これからの季節に親子でハイキング! >>

金魚が死にそうです。

金魚の元気がなかったのでおとといから塩水浴をさせています。
二日間かけてゆっくりと濃度を0.5%にあげました(4リットルに20gの塩)。

そしたら、今朝、水槽をみると金魚がお腹を横にしてさらに悪化しています。

濃度が濃すぎたのかもと15分あいだをあけて500MLを2回足して水を薄めました。
水質の急激な変化はよくないといいますし、どう対処してあげたらいいか迷っています。

どうかアドバイスをおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 生理食塩水での処方箋は寄生虫、細菌、ウィルス等による物には効果がありますが、それ以外では効果がありません。



 追加した水はカルキ抜きか水質調整剤を用いた水、若しくは汲み置きをした水を使用しましたか?それに依り状態が異なります。これらを行わずに水を補充すると有害物質が含まれていますので、エラやヒレを傷つける要因になりますし、ストレスの原因にもなります。

 どの様な環境で変われていましたか?汚物(糞やエサの腐敗物等)は蓄積されると硝酸塩が生じますし、藻類(水草、苔等)が増え過ぎて光合成ができなくなると硫酸塩が生じて腐敗が起きます。これらを防止するにはリトマス紙で炭酸塩硬度(kH)と水酸塩硬度(㏗)を測定して、
必要に応じて調整剤を入れてください。
 

この回答への補足

へこんでて、ご回答にお礼を言うのを忘れてました。
すみません…。そしてありがとうございました。

補足日時:2010/03/16 15:44
    • good
    • 1
この回答へのお礼

90cmで一匹飼いをしていました。一ヶ月前、既存のフィルターに底面フィルターを加え、水草や巻貝一匹を新たに投入しました。あと、そのころから照明をつけはじめました(一日7時間)。
水自体は2年ほど経っている、こなれた水だと思います。
金魚を隔離した4リットルの水槽はこの水を使っています。


私が思いつく原因は

1.水槽の環境の変化からのストレス(1ヵ月後に??)
2.巻貝から病気をもらった(でも投入から一ヶ月後に??)
3.0.5%の濃度ははうちの金魚ちゃんには強すぎた。
4.季節の変わり目で水温が下がったため。
  (26度から23度。でも90cm水槽だから急激な変化ではなかったとおもうんですが…。)

くらいです。
一日かけて0.35%まで濃度を下げました。でも昨日より確実に弱っています。
原因が3のような気がして、かなりへこんでます…。

お礼日時:2010/03/16 15:40

 #1のtetu758です。

私の家での金魚、錦鯉等を家族ぐるみで曽祖父の代から飼育していますので、我が家にいる男性は全て関わっていますし、代々伝承されています。

貝からの疾病の可能性は薄いですよ。実際にその石巻貝か逆巻貝は死滅していますか?そうでなければ感染はありませんし、炭酸塩硬度が極端に変化し、硫酸塩(硫化水素)が発生して水草は腐敗します。

 私の所見では水槽の環境の変化からのストレスと照明時間のストレスが重なり、疾病になったのが正解です。私の家の場合ですが、藻の交換(産卵した物の移動、食べ尽くした藻の取り出し)以外では祖父も父も私も照明を照らし続ける事はありませんでした。幾ら慣れた水でも腐敗は進んでいますので、ある程度は水を残して交換が必要です。照明はアクア以外では私は薦めれませんし、個体を殺す要因になりますので控えてください。
 
 また、硝酸塩(硝酸銀)が発生すると皮膚(エラ、ヒレ)に炎症がでますので、水質調整剤を使用した綺麗な水に入れて処方してください。これでもある程度は悪化を抑制できますので、実行してください。
    • good
    • 2

そうですね、悲しいですね。

1日2日でしたら水槽の変化などの原因も
あまり関係ないような気がします
と、「私が思いつく原因は
1.水槽の環境の変化からのストレス(1ヵ月後に??)
2.巻貝から病気をもらった(でも投入から一ヶ月後に??)
3.0.5%の濃度ははうちの金魚ちゃんには強すぎた。
4.季節の変わり目で水温が下がったため。
  (26度から23度。でも90cm水槽だから急激な変化ではなかったとおもうんですが…。)」もないとは言えませんが
1番気にされてる塩分濃度ももともと金魚は塩分に強いですから
判断は難しいですが・・・どれくらい飼育された金魚なのか分かりませんが横を向くのは寄生虫の可能性があるような気がします、体の中の事なので分からないですが。参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やさしいご回答、ありがとうございます。
今日、死んでしまいました。

