[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

良く、レンズ付フィルムはせいぜい携帯のカメラレベルといった意見や、
いや1000万画素のコンデジより場合によっては綺麗といった意見がありますが、
L版で見る分には、1000万画素コンデジもレンズ付きフィルムも然程解像感に大差ない分、
階調や質感の面ではレンズ付きフィルムに軍配が上がっても不思議じゃないですよね。
では、携帯のカメラレベルという意見を出される方が居るのには、
やはりレンズ付きフィルムに搭載されたレンズの持つ解像力が、
引き伸ばした時、せいぜい携帯カメラの最高画質等倍程度ということなのでしょうか?
というのも、過去に撮りためた写真の中には、使い捨てカメラで撮った写真にも、
可能ならば大きく引き伸ばして飾りたいような写真も沢山あるのです。
ですが、ショップ等でフィルムスキャンしてデジタル化してもらったデータでも、
やはり解像感の面で、満足のいくような写真は無かったのです。(光量十分、屋外撮影がメイン)
デジカメで撮った画像は、撮影時以上のピクセルにする事は物理的に不可能ですが、
フィルムの場合、スキャン方法によって画像の大きさというものが如何様にも大きくなりますよね?
実際の解像度の限界値(これ以上大きくしてもぼけた画像が広がるだけ)というものが参考程度でも分かれば、諦めもつくのですが…。
例えば、粒子を拾ってしまうレベルまで読み取っていれば、それ以上の情報は入っていないと言えるのでしょうか。
フィルムというのはデジタルと違って結論を出すのが非常に困難な媒体で、
尚且つレンズ付きフィルムという画質云々に関して論じるのは不毛と言われてしまうような
ものであるのは分かっています。
お詳しい方いらっしゃいましたら、ご意見お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

回答番号:No.3です。



仕様的にはレンズ付きフィルムに果てしなく近しいトイカメ(平たく言うたら「フィルム交換可能な写るんです」的なカメラ)が棚の奥から出てきたので、ものは試しと撮影してみましたよ(^O^)/

結果としては
「へぇ~!?意外と善戦するぢゃないか。」
って感じ。
被写体が真のピント位置付近かつ画面中心付近であれば思いのほか解像感があります。正直言ってもっと程度の低いものかと思ってたけど、サービス判なら充分使える画質です。あくまでも「サービス判」レベルな。到底引き伸ばしには耐えられないぞ?(考え方にもよるので絶対じゃないけどね~)
…とは言え、所詮プラスチック単玉レンズ。像面湾曲はかなり強烈に残存しており、画面中心付近を外れると急激に画質が劣化していきます。画面長辺方向(左右端)はフィルムを湾曲させることで力技補正してあるので意外と頑張りますが、短辺方向(上下端)は壊滅的w さすがにフィルムを3次元的に曲げることは困難なので、長辺方向の補正を優先させたのは製品として正解ではありますね。普通のユーザーは縦位置に構えんだろうし。
つまるところ、周辺画質が劣化するのはレンズが作り出す像面が半球状に湾曲しているが故にほぼ平面のフィルム上にはキチンと結像させられないからです。言い方を変えれば、画面の中心と端ではピント位置が異なるとも言えます。(この性質を逆手に取って端から中央にかけてピントの合った写真を撮ることは可能)

まぁ何にせよ質問者様の真の目的は写真に記録された小さな文字を読むことであって、引き伸ばして飾りたい訳では無いのですよね?
今回私が実験した範囲からでは「無茶言うな。」としか言えんぞ。
「良く、レンズ付フィルムはせいぜい携帯のカ」の回答画像6
    • good
    • 0

普段カラーネガを使っています。


いつもはラボで600万画素で読み込んでもらっています。

本当に参考程度ですが。
家のスキャナ(フラットベッド、EPSON GT-9800F)で
ISO400のカラーネガを読み込んだ場合、解像度800dpi(大体200万画素
くらい?)あたりから、それ以上に解像度を上げても粒状感はあまり
変わらなくなります。リバーサルはもう少し粘りますね。645だと元が大きいのでほとんど粒状感は感じられません。
なので読み込み後の画像編集である程度調整しますが、それでも
解像感は、600万画素のコンデジの高感度撮影と同等程度ですね(笑)

最新の機材や高級機ならわかりませんが。

でもフィルムの魅力は解像感じゃあないので、これでいいと思ってます。

追伸
引き延ばしても粒状感が気になる場合は、もっと離れて見るといいです
気にならなくなりますよ(笑)
    • good
    • 0

>というのも、過去に撮りためた写真の中には、使い捨てカメラで撮った写真にも、


>可能ならば大きく引き伸ばして飾りたいような写真も沢山あるのです。
元のフィルムがあるんでしたら一枚大伸ばししてみたら結果はでるでしょう。
写真で大伸ばしに耐えれるかどうかは元の出来がちゃんとしているかどうかです。
露出、ピントが確りしていればレンズ付きフィルムでも半切位ならOKです。
こればっかりは「良く、レンズ付フィルムはせいぜい携帯のカメラレベル」なんて
一般論で解決する問題じゃないですよ。
    • good
    • 0

>L版で見る分には、1000万画素コンデジもレンズ付きフィルムも然程解像感に大差ない分、


>階調や質感の面ではレンズ付きフィルムに軍配が上がっても不思議じゃないですよね。

はい、そうですね。不思議じゃないです。

>では、携帯のカメラレベルという意見を出される方が居るのには、
>やはりレンズ付きフィルムに搭載されたレンズの持つ解像力が、
>引き伸ばした時、せいぜい携帯カメラの最高画質等倍程度ということなのでしょうか?

そのような意見を持つ方の論拠は知りませんが、レンズ付きフィルムのレンズと携帯カメラのレンズは似たようなものですよね。(むしろ携帯カメラのレンズの方が僅かに上等かも?)つまり光学的な性能もどっこいどっこいと考えるのが自然です。
まぁ最近の携帯カメラは機種によりけりなので一括りに捉えることは出来ませんが。(コンデジに電話機能が付いたような携帯電話もございますので)

>ですが、ショップ等でフィルムスキャンしてデジタル化してもらったデータでも、
>やはり解像感の面で、満足のいくような写真は無かったのです。(光量十分、屋外撮影がメイン)

もう既に答えは出てますよね?

>フィルムの場合、スキャン方法によって画像の大きさというものが如何様にも大きくなりますよね?

画像の大きさそのものはどうとでもなりますが、元々のフィルムに記録された解像度はどうにもなりません。あるていど以上大きくしてもボヤけた不鮮明な画像が拡大されるだけだというのは容易に想像できませんか?

>実際の解像度の限界値(これ以上大きくしてもぼけた画像が広がるだけ)というものが参考程度でも分かれば、諦めもつくのですが…。
>例えば、粒子を拾ってしまうレベルまで読み取っていれば、それ以上の情報は入っていないと言えるのでしょうか。

「粒子を拾ってしまうレベル」までスキャンすることは家庭用フィルムスキャナーで充分可能ですが、そこまでいかずとも解像度の不足は明瞭に認識可能なレベルで見える筈ですが?(というか既に認識している通りですよ?それ以上はどうにもなりません。)

また、レンズの解像度以前の問題として「手ブレ」の影響も挙げられます。質問者様の使用したレンズ付フィルムの仕様は存じませんが、一般的なレンズ付フィルムのシャッター速度は1/100sec固定ということになってます。
レンズの焦点距離は28~35mm程度の筈ですので、L判程度の拡大率ではよほどでなければ「手ブレ」の影響は無視できますが、ちょっと拡大すれば容易に「手ブレ」の影響が見てとれる筈です。1/100secというシャッター速度はそういうことなんですよ。ましてや、レンズ付フィルムで写真を撮るユーザーがレリーズ段階で「手ブレ」を意識して注意深くシャッターボタンを押すということは非常に稀なのではないでしょうか?質問者様自身はどうですか?シャッター速度を意識して慎重にレリーズされていたでしょうか?おそらくはシャッター速度がいくつなのかも知らなかったのではないですか?

ごく簡単な疑問解決方法として「とりあえず1枚引き伸ばしプリントを依頼してみる」というのをお勧めしますよ。1枚だけなら金額的な負担は気にするようなものでは無いでしょう?1枚試すことすら勿体無いなんて言わないで下さいね?
尚、上記「お試し大伸ばし」に使用するカットは晴天日中の順光状態で撮影されたものであるのは当然として、出来る限り慎重にレリーズしたものであることを選定基準として下さい。「L判では見えなかった手ブレカット」では大伸ばししてもしょうがないですし、解像度の基準としては使い物になりませんので。(それこそ大伸ばしを前提での撮影なんて三脚使用が当たり前と私は思ってます)
また、撮影対象が撮影者から2~3m先のものを撮影したものであることも重要です。レンズ付フィルムの撮影可能距離域は1.xメートル~無限遠(仕様による)となっている筈ですが、本当のピント面は2~3m先になっています。ピント面から近くても遠くてもそのレンズの持つ最大解像度を発揮出来ないのは必然であり、それより近くや遠くを撮影可能なのは被写界深度(ピントの許容範囲)を利用しているからです。私が昔レンズ付フィルムを使った時の記憶ですと、L判でも無限遠の風景にちゃんとピントが合っていないことが見てとれましたよ。

つーことで「人に聞くより自分で試せ」というのが最も間違いの無い疑問解決方法だと私は思いますがどうですか?面倒くさいですか?そーですか。
    • good
    • 0

確かに、結論が出にくそうな話題ではありますね…



いわゆる写ルンですの場合、確かに銀塩カメラではありますが、使っているフィルムは失敗なく撮れることを優先し、高感度フィルムが入っていることが多いです。高感度フィルムは感度を高めるために粒子が大きい感光体を使っており、解像度的には不利です。また質問者さん自身もお気づきのとおり、レンズ分解能が低く周辺光量落ちも目立ちます。この辺を考え合わせるに、解像度の高いスキャナで取り込むことにどれほどの意味があるか、微妙に思えます。フィルムやレンズの分解能を超えた解像度で取り込んでも、データが大きくなるだけで、それこそデジカメの画像を拡大するのと同じことですよね。

写ルンですは、レンズ相応のフィルムとフィルム相応のレンズが組み合わさった製品ですから、限界点は高くありません。ただしフィルムにはデジカメのような高感度ノイズがなく、階調は基本的に無段階なので、その点は有利でしょうけど。

個人的には、10年ほど前に写ルンですで撮ったものをフィルムスキャナで取り込んでもらった画像を持っていますが、正直言って今のコンデジにはっきり劣ると感じました。そりゃおまえの腕が悪いせいだ、と言われると返す言葉がないですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりレンズ付きフィルムが『条件が揃ったらとても綺麗』というのは、非常に稀というか、
現実の使用ではまずありえない状況なんですよね。
まずISO800とかが標準な時点でやはり必要最低限の画質しか通常使用では得られないという
感じでしょうか。。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/29 01:34

解像度では750万画素程度で、私の携帯のカメラ200万画素より綺麗なはずです(最近の携帯は800万画素もあるとか)


レンズ付きフィルムのレンズはプラスチックレンズ(単層)で一眼レフカメラの光学レンズ(複層)と比較すると劣ります。

参考URL:http://oshiete.sponichi.co.jp/qa36575.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

使い捨てに無理難題を求めすぎていたようです。。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/29 01:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング