ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

アルコール依存症だと思っていた夫が節酒節酒できている場合

何度も似たような質問をしてしまい申し訳ないのですが、カテゴリーを変えて再度投稿させていただきました。
アルコール依存症のチェックテストなどをするとかなりの高得点でしたし、今までの行動からいって確実にアルコール依存症かと思っていました。診断を受けたことはありません。
ただ、お酒で大きな失敗(死にかけました)をしたことをきっかけに節酒するようになりました。
アルコール依存症のテストなどをみると6ヶ月以内に問題行動があったかどうかという質問になっていました。
それでいうと1年以上人並みの飲み方をするようになった日が続いていますので、現在は当てはまらないということになります。

アルコール依存症の場合一生治らないので断酒をするしかないようなのですが、このように自分の意志でコントロールできるように回復することもあるのでしょうか?
こういった状況が続いている場合はお酒をやめさせなくともいいのでしょうか?
本人にやめる意思がない限り断酒は無理だと思うのですが、本人にしてみればもう問題行動を起こしていないのであればやめる必要がないと言うと思います。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

質問文の中でもう答えがでているのではないでしょうか。

すなわち。

>本人にやめる意思がない限り断酒は無理だと思うのです

ということです。

質問文からだけでは、ご主人がアルコール依存症か否かは判断することはできません。しかし、たとえ依存症であったとしても、ご自身に断酒の意思がなければ断酒は不可能です。

アルコール依存症とは、必ずしも常習飲酒者のみを指すのではなく、周期飲酒者にもアルコール依存症者は存在します。だから、残念ながら「節酒できていること」をもって「アルコール依存ではない」と断言することはできません。

しかし、現在の状態では「アルコール依存症である」ことも断言できないのではないでしょうか。

そして、依存症が疑われるほど酒好きのご主人が、一年以上節酒を続けてこられたのは、なみなみならぬ努力と精神力が必要であったと思います。

現在、判っているのは
「たとえ依存症であっても断酒をさせることは不可能」
「アルコール依存症でないという可能性もある」

ことであり、この2点から、今質問者様ができることは、ご主人が依存症でないと信じて、ご主人の「節酒」をサポートすることなのではないでしょうか。

そして、また依存症が疑われるような問題飲酒の状態になったら、ためらわず専門医の診察を受けられることも必要と思います(ご家族「のみ」の診察を受け付けて下さる専門医療機関もあります)
    • good
    • 1

どういうことからアルコール依存症と言うのでしょうか。


また、どうすればいいと思っているのでしょうか。

私は毎日3合の晩酌をしています。
1年380日です。
でも、暑い夏を除いて昼に飲みたいとは思いません。
仕事が終わって、風呂に入って、それからが楽しみです。

アルコール依存症は量の問題でもありませんよ。
キッチン何とかと言って、昼夜関係なく飲んでいる人のほうが依存症になるみたいですよ。つまり、体内でアルコールが消えないうちに補充する飲み方が駄目らしいです。

私は飲みだしたら中途半端は嫌です。だから、昼に飲みたいとは思いません。何時間後に車を運転するので、何時間前ならなんてけちなことを考えません。飲み出したら満足するまでです。
でも、手が震えたり、医者から止められたりもしません。

で、どこが問題なの?
何を相談したいの?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

どういうことからアルコール依存症と言うのでしょうか。

今までの飲酒の状況やテストの結果などです。(このことに関しては別で質問をさせていただきましたので焦点を当てずに書かせていただきました。)


また、どうすればいいと思っているのでしょうか。

必要があれば治療をうけるべきと思っています。


で、どこが問題なの?
何を相談したいの?

質問は夫がアルコール依存症かどうかというよりは、もしアルコール依存症だった場合:

1)アルコール依存症の場合一生治らないので断酒をするしかないようなのですが、このように自分の意志でコントロールできるように回復することもあるのでしょうか?

2)こういった状況(節酒)が続いている場合はお酒をやめさせなくともいいのでしょうか?

です。

お礼日時:2010/03/24 02:47

アルコール依存症という病気を飲む量だとかコントロールが出来ない、


という点で判断する人も多いようですが、わたくしが、治療を受けている時には、毎日ビール一本の晩酌だけという人や一年に数回の飲酒だけという人もいました。
ですから、呑む動機が依存的かが問われているのだと思います。
大酒呑みとアルコール依存症者では、呑む動機に決定的な違いがあるのでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅れ申し訳ありません。

飲む動機ですね。確かにそこが大きなポイントなようですね。
これはどう判断するのでしょう?本人以外に本当のところはわからないかもしれませんね。
しっかり観察してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/16 22:26

はじめまして。


私は専門家ではないので、参考までに。

アルコール依存症というのは病気ですが、定量的な診断ができない
病気なんです。定量的というのは、ウイルスを見つけるとか
抗体検査で陽性反応で確認できるとかという意味です。
そのため、依存症の診断は専門家でも大変だと思いますよ。

一般的?には以下の2項目がでれば、依存症だと思います。
 1.飲酒が自分の意志でコントロール出来ない。
  今日は飲まないと思っていても我慢出来ずに飲んでしまう、
  ビール1本で止めるつもりが、泥酔するまで飲んでまう。
 
 2.飲酒をやめて2.3日後に離脱症状(いわゆる禁断症状)がでる。
  症状も軽度な頭痛、寝汗などから、重度な手の震え、
  幻覚などがあります。

もっと簡単いえば「酒がやめられない」という事です。
ただ酒がやめられないだけの病気なら、依存症なんてまったく
問題ない病気なんですけど、そこから派生する事が大問題なんです。
そして、それらは確実に悪い方向に進行していきます。