3年間ほど飼っていた金魚で、とても残念ですが仕方ないですね。
メイン水槽から隔離して2日目に急激に容態が悪くなりましたので、やはり私がなんらかのミスをしてしまったんだろうと思います。かわいそうなことをしてしまいました。


いろいろと相談に乗ってもらいありがとうございます。


xxxx

ベストアンサーですが、どれもありがたくなかなか選びにくいのですが、一番最初に回答をくれた方を選ばせていただきました。なにせ緊急病院に駆けつけるような気持ちで投稿したので…。

お礼日時:2010/03/17 13:53

正直見て分かるくらい調子が悪いと厳しいかもしれません、今まで飼われてきた環境とか飼育期間など気になる事はございますが、横を向いた金魚は何匹か見た事がありますが、浮き袋の異常だったり成長不良、水質の悪化などが考えられますが、これだけの情報で何か良い案がと言われれば今より大きい調子の良い水槽に写してあげることでしょうか、参考までに。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
今日はさらに悪化して虫の息になってしまいました。


90cm水槽で飼っていたのですが、水槽の底でじっとしていることが多くなり
はやめの治療をと思って4リッターの水槽で塩水浴させました。
当初は一日か2日でメインの水槽に戻そうと思っていたのですが、金魚の様態は悪化してしまいました…。
水はメインの水槽のものを使い、亜硝酸もチェックしましたが反応はありませんでした。



なんか私のせいで逆に弱らせて死んでしまうような気がして罪悪感でいっぱいです。
そのまま、90cm水槽で様子をみてあげたほうがよかったんでしょうか…。

えさを食べるのが下手だけど水槽の掃除をしてるとよってくるかわいい金魚でした。
なんか悲しいです…。

お礼日時:2010/03/16 15:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今にも死にそうな金魚が塩水で生きかえるのは本当なの?

 お腹を上にして、今にも死にそうだったのですが
父が「気合を入れてやる!」と言い 塩水に金魚を入れました。「気合だー!!」なんて叫びながらやっていましたが、本当に半日たって元気になりました。
どうしてなのでしょうか?皮膚病とか寄生虫とかが
塩水によって死んだからなのでしょうか?
その他、元気にしている他の金魚の水槽にも塩水を少し普段から入れたほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

私は昨年まで120cm×60cm×60cmで250Lの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種のジュリー、ステルバイ、パンダおよび青・赤・白コリドラス等10匹ずつ、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていましたので中には病気になったり怪我をしたりして体調を崩す魚も出できますがその時に真っ先に取った方法はその魚を隔離して塩水浴をさせることでした。
これで初期症状の場合は殆ど完治します。
そしてアクアショップで新規に購入してきた魚は色々病気を持っていたり怪我をしていたり東南アジアから狭い袋に詰め込まれたストレス等がありますので1週間程は塩水欲かメチレンブルー浴のトリートメントをしてから本水槽に入れていました。
病気を持った魚をいきなり入れると水槽に蔓延してしまう恐れが大ですからです。
市販の魚病薬の成分表をみるとその大部分にNaClが入っています。
つまり塩化ナトリゥム「塩」です。
塩には薬としての効能があり水の中の生物は魚も含めてその体表は常に水と接していますが体表の内側と外側で塩分濃度が違うと水分は塩分の濃い方へ移動します。
白菜の漬け物を作るときには塩をいっぱい振りかけますが数日すると漬け物桶の中に水が出てきます。
これは白菜の中の水分が塩によって外に引き出されたことによるものです。
真水の中の病原菌や寄生虫を塩水の中に入れると水分が体の外に出てしまい体がしぼんでしまうそうです。
つまり塩水で殺すことができるのです。
逆に海水(塩分濃度は3.5%)のような塩水に棲む病原菌や寄生虫を真水で殺すことも可能です。
塩水浴は通常は0.2%位の塩分で行います。
水1リットルに対して塩2gを溶かしたもので60cm水槽なら約50リットルの水量がありますので約100gの塩を溶かします。
ただ金魚は0.5%位の塩水浴を行います。
既に魚が入っている水槽ならこれを大きめのコップなどで溶かしてから30分で1/3ずつ1~2時間位かけて少しずつ水槽にいれていきます。
塩は副作用がありませんので濃度を間違えなければ安心して使える安い薬ですのでお試し下さい。
なお使用する塩は天然塩に限ります。
塩水浴水槽を立ち上げた時はフィルターの中の濾材にまだバクテリアが繁殖していませんのでそのまま水槽に塩を入れて塩水浴させてもかまいませんが既に立ち上げてから数か月経過した水槽ではフィルターの濾材や底砂の中にバクテリアが繁殖していますのでこの水槽に塩を入れるとせっかくのバクテリアが減ってしまいますので必ず別水槽にしましょう。
アクアショップには色々な治療薬がありますが大変強いものが多いのでもし塩水浴で直らなかった場合の治療薬はメチレンブルーからスタートしましょう。
なお、0.1%位の塩分は常時入れていても何ら支障なくむしろ知り合いのアクアショップではそれを推奨していました。
また塩水浴中は絶食しますが病状が回復して真水に戻す時はまず水槽の水を1/4捨てて同量の真水を入れて交換します。
これで塩分濃度は3/4に下がりました。
勿論、入れる水はカルキを抜き温度を合わせたものです。
翌日、同様に水槽の水を1/4交換して塩分濃度を下げます。
次の日に同様に水槽の水を1/4交換してここで始めて適量の餌の半分位を与え元気に食べれば翌日は本水槽に戻して大丈夫です。

私は昨年まで120cm×60cm×60cmで250Lの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種のジュリー、ステルバイ、パンダおよび青・赤・白コリドラス等10匹ずつ、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていましたので中には病気になったり怪我をしたりして体調を崩す魚も出できますがその時に真っ先に取った方法はその魚を隔離して塩水浴をさせることでした。
これで初期症状の場合は殆ど完治します。
そしてアクアショップで新規に購入してきた魚は色...続きを読む

Q金魚が動かなくなりました

室内で飼っている金魚(和金)が水槽の底で動かなくなりました。
最初は眠っているのかなとも思いましたが二日もその状態が
続いているので病気なのではないかと思います。
他の金魚数匹は元気です。
エサを与えると食べようとして上に上がるのですが上手く
食べる事が出来ず(見えないようです)結局底に戻ります。
上手く体勢を保つ事が出来ないようで水の流れによって
水底を移動しています(風船が風で床の上を転がる感じ)
外見上は病気の兆候は確認出来ません。
水温かと思い今朝ヒーターを入れました。

このままでは死んでしまうのではないかと気がかりです。
どなたか対処法を教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

一匹だけ動かなくなったのですから、「寒さ」ではなく何らかの異常だと思います。かなり弱っているようなので、間に合うかどうかわかりませんが、次の方法を試してください。

まず、弱っている金魚は元気な金魚に攻撃されますから隔離します。飼育水の一部を他の水槽かバケツに移し、弱った金魚を移します。その際、金魚は水温の急激な変化に弱いので、十分注意してください。
そして濃度0.5%になるまで少しずつ塩を入れていきます(食塩浴)。
ろ過器は使いません。エアレーション(ぶくぶく)は必要ですが、なければとりあえずかまいません。簡易式のものを後で入手してください。
えさは断ちます。2週間くらいはえさを断っても金魚は大丈夫。えさを与えると、消化器官に負担をかけて、さらに弱るのです。

とりあえず、これで様子を見ます。病気によっては、さらに薬浴が必要になることもあります。

金魚の病気のほとんどは水質の悪化で起こります。特に春先は水がいたんで病気になることが多く、まめに水換えする必要があります。
「金魚の病気」で検索すると、いっぱいヒットします。勉強して、治してあげてください。

回復するといいですね!

参考URL:http://pw.kingyo.info/pukiwiki.php?%C9%C2%B5%A4%A4%CE%BC%A3%CE%C5

一匹だけ動かなくなったのですから、「寒さ」ではなく何らかの異常だと思います。かなり弱っているようなので、間に合うかどうかわかりませんが、次の方法を試してください。

まず、弱っている金魚は元気な金魚に攻撃されますから隔離します。飼育水の一部を他の水槽かバケツに移し、弱った金魚を移します。その際、金魚は水温の急激な変化に弱いので、十分注意してください。
そして濃度0.5%になるまで少しずつ塩を入れていきます(食塩浴)。
ろ過器は使いません。エアレーション(ぶくぶく)は必要ですが、な...続きを読む

Q飼ってる金魚が横向きに浮いている

金魚すくいで先週すくってきた金魚の様子がおかしいです。水面に体を横向きにして浮いています。一見死んでいるようですが、かろうじていきはしています。このまま死んでしまうのかとも思ったのですが、もう30時間以上この状態です。といっても餌を食べないのでこのままだと死んでしまうのですが、これは何かの病気なんでしょうか?どこかで浮き袋(?)がおかしくなって浮いてきてしまう病気があるというのを聞いたきがしたのですが、分かるかた教えてください。

