忠臣蔵映画を見るのが好きです。その中の1シーンについて教えてください。

東映10周年の版で、大石が江戸に行こうとする後半での1シーンです。
大石はある宿場の陣屋に、別人の名をかたって投宿します。当の本人が宿場について、自分の名をかたった人物がいると知って激怒し、直談判することに。赤穂浪士一行はあせりますが、大石は会うといいます。
そして、やってきた相手がなにをしに江戸へ行くのか問いただすと、増上寺に寄付をしに、といい、相手は、ならば寄付の目録があるだろう、みせろといいます。
大石はあせらず、木の黒塗りの箱をだし、相手に書類を渡しますが、白紙。相手は一瞬激昂しますが、その時、大石が紙をだした箱に浅野(赤穂?)の紋所が描いてあるのに気づきます。
全てを悟った相手は、お役目ご苦労さまです、と引き下がり、大石は難を逃れます。

いくつか忠臣蔵映画をみたのですが、このシーンに出会ったのは初めてです。ちなみに、歌舞伎はみたことがありません。
いわれのあるシーンなのでしょうか? 委細ご存じの方、おいででしたらお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 この事で私も赤穂市に教えていただきました。



 2.垣見五郎兵衛について
 (1)大石内蔵助が東下りの道中で本物の垣見五郎兵衛と対面して腹芸でその場を見事に切り抜けるという話はもちろん創作です。
ただし、大石主税が近江の郷士垣見左内と名乗って、公事訴訟のためという名目で先に江戸に入り、その後見人の伯父五郎兵衛として江戸に入ったのは史実です。実際の道中は何事もなく、密かに下ったようで。
 (2)有名な大佛次郎の『赤穂浪士』をはじめ小説の中では、この創作話はあまり出てこないようですが、講談を活字にしたような本には出てくるようです。ただし、現在入手可能な本があるのかどうかはわかりません。

 つまり話は、本物の垣見さんが乗り込んできて、証拠を見せろといわれたとき、大石は泰然自若を装い、これにございますとさんぼうっていうのかな、切腹の脇差などをのせる台に浅野家の紋のある脇差を載せて出したら、垣見さんはしばらく絶句して、よくわかりました。正に正真正銘の垣見五郎兵衛に違いありません。
 当方こそ名をかたり真に申し訳ない。小道具の手形などを差し出しますので、ご免蒙りますと、引き取った。ということですね。
 そして隣室で左に大刀を抱え柄に手をかけていた、家中の同志はそっとでてきた。ということでした。
 こういう話は私も好きでして、山岡鉄太郎の西郷座敷への乗り込みとか。

 いろいろ教えてもらいましたが、後一つだけご参考に。
 3.泉岳寺の墓について
  (1)(2)このような話は初耳で、あくまでも俗説だと思います。
  (3)泉岳寺には46人ではなく、48人の墓があります。元禄16年(1703)2月4日に切腹したのは、討入り直後に行方を くらました寺坂吉右衛門を除く46人で、その墓碑が最初に建てられました。その後、明和4年(1767)に討入りに先がけて自刃した萱野三平の供養墓が建てられ、天寿を全うした寺坂吉右衛門の墓が 明治元年(1868)に建てられました。

    以下省略
    • good
    • 1

勧進帳のパクリでは?

    • good
    • 0

それは「内蔵助東下り」の節の中で、たしか駿府とか沼津とか、静岡県東部の宿場町で起こったと設定されているエピソードだと思います。



それが史実としての赤穂事件にからんで起こった事実だったのか、また歌舞伎の原作「仮名手本忠臣蔵」に出てくるのか、はたまた忠臣蔵という巨大な譚群が民間伝承までのみこんで徐々に膨れあがる過程で含まれていったのかは、残念ながら浅学な私には知る由もありません。

しかし仰せの東映10周年版以外でも、そのシーンは私は見たことがあります。
近年の記憶では、ここ4,5年以内の放送だったかと記憶もあいまいですが、テレビ朝日が、大石内蔵助に松平健を立てて、かなり力を入れて秋の連ドラでやっていたなかでも、そのシーンは出てきていました。

そこでは大石は、ある公家に使える別当の侍をかたらって、東国に何かを運ぶという名目で江戸へ移動中でした。そこへ別当本人(江守徹)があらわれて、「貴殿の通行手形をみせてもらおう」と迫るのです。

大石はおちついて白紙の紙を見せ、別当は状箱に浅野家の家紋を見て「すべて」を悟り、
「それがしのあやまりであった。おゆるしくだされえ」
と頭をさげ、大石は寛大に
「そのようなことは誰にでもあること。気にめさるな」
などと扱い、別当が引き下がったあとで大石ら赤穂浪士たちは後ろから平身低頭して別当を見送る、といったものでした。

それなりに感動的に作ってありました。
    • good
    • 1

史実に於いて【大石内蔵助】が、京都から江戸へ東下するのに


日野大納言(公家)の用人【垣見五郎兵衛】の名をかたり道中するのですが、
途中の陣屋で本人と鉢合わせはしておりません。
『勧進帳』の話を元にしたフィクション(創作)です。
 
1958年(昭和33年)の大映京都の作品の『忠臣蔵』にも
出てきます。
内蔵助【長谷川一夫】と五郎兵衛【中村鴈治郎 (2代目)】
ここでは、近衛家(公家)の用人【垣見五郎兵衛】と名乗ってます。
 
1985年(昭和60年)の日本TVの年末時代劇スペシャル『忠臣蔵』で、内蔵助【里見浩太郎】と五郎兵衛【西田敏行】でした。
 
一度、【垣見五郎兵衛】でググッてみましょう
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q忠臣蔵

昨年の年末特番で「忠臣蔵」をやっていました。

忠臣蔵にまつわる小説は、さまざまな小説家が書いており、色々な題名の小説があると思われますが、

なんと言っていいのかわからないのですが、
本家本元の『忠臣蔵』
なるべく脚色されていない『忠臣蔵』

の小説というものはありますでしょうか?

質問の意味が不明確で申し訳ありませんが、
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そんなものはありません。

「忠臣蔵」というものかだの本家は実際の赤穂浪士の討ち入りの後、「仮名手本忠臣蔵」が成立する以前に、早速に芝居になったそうです。

脚色のない忠臣蔵とは 松の廊下で人刃事件があり、赤穂藩断絶。吉良は浪士に殺された」等の史実でしかないのであって、およそ赤穂義士伝の類は後世の作り物でしかありません。

要するに実際のところはわかってないのです。刃傷の理由にしても、大石の真意にしても。わからないなら、作ってしまえということで、三百年にわたっていろいろな人がさまざまな物語を夢想したのか、「忠臣蔵」伝説なのです。故に物語的には史実から離れるほど面白いのです。義士伝中の様々なエピソードは内外の古典からの戴きが多かったりします。

標準的な忠臣蔵、決定版的な忠臣蔵といえば片岡千恵蔵の「赤穂浪士」。テレビでは里見浩太郎の「忠臣蔵」などがオーソドックスです(ちと森繁が悪乗りしてますが)。中村吉右衛門の「忠臣蔵~決断の時~」は仮名手本忠臣蔵に近いものでした。

Q忠臣蔵・赤穂浪士・吉良について

忠臣蔵といえば映画にもなっているし、いろいろな言い伝えなどもあると思うんですが、どっちかといと吉良の方を悪く?書いているほうが多いですよね。それ前提として思うのですが、赤穂浪士の土地兵庫県赤穂市の方と吉良の土地愛知県吉良町の方は仲とかは悪いのでしょうか?もう昔の事だろうし大げさかもしれないですが、少しは現代にも何かしら尾を引いているのいでしょうか?また、やはり赤穂市と吉良町では忠臣蔵の伝わり方(内容)などは違うのでしょうか?

Aベストアンサー

事件の真相は一先ずおいといて・・・

最近は確かに交流の行事はありますが、赤穂ではやはり吉良への反感は根強く、吉良のことを良く言う方はほとんどいません。
吉良は強欲爺、浅野さんは可愛そうな殿様という昔ながらのイメージが今も息づいています。赤穂義士は当然、郷土の誇りであり英雄です。

以前、赤穂城のすぐ近くに「四十七人の刺客」という映画で使われた吉良邸の表門のロケセットを持ってきて公開していたのですが、その時も市民から大変な反対がありました。映画のロケセットとはいえ、赤穂に吉良の屋敷など気が悪い!けしからん!!と。
しばらく観光客で賑わったようですが、結局そのセットはいつの間にか撤去されていました。

ちなみに討ち入りに参加せずに逐電したことで評判の悪い家老、大野九郎兵衛は悪役として千種川の土手の改修に関する民話にも登場してきます。(大野があまりに酷使するので人夫がみんな厠に行ってしまい、ゆっくりタバコを吸っていたので奉行が交代させられた・・・というような話だったように記憶しています)

Q忠臣蔵

大学の講義で歌舞伎の忠臣蔵と浄瑠璃本「仮名手本忠臣蔵」の
構成の違いを述べよという課題がだされたのですがさっぱりわかりません。
知っている方、おしえてください。

Aベストアンサー

 大学の課題であれば御自分で考えるのがスジだと思いますのでアドバイス(?)だけ。

 歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」は回答があるようですが,次の様なページもありました。

◎ http://www.asahikaisetsu.co.jp/hitokuti/sandai/tyusingura/tyusingura.htm
  三大名作コーナー『仮名手本忠臣蔵』

 浄瑠璃本「仮名手本忠臣蔵」はこちらをどうぞ。

◎ http://www.cs.ube-c.ac.jp/egi/kanatehome/
 「仮名手本忠臣蔵」テキストデータベース

 後は御自分で比較してみて下さいね。

Q赤穂浪士の討ち入りの日は?

元禄時代の12月14日に、赤穂浪士47人が吉良上野介の屋敷に討ち入りをしました。
元禄時代は旧暦(陰暦)を使っていたと思うのですが、12月14日とは旧暦の12月14日なのでしょうか?
それとも新暦(陽暦)の12月14日なのでしょうか?

どなたか教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

1703年1月30日だな
元禄や慶応など日本の年代で掛かれたものは明治6年1月1日以前は全て旧暦表示
1703年などと西暦で書かれたものは1582年以降は新暦、今の暦と一緒
ちなみに1582年というのは現在使われている太陽暦の一つグレゴリオ暦が始まった年である

Q忠臣蔵の”蔵”って何?

ご存知、日本人なら忠臣蔵ですが・・・
この忠臣蔵というタイトルの中で、”忠臣”の意味は良く分かります。忠義に厚い犬は”忠犬”、同じく忠義に厚い家臣は”忠臣”。
しかし、”蔵”の意味がいまひとつ良く分かりません。
赤穂藩には、”忠臣の貯えがたくさんあって、忠臣の倉庫みたいだ”と言う意味でしょうか?それとも、大石蔵之介の蔵をとって、忠臣「蔵之介」物語という意味でしょうか?
それとも、「蔵」という文字そのものに物語という意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

忠臣蔵の由来は大石が「忠臣」で蔵助の「蔵」から取ったものです。

詳しくは下記ご参考に。

参考URL:http://mutiya77.hp.infoseek.co.jp/edo4.htm

Qお勧めの忠臣蔵作品は

できるだけ史実に近い、時代考証がしっかりしている
赤穂事件を扱った映画・時代劇・ドラマでおすすめのもの、

忠臣蔵を知るにはこれを読んでおけ、という本がありましたら是非教えて下さい。

また、寺坂信行自記について詳しい本などはありますでしょうか。

Aベストアンサー

>できるだけ史実に近い、

忠臣蔵の物語ってどこまでが史実か、かなり不明なものです。
ご存知のようにこの話は『仮名手本忠臣蔵』という人形浄瑠璃用に創作され、その後歌舞伎に取り上げられ当時大ヒットした話が大元です。

元禄14年3月の江戸城内での浅野匠頭による吉良好上野介へ切りつけた“松の廊下事件”と、翌15年12月の赤穂浪士による“吉良邸襲撃事件”の二つの事件は史実のようですが、その間の大石蔵之助等の浪士の物語は裏付けとなるようなものがなく、ほとんどが創作だと思われます。

すなわち、後世に伝わる忠臣蔵の話は『仮名手本忠臣蔵』があまりにも有名で面白かったために、これをベースにこの話が残ってしまっており事実関係などは調べられていないのが現状のようです。

史実として捉えるならば、
・江戸城内で、何かのはずみにキレテしまった浅野匠頭による吉良上野介へ切りつけた傷害事件
・藩取り潰しになり赤穂浪士達が吉良上野介への逆恨みによる吉良邸討ち入りという集団テロ事件
以上が史実になってしまうと思います。