 飲酒量、飲酒機会が管理できない
 泥酔して、周辺に人に迷惑を掛ける
 自分の体を壊す
 日常生活が出来なくなる
 最後は自分と周辺の人が破綻する

長い前振りですみません、回答です

>自分の意志でコントロールできるように回復することもあるのでしょうか?
>問題行動を起こしていないのであればやめる必要がないと言うと思います。

依存症とは酒がやめられない病気で、回復は不可といわれてます。
但しご主人の場合、依存症なのか予備軍なのかはこの内容だけでは
判断できないので、依存症で回復したかはわかりません。

そして、「自分の意志でコントロール」ですが、本人が
どういう気持ちでコントロールしているかで、違ってきます。
まったくストレスなしにコントロールしているのと
物凄く我慢しながらコントロールしているのでは
まったく意味合いが違います

ストレス無しなら、現状維持で良いとおもいます。
ストレス大で節酒しているなら、いずれ依存症の発症
もしくは依存症が進行する可能性があります。
そうなる前になんらかの手はうったほうがよいと思います。

最後に、依存症と酒を飲むと暴れるなどですが、
まったく違う事で、よくアル中で表現されてますが、
まったく違うものです。蛇足です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅れ申し訳ありません。

ストレスなしかありかはわかりません。
本人はストレスがあるとは言わないと思います。依存していると思われたくないので。
この病気は本人が一番良くわかっていて、それでいて認めないところが問題なのでしょうね。
もう少しどういう状態で節酒しているのか観察してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/16 22:23

アルコール依存症に効く薬はなく、飲まないことだけが唯一の治療法です。


どんなに優秀な医師がどんなに丁寧なケアをおこなっても、本人が身体から
アルコールを抜く覚悟がないかぎり、本当の治療はあり得ません。
身体からアルコールを抜く覚悟を本人が持てる環境こそが、アルコール依存症から
抜け出す唯一の方法なので、節酒は根本的な治療になりません。

アルコール依存症の克服は、一生涯、断酒を続ける覚悟が必要で、死ぬまで断酒が続けば
依存症の克服に成功したと言えますが、死ぬ前に一度でも飲めば、
やはり克服できなかったことになります。
仮に、問題行動がなくなり、なんとか適量を守り社会生活が営めるようになったとしても、
節酒などでいいわけしているかぎり、少しずつ悪化の方向に進んでいることは間違いないと思います。

あなたのご主人は今が最初にして最後のチャンスだろうと思います。
今は良い状態にあるので、その状態をきっかけにして、根本的な治療を行えば、
依存症克服の可能性が残っています。
あなたが同伴して精神科医によく相談してみてください。
そうすれば、あなたにもたくさんできることがあることがわかると思います。
また、シアナマイドとノックビンを処方してもらってください。
ぜひ、おふたりで協力して、一生断酒し、平穏で幸せな生活を続けていってください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅れ申し訳ありません。

正直私自身よくわからなくなってきました。
今普通に生活できている分、禁酒をさせる説得力のある言葉が見当たらなくて。
しかも問題があった頃に病院に行ってアルコール依存症だと診断されていたならばまだ話のしようがあったのかもしれません。
でも確かに折角のチャンスですよね。
前向きに考えてみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/16 22:18

酒を飲まなければ行動出来ないのなら依存症かと思います


何かをする前に必ず飲む、飲まなければ作業が出来ないこれが依存症です
量の問題ではありません
こういうことがなければ治っていると思います

一生治らないというのは前例がないからで治らないという証明は出来ていないと思います
神経の損傷は回復しないといわれていたのに新しい神経が出来ることが確認されました
科学の常識というのは現在正しいと認められているだけであって将来も正しいとは決まっていません
回復しているといいですね
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。
結局は一生を終えてみないとわからないことですが、回復しているといいなと思います。
今よくてもまたいつか同じことになるんじゃないかという不安はやはり拭いきれませんが、もしそういう前例もあるなら少し気が楽なんだけどと思っています。

お礼日時:2010/03/12 22:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • アルコール依存症<こころの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    アルコール依存症とはどんな病気か  アルコール依存症は、薬物依存症のひとつです。ほかの薬物依存症と同じようにアルコール依存症も「脳の病」であり「行動の病」です。  薬物依存症の主な症状は、「強化された薬物探索・摂取行動」と規定され、脳に行動の記憶として刻印され、完治することがない病気です。長期にわたる断薬(アルコール依存症では断酒)をしても、少量の再摂取から短期間に断薬(断酒)直前の摂取行動にも...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三日禁酒できるのにアル中と診断されました。

以前、こちらでお酒に関する質問をさせていただいたのですが、
先日、地元でなかなか評判の良い心療所に行ってきました。

私自身は環境の変化や旦那さんと上手くいっていないことによる鬱病かなぁ、ぐらいしか思っていなかったのですが、
お医者様いわく、
『鬱病よりもあなたは自覚のないかなり危険なアルコール依存症です。自律神経がボロボロになっています。家にあるお酒を全て捨てて家族から協力してもらいなさい!』
と、かなり厳しく注意されました。

三日ほどは何の苦労もなしに断酒できるので
まさか自分がアルコーツ依存症だとは夢にも思いませんでした。

確かに木が失うまでウォッカやウイスキーを一瓶開けたりもしていましたが・・・。(いつもは500mlビール7缶とつまみがご飯)

現在、23歳(女)です。そんなに危険な状態なんでしょうか?
ピンときません。
お医者さんがオーバーに言っているだけなんでしょうか?