ちなみに、最後に水を替えたのは3日前(カルキは抜きました)、そのときから酸素ポンプと浄化槽もつけました。金魚は先週は7匹、今は4匹でうち一匹がその症状です。他の3匹はおなじバケツ内で飼っていますが、とても元気です。問題の一匹も、たま~に体をくねらせながら2,3秒ほど泳ぎます(この姿が、意思に関わらず浮いてきているように見えます)
どうしても死んで欲しくないので、試すと良い薬や経験談などなんでも良いのでアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

転覆病ですね。

この病気ですぐに死ぬことはありません。
他の魚にうつることもありません。
残念ながら、完全に治ることはむつかしいです。
ちゃんと餌を取れるように気を配ってください。
通常は高水温の飼育水で飼育する事により、回復する事が知られているが夏場はこれ以上水温を上げることは出来ません。

涼しくなったら、一匹だけ絶食させて、高水温(28~30℃)治療を開始します。
それまでは、暫く様子を見守る事になります。

金魚 転覆病 で検索してください。

参考URL:http://www12.plala.or.jp/poo_san/tie/byouki/byouki_tenpuku.html

Q金魚の塩浴いつまでやれば?

金魚を金魚屋さんで7匹買ってきました。コメット3匹、流金2匹、和金2匹です。初心者なので扱いやすいものにしました。
購入前に60センチの水槽を購入し、立ち上げておきました。立ち上げ後5日に購入した金魚を水温に注意しながら水槽中に放流しました。次の日から和金2匹が死んでいき、流金も死んでいきました。流金は体に白い点々をもっていて、おそらく白点病だったのでしょう。残りのコメットも最近白点病の症状が表れたのでばけつに隔離し、塩浴を始めました。0.5%の塩でエアーポンプをしています。塩浴2日目、3匹中1匹はひれがほうきのようになって(おそらく尾ぐされ病?)死んでしまいました。残りの2匹は白い点々の数が多くなってきて、治るどころかよけい大きくなって、しかも多くなってきて、ひどくなってきているように感じます。市販の薬は近くの店に売っていなくてすぐに手に入れることはできないのでできれば塩浴でなおしたいのですが、もっと長く浸けておけば治るものなのですか?水温は常に25℃以上なのに白点病になるなんて・・・。あと、一度金魚を入れた水槽の水はかえた方がいいのでしょうか?菌や寄生虫は水槽の中で増える一方なのでしょうか?アドバイス、お願いします。

金魚を金魚屋さんで7匹買ってきました。コメット3匹、流金2匹、和金2匹です。初心者なので扱いやすいものにしました。
購入前に60センチの水槽を購入し、立ち上げておきました。立ち上げ後5日に購入した金魚を水温に注意しながら水槽中に放流しました。次の日から和金2匹が死んでいき、流金も死んでいきました。流金は体に白い点々をもっていて、おそらく白点病だったのでしょう。残りのコメットも最近白点病の症状が表れたのでばけつに隔離し、塩浴を始めました。0.5%の塩でエアーポンプをしています。...続きを読む

Aベストアンサー

guluguluさんの御希望通り白点病は、塩水浴だけで治す事が出来ます。が、水温を28℃以上でキープする必要があります。一時的にでもサーモスタットとヒーターを用意し、完治するまで水温を28℃以上に保つようにして下さい。また、餌は少量なら与えても構いません。それから、質問内容から気になった点を簡単に書いておきますので参考にして下さい。
>水温は常に25℃以上なのに白点病になるなんて・・・。
白点病などの水カビ菌は、比較的高い水温では活性が鈍くなりますが、いくら菌の活性が低くても水温が大幅(短時間で2~3℃以上の差)に変化するような状況では、魚そのももの免疫力が低下し、菌に感染し易くなります。
>菌や寄生虫は水槽の中で増える一方なのでしょうか?
水カビ菌その物は空気中にも漂っておりますので、あまり気にしなくても良いです。
>購入前に60センチの水槽を購入し、立ち上げておきました。
生物濾過バクテリアの定着(増殖)を考えられての事と思われますが、バクテリアは生体から出る糞や死骸など、餌となる物が無い以上生物濾過としての効力はありませんので、生体投入前での水槽の立ち上げ(塩素除去の目的は除く)は、何の意味もありません。逆に生体投入と同時に水槽を立ち上げ、少量又は絶食と少量づつの毎日の水換え又は活性炭などでの吸着濾過の併用が有効です。

guluguluさんの御希望通り白点病は、塩水浴だけで治す事が出来ます。が、水温を28℃以上でキープする必要があります。一時的にでもサーモスタットとヒーターを用意し、完治するまで水温を28℃以上に保つようにして下さい。また、餌は少量なら与えても構いません。それから、質問内容から気になった点を簡単に書いておきますので参考にして下さい。
>水温は常に25℃以上なのに白点病になるなんて・・・。
白点病などの水カビ菌は、比較的高い水温では活性が鈍くなりますが、いくら菌の活性が低くても水温が大幅...続きを読む

Q金魚の寝かた(休み方)を教えて下さい。写真の状態は寝ているのですか?

