電子回路の抵抗器の帯の色と数の対応を覚えるための語呂合せで、その一節が

ハイパワーのシロクマくん ・・・灰(ハイ)=8(パ) 白(シロ)=9(く)

であるものの全文をご存知の教えてください。
高校時代に習った覚えがあるのですが、ここ数年来気になっています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

抵抗値のカラーコードについて denden keiさんの虹の色の配列が同じという覚え方もあります。


0:黒 黒い礼服
1:茶 お茶を一杯
2:赤 赤いにんじん             虹色の順
3:橙 第三の男               虹色の順          
4:黄 岸恵子                虹色の順
5:緑 みどり児               虹色の順
6:青 青二才のろくでなし          虹色の順
7:紫 紫式部                虹色の順
8:灰 ハイヤー
9:白 ホワイトクリスマス
以上 電子基礎マスターブック 岩本洋 監修 
森田克巳、天野一美 共書 オーム社より。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
0、1、3、4、5、6、はその覚え方だったように思います。
色々流派はあるようで、私の習った方法そのものを探すのは至難のようです。

お礼日時:2001/03/30 13:27

0はクロレラ


1は小林一茶
6は青ムシ
9は白クマ
・・・と教わりました。

他はyu-mizu123さんと同じです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
面白いですね。

お礼日時:2001/04/03 10:15

0は黒い霊柩車と言っている人もいます。

私は
礼服で覚えました。

9は、しろくのガマでした。(9なのに四六で
ややこしいけど)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
うーん、色々みなさん考えるんですねぇ。

お礼日時:2001/03/30 13:32

私も呪文派。


クチアダキミアムハシです。^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実務的には、呪文と語路合せどっちが便利でしょうね。

お礼日時:2001/03/30 13:31

回答になっていませんが、私はとにかく


「クチアダキミアムバシ」と呪文を唱えています。これなら忘れません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そんな方法もあるのですね。

お礼日時:2001/03/30 13:30

こんにちは。



9:白い救急車 ってのもアリです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
色々流儀があるようですね。

お礼日時:2001/03/30 13:29

質問への答えではないですが、私の使っている、その他の覚え方を。


0から9までについて、
黒、茶、その後は虹の色で赤橙黄緑青,といって藍色は抜かして紫。そのあと灰、白。
ご存知かもしれませんが、抵抗の帯の色がa,b,cの場合、公称の抵抗値は
ab*10^c(Ω)です。

手元に素子がないのでまちがっていたらすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そう、虹の色でしたよね。

お礼日時:2001/03/30 13:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抵抗のカラーコードの許容差について教えて頂きたいのですが、宜しくお願い致します。

抵抗のカラーコードの「誤差率」を何故「許容差」と表記しているのでしょうか?

それと抵抗値が違う10種類以上の抵抗のカラーコードを読み取り、読み取った抵抗値とその許容差を比較しました。すると、読み取った抵抗値が大きければ大きいほど許容差(誤差率)が小さく、逆に抵抗値(誤差率)が小さいと許容差が大きいのです。

これは何を意味しているのでしょうか?
それぞれの抵抗の用途に関係しているのでしょうか?

教えて頂きたいのですが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

全くの素人ですが・・・

> 「誤差率」を何故「許容差」と表記

「そういう慣習」なのかもしれませんが、例えば許容差±5%の抵抗は「±5%までの誤差が許容される回路でお使い下さい」という意味なのかもしれません。
(全くの推測ですが)

さて、

> 抵抗値が大きければ大きいほど許容差(誤差率)が小さく

とのことですが、定格電力に違いがあれば(1/4Wと1/8Wなど)、upponさんの仰る通り、用途の違いという可能性はあると思います。
ただ、それとは別の可能性として、製造のしやすさ、もあるのかもしれません。

例えばカーボン抵抗で、工程上の炭素皮膜の厚さが仮に10
~50マイクロメートル、誤差が1マイクロメートルだったとします。
(炭素皮膜の厚さのみで抵抗値を制御するものとして:実際には螺旋状に溝を切ってあるようなので、それによって通電距離も変えているのかもしれませんが)

抵抗値は、炭素皮膜の厚さが厚いほど小さくなるので、
  1)膜厚最大(50マイクロ) → 抵抗値最大
  2)膜厚最小(10マイクロ) → 抵抗値最小
となります。
このとき、この双方の抵抗に、工程での「1マイクロ」の誤差がのったことを考えると、
  1)抵抗値最大での膜厚誤差率 : 1/50=2%
  2)抵抗値最小での膜厚誤差率 : 1/10=10%
となり、
  抵抗値が大きいほど膜厚の誤差、ひいては抵抗値の誤差が小さく、
  抵抗値が小さいほど膜厚・抵抗値の誤差が小さくなる、
と予想できます。


このようなことから、求める精度が比較的低くてよいときに多用されるカーボン抵抗などでは、「抵抗大→誤差小」「抵抗小→誤差大」という傾向になっている可能性が考えられます。
(高精度が必要なものの場合は、抵抗値が小さいものに対してもコストを掛けて、精度を出しているのではないかと思いますが)

※なお、工程上の誤差は、主に機械側に起因するので(→同一工程内で製造した場合)、こちらの誤差は「膜厚に対する率」ではなく、「誤差の絶対値(上の例では厚みのマイクロメートル)」で効くことになります。

全くの素人ですが・・・

> 「誤差率」を何故「許容差」と表記

「そういう慣習」なのかもしれませんが、例えば許容差±5%の抵抗は「±5%までの誤差が許容される回路でお使い下さい」という意味なのかもしれません。
(全くの推測ですが)

さて、

> 抵抗値が大きければ大きいほど許容差(誤差率)が小さく

とのことですが、定格電力に違いがあれば(1/4Wと1/8Wなど)、upponさんの仰る通り、用途の違いという可能性はあると思います。
ただ、それとは別の可能性として、製造のしやすさ、もあるのかもし...続きを読む

Q語呂つくれない、でも語呂ないと覚えられない、泣。募集してます

ジノプロスト は プロスタグランジンF2α
ジノプロストン は プロスタグランジンE2です
どうやって語呂を作りますか?
どなたか いいアイディアありませんか?
どっちが2αか2かわからなくなります。
どっちがストでどっちがストンなのか??

Aベストアンサー

いいツートンでFAT(太ってることを)を隠す
"E2 トン" "Fα ト"

ただし、F2αの2を忘れそうですが。

Q抵抗器 5本のカラーコードの見方を教えて

パイオニアのアンプで以下の抵抗器・カラーコードがありましたが、テスターテストしても妙な数値を出し、しかもカラーコードが以下のとおりでしたが不明です誰か教えて下さい。良く色は見たのですが?
1・(茶・黒・茶・金・白)2・(赤・紫・茶・銀・銀)3・(茶・黒・赤・銀・銀)4・(赤・赤・茶・銀・銀)5・(茶・緑・茶・銀・銀)6・(赤・紫・黒・金・白)7・(赤・赤・赤・灰・灰)8・(橙・橙・金・銀・白)以上です。他に特別なカラーコードの読み方が有るのですか?

Aベストアンサー

ヒューズ抵抗
http://www.kawaraban.co.jp/azusa/resistor/resistor_col.htm

色読みが間違っていないとして・・・
 1. 101x10^-1=100Ωのヒューズ抵抗(注1) 誤差5%
 2. 271x10^-2=2.71Ω E192にある 誤差10%
 3. 102x10-2=1.02Ω E96にある 誤差10%
 4. 221x10^-2=2.21Ω E48にある 誤差10%
 5. 151x10^-2=1.51Ω E192にもない
 6. 270x10^-1=27Ω 誤差5% ヒューズ抵抗
 7. 222x10^8=22.2GΩ(??) 誤差 ??
 8. 3桁目?(読めない)

E6~E192表
http://www.techweb.co.jp/Liveparts/STD_EIA-E_Value.html
(10%もの誤差の抵抗を使うのに、なぜE192まで持ち出す必要があるのか? 個人的には疑問です)

5帯抵抗の読み方
http://part.freelab.jp/s_regi_list.html

注1 末尾を緑とするヒューズ抵抗のサイトがありました。
http://www.gsr.jp/analogue/data/goods/GK-0098.htm

以上、完璧なお答えでなくてすみません。

ヒューズ抵抗
http://www.kawaraban.co.jp/azusa/resistor/resistor_col.htm

色読みが間違っていないとして・・・
 1. 101x10^-1=100Ωのヒューズ抵抗(注1) 誤差5%
 2. 271x10^-2=2.71Ω E192にある 誤差10%
 3. 102x10-2=1.02Ω E96にある 誤差10%
 4. 221x10^-2=2.21Ω E48にある 誤差10%
 5. 151x10^-2=1.51Ω E192にもない
 6. 270x10^-1=27Ω 誤差5% ヒューズ抵抗
 7. 222x10^8=22.2GΩ(??) 誤差 ??
 8. 3桁目?(読めない)

E6~E192表
http://www.techweb.co.jp/Liveparts/ST...続きを読む

Q年号は語呂合わせだけを覚えてもいみありませんか? 早く年号を覚える方法とかありますか?

年号は語呂合わせだけを覚えてもいみありませんか?
早く年号を覚える方法とかありますか?

Aベストアンサー

テストで点だけ取れれば良いのであれば年号だけ覚えたら良い。本当に歴史が好きだったり得意な人は全体の流れで年号も覚える。究極言えば、年号を忘れても、「あれの前、あれの後」と付き詰めて行けば割り出せる。

昔ながらの「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」的なのが一番早い。昔から使われている方法それなりに理にかなっている。

Q抵抗のカラーコードの読み方のコツ

抵抗のカラーコードの読み方のコツで5本線と4本線が見た並びですぐ計算出来る人がいるのですがどうすればいいですか?何かコツがありますか?わかりにくくてすいません。

Aベストアンサー

抵抗はE系列なのでパターン化されます。

いろいろな覚え方や速見表がありますが、
使って慣れるのが一番かと思います。

設計するとき、バラエティに富んで選定せず、
10Kとか4.7Kとか選ぶことが多くなるので、
沢山のパターンを覚えることがなくなります。

でも5色は精度が茶色になることがあるので、
5色は念のためテスターで抵抗値を確認することがありますね。

http://bbradio.web.infoseek.co.jp/code1/code1.html

Q語呂合せの参考書

高校受験用の年号等の語呂合せ集のような参考書があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

参考書が置いてあるような本屋に行けばあると思いますよ。
私も歴史だけが苦手で高校受験のときにゴロで乗り切った記憶があります。
ゴロは即効性があるので時間がないこの時期でも間に合うと思います。
とりあえずamazonのサイトを載せておきますがyahooなどの本の所でも
探せると思います。「歴史 ゴロ」なんて入れて検索してみてください。
ご健闘を祈ります!

参考URL:http://www.amazon.co.jp/

Q抵抗器のカラーコード

使わなくなった機械をバラしていたら1つ気になる抵抗器を見つけました。
カラーコードが「紫、橙、金、金」(7.3Ω±5%)だったのですが、
7.3Ωという抵抗はあるのでしょうか?それとも色の読み間違いでしょうか?

基板からは外せなかったのでコードだけが頼りです。
種類は恐らく1/4Wカーボンだと思います。

Aベストアンサー

写真画像を見るかぎりでは、2桁目の橙は見間違えはなさそうですね。
有効数字2桁なE24系列までで、2桁目が橙(3)なのは
茶橙(13)、橙橙(33)、黄橙(43)の3つしかありません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%97%E5%8B%95%E7%B4%A0%E5%AD%90

一桁目は紫ではなく、もしかして、「茶 橙 金 金」の1.3Ωということはないですかね?

Q英語の単語を覚える時 品詞は覚えるべきですか? 自動詞か他動詞も覚えるべきですか? 意味だけ覚え

英語の単語を覚える時
品詞は覚えるべきですか?

自動詞か他動詞も覚えるべきですか?

意味だけ覚えてもダメですか?

教えてください!!

全部覚えたほうがいいんですけど
そんな余裕がなくて

Aベストアンサー

#1様のおっしゃるとおりなのですが、

品詞は、普通は、言葉の意味とともに覚えますが、どちらかというと、語順や単語のチャンク(まとまり)の中で覚えるものだと思います。

単語帳によっては、コロケーションとか、ミニマム単語とか称していますが、私は、語順で覚えるようにしています。

しかし、気をつけなくてはならない品詞として、形容詞・副詞が同じものがありますね。例えば、hard なんていう単語は、こういうのは要注意です。なぜなら、hardly という副詞があるのに、意味がまったく違います。(これは、ご自身で、比較してみてください)

ある英語の大家の先生は、自動詞・他動詞の区別はしない、とおっしゃってます。
みなさんの多くは、その区別なく覚えていっているはずです。

例えば、raise, rise の違いなどは、どちらが自動詞で他動詞だというよりも、これもセンテンスの成り立ちによって記憶されるのではないでしょうか。文法用語で分類するのではなく、そういう言い方なのだと覚えてしまいます。そもそも、私には、発音がそれらしく感じているのですが……。

They had raised the white flag in surrender.
彼らは降伏の白旗を掲げた。
The balloon rose gently into the air.
風船がそっと空に舞い上がった。

しかし、自動詞・他動詞、両方があって、若干の意味の違いがある単語があったと思うのですが、それは、慣れていくしかないと思いますが、上記の言った意味は、こちらにも適用されます。

例:
I understand how you feel. あなたの気持ちは分かります。(他動詞)
You will understand sooner or later.  遅かれ早かれ分かるでしょう。(自動詞)

#1様のおっしゃるとおりなのですが、

品詞は、普通は、言葉の意味とともに覚えますが、どちらかというと、語順や単語のチャンク(まとまり)の中で覚えるものだと思います。

単語帳によっては、コロケーションとか、ミニマム単語とか称していますが、私は、語順で覚えるようにしています。

しかし、気をつけなくてはならない品詞として、形容詞・副詞が同じものがありますね。例えば、hard なんていう単語は、こういうのは要注意です。なぜなら、hardly という副詞があるのに、意味がまったく違います。(これ...続きを読む

Q抵抗値のカラーコード読み方

ギターの改造キットを買って改造しているのですが
抵抗値の読み方が解らない物があります。
5本線でカーボンコンポジションレジスターとかいう種類みたいで
ネット検索しても見当たりません。カラーコードの読み肩さえわかればよいのですが・・・。誰か教えて下さい。

Aベストアンサー

10秒で検索出来ちゃった。
「抵抗 カラーコード 読み方」

参考URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/7_Technical/lib1/teikou.htm

Q二次関数f(x)=aX^2+bX+c について、Y=f(x)のグラフをCとする。 1<=X<=5 に

二次関数f(x)=aX^2+bX+c について、Y=f(x)のグラフをCとする。

1<=X<=5 において、f(x)は最小値-3をとり、X=2のとき最大値6をとる。このとき、a=-1、b=4、c=2 である。

なぜa=-1、b=4、c=2 になるのかわかりません。教えてください!

Aベストアンサー

xの範囲が1≦x≦5 x=2で最大値6、上に凸(a<0)の放物線、
最小値-3はx=5の時とわかる。
微分を習っているなら、最大値x=2の時、f'(x)=0となる
f'(x)=2aX+b
f'(2)=2a2+b=0
4a=-b ①

x=2で最大値6、から
f(2)=a2^2+b2+c=6
=4a+2b+c ①を代入
=-b+2b+c
=b+c=6 → c=6-b ②

最小値-3はx=5の時から
f(5)=a5^2+b5+c
=25a+5b+c
=25a+5b+6-b
=25a+4b+6=-3
25a+4b=-9
25a+4(-4a)=-9 ①を代入、符号は変えている
9a=-9
a=-1 が得られる後は①や②からb=4 c=2

答え a=-1 b=4 c=0


人気Q&Aランキング

おすすめ情報