したがって、史実に近い映画などは無いと思われますが、、

>できるだけ史実に近い、

忠臣蔵の物語ってどこまでが史実か、かなり不明なものです。
ご存知のようにこの話は『仮名手本忠臣蔵』という人形浄瑠璃用に創作され、その後歌舞伎に取り上げられ当時大ヒットした話が大元です。

元禄14年3月の江戸城内での浅野匠頭による吉良好上野介へ切りつけた“松の廊下事件”と、翌15年12月の赤穂浪士による“吉良邸襲撃事件”の二つの事件は史実のようですが、その間の大石蔵之助等の浪士の物語は裏付けとなるようなものがなく、ほとんどが創作だと思われます。

す...続きを読む

Q忠臣蔵

赤穂浪士の物語は、どうして忠臣蔵なのでしょう。
大石蔵ノ助が忠臣だからでしょうか?

Aベストアンサー

「忠臣蔵」のルーツは、#1の方のおっしゃるとおり人形浄瑠璃(その後歌舞伎にもなった)「仮名手本忠臣蔵」ですが、質問者さんの推察どおり、"忠"義の"臣"・大石内"蔵"助 を暗示しているようです。ちなみに、「仮名手本忠臣蔵」では、実名がだせなかったため、
大石内蔵助 ⇒ 大星由良之助
浅野内匠頭 ⇒ 塩屋判官
吉良上野介 ⇒ 高師直
と置き換わり、鎌倉時代の話になってます。

ではなぜ、「仮名手本」か?それは参考URLを見てください。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/Mitleid/toganakute.htm

Q「忠臣蔵」のこの部分は歴史的事実ですか?

「忠臣蔵」の次の部分は、ドラマや映画になるときによく描かれています。
これは歴史的事実だったのでしょうか?

1.吉良は普段から賄賂をもらっていた。
2.赤穂藩は吉良に賄賂を渡さなかったので、嫌われた。
3.吉良の嘘のせいで、一晩で二百畳の畳替えをするはめになった。
4.浪士のひとりが大工の棟梁の娘をだまして吉良宅の図面を手に入れた。

 万が一勅旨接待に落ち度があれば、吉良氏が一番に責任をとらされるはずなので、2.3はなかったと予想しています。
 4は芝居がかっていますが、可能性は十分あります。
 1はどうでしょうか?

Aベストアンサー

1番は、当時の慣習で、勅使接待の「前後」に大判一枚(又は小判10枚)を、ご指導いただく高家(吉良)に贈り「誠意」をみせるのが常識でした。
ところが浅野家ではそれを終わった後だけでよいと考えました。
こういう事のために、江戸在住の藩士がおり、数人は代々江戸で生まれ江戸で育った、生粋の江戸っ子の藩士がおります。
こうした藩士が他藩の同じような役職の者と情報を交換し合って、贈り物の相場などを決めていたようですが・・・。
浅野内匠頭長矩も勅使御馳走役は18年振りの2度目の事で、先回は優秀な家来が広島の本家などから情報を仕入れて十分な事をしましたが、この時は経験者という驕りもあったのか、予算自体も物価の上昇を甘く見て、前回(400両)に少し色(700両)をつければよいと、相当ケチったようです。
因みに元禄十年に伊藤出雲守が勅使接待を務めた際の予算1200両でした。
吉良としては接待が失敗すれば自分の指導力を問われますから、浅野家の非常識には相当頭に来たと思いますが、かといって決定的な失敗をすれば連帯責任を問われるので、相当のジレンマがあったと想像します。
こうした背景を考えると、浅野をなじったり叱りつけたりはしたと思いますが、嘘を教えた事はないと思われます。
ただこの時吉良は高齢の上、京都へ使いに出かけ、帰ってから日が浅く疲れが出ていたのも事実で、うっかり失念した可能性も無きにしもですが、意図的に失敗を計るとは考えられません。
大工の棟梁の娘を騙したのは「かな手本忠臣蔵」というお芝居の上での事で、事実ではないと思います。

http://www.fsinet.or.jp/~fight/illust/main/kira.htm

1番は、当時の慣習で、勅使接待の「前後」に大判一枚(又は小判10枚)を、ご指導いただく高家(吉良)に贈り「誠意」をみせるのが常識でした。
ところが浅野家ではそれを終わった後だけでよいと考えました。
こういう事のために、江戸在住の藩士がおり、数人は代々江戸で生まれ江戸で育った、生粋の江戸っ子の藩士がおります。
こうした藩士が他藩の同じような役職の者と情報を交換し合って、贈り物の相場などを決めていたようですが・・・。
浅野内匠頭長矩も勅使御馳走役は18年振りの2度目の事で、先回は...続きを読む

Q『忠臣蔵』の「蔵」

『忠臣蔵』の「忠臣」はよく分かりますが、「蔵」というのは何でしょうか?