金魚の寝かた(休み方)を教えて下さい。写真の状態は寝ているのですか?

家の金魚(娘がお祭りですくった白オランダ)は
時々、水槽の端にある水草(たまにヒーターの配線の隙間)に
挟まってジーッとしています。

頭が下の状態で動かないので最初は病気かと思ってビックリしましたが
普段は元気に泳いでいるし白点病など目に見える病気もないし
たぶんエラ呼吸も普通だし・・・寝ているのかな?思います。

みなさんの飼っている金魚はどうてすか?

飼育環境は40cm水槽・外掛フィルター・ブクブク(エアカーテン)
ヒーター26度・人口水草&水草(マツモ)です。

Aベストアンサー

金魚の睡眠とはなんぞや?という問題があります。
これに対して、東京医科歯科大学生体材料工学研究所所長、井上昌次郎先生は著書「動物たちはなぜ眠るのか」の中で、魚類の睡眠はレム睡眠で、脳は活性化していると研究結果を書かれています。
睡眠は、脳を休憩程度に軽く休めるものから、人間のように昏睡状態(ノンレム睡眠)近くまで脳の機能を停止するものまで、生物の種類により大きな開きがあると書かれています。
「霊長類・哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類・軟体動物・昆虫」が以下の特徴を示している時間帯を睡眠と定義できるようです。
(睡眠の基本的な特徴)
・長い不活動期
・反応の低下・安全な場所の選択
・特有の姿勢
・1日の中でほぼ同じような時刻に眠る
以上より、魚は睡眠状態に入ると、何も考えないでボーとしている。
恐らく目も見えているけど、ボケーとしている。
金魚は、運動機能、脳の活性を最低限まで落とし泳ぎながらボーとしている。
無理やり人間に当てはめると、声を掛けられればすぐに目覚めるくらいの、リラックスして気持ちよい浅い眠りについている状態。
もしも、自分の体に危害が加わるような緊急自体になると即、危険回避行動が取れるように準備しながら休憩している状態のようです。

参考:
井上 昌次郎 著「動物たちはなぜ眠るのか」(丸善ブックス)
http://www.athome-academy.jp/archive/medicine/0000000201_01.html

写真の金魚は(睡眠の基本的な特徴)を示しているようにも思えるので、多分、寝ているのだと思います。

そうすると、次に、何故、このような寝姿なのか?と言う疑問が生じます。
ひょっとすると、金魚にとって、水槽内の水流が強すぎる環境なのかも知れません。
唯一「水槽の端にある水草」部分の水流が弱いく、寝やすい場所なのかも知れません。

3時間ほど、金魚が寝る時間にエアポンプと外掛けフィルターを停止してれば分かります。
(3時間程度エアポンプと外掛けフィルターを停止して問題ありません、一回ではハッキリしないので数日掛けて数回試して見ます)
エアポンプと外掛けフィルターを停止しても、現在の場所で休むことが多いようならば、「水槽の端にある水草」部分が好きなのでしょう。

エアポンプと外掛けフィルターを停止したら「水槽の端にある水草」部分で寝なくなるようならば、水槽内の水流に問題があります。
ブクブクの設置場所や、外掛けフィルターの排水ルーバーの方向や取り付け位置を見直しを行い、水槽内に弱水流域を作った方が良いと思います。

金魚の睡眠とはなんぞや?という問題があります。
これに対して、東京医科歯科大学生体材料工学研究所所長、井上昌次郎先生は著書「動物たちはなぜ眠るのか」の中で、魚類の睡眠はレム睡眠で、脳は活性化していると研究結果を書かれています。
睡眠は、脳を休憩程度に軽く休めるものから、人間のように昏睡状態(ノンレム睡眠)近くまで脳の機能を停止するものまで、生物の種類により大きな開きがあると書かれています。
「霊長類・哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類・軟体動物・昆虫」が以下の特徴を示している...続きを読む

Q元気だった金魚が急に☆になる原因

8/9から飼っている金魚がいます。
初めは、7匹いたんですがもう残り2匹になってしまいました・・
3匹は飼い初めて、私も飼い方など充分しっていないのに飼ってしまったので、すぐに死んでしまいましたが、残りの4匹はつい最近まで凄く元気でいました。
が、1匹急に4日ほど前に弱る様子もなく朝みたら死んでいました。そして、昨日の晩、又1匹死んでしまいました。
飼い初めてすぐ死んでしまった金魚は、初め上の方で浮かんだり、下でじっとしてるなど、段々弱ってきたのがわかったので、塩浴などをして一応やる事はやったんですが、死んでしまいました。が、ココ最近死んでしまった金魚は弱る様子も何もなくて、凄い元気だった感じだったので、残り2匹の金魚のためにも、何が原因だったのか、知りたいです。
・投げ込み式のろ過フィルターがろ過効力が弱いのが原因でしょうか?
・水が透明でも汚れているのが原因でしょうか?
・餌は一日一回少量をあげています。
・水変えは1週間に一度~2・3日に1/3など、水の汚れ具合からしています。
・水変えの度に麦飯石を入れています。
・水槽は12リットルです。
・温度は30度前後です。
・水草は入れていません。隠れる壷みたいなのは入れています。

何か原因わかりますでしょうか??

8/9から飼っている金魚がいます。
初めは、7匹いたんですがもう残り2匹になってしまいました・・
3匹は飼い初めて、私も飼い方など充分しっていないのに飼ってしまったので、すぐに死んでしまいましたが、残りの4匹はつい最近まで凄く元気でいました。
が、1匹急に4日ほど前に弱る様子もなく朝みたら死んでいました。そして、昨日の晩、又1匹死んでしまいました。
飼い初めてすぐ死んでしまった金魚は、初め上の方で浮かんだり、下でじっとしてるなど、段々弱ってきたのがわかったので、塩浴などをして...続きを読む

Aベストアンサー

何が原因だったのか知りたい...とのことですので、次のように回答します。

濾過はゴミを集めるより重要な役目があります。
水槽内に硝化バクテリアというものを繁殖させ、排泄物などから発生するアンモニアや亜硝酸を生化学分解して貰うのです。
濾過装置とは、そのバクテリアのマンションと言って良いでしょう。

バクテリアは自然に繁殖しますが、水槽を立ち上げた当初は数が全く足りておらず、魚は自らの排泄した毒物によりエラをやられ死亡します。
ですので、生物濾過が機能していないための、アンモニア,亜硝酸中毒の可能性が高いと思いますよ。
8/9の立ち上げなら、まさに死に時でしょう。

これ以上死んで欲しくないのでしたら、少々高価に思えるかもしれませんが、亜硝酸試薬を購入してきて、計測してください。
アンモニアを分解するバクテリアより亜硝酸を分解するバクテリアの方が繁殖が遅いですので、濾過の完成を把握するために、一般的には亜硝酸試薬を購入する人が多いです。
水替えは周期的に考えるのではなく、濾過の完成までは亜硝酸試薬の結果に従います。

麦飯石はアンモニア等の吸着能力を持つことになっていますが...死亡するようでは、全く役に立っていませんね。
どうせ頻繁に水替えするわけですので、今の段階では不要です。
バクテリア類の購入は、時既に遅しで、効果は期待できたりできなかったり、だと思いますよ...
魚を中毒死させながらも、硝化バクテリアは増加していますので、そこに別のバクテリアを入れると喧嘩する可能性もあります。

フィルターの濾過能力は、知識のある人が上手く使用すれば、投げ込み式も使えないことはありませんが、濾過について知識がないと何処かでミスしてしまいます。
エアポンプがあるのでしたら...底面濾過に変えると安く上がりです。
外掛けフィルターは勧められませんので、他の選択肢は小型外部濾過でしょう。

ブクブクもバクテリアのマンションです。
濾過装置を変えれば、バクテリアも一緒に捨てることになります。
暫く併用が望ましいのですが、せめてウールマットの絞り汁を水槽内に戻してください。

何が原因だったのか知りたい...とのことですので、次のように回答します。

濾過はゴミを集めるより重要な役目があります。
水槽内に硝化バクテリアというものを繁殖させ、排泄物などから発生するアンモニアや亜硝酸を生化学分解して貰うのです。
濾過装置とは、そのバクテリアのマンションと言って良いでしょう。

バクテリアは自然に繁殖しますが、水槽を立ち上げた当初は数が全く足りておらず、魚は自らの排泄した毒物によりエラをやられ死亡します。
ですので、生物濾過が機能していないための、アンモ...続きを読む

Q金魚 これって赤斑病?(写真あり)

先ほど水槽を眺めていたら特定の金魚の尾びれに
赤い小さな点々(5~7mm範囲で)が出来ていました。
これって赤斑病でしょうか?
見た目としては血が溜まって腫れている感じです。

水槽環境は以下のとおりです。
サイズ:90*45*45
バクテリア:BICOM78、BICOM21PD
魚の数:金魚、5匹
     熱帯魚、5匹(金魚との混泳を前提に熱帯魚屋さんに選んでもらいました)
砂利:新五色30kg(大磯のほうがいいでしょうか?)
新規に立ち上げて10日くらい。(まだ水替えはしていません)
水温:28度くらい
餌の量:小さじ1.5*1日2回
金魚の状態:泳ぎ方を見ていてもいつもと変わらず元気な様子です。

ネットで調べると赤斑病だった場合、塩を入れたりするみたいですが
まずなにをすればいいですか?
塩を入れる場合、上記水槽でどれくらい入れればいいでしょうか?
このまま今まで通りの飼育を続けて大丈夫でしょうか?
他の魚に影響はありますか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

> 赤い小さな点々(5~7mm範囲で)が出来ていました。
> これって赤斑病でしょうか?

・赤斑病かも知れませんし、擦れや怪我かもしれません。
どちらにしても、現段階(5~7mm範囲)では、まだ、様子見の段階。
積極的な治療段階ではありません。

金魚の体力、免疫力が赤斑病に勝れば、自然治癒する可能性もある段階です。
赤斑病であり、金魚の体力、免疫力が負ければ、今後、24時間~48時間で、鬱血点が増え、出血も始まり、患部が広がります。
病状が進行するようならば、直ぐに治療を開始できるよう、準備だけをしておく段階です。

・今、行えることは水替えと、濾過器、底砂の清掃。
赤斑病の原因菌(運動性エロモナス)は、常在菌ですから、どんな水槽にも存在するグラム陰性菌の仲間です。
この菌が爆繁殖すると、体力、免疫力の弱い魚から病気を発症しやすくなります。
この菌は、水槽水の有機物が増える(=水の汚れ)と増殖しやすくなります。
夏場の高水温も、菌を間接的に活性化させる要因です。
水替えと清掃により、飼育水の清水化が重要です。

=赤斑病の治療=
・病魚が一匹だけならば、隔離水槽にて治療。
・隔離水槽の水は、2/3以上の水替え。(新水)
・規定量の薬浴+0.5%塩水浴。
・エアポンプによる十分なエアレーション。
・濾過器内の活性炭マットや活性炭パットは取り外す。
・薬塩浴期間は一週間。
・金魚に食欲のある場合は少量与えても良いが、餌を与えた場合は薬塩浴開始後4日目に一度水替えし、追薬と追塩を行う。

使用薬剤
・グリーンFゴールド顆粒
・エルバージュエース
どちらの薬剤も、濾過バクテリアと水草に被害が及びます。
出来るだけ、本水槽での使用は避けたい薬剤です。
本水槽での使用は、複数の魚に病気の兆候がある場合。

> 赤い小さな点々(5~7mm範囲で)が出来ていました。
> これって赤斑病でしょうか?

・赤斑病かも知れませんし、擦れや怪我かもしれません。
どちらにしても、現段階(5~7mm範囲)では、まだ、様子見の段階。
積極的な治療段階ではありません。

金魚の体力、免疫力が赤斑病に勝れば、自然治癒する可能性もある段階です。
赤斑病であり、金魚の体力、免疫力が負ければ、今後、24時間~48時間で、鬱血点が増え、出血も始まり、患部が広がります。
病状が進行するようならば、直ぐに治療を開始できるよう、準備だ...続きを読む

Q水を変えても金魚が水面でパクパクします

100円均一の虫とりかごに2センチくらいの金魚を6匹飼っています。

酸素がでる石4個と、砂利と水草と置物?みたいのを入れていて、水槽の2/3近く水草でいっぱいです。

餌は1日2回あげています。

金魚が全て水面で口をパクパクしているので水を変えると、しばらくは落ち着きますが、しばらくするとその日のうちにまた全匹が水面で口をパクパクしだします。

金魚がかなり過密しているのは感じていますが、水を変えてもその日のうちに酸欠してしまうものなのでしょうか?

また、水は水道水にカルキ抜きのような液を入れていますが、浄水器でろ過した水ならいきなり水槽にいれても大丈夫でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えばこれが、水換え直後からパクパクするなら、
酸欠以外の要因か、エラに感染症の疑いがあるんですが、
水換えからしばらくはパクパクしないなら、まず酸欠で間違いない。
下手したら死にますよそれ。

魚の大きさ1cmごとに1リットルが適切と言われていますが、
その虫かごには12リットルも入るのですか?

