.
40年も昔の古い記憶を確認せずに,先般回答として投稿してしまいました.

投稿後に他の方の回答と意見の違いを感じ,
「再度米国内の現状を確認して,報告すべき」と判断し,
昨日『福岡アメリカンセンター レファハレンス資料室』に,
事実関係を確認するために,電話をいたしました.
その結果がただいまFAXで送信されてまいりましたので,
早速その内容を報告します.

下記にFAX用紙の内容を転載します.

FACSIMILE TRANSMITTAL SHEET
TO:TIBIKOTAN様    FROM:福岡アメリカンセンター レファハレンス資料室
COMPANY:        DATE:2007年10月12日

RE:アメリカの電源・電圧・周波数

tibikotan様
昨日お問い合わせいただいた,
米国の一般屋内の電源・電圧・周波数についてのご回答です.
電源は日本と(ほぼ)同じで(短時間使用なら)問題はないです.
電源は120V.
周波数は60Hzです.
州によっての違いはないようです.

添付の資料がご参考になると思います.
以上です.

福岡アメリカンセンター レファハレンス資料室
〒810-001  福岡市中央区天神2-2-67
Tel:092-733-0246(10:00~17:30.月曜―金曜)

添付されたHTML画像の必要な部分だけ抜粋し転載します.

北アメリカ
アメリカ  電圧120V.周波数60Hz.
カナダ   電圧120V,240V.周波数60Hz.
ハワイ   電圧110V,120V.周波数60Hz.
メキシコ 電圧110V,120V,220V.周波数60Hz.

転載終了.


ご使用になる前に,下記の点にご注意ください.

モーターなど周波数による機器の回転数変動.
国内では静岡以北は,周波数は50Hz.
それより以南では,60Hzとなっております.
このように国内では現在お使いの現在地の周波数によっては
機器メーカーの設計値と違ってしまい,正常な動作をしないことがあります.

さらに電源電圧の差による,機器の発熱などがあります.
つまり国内:110Vと米国の120V程度の電圧差であれば
機器によっては短時間使用も可能でしょうが,
240Vとなると,国内の110V機器の使用は不可能となります.

現実的な対応については,持ち出す機器それぞれについて,
出発前に旅行代理店などで確認されることをお勧めします.

古い学生時代の記憶を確認もせず,
思い込みで回答したことを反省しています.
参考にしてください.

なお『福岡アメリカンセンター』は,『福岡米国領事館』とならび,
米国のさまざまな情報を, 日本人女性が対応し提供していただけます.

今回も正確で貴重な情報いただきました.
この場をお借りして,感謝の意を述べさせていただきます.

ANo2です.
40年も昔の古い記憶を確認せずに,先般回答として投稿してしまいました.

投稿後に他の方の回答と意見の違いを感じ,
「再度米国内の現状を確認して,報告すべき」と判断し,
昨日『福岡アメリカンセンター レファハレンス資料室』に,
事実関係を確認するために,電話をいたしました.
その結果がただいまFAXで送信されてまいりましたので,
早速その内容を報告します.

下記にFAX用紙の内容を転載します.

FACSIMILE TRANSMITTAL SHEET
TO:TIBIKOTAN様    FROM:福岡アメリカ...続きを読む

QAC100Vの許容電圧変動について

家庭用電源AC100Vの許容電圧変動について質問があります。

多くのサイトでAC100Vの許容電圧変動は
・101Vの上下6Vを超えない値
・100V プラスマイナス10%(または5%)
とかの記述を見受けられます。

そこで、質問ですが上記範囲に収まっていれば、頻繁に電圧変動が発生しても良いのでしょうか?
例えば、今現在「96V」で次の1秒後には「104V」。
さらにその1秒後にはまた「96V」まで低下する。
と、いったように頻繁に電圧変動が発生する電源は正常でしょうか?
(1秒という例えを”○msec”とした方が適切でしょうか?)

また、ここら辺の電圧変動を定義した法律(?)または規格等はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

すでに回答があり重複しますが、回答の無い部分と、蛇足を含めてうんちくでまとめます。

>・101Vの上下6Vを超えない値

電力供給者(多くは電力会社)に課せられた義務。
電力会社だけでなく、太陽光発電設備を設置した一般家庭でも同じで、
パワーコンディショナ(先の回答のパワコン、太陽電池が発電した電力をACに変えて売る装置)にも
101Vの上下6Vを超えない機能が備えられていてます。

>・100V プラスマイナス10%

電化製品(テレビなど家庭で電気を使うもの)の製造業者が、規格?/自主規制?で、
電力会社が供給する101V±6V(95~107V)に対して多少のマージンを加えて、
100V±10%(90~110V)でも壊れないことを保障している値です。

>頻繁に電圧変動が発生する電源は正常でしょうか?