Aベストアンサー

江戸の歌舞伎関係者が工夫をこらした命名でしょうね。

「忠臣蔵」が赤穂事件を基にしているのは明らかですが、
そのままでは上演許可は出ないので、現実の事件と関係ないというタテマエにしてあります。
歌舞伎の「忠臣蔵」の主人公は大星由良之助であり、大石内蔵助ではありません。

検閲がなければ、題名は「忠臣大石内蔵助」となっていたことでしょう。
しかしそれはできないので、一字だけ取って「忠臣蔵」としたのでしょう。
役人が「この『蔵』はなんだ。大石内蔵助のことじゃないのか」
と言ってきたら、
「いえいえ、蔵のように多くの忠臣がいるという意味ですよ」
と返すわけです。
役人の方でも、そこで「なるほど」と納得したふりをする…という呼吸だったと思います。

Q忠臣蔵

忠臣蔵で有名な吉良氏ですが、討ち入りの後当主の吉良義周は「不届き」として改易、諏訪に幽閉されていますが、なんとなくすっきりしません。
ものの本では、武士が賊に襲われたときに刀を抜いて戦い、切り倒された場合は相続が認められるが、鯉口も切らずに切り倒されたり、後ろから切り殺された場合は士道不覚悟として断罪されることもあると書いてあった記憶です。
この吉良義周ですが長刀をふるって奮戦し、深手を負ったため祖父の隠れ場所から浅野の浪士たちの注意をそらす為、現場から離れようとして切られたという話も伝わっており、いきなり「不届き」だから断絶というのも厳しいと思っています。
討ち取られたのは隠居であって当主ではないのですから、後年の井伊直弼の例でも減封で済んでおり、このときも同道した家臣のうち戦ったものは相続が認められ、逃げたものは士道不覚悟で断罪されていますから、通常なら謹慎か減封程度だったのではないかと思います、事件の後の世論に流されたということでしょうか。。
いかがでしょうか。

Aベストアンサー

よく言われているが、浅野を裁いたときの「片落ち」の裁きのバランスを取ったというものですね。本来なら両者から事情を確認し、その上で裁くべきだったのに、綱吉の怒りで、外見上、一方的な裁きになってしまった。
その結果として討ち入り事件が起こり、江戸中の評判になった。しかも浅野切腹以降、裁きが不公平だったとの声はずっと続いている。幕府としては、今回はバランスを取る意味で、なんとか理屈をつけて吉良家を断絶させる必要があった。
「不届」云々は、そのためにこじつけた理屈に過ぎません。(討ち入り直後に評定所が出した意見書もありますが、これは、偽書説もありますし)。
「親を守りきれなかった」云々は、あくまでこじつけの理由です。家を残す以上、跡継ぎは生きている必要があるのですから。だから、実際には奮戦したのに、まるで逃げたかのような表現をして、「不届」扱いをしている。
事実、形式上処罰の対象となっている上杉家は、遠慮で済んでいますし、討ち入り翌朝に幕府から「動くな」との指示まで受けています。

一度は断絶した吉良家ですが、その後親戚筋の人間を立てて、家そのものは再興しています。これも、「不届」云々の処罰が、理由をこじつけたものであることを示していると考えます。

よく誤解される人が多いのですが、テロという場合、暴力による恐怖心を起こし、それにより政治的目的を達成するものです。赤穂事件での討ち入りは、この定義には当てはまりません。政治的暗殺ではあるが、テロではありません。

よく言われているが、浅野を裁いたときの「片落ち」の裁きのバランスを取ったというものですね。本来なら両者から事情を確認し、その上で裁くべきだったのに、綱吉の怒りで、外見上、一方的な裁きになってしまった。
その結果として討ち入り事件が起こり、江戸中の評判になった。しかも浅野切腹以降、裁きが不公平だったとの声はずっと続いている。幕府としては、今回はバランスを取る意味で、なんとか理屈をつけて吉良家を断絶させる必要があった。
「不届」云々は、そのためにこじつけた理屈に過ぎません。(討...続きを読む


人気Q&Aランキング