一式高く無いので買ってあげてください。
水槽、ろ過装置、エアレーションで、
金魚セットみたいのが3000円くらいで売ってますから。

あと、人間用の浄水器で塩素が完全にとりのぞけることは稀です。
是非カルキ抜きをしてください。死なせたくないのなら。
カルキ抜きには魚の粘膜をまもる別の成分が入っていることが多く、
健康のためにもよいかと思われます。

ちなみに水草ですが、外において太陽光が日中ずっと当たる環境や、
特殊な高いライトを使っていない限りは、たいして酸素を出しません。
むしろ、夜間にぐんぐん酸素を消費しますので、
エアレーション無しで水草が過剰だと、
下手をすれば夜間に酸欠で死んだりしますよ。

あと、酸素の出る石はまゆつばもんです。
店頭にどれだけ置いてあったかで効果がかなり変わる。
酸素の出ない石になってることがままあります。メーカーによりますけど。

例えばこれが、水換え直後からパクパクするなら、
酸欠以外の要因か、エラに感染症の疑いがあるんですが、
水換えからしばらくはパクパクしないなら、まず酸欠で間違いない。
下手したら死にますよそれ。

魚の大きさ1cmごとに1リットルが適切と言われていますが、
その虫かごには12リットルも入るのですか?

一式高く無いので買ってあげてください。
水槽、ろ過装置、エアレーションで、
金魚セットみたいのが3000円くらいで売ってますから。

あと、人間用の浄水器で塩素が完全にとりのぞけることは稀です。
是...続きを読む

Q金魚薬浴中。どんどんひどくなってきています(*´д`*)なぜ?

先日、薬浴についてこちらで質問させていただいたばかりなのですが、日に日に状態が悪くなってきている気がします。画像を添付しているので見てください。これはよくなる兆候なのか、やはり悪化しているのか・・。
メチレンブルーで薬浴中、水槽内を見ていると、掃除して水替えしたばかりなのに、糸状というか繊維質みたいなものがやたらにフワフワ~としていて、もしやカビ?と思い水も泡立つので居てもたっても居られず再度水替えをしました・・・。そして今度は、底砂もいれず(メチレンブルーで青色に染まってしまったので・・・)ヒーターのみを入れ、フレッシュリーフに変えました(いけないかな・・と思いつつ、あまりにも金魚にメチレンブルーが付着して(特に痛んでいる部分)辛かったので(*´д`*)
あ~こんなに色々やったら金魚に負担になってしまうと思いつつも・・。
どう見ても症状は悪化しているような感じですし、一番ひどい金魚はヒーターの近くにいきじーっとしています・・。もう諦めるしかないのでしょうか・・・。

Aベストアンサー

多分、白点病から併発した水カビ病だと思います。うちの金魚さんも水替えをした時に罹る事が多かったです。(水替えの時に浄水器や敷石まで洗いませんでしたか?)

とにかく、白点病を治すのが先決で、薬浴&水温の上昇しか対処法は無いでしょう。(うちの金魚はそう言う危機を3~4回は経験している。現在、10歳で、先々月に初めて卵を産みましたよ。)暖かく見守る事と、薬浴時は餌は少なめに。餌が残るともっと水が傷むので。(2~3日は餌さ無しでも生きてるもんです)

Qエアレーションの代わりになる物

金魚ばちで小さな金魚を飼育しています。金魚はエアレーション無しでは難しいと聞きましたが、エアレーションの代わりになる物はありませんか?お手製でも構いません。アイデアをお願いいたします。

Aベストアンサー

私が知っている方法ですが、
1.安物のエアストーンを入れて、全力で吹く
腹式呼吸の練習になるそうです、なお、高価ないぶきエアストーンとかだと人間の力ではエアを出せないこともあるそうなので、百均とかで売っている物でいいかと思います。
もちろん常にやる必要はありません。

2.ストローをいれて吹く
ぶくぶく、と効率は悪いですが、無意味ではないらしいです。

3.外部フィルターを使う
金魚鉢に投げ込みや外掛けのろ過を付けると台無しですから、付けられるとすれば外部だけですが、
その水が出る側にディフューザーを付けてなおかつ障害物を置いて洪水にならないようにすれば可能かもしれません。
どこかでオーバーフロー金魚鉢を見たことがありますが、あれでも可能ですが、いささか大がかりすぎますね。


他の方が回答されている酸素を出す石が楽かもしれません。
http://item.rakuten.co.jp/chanet/11692/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング