仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

どなたか教えてください。
知人(現在24歳当時も現在も厚生年金保険適用事業所に勤務)で会社への出勤時(車通勤)に信号待ちで後ろからダンプカーにぶつけられて以来約二年半くらい現在も入院中です。
外観上の怪我はないのですが、ひどいむち打ち症にあっています。
むちうち特有の特に雨天時に気分が悪くなります。
通常でも腰に痛みがあって長く立ってられない状態です。
国民年金のところとかでは治療が始まって以来1年6ヶ月経過して治療中であれば障害基礎年金もしくは障害厚生年金が適用できるかもしれないと聞き日本年金機構に行って確認しましたところ第三者行為の場合には加害者たるものが最優先でその保障をするべきであって対応が不可能な場合には厚生、国民年金と順に適用がなされると聞きました。
保険者会社よりは休業補償および治療費を全額保証してもらっております。また、まだ会社にも席を置いていただいております。
特に四肢には障害も残っていないので厚生年金での障害年金を受けるだけになるかもしれないですが、お医者さんの診断書とかその他の申請によりなんともいえませんがといわれました。
このような第三者行為の場合で保険会社から治療費および休業補償を受け取っている場合には厚生、国民年金の障害年金は受給できないのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

第三者行為災害の場合の障害年金は、


損害賠償を受けた場合には、その障害年金の支給が停止されます。
但し、支給停止期間は、最大2年間です。

第三者行為災害とは、他人(第三者)の行為により負傷した災害で、
ご承知のように、最も多いものが交通事故です。

第三者の行為によって負傷し、障害が残った場合には、
その第三者が責任を取って被害者の損害を賠償しなければならず、
結果として、その損害賠償と障害年金との間で支給調整を行ないます。
(保険会社経由で損害賠償が行なわれているはずです。)

年金の被保険者(本人)が障害状態になったときに、
保険者(国など)は障害年金を支給できるわけですけれども、
本来ならば上述の加害者が負担すべきものを国が負担してしまったら、
保険者たる国なども損をしてしまいますよね。
そのため、障害年金が支給される前に損害賠償が行なわれれば、
保険者(国など)は、その損害賠償の内容や価額によって、
障害年金の一部を支給停止にすることにしています。

損害賠償には、いくつかの種類があります。
医療費(治療費)や慰謝料をはじめ、
所得補償(休業中の所得補償、休業補償)などです。

障害年金との支給調整となるのは、所得補償部分のみです。
また、損害賠償割合も、その比率は双方の非によってまちまちですし、
支給停止期間が最大2年間であることから、
長期的な視点で勘案した結果で支給停止しないこともあったり、
あるいは、支給停止を行なうとしてもたった数か月であったりと、
ケースバイケースで、たいへん複雑なしくみになっています。

その他、傷病が生じた原因によって、
労災保険や健康保険の傷病手当金との間で支給調整があるなど、
障害年金は、他法との間でその支給調整が行なわれます。
障害年金の根拠である国民年金法などと他法とどちらを優先するかは、
それぞれのケースで異なりますから、とにかく、非常に複雑です。

いずれにしても、上述したように、
年金事務所(日本年金機構)で説明された支給調整となります。

なお、四肢の麻痺などが顕著でないときは、
一般に、まず、障害年金の支給対象になることはありません。
痛みそのものだけで障害が認定されることもありません。
いろいろな意味で、たいへんハードルが高いのが現実です。
 
    • good
    • 0

回答No.1に書かれてる通りです。


以下のサイトにも目を通すと、さらに理解しやすいかもしれませんよ。
ご参考までに。

http://www.shougainenkin.com/1_2_15daisansha.html
http://www.matsui-sr.com/nen/nen14-3.htm
http://www.houho.com/free/jimumanual/kenpo4/q/3/ …
http://nenkinm.exblog.jp/10165700/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺族年金裁定請求に伴う第三者行為事故状況届その他について

 昨年の秋頃に以前の夫が交通事故で亡くなりました。子どもたち2人の代理人として遺族年金の裁定請求の手続きをしようとしています。(私自身は離婚したため、受給資格はありません。手続きに必要な書類として「第三者行為事故状況届」を提出しなければなりません。私自身は事故現場に立ち合ったわけでもなく、事故に関してはおおまかなことしかわからないのですが、随分詳細な記入項目があって、交通事故証明書にも載っていないことをこまごまと記入しなければなりません。(例えば、加害者の自賠責保険および自動車保険の加入状況/保険契約期間、保険金額等)
 加害者の車の加入していた保険会社のこの事故の担当者に「第三者行為事故状況届」の記入をお願いしたところ、「今から第三者行為傷病届けをしてもメリットはありませんので…」というコメント付きで、未記入のまま送り返されてきました。これはどういうことなのでしょうか? 保険会社の事故担当者に記入を依頼することは妥当なことではないのでしょうか? 通常はどのようにして事故の詳細を確認して記入したらいいのでしょうか? 
 また、長女は18歳で高校2年生で、私とは別世帯です。長男14歳(中3)は私と一緒に暮らしています。長男は母親と同一生計なので遺族年金の支給は停止と聞きましたが、今裁定請求をしておけば、もし母親と別世帯という状況になった際には、別世帯になった時点から遺族年金は支給されるのでしょうか? また、長女と長男は自賠責保険からそれぞれ1,350万ずつ損害賠償金を受け取っていますが、それでも遺族年金は受けられるのでしょうか? かなり減額になるのでしょうか? 「第三者行為事故状況届」以外の書類はほとんど取り揃えたので、書類の有効期限以内に早く手続きをしたいのですが、知識をお持ちの方、どなたかお助けください。 
 

 昨年の秋頃に以前の夫が交通事故で亡くなりました。子どもたち2人の代理人として遺族年金の裁定請求の手続きをしようとしています。(私自身は離婚したため、受給資格はありません。手続きに必要な書類として「第三者行為事故状況届」を提出しなければなりません。私自身は事故現場に立ち合ったわけでもなく、事故に関してはおおまかなことしかわからないのですが、随分詳細な記入項目があって、交通事故証明書にも載っていないことをこまごまと記入しなければなりません。(例えば、加害者の自賠責保険および自...続きを読む

Aベストアンサー

>質問に補足するのが遅れてしまったため、それについての回答が頂けなかったのが残念です。

ご不便をおかけしました。申し訳ありません。

>遺族年金の裁定請求のための資料集めを進めてきて後、遺族年金というのは社会保険庁等が加害者加入の保険会社に請求するものだという認識を得ました。(この認識、合っているでしょうか?) 

年金に限らず、加害者に対して、保険者(今回は社会保険庁)が保険給付の価格を限度に損害賠償請求権を取得することになっています。実際にどう請求することは、実務にゆだねられます。

>子どもたちは遺族年金の請求を放棄することに同意していることになってしまうのでしょうか? この承諾書ゆえに遺族年金の請求および受給はできないのでしょうか?

示談によって遺族年金の受給権が直接に消滅することはありません。しかしながら、加害者(保険会社も含む)から補償を受けている場合は、その額によっては、年金の支給が一時停止される可能性はあります。これは、社会保険事務所に決定権がありますので、その指示にしたがうしかありません。

>死亡当時まで故人は子どもたち2人に月5万円(2人分)の養育費の仕送りを続けていましたが、どうでしょうか?

これも、社会保険事務所が決定することなので、はっきりと断言できません。

>故人は自宅から知人宅に向かうために自転車で走行中にトラック(会社の車、多分業務中)にはねられました。これは業務上の災害になりますか? 故人が業務外だったので業務外ということになりますか?

事故にあった故人が業務中か業務外かで補償範囲が変わります。今回は、知人宅に向かう事故なのでこの言葉だけで類推すると業務外と思われます。前回の回答で調整はないだろうと申し上げましたが、被害者が加害者(保険会社を含む)から損害賠償を受けたときは、「その価格の限度で保険給付をしないことができる」となっていますので、調整が入る可能性があります。誠に申し訳ありません。ご迷惑をおかけしましたことを、謹んでお詫び申し上げます。

>質問に補足するのが遅れてしまったため、それについての回答が頂けなかったのが残念です。

ご不便をおかけしました。申し訳ありません。

>遺族年金の裁定請求のための資料集めを進めてきて後、遺族年金というのは社会保険庁等が加害者加入の保険会社に請求するものだという認識を得ました。(この認識、合っているでしょうか?) 

年金に限らず、加害者に対して、保険者(今回は社会保険庁)が保険給付の価格を限度に損害賠償請求権を取得することになっています。実際にどう請求することは、実務にゆ...続きを読む

Q障害年金の初回振込み日について

11月18日に年金証書と裁定通知書が届きました。
そこで初回の振込み日はいつになるのか教えていただけないでしょうか?
色々と調べると原則15日に振り込まれるとなっておりました。
12月15日には通知が来なかったということは1月15日になってしまうのでしょうか?
それとも今月中に振り込まれる可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

年金証書(兼 裁定通知書)が届いた後、40日から50日後に実際の振込(15日に行なわれます)が行なわれることになっています(法令や内部通達できちんと決められています。)。
つまり、1か月半程度はかかってしまうので、あなたの場合は、早くても1月15日振込になりますよ(12月15日に振り込まれていなければ、今月に振り込まれることはありません。)。
なお、初回振込に限っては偶数月でなくとも行なわれますが、通常の振込は偶数月15日に行なわれ、前々月分と前月分の2か月分が振り込まれます。

初回振込の直前には、年金振込通知書および年金初回支払額通知書が送られてきます。
そちらに記されるのが、実際の振込額です。
言い替えると、年金証書を見ただけではわかりませんし、誤解も招きやすくなります。時効や支給停止になる場合であっても、年金証書には金額が記されることがあるからです。

ちなみに、私が経験した例では、以下のような流れになりました。

7月31日 年金証書(兼 裁定通知書)が到着 ‥‥ 支給決定(含 遡及分)
9月9日 年金振込通知書および年金初回支払額通知書が到着 ‥‥ 初回振込額(含 遡及分)が示される
9月15日 初回振込(7月分まで)
10月15日 通常振込開始(8月分・9月分から)

ちなみに、年金額は、物価の動向に応じて毎年度変わるしくみになっています(来年4月分からは下がる見込みとなっています。)。
したがって、年金初回支払額通知書と年金証書とを突き合わせて、初めて、どのように年金が計算され、どのように実際に振り込まれるのかがわかります。
 

年金証書(兼 裁定通知書)が届いた後、40日から50日後に実際の振込(15日に行なわれます)が行なわれることになっています(法令や内部通達できちんと決められています。)。
つまり、1か月半程度はかかってしまうので、あなたの場合は、早くても1月15日振込になりますよ(12月15日に振り込まれていなければ、今月に振り込まれることはありません。)。
なお、初回振込に限っては偶数月でなくとも行なわれますが、通常の振込は偶数月15日に行なわれ、前々月分と前月分の2か月分が振り込まれます...続きを読む

Q障害年金の認定結果はどのくらいの期間がかかりますか

今月末までに障害年金の申請をします。

その場合、認定結果がでるのは何ヶ月くらいかかりますか?

ご存知のかたはおおしえください。

Aベストアンサー

裁定請求(申請ではなく、裁定請求といいます)を行なうものが、
障害基礎年金だけなのか、それとも障害厚生年金だけなのか、
あるいは、障害厚生年金+障害基礎年金なのか。
そのことは把握していらっしゃいますよね?
(障害基礎年金のみのときは、窓口が市区町村になりますので。)

裁定結果(認定結果ではなく、裁定結果といいます)は、
日本年金機構のサービススタンダード(標準処理日数)にしたがって、
次のように知らされてきます。
(請求から結果通知までの目安の日数。実際の振込はさらにその後。)

◯ 障害基礎年金で3か月以内
◯ 障害厚生年金では3か月半以内

但し、実際には、この日数内に終わることは少なくなっています。
平成22年度末現在、障害基礎年金では87.7%が期限内でしたが、
障害厚生年金では7.7%足らずでした。

平成23年度末現在は、障害基礎年金ではほぼ同様(9割近く)ですが、
障害厚生年金ではいまだ半数にも満たない状態(44%)です。

つまり、結果が知らされるまで、障害厚生年金のときは
半年近くの日数を要することが稀ではありませんので、
あらかじめ承知しておいていただいたほうが良いと思います。
(障害厚生年金+障害基礎年金のときもそうです。)

★ 注
初診日が厚生年金保険の被保険者期間中にあり、
年金法でいう障害の状態(障害者手帳の級とは全く無関係です)の
2級や1級に該当する可能性があるならば、
「障害厚生年金+障害基礎年金」としての請求になります。
(このとき、2級か1級ならば、同じ級の障害基礎年金も出るから。)

いずれにしても、請求後は、結果がわかるまで待っていただくしかありません。
また、結果がわかってから約40~50日後が実際の初回振込日です。
 

裁定請求(申請ではなく、裁定請求といいます)を行なうものが、
障害基礎年金だけなのか、それとも障害厚生年金だけなのか、
あるいは、障害厚生年金+障害基礎年金なのか。
そのことは把握していらっしゃいますよね?
(障害基礎年金のみのときは、窓口が市区町村になりますので。)

裁定結果(認定結果ではなく、裁定結果といいます)は、
日本年金機構のサービススタンダード(標準処理日数)にしたがって、
次のように知らされてきます。
(請求から結果通知までの目安の日数。実際の振込はさらにその後。)...続きを読む

Q障害厚生年金3級 更新期間について。

私は、統合失調症で障害厚生年金3級を受給しています。

今月、誕生月でして、2年更新だったので診断書を提出しました。

年金ダイヤルでは、10月(今月)の年金は支給されますが、12月の支給については、今回の更新の結果次第と言われてしまいましたが、色々調べてみると、3ヶ月かかって4ヶ月目以降に結果の連絡が来ると書いてありました。そこで質問なのですが。

質問(1)、12月の年金が支給されれば、更新が決定したことでいいんでしょうか?

質問(2)、3ヶ月間更新に時間がかかるというので、誕生月10月を含め、来年の1月に結果のお知らせが来るのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

障害状況確認届(誕生月に出した、今回の診断書のこと)を出したあとは、以下のようになります。
このそれぞれによって、その後いつまで支給が保障されるかもわかります。
(きちっと法令や通達で決められています。)

◯ 障害等級に変化がないとき
届を出してから3か月以内に「次回診断書提出年月のお知らせ」というハガキが届きます。
そのハガキに記されている年月までは、これまでの障害等級で支給が継続します。

◯ 障害等級が上がるとき(障害が悪化したと認められたことによる職権改定)
届を出す月を「0か月目」とすると、「1か月目」の分から改定(額がアップ)されます。
アップされた額が実際にいつから振り込まれるのかは、別途、届を出してから3か月以内に通知書が届くので、その通知書でわかります。
通知書には、新しい障害等級も記されています。
新しい年金証書が届くことはないので、その通知書によって、元々の年金証書を読み替えます。
通知書には次回診断書提出年月が書かれているため、そこまでは、新しい障害等級で支給が継続します。

◯ 障害等級が下がるとき(障害が軽くなったとされたことによる職権改定)
届を出す月を「0か月目」とすると、「4か月目」の分から改定(額がダウン)されます。
ダウンされた額が実際にいつから振り込まれるのかは、別途、届を出してから3か月以内に通知書が届くので、その通知書でわかります。
通知書には、新しい障害等級も記されています。
新しい年金証書が届くことはないので、その通知書によって、元々の年金証書を読み替えます。
通知書には次回診断書提出年月が書かれているため、そこまでは、新しい障害等級で支給が継続します。

◯ 該当外として一時的に支給が止まるとき(障害年金に該当しないとされたとき)
届を出す月を「0か月目」とすると、「4か月目」の分から支給が停止されます。
同様に、別途、通知書が届きます。

要するに、10月を「0か月目」とします。
上で書いたようなことがあるので、すべてのケースを考えると、遅くとも「4か月目」の分にあたる来年2月分からは確実に反映される、という意味になります。
つまり、支給が止まるとき・級が下がるときは、「4か月目」の分にあたる2月分から(注:2月に支給されるものから、という意味ではありません!)になります。

年金は、前々月分・前月分を、その直後に来る偶数月に振り込んでいます。
つまり、2月分・3月分が来年4月に振り込まれるので、来年4月に振り込まれる分から止まる・下がる可能性がある、ということになります。
逆に言えば、来年2月に振り込まれる分(12月分・1月分)までは支給され続けます。
また、12月に振り込まれる分は10月分・11月分ですし、「4か月目」の分にあたる2月分でもないので、まだ「止まる・級が下がる」ということはわかりません(反映されてもいません)。

いずれの場合も、来年1月中までには何らかの結果が知らされてきます。
それまでの間、しばらくお待ち下さい。
 

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7651340.html

障害状況確認届(誕生月に出した、今回の診断書のこと)を出したあとは、以下のようになります。
このそれぞれによって、その後いつまで支給が保障されるかもわかります。
(きちっと法令や通達で決められています。)

◯ 障害等級に変化がないとき
届を出してから3か月以内に「次回診断書提出年月のお知らせ」というハガキが届きます。
そのハガキに記されている年月までは、これまでの障害等級で支給が継続します。

◯ 障害等級が上がるとき(障害が悪化したと認められたことによる職権改定)
届を出す月を「...続きを読む

Q障害年金の更新の必要書類

障害年金の更新に必要な書類は何ですか?
また初回に書いた自己申告書や病歴・就労状況等申立書という書類も要るのでしょうか?
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

回答1のとおり、送付されてくる「障害状態確認届」(更新用診断書)だけです(指定された年の誕生月末日が提出期限)。
つまり、初回請求のときに添えた「病歴・就労状況等申立書」に相当する書類がありませんから、それだけ「診断書の中でしっかり病歴を書いてもらう」ことができないと、級下げや支給停止(特に精神の障害のとき)につながりやすくなる、という盲点があります。十分に気をつけて下さい。
なお、提出先は、障害厚生年金が伴っている場合(年金証書のコード番号が「1350」)のみ、日本年金機構(直接郵送)です。
それ以外のとき(障害基礎年金のみのとき。年金証書のコード番号が「5350」か「6350」のとき)は、市区町村に提出して下さい。また、「20歳前初診による障害基礎年金」(年金証書のコード番号が「6350」のとき)は、誕生月とは関係なく、提出期限は必ず7月末日になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報