Aベストアンサー

残念ですが、#6の回答はアルコール依存症に対する誤解だらけです。
アルコール依存症になりやすい「性格」というのはあるかも
しれませんが、たまたまそういう人が多いというだけで、違う性格を
もつ人もなります。また、問題から逃れるために飲むのでもなく、
やめようと自力でもがけばもがくほど離脱症状(いわゆる禁断症状)が
かえってつらくなり、それを打ち消そうとするために飲んでしまい、
罪悪感が残ります。その罪悪感のためにまた自力でやめようと
もがくのですが、また離脱症状が出てきて……という悪循環になり、
依存症だけが残ってしまうのです。下記のサイトにもあるとおり、
病気だから飲んでしまうのです。あなたの場合、泥酔感を味わいたいと
感じてしまうことが、一種の離脱症状とも言えます。
http://www.ask.or.jp/gokai.html

さて、下記のリストに当てはまるようなことはありましたか?
http://www.ask.or.jp/CAGE.html

「依存」というこころの病気ですから、無理に自分の意志だけで
治そうと頑張り過ぎなくてもいいんですよ。どんな悩みでも
医師に話してしまいましょう。ただし、アルコール依存症の治療では、
自分のこころを見つめ直す作業が必要ですから、病院によっては
断酒会(アルコール依存症患者さんの自助グループ)入会を
治療の絶対条件とするところがあります。

同じ悩みを持つ患者さん同士で気持ちを分かち合い、情報交換し、
時には自分の悩みも聴いてもらうことは、断酒の意志を固めるのに
非常に役立ちますので、そういう会を紹介してもらえないか、
医師に質問してみてください。また、ネット検索をかけると
いくつも見つかります。「自分は病気だ、治さなきゃ」と
自覚できたときから、回復への道が開かれます。
ご家族にも協力してもらって、治療に専念してくださいね。

残念ですが、#6の回答はアルコール依存症に対する誤解だらけです。
アルコール依存症になりやすい「性格」というのはあるかも
しれませんが、たまたまそういう人が多いというだけで、違う性格を
もつ人もなります。また、問題から逃れるために飲むのでもなく、
やめようと自力でもがけばもがくほど離脱症状(いわゆる禁断症状)が
かえってつらくなり、それを打ち消そうとするために飲んでしまい、
罪悪感が残ります。その罪悪感のためにまた自力でやめようと
もがくのですが、また離脱症状が出てきて……と...続きを読む

Qアルコール依存症、完全に断酒しかないのか

飲酒歴30年以上になります。依存症を指摘されたのは、約6年目です。
私は躁うつ病でもあることから、主治医は断酒しかないとして、一か月に一度の診察では、別れ際に、次回まで生き抜いてください。と言います。
この診断名がついてから、AA(アルコーリック・アノニマス)の例会に通い完全な断酒をほぼ半年実現しました。
ところが、職場復帰して長いことすると、誘われます。
いま、私はシアナマイド(抗酒剤)毎朝飲んでいます。これを飲むと24時間、肝臓の酒の分解酵素が機能停止となり、酒を飲むと苦しむことになります)
でも、職場全体でおこなう会(これからですと新年会、歓送迎会等)は欠席は難しく、またそのうちに
行事の後のごくろうさん会も加わりました。あらかじめ、分かっている日はシアナマイドを抜いて
飲んでしまっています。アル中ですから会がお開きになって解散した後、自宅近くの居酒屋で飲み直しになります。
翌朝は、ひどい状態です。二日酔いなんてもんじゃなくて、うつ状態といっていいありさまです。
だから、次の日勤務の場合は、シアナマイドを飲んどいてウーロン茶の水割りでごまかします。
また、朝うっかりシアナマイドを飲み忘れた日(月に一、二度)仕事帰りにカラヲケスナックにいってしまいます。

現在、これでまあ普通の生活を送れてます。
アルコール依存症は、治癒がなく断酒を続ける回復あるのみ。
一杯飲んだら、もとのもくあみ。そう聞かされていますが、
コントロールすることだって、できるんじゃないかなと思い始めています。

いかがでしょうか?

飲酒歴30年以上になります。依存症を指摘されたのは、約6年目です。
私は躁うつ病でもあることから、主治医は断酒しかないとして、一か月に一度の診察では、別れ際に、次回まで生き抜いてください。と言います。
この診断名がついてから、AA(アルコーリック・アノニマス)の例会に通い完全な断酒をほぼ半年実現しました。
ところが、職場復帰して長いことすると、誘われます。
いま、私はシアナマイド(抗酒剤)毎朝飲んでいます。これを飲むと24時間、肝臓の酒の分解酵素が機能停止となり、酒を飲むと苦...続きを読む

Aベストアンサー

再度のアドバイスさせてください。
脅迫されたりおびえさせたりしてもアルコール依存は治りません。

その医師はあなたに会わない様な気がします。

職場復帰できているのは大変なことと思いますが、私の同級生が会社で重役になっていて毎日どろどろに泥酔しています。
身体を壊す前にナントカしてくださいね。

Qアルコール依存症の境界線は何かあるのですか?

アルコール依存症の境界線は何かあるのですか?

どの基準でアルコール依存症と言えるの教えて下さい。

毎日欠かさず飲んでいる人は数え切れないほどいると思います。
毎日飲んでる人をアルコール依存症とくくってしまっていいのか?
週に1度でも酒を飲まない事ができれば、依存症と呼ばないのか?
月に1度でも酒を飲まない事ができれば、依存症と呼ばないのか?
年に1度でも酒を飲まない事ができれば、依存症と呼ばないのか?

やめたいと思ってもやめられないのが依存症で
やめる気がないく、やめようと思えばやめられるって言ってるのは依存症じゃないのか?

やめる気も無いけど、1日缶ビール1本で済ませられれば依存症じゃないのか?
やめる気も無く、1日缶ビール3本で済ませていても依存症なのか?

缶ビール1本でも人が変わってからんで来てやめられないのは依存症なのか?
中ジョッキ3杯に焼酎浴びるほど飲んでも陽気でいられて、毎日飲んでも平気なのは依存症ではないのか?

腫瘍も陽性と陰性があるように、アルコール依存症も陽性と陰性があるのか?

自覚症状や回りから飲みすぎだとかやめた方がいいと言われてもやめられないのが依存症なのか?

いったい何を基準にアルコール依存症と言うのですか?