何らかの異常だと考えられます。
電力会社の電力供給能力が需要に対して過多の傾向の時には電圧(周波数も)は高くなり、
反対に過小の傾向の時には電圧(周波数も)は低くなります。
が、例えば東京電力管内で、「今現在「96V」で次の1秒後には「104V」」のような需給の
バランスが変動するようなことは、通常考えられず、もし起こっているとすれば、
東京電力の電力調整設備に多大なトラブルが生じており、大停電(東京電力管内全域など)が
起こる前兆と言えます。

「今現在「96V」で次の1秒後には「104V」」の現象が質問者の家だけまたは、ごく限られた
地域だけの場合、その範囲の配線や電柱のトランスにトラブルがあるものと思われます。

もし、「今現在「96V」で次の1秒後には「104V」」が質問者さんの自宅、会社などで
起きているとすれば、即刻電力会社へ調査依頼をすべきだと思います。

すでに回答があり重複しますが、回答の無い部分と、蛇足を含めてうんちくでまとめます。

>・101Vの上下6Vを超えない値

電力供給者(多くは電力会社)に課せられた義務。
電力会社だけでなく、太陽光発電設備を設置した一般家庭でも同じで、
パワーコンディショナ(先の回答のパワコン、太陽電池が発電した電力をACに変えて売る装置)にも
101Vの上下6Vを超えない機能が備えられていてます。

>・100V プラスマイナス10%

電化製品(テレビなど家庭で電気を使うもの)の製造業者が、規格?/自主規制?で、
電力...続きを読む

QLANケーブルの雷対策について教えて下さい。

LANケーブルの雷対策について教えて下さい。

今朝、会社の近所の雷が落ちました。
HUBも過電流で壊れましたが、HUBからLANケーブルを伝わって、他の効果な機器も壊れてしまいました。
LANケーブルに取り付ける、雷の過電流対策の製品ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

サンワサプライの
LANのノイズフィルターが
雷サージ機能があって安くていいです(3,000円以下)。

誘電雷で地中ケーブルから
侵入、LANかWANポート破壊
があるので、
ADSL、ケーブル(TV)モデムの場合は
モデム⇔ルーター間に取り付けるといいです。
ルーターのWANポートを保護できます。
PC1台でモデム直結ならその間でもいいです。

光ケーブルの場合は
誘電雷の侵入は無いので
必要ないと思います。

参考URL:http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=TEL-RJ45NF

Q電気回路の中性線とアースについて

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
ないのですか?


また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?
(危ないので絶対にしませんが、考え方としてどうか?をお聞きしたいです)


赤、白、黒の3線のうち、白を中性線とし、赤と白の2本がコンセントとして
きている場合、白を外してアース線に繋いだ場合。
(添付画像参照)


よろしくお願い致します。

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが...続きを読む

Aベストアンサー

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけないものです。
火事や感電の原因になりますから。

静電気は中性線はおろか電力会社から来ている電源と無関係で、
普通、何の対策もしなくても人体への危険はありません。
但し機器を壊したり、
火花が発火事故の火元になったりすることはありますから、
それを防止するのに対策することはあります。
機器から電荷を逃がすというより、
どちらかと言えば人間から電荷を逃がします。
導電性の靴を履き床を導電性にしたりします。
電子部品なんかは導電性の袋に入れたりします。
これは静電気による帯電で例えばICチップのピン間に
何千ボルトという静電気由来の電圧がかかったりするのを
防止する為です。

次は家電製品についているアース線と、電源系統の中性線ですが、
これは全く別のものです。

アース線も電源系統の中性線は正しく接続すれば同電位です。
しかし目的が違います。

アース線は家電製品の表面や筐体などに、
故障や不良により、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまったような場合、
それを逃がす為の線です。
こうしてあれば、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまっても、
とりあえず電流はアース線を通って大地に逃げます。
人間が触れてもアース線と人体とでは、
圧倒的にアース線の方が抵抗が小さいので、
人間には電流はほとんど流れません。
これで人間を守ろうというのです。

ちなみにこれは3線式に限りません。2線式でも同じです。


>また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
>次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?

まともに動かないと思います。
確かに大地の電位と給電線の中性線は同電位ですが、
大地には抵抗がありまともに給電できない可能性が高いですね。

また仮にこれで家電を動かすだけの電気が流せたとしても、
これは漏電になります。
漏電遮断器が動作すると思います。

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報