女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

忠臣蔵映画を見るのが好きです。その中の1シーンについて教えてください。

東映10周年の版で、大石が江戸に行こうとする後半での1シーンです。
大石はある宿場の陣屋に、別人の名をかたって投宿します。当の本人が宿場について、自分の名をかたった人物がいると知って激怒し、直談判することに。赤穂浪士一行はあせりますが、大石は会うといいます。
そして、やってきた相手がなにをしに江戸へ行くのか問いただすと、増上寺に寄付をしに、といい、相手は、ならば寄付の目録があるだろう、みせろといいます。
大石はあせらず、木の黒塗りの箱をだし、相手に書類を渡しますが、白紙。相手は一瞬激昂しますが、その時、大石が紙をだした箱に浅野(赤穂?)の紋所が描いてあるのに気づきます。
全てを悟った相手は、お役目ご苦労さまです、と引き下がり、大石は難を逃れます。

いくつか忠臣蔵映画をみたのですが、このシーンに出会ったのは初めてです。ちなみに、歌舞伎はみたことがありません。
いわれのあるシーンなのでしょうか? 委細ご存じの方、おいででしたらお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 この事で私も赤穂市に教えていただきました。



 2.垣見五郎兵衛について
 (1)大石内蔵助が東下りの道中で本物の垣見五郎兵衛と対面して腹芸でその場を見事に切り抜けるという話はもちろん創作です。
ただし、大石主税が近江の郷士垣見左内と名乗って、公事訴訟のためという名目で先に江戸に入り、その後見人の伯父五郎兵衛として江戸に入ったのは史実です。実際の道中は何事もなく、密かに下ったようで。
 (2)有名な大佛次郎の『赤穂浪士』をはじめ小説の中では、この創作話はあまり出てこないようですが、講談を活字にしたような本には出てくるようです。ただし、現在入手可能な本があるのかどうかはわかりません。

 つまり話は、本物の垣見さんが乗り込んできて、証拠を見せろといわれたとき、大石は泰然自若を装い、これにございますとさんぼうっていうのかな、切腹の脇差などをのせる台に浅野家の紋のある脇差を載せて出したら、垣見さんはしばらく絶句して、よくわかりました。正に正真正銘の垣見五郎兵衛に違いありません。
 当方こそ名をかたり真に申し訳ない。小道具の手形などを差し出しますので、ご免蒙りますと、引き取った。ということですね。
 そして隣室で左に大刀を抱え柄に手をかけていた、家中の同志はそっとでてきた。ということでした。
 こういう話は私も好きでして、山岡鉄太郎の西郷座敷への乗り込みとか。

 いろいろ教えてもらいましたが、後一つだけご参考に。
 3.泉岳寺の墓について
  (1)(2)このような話は初耳で、あくまでも俗説だと思います。
  (3)泉岳寺には46人ではなく、48人の墓があります。元禄16年(1703)2月4日に切腹したのは、討入り直後に行方を くらました寺坂吉右衛門を除く46人で、その墓碑が最初に建てられました。その後、明和4年(1767)に討入りに先がけて自刃した萱野三平の供養墓が建てられ、天寿を全うした寺坂吉右衛門の墓が 明治元年(1868)に建てられました。

    以下省略
    • good
    • 1

勧進帳のパクリでは?

    • good
    • 0

それは「内蔵助東下り」の節の中で、たしか駿府とか沼津とか、静岡県東部の宿場町で起こったと設定されているエピソードだと思います。



それが史実としての赤穂事件にからんで起こった事実だったのか、また歌舞伎の原作「仮名手本忠臣蔵」に出てくるのか、はたまた忠臣蔵という巨大な譚群が民間伝承までのみこんで徐々に膨れあがる過程で含まれていったのかは、残念ながら浅学な私には知る由もありません。

しかし仰せの東映10周年版以外でも、そのシーンは私は見たことがあります。
近年の記憶では、ここ4,5年以内の放送だったかと記憶もあいまいですが、テレビ朝日が、大石内蔵助に松平健を立てて、かなり力を入れて秋の連ドラでやっていたなかでも、そのシーンは出てきていました。

そこでは大石は、ある公家に使える別当の侍をかたらって、東国に何かを運ぶという名目で江戸へ移動中でした。そこへ別当本人(江守徹)があらわれて、「貴殿の通行手形をみせてもらおう」と迫るのです。

大石はおちついて白紙の紙を見せ、別当は状箱に浅野家の家紋を見て「すべて」を悟り、
「それがしのあやまりであった。おゆるしくだされえ」
と頭をさげ、大石は寛大に
「そのようなことは誰にでもあること。気にめさるな」
などと扱い、別当が引き下がったあとで大石ら赤穂浪士たちは後ろから平身低頭して別当を見送る、といったものでした。

それなりに感動的に作ってありました。
    • good
    • 1

史実に於いて【大石内蔵助】が、京都から江戸へ東下するのに


日野大納言(公家)の用人【垣見五郎兵衛】の名をかたり道中するのですが、
途中の陣屋で本人と鉢合わせはしておりません。
『勧進帳』の話を元にしたフィクション(創作)です。
 
1958年(昭和33年)の大映京都の作品の『忠臣蔵』にも
出てきます。
内蔵助【長谷川一夫】と五郎兵衛【中村鴈治郎 (2代目)】
ここでは、近衛家(公家)の用人【垣見五郎兵衛】と名乗ってます。
 
1985年(昭和60年)の日本TVの年末時代劇スペシャル『忠臣蔵』で、内蔵助【里見浩太郎】と五郎兵衛【西田敏行】でした。
 
一度、【垣見五郎兵衛】でググッてみましょう
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「忠臣蔵」についていくつかの疑問

こんにちは。「忠臣蔵」についていくつか質問をさせていただきます。全部にお答えいただかなくとも結構です。また、現在放映中のドラマには限りません。

1.
脇坂淡路守ですが、浅野が吉良を切りつけた後、自分の家紋をわざと汚し吉良を「無礼者」と罵ります。その際吉良は詫びていますが、吉良の方が地位は上ですよね?なぜ吉良は詫びているのでしょうか。パニックを利用しただけなのでしょうか。

2.
色々な資料を見ていると、忠臣蔵では悪役とされる吉良ですが、名君とも呼ばれているという表現を見ました。具体的にどのように名君だったのか知りたいのですが、エピソードやそれを紹介しているページなどはあるでしょうか。

3.
これは忠臣蔵に限りませんが、当時の1両(小判1枚)は現在の価値に直すとどれくらいの金額なのでしょうか。

4.
私個人の感想なのですが、今ドラマ放映中の「忠臣蔵」はあまりに演技臭く、感情移入できず正直面白いとは思いません(見るのを止めました)。

ですが、番組公式サイトのBBSには良い評価のコメントがずらり(事前に管理者が選別しているので当然ですが)、他のサイトでも大抵そのようです。

私の周りでは私と同意見の方が多いのですが、実際どう思われますか?これは個人的な感想ですので賛否両論、実際に他の忠臣蔵を見たり読んだりされた方の感想をお聞きしたいです。

長文失礼致しました。

こんにちは。「忠臣蔵」についていくつか質問をさせていただきます。全部にお答えいただかなくとも結構です。また、現在放映中のドラマには限りません。

1.
脇坂淡路守ですが、浅野が吉良を切りつけた後、自分の家紋をわざと汚し吉良を「無礼者」と罵ります。その際吉良は詫びていますが、吉良の方が地位は上ですよね?なぜ吉良は詫びているのでしょうか。パニックを利用しただけなのでしょうか。

2.
色々な資料を見ていると、忠臣蔵では悪役とされる吉良ですが、名君とも呼ばれているという表現を見...続きを読む

Aベストアンサー

 脇坂淡路守のエピソードは古くから講談などで読まれてきた有名な話ですが、虚構です。しかし江戸時代の武士ならばかくもあろうか、というリアリティを持っているよくできた逸話ではあります。
 まず吉良と脇坂、浅野の身分関係ですが、たしかに朝廷からもらう官位は脇坂・浅野よりずっと吉良が格上であるものの、石高(給料)については吉良は脇坂・浅野の十分の一以下、悪くすると大石内蔵助のような家老職に毛の生えた程度しかもらっていません。吉良は大名ではなく高家という特別な立場(旗本の一種)で、これはもともと名門マニアだった家康が「大名にしてたくさん石高を持たせるほどの人間ではないけれど、名門の家がなくなるのはさみしい」と考えて、足利幕府にゆかりのある連中を取立てたのが起源です、いわば生きて子供を作るのが職業みたいな連中ですが、それだけではもったいないということで、後になって「名門貴族だから礼儀作法には詳しかろう。朝廷との交渉や儀式係として働かせよう」ということになったのです。
 大名・旗本の格、身分の上下というのはじつにむつかしくて、ふつう旗本や譜代大名、つまり徳川家の身内が石高が低いのに官位がわりと高いのに比べて、外様大名(脇坂・浅野もこれ)は逆になっていることが多いのです。吉良はそれが極端で、また脇坂・浅野は外様の割に石高が低いほうなのですが、やはりこうした一般的な特徴にあてはめることができます。これは家康の巧妙な大名政策によるもので、「官位」と「石高」を両方持っていると幕府内に勢力を扶植して反乱をおこすかもしれないから、どちらか一方しか与えずにおこう、という考えに基づいています。
 そのため、石高の低い連中は「官位はおれのほうが上だし、将軍家の直参だ」という誇りがあり、官位の低い連中は「石高で比べたら旗本や譜代なんかずっと下じゃないか」という意識がある。そういうねじれた現象があるために、身分はどっちがしたともはっきりきめられず、大名が相互に憎しみあう制度になっているのです。そうやって、大名間を分断し、一致協力して徳川家を倒さないようにするのが真のねらいなのです。
 脇坂・浅野と吉良の関係にしてもこれと同様。石高という基準で見るか、官位という基準で見るかでまったく逆になり、お互い自分に有利なほうを内心の基準にして相手を見下しています。ですから亢奮してくるとふだんは隠している「自分の(有利な)基準」が頭をもたげてくるわけです。
 また、武士にとって紋を汚されるというのは大変な侮辱です。今なら国旗を足で踏まれたという感じでしょうか。江戸時代の人、特に武士は、先祖代々の家柄で生きています。彼らが今こうやって大名でいられるのは、大昔に戦場で戦ったご先祖さまがいるから。そしてその象徴が代々受継がれる家紋なのです。ですから家紋を汚されるというのは、自分だけではなく、自分の家系全体を侮蔑されることを意味し、武士にとってはこれ以上ない恥辱ということになります。
 そして、こういう致命的な恥辱を受けて、それを我慢するということは武士として恥ずべきことだとされます。ここらへんはヤクザのメンツというやつとまったくかわらない。バカにされてだまっていては、男がすたる、人から軽んじられる、と考えるわけです。臆病で命がおしいから我慢しているととられる。
 そこで、やられたほうとしてなんとしても自分の立場が立つようなオトシマイを相手につけさせなければならない。相手が頑強にあやまらないなら、切腹覚悟で刀を抜いてでも決着をつけるしかない。自分ひとりの恥辱なら我慢して我慢できないこともないのですが、これは自分の家系全体の問題であり、自分が一族と祖先を代表しているのだという意識がありますから引くに引けないのです。
 そしてこういう場合、日ごろの身分などは忘れて自分の恥辱をはらすのが武士らしいやりかたとふつうは考えられます。たしかに身分差はたいせつなものですが、しかしそれでも許されない一線があって、そこを相手が越えてきたときは充分に反撃してもかまわない、と武士社会のなかで暗黙の了解がある。むろんその結果、反撃した人間に罰が下されるのは当然なのですが、しかしそれとは別の名誉とか倫理問題として、反撃した人間はふつう「家門の名誉をまもった」と賞賛されます。すくなくとも、江戸時代の武士というのはそういう建前になっている。
 脇坂淡路守のエピソードは、要するにそういう建前を利用して、浅野に援護射撃をしてあげたということなのです。吉良としてはその場で殺されても文句をいえないような無礼をはたらいたのですから、叱りつけられただけで解放してもらえたのはむしろ幸運だったともいえましょう。
 ちなみに『首提灯』という落語では、温厚な武士がよっぱらいにからまれ、紋付の紋に痰を吐かれて、激昂して相手を無礼打ちにしてしまいます。理屈は同じです。

 金銭換算は、なにしろ江戸時代というのは長い時代で300年ちかくあったわけですから、そのなかでも相場がどんどん変ってきます。また、米の値段による換算については、農業の変化によって戦前と戦後ではまったく米価が変ってしまったこともあって、米価だけでの換算は危険であるというのが通説です。
 だいたい江戸時代にかぎらずむかしは手工業品の値段が安く(人件費が安い)、食べものの値段が高い(食料が充分流通しない)というのが通り相場ですが、そこらあたりも含めて大雑把に言うと、元禄時代の一両は10~8万円程度が「実感」としての価値だったと言われています(時代が下るともっと安くなる)。
 ちなみに元禄時代は空前の好況で、インフレが起こっていましたので、お金の価値が低く、物の値段が高くなっています。ですから10~8万円といっても、今の感覚ではなくてバブル当時の感覚でとらえたほうが正確かもしれません。
 ちなみのちなみに、江戸時代の賄賂(交際費? つけとどけ?)の相場は、ふつう大名どうしで大判五~十枚だそうです。大判一枚が(時代にもよりますが)小判十枚から二十枚相当ぐらいだったので、40~200万円でしょうか。浅野さんもそれくらいケチらなければよかったのに……。

 脇坂淡路守のエピソードは古くから講談などで読まれてきた有名な話ですが、虚構です。しかし江戸時代の武士ならばかくもあろうか、というリアリティを持っているよくできた逸話ではあります。
 まず吉良と脇坂、浅野の身分関係ですが、たしかに朝廷からもらう官位は脇坂・浅野よりずっと吉良が格上であるものの、石高(給料)については吉良は脇坂・浅野の十分の一以下、悪くすると大石内蔵助のような家老職に毛の生えた程度しかもらっていません。吉良は大名ではなく高家という特別な立場(旗本の一種)で、...続きを読む

Q浄土宗と浄土真宗の違い

大きな違いは何でしょうか。

回りには浄土真宗が多数で、我が家のようにお盆の時期に御詠歌というのを身内で集まり仏壇に向かってあげるというのも、話すと驚かれます。

御詠歌の意味合いもお詳しいかたいらっしゃいましたらご教授ください

Aベストアンサー

 法然上人は、浄土宗を完成され、どんな人間でも、念仏を信じ唱えれば、
生きながら仏の子としての生涯を送り、、死後、阿弥陀仏に導かれ浄土に転生し、
成仏の道を歩めると教えてくださいました、

 法然上人の弟子の親鸞上人は、「人が念仏を信じ唱えるのは、自分の力ではなく、
阿弥陀仏の光という絶対他力に導かれ救われたので、念仏を唱えようと思ったときは、既に
死後の成仏を阿弥陀仏に約束され救われているのだ。だから、念仏とは
・阿弥陀仏様、私を救ってください
ではなく
・阿弥陀仏様、私を救ってくださり、ありがとう、永遠に阿弥陀仏様と共に歩んでいきます。
という感謝報恩として唱えるのだ。それが、法然上人が、教えてくれた真の浄土宗
だ」と 浄土真宗を開かれました。



ご詠歌とは、仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌と成し、旋律=曲に乗せて唱えるもの。
五七調あるいは七五調の詞に曲をつけたものを『和讃』と呼び、ご詠歌の一種ですが、
浄土宗で法然上人ゆかりの御詠歌を唱えるように、
浄土真宗では、親鸞上人作の和讃を仏典に準ずるものとして、唱えます\(^^;)...

 法然上人は、浄土宗を完成され、どんな人間でも、念仏を信じ唱えれば、
生きながら仏の子としての生涯を送り、、死後、阿弥陀仏に導かれ浄土に転生し、
成仏の道を歩めると教えてくださいました、

 法然上人の弟子の親鸞上人は、「人が念仏を信じ唱えるのは、自分の力ではなく、
阿弥陀仏の光という絶対他力に導かれ救われたので、念仏を唱えようと思ったときは、既に
死後の成仏を阿弥陀仏に約束され救われているのだ。だから、念仏とは
・阿弥陀仏様、私を救ってください
ではなく
・阿弥陀仏様、私を救って...続きを読む

Q東京芸術大学ってそんなに凄いんですか?

中学校の美術の教師が東京芸術大学芸術学部美術学科卒業でした。授業中「俺は東大よりも難しい大学を出てる」とよく自慢していました。中学生の時はその意味が分かりませんでしたが、大学受験の時、その意味は分かりました。ただその先生のことは本当に嫌いでした。そんな凄い大学出てても所詮は中学校教師。何が凄いのか分かりません。東京芸術大学でた人はどんなところで働くんでしょう?官僚になるわけでもなく、大手企業に行くわけでもなく・・・。いったい何をしてるんでしょうか?

Aベストアンサー

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり、極めて優秀な芸術家を輩出する大学なわけですが、そもそも芸術家は芸術を生み出す人なわけで、お金を生み出す人ではないので、お金儲けにはつながらないのです。

「難しい大学を出る=安定した生活を送る」という理論に基づいて考えれば、芸大は「難しい大学」ということには確かにならないかもしれません。でも大学は本来、学問をするところです。そして東京芸大が、人の心や感覚をゆさぶるような優れた芸術を生み出すための優秀な教育を施してくれるのは事実です。東京大学法学部を出ても優秀な芸術家にはなれませんが、東京芸大を出れば優秀な芸術家になれる可能性が極めて高いのです。そして、あくまでも芸術家として優秀なだけであって、優秀な教師を育てる大学ではありませんので、中学教師として劣っていたとしても、まったく不思議ではありません。

ちなみに、私の中学時代の美術の先生は、当時、現役の東京芸大院生でしたが、実践的なことと芸術的なことの両方を楽しく学べる工夫をしてくださった、人としてもすばらしい愉快な先生で私は大好きでした。今は東京芸大以外の芸術系の大学などで教えながら、たまに展覧会を開いておられるようで、作風は変わりましたが、当時と同じジャンルの芸術を生み続けておられるようです。

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり...続きを読む


おすすめ情報