知り合いで80過ぎになるのに毎日飲んでいて陽気で元気なおばあさんがいます。

飲み続けた結果、廃人になるような体質を依存症と言って
ならなかったら依存症じゃないと言うのでしょうか?

それとも依存症は依存症でも先ほど書いたように、陽性と陰性があるのでしょうか?

詳しい方教えて下さい。

アルコール依存症の境界線は何かあるのですか?

どの基準でアルコール依存症と言えるの教えて下さい。

毎日欠かさず飲んでいる人は数え切れないほどいると思います。
毎日飲んでる人をアルコール依存症とくくってしまっていいのか?
週に1度でも酒を飲まない事ができれば、依存症と呼ばないのか?
月に1度でも酒を飲まない事ができれば、依存症と呼ばないのか?
年に1度でも酒を飲まない事ができれば、依存症と呼ばないのか?

やめたいと思ってもやめられないのが依存症で
やめる気がないく、やめようと思え...続きを読む

Aベストアンサー

> 妻のように一緒にいるとき呑まないでいられる場合、例えば月に1・2度呑む事だとどうなんでしょう?

それなら、一緒にいて治してあげてください。連続飲酒が始まっていないのなら治ります。

> 治る事のない病気なのだから、仮にこの先一緒に住むとしたらそれを覚悟して人生を送らなければいけないと言う事でしょうか?

私は連続飲酒が長く続いていましたが、自分自身で治しました。
奥さんはあなた次第で治してあげられますから、早く治してあげると良いと思います。

・アルコール依存症を治すクスリはシアノマイドとノックビンです。これは精神科でなくても、内科でも処方してもらえます。

・奥さんの状態では、内蔵に確実に影響がでているはずです。内科で血液検査をしてもらってください。
医師から内臓の異常を説明してもらって、飲酒を止めるよう説得してもらうと、本気になって酒が止められると思います。
男性のアル中患者でも、医師から今のままでは死ぬと言われて、断酒に成功した人がたくさんいます。

・奥さんの今の状態では、まもなく社会的な生活が営めなくなると思います。
夜勤はしないのでしょうか?もしも、夜勤があれば、仕事仲間も困っていると思います。
どなたか、医師か看護師かに相談出来るとよいのですが。

> 妻のように一緒にいるとき呑まないでいられる場合、例えば月に1・2度呑む事だとどうなんでしょう?

それなら、一緒にいて治してあげてください。連続飲酒が始まっていないのなら治ります。

> 治る事のない病気なのだから、仮にこの先一緒に住むとしたらそれを覚悟して人生を送らなければいけないと言う事でしょうか?

私は連続飲酒が長く続いていましたが、自分自身で治しました。
奥さんはあなた次第で治してあげられますから、早く治してあげると良いと思います。

・アルコール依存症を治すクスリはシア...続きを読む

Q酒をコントロールするのは無理なのか?

私は2週間に1度のペースで週末に飲む程度なんですが一度飲みだすと楽しくなりつい深酒をしてしまいます。
アルコール依存症のチェックをしてみるとその頻度に関わらず酒量のコントロールができない人は依存症であるとのことでした。
関連の書籍やサイトを見てみても依存症は酒を完璧に断たないと治らない、一生禁酒しか道はないと書かれています。

ここで質問なのですが酒量をうまくコントロールできない人がそれを治す方法はないのでしょうか?
世の中にはうまくお酒と付き合っている人がたくさんいます。
私がこれから何らかの方法で自分の酒量をコントロールできるようになり、楽しくお酒と付き合うことは無理なのでしょうか?

酒をやめようとは思わない。ただ一回の量を減らしたい。
そんなことはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

お酒の問題の難しさは、今は、素面で問題点を投稿しているのでしょう

が、一回の量を減らす時点というのは、もうすでに身体にアルコールが

入っている状態なのです。

酒の量や飲み方の質に問題のある方の脳は、酒が入ってしまった時点で

適切な判断力を失ってしまうということなのでしょう。

そこが、飲んでも問題の起こらない人たちとは、

すでに違っているのです。

Qアルコール中毒は1日どの程度飲む人を言うのでしょうか?

アルコール中毒は1日どの程度飲む人を言うのでしょうか?

私は毎日、発泡酒を晩酌に350mlを1本と氷結350mlを2本飲んでいます。 このままのペースで行っても大丈夫でしょうか?

また、痛風も将来恐いのですが、大丈夫でしょうか?
ビールよりも発泡酒の方が痛風になりにくいのでしょうか?

詳しい方教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アルコールは、どの位摂取出来るかとういのは個人個人決まっていて、「多い、少ない」で判断は出来ないようです。
ただ、アルコールは一定以上摂取し続けると「依存常態」になり、その結果「アルコール依存症」という「病」になります。
これは、他の「麻薬」と一緒です。ただ、まだ「麻薬」よりも安全であるに過ぎません。
(※麻薬であるモルヒネなんかも痛み止めとして医療で使われることもありますし)
つまり、「個人にとって、依存症にならない程度の楽しみ方」をしていれば問題ないと言えます。

一応、目安となるアルコール依存症の症状を以下に列記してみます。

・飲まないと眠れない。

・飲んだ翌日、手が震える。または指先がこわばったようになり、字が書きにくい。

・飲んだ翌日、汗が出る。 

これらは、離脱症状といって、アルコール依存症の重要な徴候だそうです。
これに
・2日(48時間)以上に渡って、飲んだら寝るを繰り返す

という症状が加わると、完全にアルコール依存症と診断されるようです。
もちろん、これらの症状に当てはまる=アルコール依存というワケではありません。
ただ、可能性は高いと思われますので、ご心配でしたら専門医を受診してみてください。
もし、アルコール依存であるなら1人で脱却するのは無理ですので、、、。

痛風に関しては、「何とも言えない」というのが答えでしょうか。
たしかに「アルコールが原因だ」という研究結果もありますが、まだまだ「研究段階」であり、因果関係は解明されていないと言えます。

