ちょっと変わったマニアな作品が集結

英語でモツ鍋とはどう言ったらいいのでしょうか?

牛や豚の内臓、小腸は英語で何というのでしょう(*_*)

英訳お願いします。。

『モツ鍋のモツとは牛や豚の内臓のことです。
コラーゲンが多く含まれていて、お肌がプルプルになります。』

ホルモンは日本語ですよね
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

二番です、最初のヤツを飛ばしていました。



Motu of Motu-nabe means internal organs of cattle or swine(=pig).


「internal organs」の代わりに「insides」(中のモノ)(複数形のsを)だけでもイイです。
    • good
    • 3

「コラーゲンが多く含まれていて、お肌がプルプルになります」



//////////////////////////////////////////////////
It contains collagen which helps recover
elasticity and tension to your(or, ladies) skin.
//////////////////////////////////////////////////


これ化粧品業界の決まり文句です(笑)
    • good
    • 0

ウィキペディアで調べるとでてきました。


http://en.wikipedia.org/wiki/Motsunabe
なんてどうでしょうか?日本語版と比較すれば何が内臓で何が小腸か分かると思います。「お肌がプルプになる」は載っていないので、the skin gets elastic and clean(肌に弾力がでて綺麗になる)と直訳してみました。少し直訳過ぎますね。。。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食べる方のお鍋ってなんて英語でいうのですか?

容器の鍋ではなくて、
「昨日の晩御飯はお鍋でした」と言う時のお鍋って英語でなんていうのですか?
「水炊き」と「ちゃんこ鍋」って英語でなんというのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鍋料理全般を指す単語としては、hot potという言い方があります。この単語の前に国名をつければ個別鍋というよりその国の鍋料理という意味になります。例えば
Japanese hot pot(日本式鍋) Chinese hot pot(中国風鍋)Korean hot pot(韓国風鍋)
といった具合です。
ですが、最近は海外の日本料理店でもNabe(hot pot)という表記が増えてきましたので、日本食をよく召し上がる方ならばNabeでも通じるかもしれません。

水炊き:Mizutaki hot pot, chicken hot pot, Mizutaki(chicken broth hot pot), Mizutaki(chicken and vegetable hot pot) などの言い方があります。

ちゃんこ鍋:これはhot potをつけずにChanko-nabeというのが圧倒的に多いです。そして次に良く見る表示は、Chanko-nabe(a sumo wrestler's food)とかChanko(a common dish for sumo wrestlers )など相撲や力士の重きを置いた説明をつけるという形です。

参考になれば。

鍋料理全般を指す単語としては、hot potという言い方があります。この単語の前に国名をつければ個別鍋というよりその国の鍋料理という意味になります。例えば
Japanese hot pot(日本式鍋) Chinese hot pot(中国風鍋)Korean hot pot(韓国風鍋)
といった具合です。
ですが、最近は海外の日本料理店でもNabe(hot pot)という表記が増えてきましたので、日本食をよく召し上がる方ならばNabeでも通じるかもしれません。

水炊き:Mizutaki hot pot, chicken hot pot, Mizutaki(chicken broth hot pot), Mizutaki(c...続きを読む

Q英語のメニュー表記

「前菜三種盛り」を英語表記にする場合、どのような感じになりますか!?詳しいかたお願いします!!!

Aベストアンサー

補足拝見しました。
私は特に飲食業に精通しているわけではなく、思い付くままに記したものです。
ただ全くの当てずっぽうではなく、何十年か前にフレンチレストランでこれに類した表記を見た覚えがあります。

three appetizers (that are) assorted 
(the) assorted three appetizers

この何れかの表記であったことは間違いなく、ニュアンスの差としては、

三種前菜盛合わせ
盛合わせ三種前菜

程度の微妙なものですが、英語表記としては下が標準的であり、上は多少気取った雰囲気を醸し出すものです。

また蛇足ですが前菜には、
本場フランスのオードブルという表現もあり、英語表記は、
hors d'oeuvre
これを用いた場合には、
assorted three hors d'oeuvres
となります。

http://eow.alc.co.jp/search?q=hors+d%27oeuvre

Q“漬け”を英語ではどの様に訳しますか

「~の醤油漬け」、「~のりんご酢漬」、「~の塩漬け」

など「漬ける」を英語で表現、訳す時はどのように言えば良いのでしょう。どなたか教えてください。。

Aベストアンサー

「~の醤油漬け」=「~marinated with soy sauce」
「~のりんご酢漬」=「~marinated with apple vinegar」
「~の塩漬け」=「salted~」

ではないでしょうか。

Q鯛(たい)の一番適切な英語は?

鯛のお頭、鯛の煮付け、鯛の刺身など、日本の鯛を英語では何といいますか?
SEA BREAMは適切ではないと、アメリカ人に
言われました。鯛はTAI FISHでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です.

red snapperが無難だと言うのは、その名前になれているからなんですね. つまり、red snapperはどこにでも撃っているからなんです. 赤っぽいいろをしているので真鯛に似ているので、すし屋でも、これを使っているんですね.

でもこれは、バラブエダイといって、ブエダイ類の魚なんですね. それに対照したものがSea Breamといわれるさかなで、Breamと言う淡水の鯛の一種なんです.

日本で言う鯛をSea Breamといい、赤い真鯛をRed Sea Breamといいます。確か、黒鯛はそのまま、Black Sea Breamと言っているはずです.

Sea Breamと言って適切でないと言ったのは、色が違うからか、その人自身が Breamしかしらないか、Red Sea Breamという種類を知らなかったんじゃないかと思います.

これで良いですか?

Qハンバーガーはハンバーガー。ではハンバーグは?

ハンバーグはドイツの都市の名前だと言われました。
では日本で言うハンバーグは英語で何というでしょうか?
hamburg steak でしょうか。

Aベストアンサー

Hamburger steakという言い回しは辞書にも載っているのであるのだとは思いますが、アメリカでよく耳にする表現ではないですね。

ドイツ料理店やギリシャ料理店なんかではGerman steakとかHamburger steakと言う表現を目にするかもしれません

普通一般のダイナーやレストランでそういうメニューがあるかなあと考えると、質問者さんがお書きのSalisbury steak が一番近いのではないでしょうか。Hamburgerのバン抜きと注文することも出来ますね。ただ微妙に違いますが。

日本でのハンバーグステーキには必ずといっていいほどつなぎが入っています。卵とかパン粉とかたまねぎのみじん切りとか。アメリカでHamburgerと言ったらつなぎが入っていることはめったにありません。塩コショウと多少のスパイスで味付けされたひき肉パティを指すわけですから。

Salisbury steak はひき肉につなぎが入っているものです。ですのでこれが一番近いかと思います。

Q焼き鳥屋での接客英語について

私は焼き鳥屋でバイトをしています。
たまに外国の方が来店するのですがメニューの説明にとても困ってしまいます。英会話はできませんがせめて来てくださった外国の方が食事できるようにお店で使える英語を教えてください。
そもそも、海外にも焼き鳥はあるのでしょうか?(1)英語ではなんと言えば言いのでしょうか?
メニューを読めない方のために説明したいのですが砂肝、皮、ハツ、豚バラ、レバー、ぽんじり・・・・(2)英語ではなんていえばいいのでしょうか?
よくわからない方のために焼き鳥盛り合わせを適当に出してあげたいのですが(3)英語で盛り合わせにするか聞くにはなんていえばいいでしょうか?

Aベストアンサー

面白い質問ですね。楽しいです。
(1)海外にも焼き鳥はありますよ。チキンのシシカバブとかは焼き鳥でしょう。東南アジアでもよく竹串にさしたバーベキューがありますから。
(2)焼き鳥は、Yakitoriです。「やきとーり」の「と」の部分にアクセントをつけて発音するとよく通じると思います。焼き鳥の説明をすると、"Yakitori are grilled, skewered chicken pieces."と言えるでしょう。
メニューの説明ですが、以下のように訳してみました。

砂肝:gizzards
皮:chicken skin
ハツ:hearts
豚バラ:pork meat
レバー:chicken liver
ぽんじり:chicken butt

(3)"Would you like to order a combination plate?
You can get a mix of skewered chiken, pork, and vegetable pieces."(盛り合わせを注文されてはどうでしょうか?チキン、豚、野菜の串刺を混ぜてお出しします。)
これでいかがでしょうか?

それ以外にもメニューを出しているサイトがありましたので、参考にされると良いと思います。
参考URL:
http://www.masterstech-home.com/The_Kitchen/Articles/YakitoriArticle.html
http://www.japaninyourpalm.com/Restaurants/torichou.htm

うまく説明できると良いですね。幸運を祈ります。

面白い質問ですね。楽しいです。
(1)海外にも焼き鳥はありますよ。チキンのシシカバブとかは焼き鳥でしょう。東南アジアでもよく竹串にさしたバーベキューがありますから。
(2)焼き鳥は、Yakitoriです。「やきとーり」の「と」の部分にアクセントをつけて発音するとよく通じると思います。焼き鳥の説明をすると、"Yakitori are grilled, skewered chicken pieces."と言えるでしょう。
メニューの説明ですが、以下のように訳してみました。

砂肝:gizzards
皮:chicken skin
ハツ:hearts
豚バラ:po...続きを読む

Q自然な接客英語を知りたい!PLEASE HELP ME!

こんにちは。
私は最近レストランでアルバイトを始めたのですが、予想以上に外国のお客様が多いのです。
せめて基本の接客用語だけでも英語で話せたらと思うのですが、
挙げてみると意外にもたくさんあることに気付きました(汗)
辞書で調べたような言葉は「自然な」英語ではないと思うので、
自力ではどうしようもありません・・・

どうか、お詳しい方、お力を貸してください!!!

以下の流れを部分的にでもいいので自然な英訳をお願いします。
ちなみに、あまりかしこまらない感じの元気いっぱいな雰囲気のお店です。

「ようこそいらっしゃいませ!」
 (ただのwelcomeよりももっと「ようこそ!」のニュアンスが欲しいのです)
「何名様ですか?」
「禁煙席でよろしいですか?」
「少々お待ちください」
「お待たせいたしました」
「こちらへどうぞ」
「こちらがメニューでございます」
「ご注文はお決まりですか?」
「失礼致します」(テーブルへ近寄る時と離れる時に主に使います)
「かしこまりました」
「お足元にお気をつけください」
「こちら○○でございます」
「どうぞ」(お料理をお出しする時)
「デザートはいかがですか?」
「お飲み物のご追加はいかがですか?」
「お皿が熱くなっておりますのでお気をつけください」
「どうぞごゆっくりお楽しみください」
「○○でよろしいですか?」
「お済みのお皿をおさげ致します」
「コーヒーのおかわりはいかがですか?」
「トイレは地下にございます」
「恐れ入ります」
「どうもありがとうございました」
「申し訳ありません」
「またのお越しをお待ちしております」
「お気をつけて(お帰りください)」

・・・以上です。
あともう一つ、何かして差し上げて「ありがとう」と言われた時の受け答えがあれば教えてください。
お料理をお出しした時に「ありがとう」と言われて「どういたしまして」というのはおかしいように、
you are welcomeは違うんだろうなぁと思っているのですが・・・。
つまり、当然のサービスに対しての「ありがとう」に対する受け答えを知りたいのです。

どうかどうか、宜しくお願いします!

こんにちは。
私は最近レストランでアルバイトを始めたのですが、予想以上に外国のお客様が多いのです。
せめて基本の接客用語だけでも英語で話せたらと思うのですが、
挙げてみると意外にもたくさんあることに気付きました(汗)
辞書で調べたような言葉は「自然な」英語ではないと思うので、
自力ではどうしようもありません・・・

どうか、お詳しい方、お力を貸してください!!!

以下の流れを部分的にでもいいので自然な英訳をお願いします。
ちなみに、あまりかしこまらない感じの元気いっぱい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

私の夫や友は日本のレストランに行くたびに、従業員サービスの素晴らしさにいつも驚き感動していますが、下の方も仰るように、余程の高級店でない限りは基本的に接客はカジュアルです。
言葉/文化の違いによりますので、ご質問の一部にあるような日本的な表現をそのまま訳して使うような事が出来ない/不自然なものもあります。

◆「ようこそいらっしゃいませ!」 (ただのwelcomeよりももっと「ようこそ!」のニュアンスが欲しいのです)
“Hello. / Good morning, afternoon, evening. / How are you?”
レストランでお客様を迎えるときに「Welcome!」「Welcome to ○○」といった表現は通常使われません。

◆「何名様ですか?」
“How many?”
きちんとした一文ならば、“How many are there in your party?” なんてなりますが、通常は“How many? / How many are there?” です。

◆「禁煙席でよろしいですか?」
Would you like smoking or non-smoking? / Do you prefer smoking or non-smoking?
単純に“Smoking or non-smoking?” だけももちろん問題ないです。

>「少々お待ちください」
“Just one moment, please.”

◆「お待たせいたしました」
“Thank you for waiting.” と訳すことが出来ますが、例えば日本のレストランでのように、料理をサーブするときに必ず言われるような「お待たせいたしました!」として、これを使うのは不自然です。
込み合った状況で、入り口でテーブルが空くのをかなり長時間待っているお客様に対して
“Thank you for waiting. Your table’s ready.”といった形で使うのはありでしょう。
料理をサーブするときに使う日本語での「お待たせいたしました」は、英語では “Here you go.”(どうぞ)や、“Green salad.” などと料理の名前を言う、といった言い回しが一般的です。
※Here you go. (Here you areとも言えます)は何かを差し出すとき、渡すときなどに使われる表現です。

◆「こちらへどうぞ」
This way, please. / テーブルへ案内するときなど “Follow me, please.”


◆「こちらがメニューでございます」
Here’s your menu.
もしくは、上記のようにHere you go / Here you are. としてメニューを差し出す、というのもありです。

◆「ご注文はお決まりですか?」
“Are you ready to order?”
Are you~が一般的ですが、“May I take your order now?” などもあります。

◆「失礼致します」(テーブルへ近寄る時と離れる時に主に使います)
英語ではテーブルへ近寄る時や離れる時に何かを言うことはありません。
注文をとり終わってテーブルを離れる前であれば、“Thank you.” といいますが、ご質問の「失礼いたします」のニュアンスではなく、単純にオーダーをもらったことに対する礼です。

◆「かしこまりました」
“Certainly. / Sure.”
“Certainly” は丁寧で一番無難な表現ですが、文頭でも触れたように、こちらのレストランでの接客対応は基本的にカジュアルです。 “Sure” の一言でも失礼では全くないですし、バーや気さくなダイナーなどでのかなりカジュアルな表現ですが、“You got it.” なんて表現も良く使われます。

◆「お足元にお気をつけください」
“Please watch your step.”

◆「こちら○○でございます」
“This is ○○ restaurant.”
電話での対応などでしょうか?
“Good evening, this is ○○ restaurant.”などと通常言います。この後に“May I help you?”などを付けたり、です。

◆「どうぞ」(お料理をお出しする時)
上の通り、“Here you go. / Here you are.” もしくは“This is your green salad.”などの料理名を言うことでも表現できます。

◆「デザートはいかがですか?」
◆「お飲み物のご追加はいかがですか?」
“Would you like some desert?”
“Would you like another glass / Bottle?”
“glass of white wine / bottle of Asahi” などとすればなお丁寧です。
“Would you like something to drink? / How would you like your steak?” などなど・・・ “Would you like~”はサービス業では非常によく使われる表現です。

◆「お皿が熱くなっておりますのでお気をつけください」
“Please be careful with the plate. It’s very hot.”

◆「どうぞごゆっくりお楽しみください」
“Enjoy your dinner. ”
“Enjoy.”一言でもありますし、Enjoy your ○○. といった感じでサーブしたお料理名と共に言われることもあります。

◆「○○でよろしいですか?」
ごめんなさい、これの意味(何に対してよろしいかのシチュエーション)が解りません。

◆「お済みのお皿をおさげ致します」
“May I / Shall I take these dishes? ”
こちらはお済ですか? といった感じでは、“Are you finished (with this)?” などという感じで確認することも出来ます。

◆「コーヒーのおかわりはいかがですか?」
“Would you like some more (coffee)? / Would you like another cup of coffee?
Would you like a refill?”

◆「トイレは地下にございます」
“The bathroom is down stairs.”
すぐ下でなく、地下2階などであれば、上記に“B2F.” などと付け加えればよいかと思います。

◆「恐れ入ります」
ごめんなさい、これの意味も何に対してなのかのシチュエーションが解りませんのでお答えできませんが、日本での「恐れ入ります」といった類の概念は、こちらではあまりないように思います。
状況に合わせて、“Excuse me. / Excuse me, but...” “Thank you, sir./ Ma’am.” などは考えれないこともないですが。

◆「どうもありがとうございました」
“Thank you very much.”

◆「申し訳ありません」
オーダーミスなどのこちらの過失に対するお詫びは、“I’m (so / very) sorry.
穴があったら入りたい感じの大恐縮なミスであれば、 I’m terribly sorry.”などで、語尾に“sir./ Ma’am.”をつけるとさらにかしこまった丁寧なニュアンスになるかと思います。

◆「またのお越しをお待ちしております」
◆「お気をつけて(お帰りください)」
Thank you. / Good-bye. / Good night.
「いらっしゃいませ!」 と同じように、上記2つ共に、“Looking forward to seeing you again!”“Please come back soon!” みたいなことは通常言いません^^。
ディナー時であれば、“Thank you. You have a good night. Bye.” といった表現が普通で、基本的には“Thank you.” と“Good bye.”“Good night.” などの使い分けでオッケーです。

最後のありがとうに対する「どういたしまして」ですが、“You're welcome.”でもおかしくないですし、“No problem.”なども使われます。

ご参考になれば幸いです♪

こんにちは。

私の夫や友は日本のレストランに行くたびに、従業員サービスの素晴らしさにいつも驚き感動していますが、下の方も仰るように、余程の高級店でない限りは基本的に接客はカジュアルです。
言葉/文化の違いによりますので、ご質問の一部にあるような日本的な表現をそのまま訳して使うような事が出来ない/不自然なものもあります。

◆「ようこそいらっしゃいませ!」 (ただのwelcomeよりももっと「ようこそ!」のニュアンスが欲しいのです)
“Hello. / Good morning, afternoon, evening...続きを読む

QI don't know. / I'm not sure. 使い分けは?

「分かりません」ということを表現するのに、I don't know. と言うと無責任で突き放したような意味になるから、I'm not sure. と言いなさい、と教えられたことがあったように思うのですが、これは正しいのでしょうか?

しかし、実際にアメリカで暮らしてみて、I don't know. という表現も意外と聞きます。となると、どういう風にこの2つの表現を使い分けたらいいのでしょうか。いまだに「分かりません」と言いたい時に、どちらの表現を使っていいのかとまどっています。

Aベストアンサー

実用的な面からの回答ですが、

 I don't know where he is.彼がどこにいるか知らない。
 I'm not sure where he is.彼がどこにいるか、確かではない。(漠然とした、アイディアはある。)

というのが、基本的な考え方だと思います。

何か質問されて答えを知らない時は、I don't know、何かしらの情報はあるけど、自信がない時は、I'm not sure、という使い分けです。

ただし、あなたの職責上、知っていて当然の事を訊ねられた場合、話が違ってきます。これが、まさにあなたが受けたアドバイスの当てはまる状況ではないかと思われます。

上記の例で、あなたが、「彼」の秘書だったとしましょう。
そうすると、ボスがどこにいるか聞かれて、「知りません」と答える秘書は、秘書として失格であり、「何、この人?」ということになり、場合によっては、ケンカ売っている or ボスから「奴から電話きても絶対に取り次ぐな」と言われていると思われる可能性すらあるでしょう。

ところが、これが I'm not sureに変わると、「本来知っていてしかるべきなんですが、たまたま上司が行き先を告げずに外出してしまったんです」、というニュアンスになり、ダメな秘書な感じは大幅に緩和され、日常のありがちな状況に変わることになります。(厳密には、そこまで劇的な効果はないでしょうけど...)

無論、ここでのボスと秘書という例だけでなく、あなたが営業を担当している製品について質問された場合でも、ほぼ同じ構図が成り立つと思いますし、他にも色々似た状況はあるでしょう。

しかし、より重要なのは、I don't knowやI'm not sureで会話を終了させずに、
  Have you talked with xxx? (xxxさんは、答えを知ってそうな人)
  Let me check. I'll get back to you soon.
といった感じで、質問に対して最善を尽くす姿勢を示す事だと思います。

実用的な面からの回答ですが、

 I don't know where he is.彼がどこにいるか知らない。
 I'm not sure where he is.彼がどこにいるか、確かではない。(漠然とした、アイディアはある。)

というのが、基本的な考え方だと思います。

何か質問されて答えを知らない時は、I don't know、何かしらの情報はあるけど、自信がない時は、I'm not sure、という使い分けです。

ただし、あなたの職責上、知っていて当然の事を訊ねられた場合、話が違ってきます。これが、まさにあなたが受けたアドバイスの当て...続きを読む

Q親子って英語で何ていうんですか?

家族はファミリーですけど親子って英語で何ていうんですか?スペルと読み方を教えて下さいお願いします。

Aベストアンサー

parent and child
しかないようですよ。

Q牛タンを英語で???

牛タンって英語で何てゆうんでしょう???
牛タンのタンはtongueだとおもうのですが,牛タンと言う場合,Cow Tongueとでもゆうのでしょうか???

Aベストアンサー

beef tongue

牛タンが食べたいというように、食べ物として牛の舌といいたいのであれば、あまり難しい言い方ではなく、こういう方が一般的なのではないでしょうか。

oxtongueだと雄牛の舌になり、雌牛ではないということになるような気がします。

アタシは「beef tongue」と言います。


人気Q&Aランキング