本校では、実験中心の理科(化学・生物・地学)の授業が行われています。
しかし、生徒は、実験については興味を示す生徒が比較的多いものの、テストをすると全く結果にむすびつきません。
そこで、ワークシートみたいなものを作り、実験のレポートや内容をまとめたりしているのですが、ただ単に実験をやったから楽しかった(めんどうくさかった)など稚拙な感想が多く、何を学んだかが理解できていないようです。このまま実験中心の授業ばかりでいいのでしょうか?
それとも、もっと問題集を活用したほうがいいのでしょうか?
週に3時間分授業がありますが、そのうち2時間を実験授業で行っています。
皆様での学校の成功授業などを簡単でもかまいませんのでご紹介ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私もずいぶん悩みました。


実験しても成績に結び付かない。だけど実験は楽しそうにやっているのですが・・・。

理科の好きな子と嫌いな子の差も激しく、レポートを詳しく調べる子もいればやっつけ仕事な子もいます。

私は実験や授業を受けるのが嫌いな生徒でしたので理科の授業中はずっと資料集を読んでいました。正直言えば資料集でことが足りるんです。
だから中高のノートは1冊もありません。でも塾で理科を教えているんですから、実験=成績ではないことは明確です。

中一の時の私の恩師は危険な感じの先生でよくこれは毒薬で飲むとこうなる~的なことを話していました。その先生は完全にプリント穴埋め形式の授業を行い、テストは教科書内容をほぼ網羅した恐ろしいテストを行っていましたが全体的に生徒の成績は良かったです。ただ勉強しない生徒は切り捨ててましたね。

中二の時の理科の先生は完全に知識不足で、教科書に書かれた問題を生徒たちに投げかけて、答えられないと授業がストップ!そのうち私が答えられるのを先生が気付いたらしくお昼寝中の私が毎回答えさせられる羽目になりました。その時私が友達に依頼されて制作したテスト対策プリントの問題がそのままテストにコピペされていたときは唖然としました・・・。
言うまでもなくテストは簡単でしたので全体的な成績は高かったものの授業内容としては基礎すらおろそかな状況でした。


高校の時の先生は一年生の時はおっかなびっくり実験をしている先生がおり、塩酸を扱うのに手がぷるぷる・・・。
呆れるとしか言いようがありません。

高校二年生の時の地学の先生はNHKスペシャル「地球大進化」を授業中にずっと見てプリントの穴埋めを行う先生。
地球大進化は楽しい内容ですから下手な授業より効率的だと思いました。しかし教科書内容ではないので大学受験の時に問題が残ります。

高校三年生の時の化学の先生は一番まともでしたかね。
授業は最初は実験の説明と理論、後半は実験と後片付け。
テルミット反応を教えてくれた時は子供心に火がともりました。

振り返ってみると私を教えてきた理科の先生にまともな人いないんですよ。ただし私にとっては恩師でなくともほかの生徒の中には恩師に思う人もいると思います。

最近の子供たちは塾でどうにかなると思っている生徒が多く、学校でまともに授業を受けてこないで塾に来る子供もたくさんいます。
しかし基礎を覚えないで塾に来られてもついてこれないんですね。指導要領をすべて教えるにはどこかで線を引かざる負えませんから・・・。

宿題として問題集を出すとたいていの子供がやっつけ仕事をします。
問題を解かせること=授業評価に結び付け、楽をさせないのが最善だと思います。
成績を単純に上げたければ授業で練習問題を1つ黒板で解き、残りの問題は黒板で手助けしながら自分で考えさせることです。
たとえば
マグネシウム+酸素→酸化マグネシウム

では酸化銅は何が化合したものか?

などのように例題に当てはめれば何とかなる問題を今度は自分の頭で考えさせることです。

これは確かに成績が上がりました。しかし理科を嫌いになる子もいるんですね。

実験というのは基礎を抑えたうえで行うと資料集ではわからない強烈な印象を与えるのですが、基礎を抑えていないとただの作業なわけです。


理論的には需要と供給曲線のように100%満足いく結果にはならないのですが、まれに両立させる先生がいますよね。
それは生徒からの信頼を得ている先生の授業はちゃんと聞くということです。
子供って先生の性格や立場、心境などをよく読み取って、生徒間で共有しています。
要するによい情報が共有されている先生はそれだけで知らない子の信頼を得ているといっても言いすぎじゃないと思います。

結局最終的な成績に結び付ける条件というのは先生の人格にあるというのが私が導いた答えです。
私は残念ながら人格者ではありませんが、30点台の生徒を50点程度をキープさせる程度の実力はあります。
100点にはできませんので参考にはならないと思いますが、わたくしの心理をそのまま文章にしたので、心理学的に学べることはあるとは思います。
これが何かのきっかけになれることを心よりお祈り申し上げます。
    • good
    • 0

 私が高校の時は、化学の授業は2時間続きで、すべて実験室で実験が主体でした。

教室での授業はテストのときくらいで、必ず何がしかの実験をしていました。
 私も基本的に実験主体ですが、実験をすることで結果が残らないと意味がありません。実験をすることで
・今から学ぶことに強い意欲を持たせる。
・学んだことを実験によって確認し、うまく行かなかったときは考える。
 この二つを、しっかり区別して、目的を定めて行わないと意味がありません。私の授業速度はとても早いですが、この二つをきちんと理解してその目的に合わせて実験を行っています。
 たとえば電池ひとつとってみても、ミカンに二種類の金属を差し込んでモーターを回すだけで良いので、それを酸化還元の最初に十数分の実験をさせて起きます。数種類の金属で比較させても良い。
 その後、その日に学ぶことをプリントで配って・・・板書したり筆記させていたら時間がもったいない。子供たちの頭の回転は速い、頭が遊ぶと騒ぐのがせいぜい。子供たちは一生懸命プリントを見て答えがかいてあるか見るけど、あちこち空欄で答えはない。
 そこでおもむろに説明をしながら空欄を埋めさせがら授業を進める。時には色々な電池を見せたり、演示も加えて・・
 そして、簡単な復習プリント(プリントの最後)をしたあと、今度は本格的な電池の実験をさせる。何種類かの金属を用意してイオン化傾向どおりに電圧が発生するかを確認させる。---これが意外と順番どおりにならない組み合わせがあるが、それは「難しい、どうしても知りたければ自分で勉強するか、大学での楽しみにしろ」とすべて教えない。塩化鉄(II)の水溶液で銅を溶かさせても良い。

実験には二種類あること
1) 今から学ぶテーマに興味を持たせるための感動を与えるもの
2) 学んだ結果を検証するもの
そして、学んだことと矛盾するものも見せておくのも良いでしょう。

 教科書や指導書に載っているものを、自分の授業での実験の位置づけを理解せずに惰性で行っても成果は上がりません。問題集をやってくれと父兄どころか子供や教務からお叱りを受ける羽目になるよ。

 座学で何時間も指導するより、実験を使えば、ほぼ半分時間でその単元はすむはず、余った時間は発展実験とか、模擬テストとか。

 私が高校のときも、そんな学び方で、教科書を2冊消化しました。県下でもトップクラスの進学校でしたから、教科書一冊ではたりなかった。まだまだ、私が学んだ先生の足元にも及びませんが、がんばってます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【理科授業】「物質の化学変化」の授業をします。初回授業で、生徒の化学へ

【理科授業】「物質の化学変化」の授業をします。初回授業で、生徒の化学への関心をひくような話をしたいのですが、いい話が思いつきません。アイディアをください。

今まで、物理分野の勉強をしていて、化学分野に入る初めての授業です。
5分程度で、生との興味をひく話をしたいですが、思いつきません。
対象は中学2年生、学習に意欲的なクラスです。

何か、いいアイディアがあれば教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

話もいいですが「百聞は一見にしかず」とも言います。
簡単な演示実験はどうでしょうか?

(1)ビーカーに角砂糖をおいて、濃硫酸を少しかける。
水蒸気の煙とともに、砂糖が炭化していきます。
ヘビ花火のような変化をするので興味を引きます。
濃硫酸は有機物をこのように変化させますので、薬品の
危険性についても教えられます。
※実験はかなり発熱しますので注意してください。

(2)マグネシウムリボンの燃焼
教室の灯りを消してMgリボンに着火してください。
圧倒的な香料で生徒の目も輝くはずです。
身近な反応である酸化反応の最も激しい形であることが
実例で覚えられます。

Q化学の授業で、塩酸と炭酸カルシウムの反応の実験をやりました。

化学の授業で、塩酸と炭酸カルシウムの反応の実験をやりました。
炭酸カルシウムを加えていくと、塩酸が真っ白になったんですけど、その後どんどん加えていくと、塩酸の色はどうなるんですか?真っ白のまま変わらないんですか?それとも、もとの無色透明に戻るんですか?
あと、その理由も教えてほしいんですけど。
わかりにくくてすいません。m(__)m

Aベストアンサー

塩酸(HCl)に炭酸カルシウム(CaCO_3)を加えると、炭酸カルシウムは塩化カルシウム(CaCl_2)というものに変わり、同時に二酸化炭素(CO_2)が発生します。

2HCl + CaCO_3 = CaCl_2 + CO_2 + H_2O

二酸化炭素は気体ですので飛んでいってしまいますが、塩化カルシウムは白色の固体です。
塩化カルシウムは水溶性があるのである程度は水に溶けるのですが、あまり溶け易い物質ではないので白色沈殿となって塩酸を白濁させたのだと考えられます。

また、加えている「炭酸カルシウム」は水に溶けない白色固体ですので、過剰に加えると塩酸を白濁させるだけです。

塩酸と炭酸カルシウムの量的な関係がありますので、一概には言えませんが、炭酸カルシウムを過剰に加えると行き着く先は白濁しかありません。

ただ、この実験で大切なのは、塩酸の白濁ではなく二酸化炭素の発生だと思いますよ。

Qこの実験について分かる方お願いします(TLCによる還元糖の同定実験)

これがプロコトールなんですが・・・

【使用試薬】
A液:AgNO3を1.5g、0.5mlの脱イオン水に溶かす。
  (溶け残りが出る)
 
   この、飽和硝酸銀水溶液200μlにアセトン40mlを加えると
   白沈ができる。
   これを攪拌しながら脱イオン水を5,6滴加えると白色沈澱が溶ける。
   これをA液とする。

B液:0.5MのNaOH/エタノール溶液

C液:5%NaS2O3溶液

【操作】
 薄層クロマトグラフィーで展開後のプレートを風乾後、
 A液を噴霧、乾燥後、B液を噴霧。
 そして、C液を噴霧する。

 還元糖のある部分が黒~こげ茶色になる。

 というものですが、この一連の化学反応について詳しく知りたいのですが、
 なにぶん知識不足なもので・・・(^^;)
 何か知見のある方、どうかおねがいしま~す。

Aベストアンサー

アルカリ性硝酸銀発色ですね

糖にあるアルデヒド基と銀の還元反応、要するに高校で習う銀鏡反応です。

アセトンに硝酸銀を溶かすのは溶液の蒸発を高めるため、DWを入れるのは硝酸銀を溶解させるためです。

NaOHはアルカリ性にするため。エタノールを使うのは蒸発しやすいようにするのと、糖からの水分の脱水のため。
局所濃度を上げるのですね。

展開後A液の噴霧により、銀イオンと糖を接触させます。
そこにアルカル性溶液を加えることで、銀の還元と糖のアルデヒド基がアルコール性水酸基に変わるわけです。(糖アルコール)黒くなったのは銀ができたからです。
最後の亜硫酸ナトリウムは定着のために使います(反応終了液、酸化還元力を利用)。

感度はマイクログラムのオーダーまで検出します。

各溶液、反応の意味はこの通りです。さらに詳しくはMiJunさんのご紹介の本でよろしいと思います。
なお元の論文は
Robyt,J and D,French(1963)Arch.Biochem.Biophys.100,451になります。

Q先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。

先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。
1つ目の実験ではシングルビームの分光光度計(40cm四方、厚み15cmくらいの小型のもの)を用い、水中のカドミウムをフェナントロリンで呈色させ、決まった波長で吸光度を測定しました。
2つ目の実験ではダブルビームの分光光度計(奥行60cm×横幅80cm、厚み20cmくらいの本体にモニターが載ったもの)を用い、数種の濃度の過マンガン酸カリウムの溶液を、波長をスキャンして測定し、得られた吸収スペクトルから最大吸収波長や吸光度などを出しました。

シングル/ダブルビームの違いはビームの数で、特徴として、シングルビームは常に同一セルを使えるが毎回参照を測定し、試料の測定結果から補正しなければならない。
ダブルビームはセルが二つ入れられ、常に(交互に)参照と試料を測定しているので、長時間使っていてもデータのブレが起こりにくい、ということだと理解しています。

そこで質問があります。上記以外の基本的な特徴は下記のとおりで合っていますか?
●シングルビームの特徴
波長スキャンができない=吸光度は測れるけどスペクトルは得られない。
測定波長が決まっていて、吸光度の数字のみ測りたいときに使う。
装置が小型(前述の実験1の装置サイズ)

●ダブルビームの特徴
装置が大きい。
スペクトルを見たいときのみ使う。

それとも、シングル/ダブルの方式の違いと、
波長をスキャンしてスペクトルを得られることは別ですか?
「大型で、吸収スペクトルを測れるシングルビーム」や、
「小型でスペクトルは測れず吸光度のみが表示されるダブルビーム」
なども存在するのでしょうか?
(そんな装置も作れるけれど、わざわざダブルビームにするのに、
スキャン機能を省略することはない、ということでしょうか?)

恥ずかしい質問かもしれませんが、宜しくお願いいたします。

先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。
1つ目の実験ではシングルビームの分光光度計(40cm四方、厚み15cmくらいの小型のもの)を用い、水中のカドミウムをフェナントロリンで呈色させ、決まった波長で吸光度を測定しました。
2つ目の実験ではダブルビームの分光光度計(奥行60cm×横幅80cm、厚み20cmくらいの本体にモニターが載ったもの)を用い、数種の濃度の過マンガン酸カリウムの溶液を、波長をスキャンして測定し、得られた吸収スペクトルから最大吸収波長や吸光度などを出しました。

シン...続きを読む

Aベストアンサー

●シングルビームの特徴
波長スキャンができない=吸光度は測れるけどスペクトルは得られない。
→スペクトルは測れますが、対照補正が出来ないので、正しいスペクトルとはなりません。

測定波長が決まっていて、吸光度の数字のみ測りたいときに使う。
→主にこの使い方となるでしょう。

装置が小型(前述の実験1の装置サイズ)
→小型かどうかは、どうでしょう。今シングルのものはあまり販売していないのでは。

●ダブルビームの特徴
装置が大きい。
→ダブルのものでもかなり小さいものもあります。

スペクトルを見たいときのみ使う。
→スペクトルを測る場合のみではなく、対照吸光度補正が出来るので、通常の吸光度を測る場合に使用します。

Q先日、化学の実験でNaをH2Oに入れる実験を行いま

先日、化学の実験でNaをH2Oに入れる実験を行いました。H2Oにフェノールフタレイン液をあらかじめいれておき、Naを投入すると、赤くなることからH2OないしはNaがアルカリ性になったことがわかりました。いったい何故アルカリ性になったのでしょう?教えてください。

Aベストアンサー

この実験でNaがアルカリ性になると考えるのは理科的なセンスが
良くないと思います。NaとH2Oが反応して新しい物質ができます。

Na単体を水に入れると以下の反応がおこります。
2Na + 2H2O → 2NaOH + H2

フェノールフタレインが赤くなるのはNaOHができたからです。
また、場合によってはH2が燃えて火がつきます。
そのとき、臭いがするのは、たいてい保存していた石油の燃焼の臭いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報