取り合えず、毎日の飲酒をやめ2~3日事に休刊日を入れることをお薦めします。
アルコール分解の為の肝臓をいたわってください。

参考URL:http://www.ask.or.jp/sodankikan.html

アルコールは、どの位摂取出来るかとういのは個人個人決まっていて、「多い、少ない」で判断は出来ないようです。
ただ、アルコールは一定以上摂取し続けると「依存常態」になり、その結果「アルコール依存症」という「病」になります。
これは、他の「麻薬」と一緒です。ただ、まだ「麻薬」よりも安全であるに過ぎません。
(※麻薬であるモルヒネなんかも痛み止めとして医療で使われることもありますし)
つまり、「個人にとって、依存症にならない程度の楽しみ方」をしていれば問題ないと言えます。

一応、...続きを読む

Qアルコール依存症から回復した人がアルコールを一滴も口にしない理由

私の知っている人にアルコール依存症だった人がいます。日中から酒を飲み、酒酔い運転を常にしていたようです。家族に迷惑をかけ続けていたそうですが、数十メートルの谷底に車ごと落ちたことをきっかけにアルコールを断ち、以後死ぬまで30年間、酒類を口にしなかったそうです。その甲斐あって、その人は平均寿命を超える天寿を全うしました。

アルコール依存症から回復した人は、何年経とうと、一滴でもアルコールを飲むとアルコール依存症者に戻ってしまうというと聞きました。そのメカニズム ―例えば、元アルコール依存症の人の脳がどのような状態であるかなど― について教えていただきたく思います。或いは、素人向けに分かりやすく、かつ、比較的詳細に説明していると思われるサイトがあれば、教えていただきたく思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アルコール依存症のしくみについては、YAHOO!やGoogleなどで
ネット検索をかければ、すぐ調べられますよ。ウィキペディアにも
掲載されていますし、医療関係のサイト、アルコール依存症の
自助グループのサイトでも詳細が掲載されています。

自助グループで有名なところだと「AA」というグループがあります。
また、他にも下記のようなサイトがありますので、
チェックしてみてください。
http://www.nsknet.or.jp/~hy-comp/selfhelp/index.html
http://www.ask.or.jp/alcoholism.html
http://www.synapse.ne.jp/~sein/T/T01.htm
http://allabout.co.jp/health/stressmanage/closeup/CU20040725A/

アルコールに限らず依存症は、ある特定の物質をずっと長く集中して
とることで気持ちを安定させるという、体とこころの仕組みが
できあがってしまっている状態なんですね。なので、急にそれを断って
しまうと逆に離脱症状(いわゆる禁断症状)に苦しんでしまい、
その離脱症状の苦しみから逃れるために再び物質に手を出してしまい、
手を出したことに自分でも後悔してますます悩む、そして断ってみる
ものの、やはり離脱症状が苦しくて……という悪循環にとらわれて
しまうんです。やめるにあたって精神科医やカウンセラーなどの専門家、
自助グループのサポートが必要なのはそのためです。
サポートを得ることで、物質に代わる自分のこころのあり方を
安定させる方法を学んだり、見つめ直していきます。
今までのあり方をすべて断ち切るためにも、また物質に頼ってきた
体質を改善するためにも、二度とその物質をとらないという誓いを
たてなければいけないんです。余談ですが、私がかつて通院していた
精神科医はアルコール依存症の治療にも強くて、アルコール依存症
治療開始にあたって断酒と断酒会への強制入会を条件にしていました。

お亡くなりになった知人の方は、断酒への意思がよっぽど強かったことも
あったと思うんですが、車ごと谷底に落ちたという恐怖体験が
トラウマになるほど強かったことも影響したのではないでしょうか?
実際のところは本人に聴かないとわかりませんが、恐怖とともに
現実のさまざまなことを突きつけられたと思うんですよね。

アルコール依存症のしくみについては、YAHOO!やGoogleなどで
ネット検索をかければ、すぐ調べられますよ。ウィキペディアにも
掲載されていますし、医療関係のサイト、アルコール依存症の
自助グループのサイトでも詳細が掲載されています。

自助グループで有名なところだと「AA」というグループがあります。
また、他にも下記のようなサイトがありますので、
チェックしてみてください。
http://www.nsknet.or.jp/~hy-comp/selfhelp/index.html
http://www.ask.or.jp/alcoholism.html
http://www.syn...続きを読む

Qアルコール依存症の旦那へ自覚のさせ方と妻の身の振り方について

アルコール依存症の旦那(31)を持つ妻(31)です。
結婚4年目、子供なしです。
今年5月にも関連内容で相談しましたが、事態は悪化する一方で再度皆様の意見を聞きたく相談させて頂きます。

晩酌はビール350×2と焼酎2.5合程度です(毎日)
飲みに行けば、警察の保護・喧嘩沙汰・失禁・トイレを間違える程度は度々あります(最近は自力では帰宅困難です)
私なりに勉強して相談に行ったり、今は怒らずに色々と聞かせますが本人は「病気」として向き合う自覚はなく「まだ自分で制限できる」と思っています。
多少の迷惑は被っているはずなのに友人・会社共に誘いが多いです。
先日とうとう、大便を失禁しました。(汚い話ですみません)
部屋や壁・本人の手足顔も汚物にまみれて、泥酔&昏睡していました。
そのままにして、取った写真・動画を本人に見せて掃除をさせました。
さすがにショックを受けていたようですが、その日も飲みに出掛けて行きました。
惨劇のトラウマで自宅に一人でおれず実家へ帰っていた私が帰宅すると、2夜連続で同じ光景になっていました。
2日目は汚れたままで部屋を徘徊(暴れ)しており、止めるのに鼻や首を引っかかれて出血しました。
翌日も同じように反省していましたが、本人から出た言葉は「お前に迷惑をかけるから家では飲まないが、断酒は出来ない」でした。
それから何年ぶりかの禁酒を3日続けましたが、4日目に会社の懇親会で出かけて行き、泥酔状態で同僚に抱えられて帰って来ました。
その翌日も反省していましたが、次の日には「ビールだけ」と言って500×1を家で飲んでいました。
「誰の為に禁酒しているのか?」と聞くと「自分の為だけど、お前の機嫌も悪くなるから」との事でした。
私はまだあの惨劇のトラウマで、食事をしていても自分がトイレに行っても連想する光景を目にすると思い出し、考えないようにしても頭がいっぱいになります。
「離婚」も考えましたが、2人で簡単に出来る事でもないし、まだ乗り越えられるかもしれない希望も捨てきれず、どの道を選択しようにも踏ん切りがつかず路頭に迷っている状態です。
私の実家では(別スレでも相談しています)、実弟のギャンブル・借金問題で葛藤中なので、私の問題を打ち明けるのも躊躇しています。
旦那の実家へは全て話していますが、あまり協力心と理解がありません。
息子はストレスがあるからだ!とか、夜ご飯を米中心にしてあげなさい!とか、私への注文ばかりで問題を履き違えています。
どれだけ言っても本人は自覚しない、旦那の実家は頼りがない、内容が内容だけに もし回復するなら…と思えば自分の両親や友人に相談する勇気が出ないし、もう何から手をつけていいのか混迷しています。
現状では無理ですが、いつか子供も欲しいです。
それも含めて結婚したので、ここでつまずいている自分の人生に失望さえしています。


アルコール依存症本人の方、家族の方、または離別を経験された方など、意見・知恵等あれば教えて欲しいです。
そして私の立場ならどうするか、意見を聞かせてほしいです。

アルコール依存症の旦那(31)を持つ妻(31)です。
結婚4年目、子供なしです。
今年5月にも関連内容で相談しましたが、事態は悪化する一方で再度皆様の意見を聞きたく相談させて頂きます。

晩酌はビール350×2と焼酎2.5合程度です(毎日)
飲みに行けば、警察の保護・喧嘩沙汰・失禁・トイレを間違える程度は度々あります(最近は自力では帰宅困難です)
私なりに勉強して相談に行ったり、今は怒らずに色々と聞かせますが本人は「病気」として向き合う自覚はなく「まだ自分で制限できる」と思ってい...続きを読む

Aベストアンサー

neco0621さん初めまして!
私もNO7さん同様にアルコール依存症者です。
今まで良く頑張ってきましたね
大変だったと思います。
まったく以前の私の女房と同じような苦しみをなされているので、心労のほどお察ししますが、お二人共に、まだお若いのですからやり直すチャンスはあると思います。

私達も同じ年の夫婦ですが、24で結婚しましたが、結婚式も私の飲酒による肝臓病が元で延期という事から飲酒問題が始まり、話せば長くなりますので経過は省略しますが、だいたいneco0621さんと同じくらいの年に酒と決別する事になりましたので、何となく親しみを感じ投稿させて頂きました。

飲酒量はさほど多くはないように思われますが、アルコールをコントロール出来ないようですので、アルコール依存症でしょうね。酒乱と言われている人でも、アルコールをコントロール出来るのでしたら、アルコール依存症ではありません。

またアルコール依存症は否認の病気とも言われているように、本人を病院や自助グループにつなげようと思っても、簡単にいかないのもアルコール依存症の特徴ですよね。本人は病院に行けば酒を飲めなくなるから行きたくないのも当然なんです。病気として向き合う気がないと書かれていますが、アルコール依存症を認めるという事は、AAのステップでも断酒会の断酒の誓いでも最初にあるように、自分で認めた時点で回復への一歩を踏み出しますので、すぐに認めるのは簡単ではありません。

息子さんの実家に言ったところで、判ってもらえる事はおろか大方はneco0621のせいにされるのがいいとこですね。

御主人の失禁を写真に撮って、自分で掃除させてと言うのは良い対応だと思います。アルコール依存症には家族の病という名前もあるように、neco0621も勉強なされているので判っていると思いますが共依存からの回復が必要ですね。ただ共依存の勉強をした家族が勘違いしやすいのは、何でも御主人の問題に対して関係を断ち切るのではありません。家族なのですからね。酒に関する事には干渉しないと言う事です。もう一つ勘違いしている人が多い事は、共依存イコール悪ではないと言う事です。

コレステロールにも善玉と悪玉があるように、共依存も必要な事は多いのです。例えば赤ちゃんがお腹が空いて泣くのも一種の共依存の現れです。全てが悪いのではありませんし、自分と御主人の心の境界線も、その時の状況によって動きます。

自分が変われば相手も変わるという事が言われますが、アルコール依存症者に対する接し方で必要なのは、お互いにコントロールしない事です。お酒の漁を減らそうとコントロールするとか、自分の思い通りにコントロールしようと思う事は無意味です。自分を変えるという事は、相手の見方を変えるという事です。

一番の問題は本人の気付きですね
アルコール依存症は喪失の病気とも呼ばれますし、底付き体験という言葉もある通り、たいていの人は、どん底に落ちなければ気が付きません。ただ自助グループにneco0621さんが通っているうちに、御主人が気が付くという事も多くあります。AAはクローズミーティングが多いですね。アラノンという家族の集まりもありますが、neco0621さんの感じだと断酒会の方が向いているかも知れませんね。

また近くの病院で家族教室を開いている所があれば、そこに通い続けるのも良いと思います。御主人の気付きですが、お子様がいればお子さんが良いのですが、現在はお二人という事ですので一つの方法として御主人が酒を飲んでいない時に、酒の問題を会社の上司に相談するというのも一つの方法です。会社に言う言わないはneco0621次第ですが、当初の話として、そういう事を言うのも技術の一つです。

気が付いたら長々となってしまいました。
この世の地獄を見たければアルコール依存症者の家庭を見るが良い
この世の天国を見たければ断酒家の家庭を見るが良い
この後者となってくれる事を願っていますし、希望を持っていれば必ず明るい未来が来る事と思います。

neco0621さん初めまして!
私もNO7さん同様にアルコール依存症者です。
今まで良く頑張ってきましたね
大変だったと思います。
まったく以前の私の女房と同じような苦しみをなされているので、心労のほどお察ししますが、お二人共に、まだお若いのですからやり直すチャンスはあると思います。

私達も同じ年の夫婦ですが、24で結婚しましたが、結婚式も私の飲酒による肝臓病が元で延期という事から飲酒問題が始まり、話せば長くなりますので経過は省略しますが、だいたいneco0621さんと同じくらいの年に...続きを読む

Qアルコール中毒者の末期症状

どうしてもアルコールをやめられません。
そこでアルコール中毒の恐ろしさをたくさん綴り、これを読んだらアルコールを辞めようと思えるような小説、もしくはサイトってないですか?
一応メンタルクリニックに通ってシアナマイドやノックビンを貰って飲んだ経験はあるのですが、やめられませんでした。

Aベストアンサー

アル中ですか。大変な事になりましたね。
私の友人も23歳の若さでアル中で亡くなりました。
そんな私は今、アルコール依存症と闘ってます。

人間の臓器の中で一番再生能力が早いのが肝臓です。
その再生能力がアルコールを分解できなくなるまでになると
いずれは肝硬変になるでしょう。
肝硬変は肝癌になる確率が70%と高く、肝細胞がんに至っては
完治する事は無いでしょう。
又、アルコール中毒は覚醒剤と同じで幻覚を見たり
幻聴を聴いたりする事もあります。
自力での断酒はまず無理でしょう。
サイレントキラーの肝臓ですが自覚症状さえ解ればその時点で
押さえる事も出来たのに。
初期症状は両手指の関節に痛みを感じるようになります。
次に電解質、特にカリウム・ナトリウムの減少。血小板の減少。
白血球の減少が見られます。この時点では医者でも気付かないでしょう。
次に毛細血管の膨張による赤面、両手足の紫斑、急激な体重の激減。
体温調整が出来なくなる。めまいに似たフラつき、拒食。
ここで気付いても手遅れと思って下さい。
黄疸が出たらOUTです。肝硬変から癌に変異するか
腎機能に影響を起こし、脳症に至るケースもあります。
又は骨髄で作られる血液が未熟なものしか作れなくなり
その未熟な血液は腎臓で破壊され汎血球減少症を起こし、
立ちくらみや貧血になります。この症状は再生不良性貧血と
よく似ていて医師の判断は更に難しくなります。

もたもたしてると本当に死んじゃうよ!

参考URL:http://www.k4.dion.ne.jp/~care/

アル中ですか。大変な事になりましたね。
私の友人も23歳の若さでアル中で亡くなりました。
そんな私は今、アルコール依存症と闘ってます。

人間の臓器の中で一番再生能力が早いのが肝臓です。
その再生能力がアルコールを分解できなくなるまでになると
いずれは肝硬変になるでしょう。
肝硬変は肝癌になる確率が70%と高く、肝細胞がんに至っては
完治する事は無いでしょう。
又、アルコール中毒は覚醒剤と同じで幻覚を見たり
幻聴を聴いたりする事もあります。
自力での断酒はまず無理でしょう。
...続きを読む

Qアルコール依存症の夫 めんどうみきれない

私の夫はアルコール依存所です。金曜の夜からのみはじめ、土曜、日曜飲んでいます。やめろと言っても病気なので当然やめられずアルコール専門の外来のクリニックへ通っています。
平日、仕事はしています。
夫は不摂生な性格で、ご飯はちゃんと食べない、すぐそのまま何もかけず寝てしまう、など、まったく自分のことがまともにちゃんとできる性格ではありません。
部屋は酒ビンですぐ散らかり、3食ちゃんと食べるということさえ守れません。
健康が不安なのでうるさく言っているにも関わらず、せっかく作ったご飯を食べなかったりします。
性格は酒のせいで、わがままで自己中心的です。
子供のことを子供の立場になって考えてあげられることができず、まったく自分中心。わがまま。
正直、2歳の子供のほうが聞き分けがよく、素直です。
自動車の運転も危ないからやめればいいのに、やりたがり、自分はひとよりしっかりしていると
言います。酒さえのまなければしっかりした人間だと思いますが、酒が・・
そんな夫と毎日いると、いつ倒れるかもしれない、自分も子供も巻き込まれてしまうかも、と嫌になり
夫の運転する車には怖くて乗りたくないのですが、それを伝えると激怒します。
もうめんどうみきれない気分になるときがあるのですが、結婚当時はいい人で、時々、そんな当時
の夫のことを思い出し、酒のせいで変わり果てた夫が不幸に思えて悲しくなります。
たしかに私自身もこのような夫と結婚し、子供を作ったので悪いのですが、子供も夫に巻き込まれる
かもしれないとおもうと、離婚したほうが子供のためなのかなとおもうときがあります。
しかし経済的な理由もあり、夫との離婚は考えていません。
しかし、正直なところ、こういう夫を毎日相手にしているのがとても疲れるのです。
いい大人なのだから、自分のことは自分できちんとする、せめて健康ぐらいは、とおもうと、
本当に夫といる毎日が生き地獄のようにかんじて、苦しいです。
性格は頑固で、妻の意見をまともに聞き入れようとしません。
耐え難く感じ、なぜ自分だけがこんなめにあわなければいけないのだろうと悲しくなります。
皆さん、このような夫をもってしまったとしたら、どのように思いますか。あなたならどうしますか。
いろいろご意見聞かせてください。お願いします。

私の夫はアルコール依存所です。金曜の夜からのみはじめ、土曜、日曜飲んでいます。やめろと言っても病気なので当然やめられずアルコール専門の外来のクリニックへ通っています。
平日、仕事はしています。
夫は不摂生な性格で、ご飯はちゃんと食べない、すぐそのまま何もかけず寝てしまう、など、まったく自分のことがまともにちゃんとできる性格ではありません。
部屋は酒ビンですぐ散らかり、3食ちゃんと食べるということさえ守れません。
健康が不安なのでうるさく言っているにも関わらず、せっかく作ったご...続きを読む

Aベストアンサー

tomas199さん こんにちは
大変つらい思いをしておられますね。

ご主人様がアルコール依存症ということですが、実は私の父がひどい酒乱でして母は大変苦労して私達兄弟をそだててくれました。
あなたの質問を読んで他人事とは思えませんでした。

さて、ご主人様の今後ですが 考えられる将来は二通りです。

一つは 治療をして完全に依存症から脱却して健全な生活を取り戻す事です。
これがあなたが最も望んでおられることだと思います。

ご主人様は、クリニックにかかっておられるということですから、ご自分が依存症だということを自覚しておられるのだと思います。
依存症の治療に、温存的な治療はありません。
完全にやめるしか道はありません。
断酒しか方法はないのです。

大きな病院の精神科でご相談なされてはいかがでしょうか?
事によったら、入院や薬物治療などを提案されるかもしれません。

また、下記のような機関もあります。
ご相談をされてはいかがでしょうか?

http://www.dansyu-renmei.or.jp/


もう一つは、このまま依存症が悪化して、やがては 病気になったりけがをしたりして結果的に仕事をなくすということです。

この二つの、どちらの方向になっても役に立つものがあります。

それは、あなた自身の経済力です。
今、ご主人様は通常の収入がおありになるようですから、何とかあなたが経済力をつける方策をたてられませんか?

経済力は なければ困りますが有って邪魔になることはありません。
何か、お仕事を始められてはいかがでしょうか?

2歳のお子様を持っておられるお母さんには厳しい事かもしれませんが、なんとかご実家などの協力を得ることは出来ませんか?
事情が事情ですからご主人の親御様にも、ご協力をお願いできませんか?

経済力を持てば、離婚する、しないの選択肢ができます。
運命共同体でいることも、そうでなくなることも選択ができるのです。

困った時に頼れるのは 一つは実家ですが、もう一つは公的相談機関です。
地方自治体の 女性相談室などにも相談されてはいかがでしょうか?

苦しいでしょうが お子様の為にもどうぞ強くなっていただきますようお願いいたします。

tomas199さん こんにちは
大変つらい思いをしておられますね。

ご主人様がアルコール依存症ということですが、実は私の父がひどい酒乱でして母は大変苦労して私達兄弟をそだててくれました。
あなたの質問を読んで他人事とは思えませんでした。

さて、ご主人様の今後ですが 考えられる将来は二通りです。

一つは 治療をして完全に依存症から脱却して健全な生活を取り戻す事です。
これがあなたが最も望んでおられることだと思います。

ご主人様は、クリニックにかかっておられるということですから、ご自分...続きを読む

Q軽度のアル中なのでしょうか?

お酒を毎日必ず飲んでます
酒量は焼酎ロック3~4杯か
ビールだと350缶3~4本です
最近はビールの日が若干多い気がします

寝る2時間程前からつまみを食べながら
ネットやTV見ながら晩酌してしまうのですが
毎日欠かさずはちょとマズいと思い
週に何日か飲まない日を作ろうと思ったのですが
思わず飲んでしまいます
で、疑問に思ったのですが
もしかして自分はアル中なのでしょうか?

Aベストアンサー

うすうすお気づきの通り、軽度のアル中(アルコール依存症)です。なぜならば、飲まない日を作ろうと思っても、自分自身の意志でコントロールできないからです。依存症というのは、大好きになりすぎて(?)やめられない症状のことです。こうなってしまうと命に関わる病気になってから止めざるおえません。

タバコに例えてみると分かりやすいと思います。喫煙者(ニコチン依存症)であれば、毎日必ず吸いますし、吸わないようにしようとしても思わず吸ってしまい、容易には禁煙出来ません。節酒も、節煙同様に困難でしょう。常習性があるから税金がかけてあります。

毎日飲んでいる人ですと、既に禁断症状が出ている可能性があります。よく休肝日を取るといいといいますが、医学的根拠はなく、1日2日やめるのが精一杯の人の気休めです。1日2日飲まないでいると、禁断症状が出てイライラし、また飲むと収まるのでストレスが消えたように錯覚します。ストレス解消が言い訳にされがちですが、もともとお酒を飲まない人は、お酒の存在を忘れて生活しています。

手が震えるのが依存症と書いている人がいますが、手が震えるようになったら完全な手遅れで、そうなる前にお酒をやめなければなりません。大勢いるから大丈夫といいますが、故鈴木ヒロミツさんやはらたいらさんのように短命だったり、死ななくても50代60代で大病を患っています。タバコ問題や飲酒運転、妊婦や授乳中の飲酒と同様に、軽度のアル中はたくさんいるわけで、近い将来、社会問題になるでしょう。

参考URL:http://www.tsukuba-kinen.or.jp/column/timely/020415_1.html

うすうすお気づきの通り、軽度のアル中(アルコール依存症)です。なぜならば、飲まない日を作ろうと思っても、自分自身の意志でコントロールできないからです。依存症というのは、大好きになりすぎて(?)やめられない症状のことです。こうなってしまうと命に関わる病気になってから止めざるおえません。

タバコに例えてみると分かりやすいと思います。喫煙者(ニコチン依存症)であれば、毎日必ず吸いますし、吸わないようにしようとしても思わず吸ってしまい、容易には禁煙出来ません。節酒も、節煙同様に困難で...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報