共鳴あるいは共振の概念で説明されている、天体現象がありましたら、教えてください.

A 回答 (2件)

 いまいち自信なしですが、回答がまだついていないようなので。



 「共鳴・共振」というと、例えば風が吹いて吊り橋の固有振動数と一致した力を及ぼしたときに、橋を徐々に大きく揺らして壊してしまうとか、お風呂の中で身体を前後に揺らしていると、タイミング次第では物凄く大きな波になって、ざぶざぶ楽しいアレですよね。その天体現象版というと、「カークウッドの隙間」とか「カッシーニの隙間」とかくらいしか私には思い浮かびません。
 「カークウッドの隙間」は、丸善の理科年表にも載っている小惑星の分布(平均運動)不均一のことです。たしか太陽から木星軌道までの比だったと思いますが、2:1とか7:3とか、5:2とか3:1とか、そういう綺麗な整数比で表せる軌道には、なぜか極端に小惑星が少なく、逆にある無理数の比で表せる軌道に過剰に小惑星が集まっていることが知られています。その極端に少ないところが「カークウッドの隙間」です。
 この隙間が生じるのは、太陽と、太陽系最大の惑星である木星、および小惑星との間に、それぞれの重力の作用でいわゆる「三体問題」が生じており、きれいな整数比で表せる軌道にあった小惑星は、二大質料点の重力が「共鳴」することで徐々に他の軌道へ弾き飛ばされてしまったのだと考えられています。
 「カッシーニの隙間」は、これと同様のことが土星の輪でも起こっていて、そのせいであのレコードの溝のようにも見える縞模様が、土星の輪に観測されるという説明でした。土星と、タイタンなど巨大衛星の重力作用による三体問題の結果です。

 知る限りで参考になる本は、まず講談社ブルーバックスの、ニーナ・ホール編『カオスの素顔』所収、カール・マレー「太陽系は安定しているか?」があっさり読めます。もっとということなら、日経サイエンス社、『ニュートンの時計』がお勧めです。
 ちなみに私はBASICでカークウッドの隙間の形成をシミュレーションしてみました。手抜きプログラムでしたが、仮想時間一万年くらいで、非常にはっきりした「隙間」ができましたよ。

 …と書きに来たら一足先に回答が…
 失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.そうです、お風呂でタイミング次第でざぶざぶと楽しいあれです(^^). へぇー、カークウッドの隙間、カッシーニの隙間ですか.なるほどー.これは予想外でした.共鳴というとエネルギーを旨く保存する、というイメージでのみ把握していましたが、システムが不十分なときは破壊的な作用というわけですね.そりゃそうだった.だから橋が壊れてしまうわけですもんね. そうか-.…なんとなく、解る感じもします. 「BASICでカークウッドの隙間の形成をシミュレーションしてみました」って、すごいなー.「仮想時間一万年くらいで、非常にはっきりした「隙間」ができました」か、これはすごい...本の紹介も助かります.

お礼日時:2001/04/01 17:47

木星の衛星の公転周期が整数比になっていること、あるいは月が地球に同じ面を向けていることなどを、「潮汐力による共鳴」と表現するようです。



http://www.nifty.ne.jp/forum/ffortune/calen/tuki …

http://www2.crl.go.jp/ka/TNPJP/nineplanets/jupit …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました. 潮汐ってひょっとして共鳴かな…などと適当に推察しはじめていた矢先、丁度mugisakenomiさんから、潮汐力による共鳴、ということを教えていただき、驚いています. また嬉しかったです. 勉強になります.

お礼日時:2001/04/01 17:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重力とは逆の空間の歪み?

アインシュタインの一般相対性理論で重力は空間の歪みだ、みたいなことを言っていたと思うんですが、空間の歪みを描いたイメージありますよね。薄い布の上に物を乗っけて布が引っ張られたような絵です。
あれ素人にもイメージしやすいんですが、あれは3次元空間の歪みを2次元に見立てて描いていますよね。だから質問自体が変かもしれないんですが一応。

空間の歪みを描いたイメージにおいて、重力による歪みの方向を仮に下方向とすると、逆、つまり上方向へ空間を歪ませる力ってあるんでしょうか?
重力による歪みが凹だとすると、凸の歪みって事です。
もしそういう力があるとすると具体的にはどういったものなんでしょうか?
重力(引力)の反対だから爆発?って思ったんですが、もし爆発によって空間が歪むとすると光にも影響しますよね(重力レンズの逆?)。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 重力とは何か、ということは、よく分かっていないのが実情です。人間に分かっているのは、重力は「いかに」作用するか、ということで、「何か」は分かっていません。「いかに」作用するかは、実験によって知ることができます。その結果得られた法則が、ニュートンの万有引力の法則です。万有引力の法則を四次元に拡張して、一般座標変換に対して共変な形式にしたものが一般相対性理論です。ですから、一般相対性理論も「いかに」作用するかを記述する理論に過ぎません。一般相対性理論では、重力場を時空間の歪みとして記述しますが、この歪みも、重力が「いかに」作用するかを記述する方便であって、重力の本質を示すものではありません。ということで、空間が凸に歪んでいる、という概念そのものが、現在知られている重力に対応しないものである以上、意味のない問いであるということになります。

Q1843年の「白気」という天体の現象は何ですか。

弘化2(1845)年12月8日の静岡県で書かれた日記に「一昨年西のかたに見へ候白気と唱え候星は、玲瓏としてギヤマンのごとくの星へ大陽の光をうつし、その光り空へうつる也」と有りました。「天文学よき江戸の某」が来て話したと有ります。正体は何でしょうか。

Aベストアンサー

白気は白いオーロラという説もあるみたいです。
ま、質問の文を見ると 彗星らしいというのも
考えられますね。

参考URL:http://www.ryukyu.ne.jp/~tomori/kyuyo/cmt1843.html

QコカコーラZEROの、中田英寿が無重力空間にいるCMがありますが、この

コカコーラZEROの、中田英寿が無重力空間にいるCMがありますが、この映像は本物ですか?CGとか特撮??本当の無重力空間を体験したのでしょうか?知っている方いたら教えてください。

Aベストアンサー

実写だそうですよ。
飛行機で急降下すると擬似無常力空間ができるのですが、メイキングムービーには搭乗前の説明を受けるところから、乗り込んで浮かび上がるまでの映像が納められています。
こちらをどうぞ。
http://cocacola.jp/zero/nakata/

Q就職先について教えて下さい。位置天文学・天体力学・天体物理学の就職先を

就職先について教えて下さい。位置天文学・天体力学・天体物理学の就職先を教えて下さい。後、茨城大(理学部)の就職先も教えて下さい。

Aベストアンサー

質問者様は高校生ですか?
茨城大のHPがありますので、まずご自身でお調べなさい。
あと、参考程度に聞いて頂ければと思いますが、現実には学部で専攻した専門の関連企業なりに就職出来ると考えない方が良いです。私は文学部史学科卒ですが、現在まったく関連のない仕事をしてます。

Q無重力空間での生理について

無重力空間での生理について
デリケートな問題なのでなかなか調べきれないのですが、女性宇宙飛行士の月経はどのようなもので、手当てはどのようにされるのでしょうか?
無重力において経血が行き場を失い、子宮も鬱血してかなりの生理困難になると思うのですが。
それとも、投薬で宇宙空間飛行中の女性の生理を止めてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

結論は投薬で出発日に合わせて生理日を調整します。日本人女性宇宙飛行士の向井さんの最長が14日17時間55分、山崎直子さんが15日2時間47分。大方の女性ミッションがそれぐらいですから、とりあえず投薬計画によって宇宙空間で生理になることはありません。
がしかし、不測の事態に備えて、ばらけても繊維が飛散しない特製タンポンは持参するそうです。ナプキンはダメみたいです。
無重力ですが、ある程度の量の経血は無重力でも吸収されるそうです。が、地上みたいにはいきません。2日目などの多い日に対応できるかはその時次第で、かなり苦しむことになります。
それが想定されますので、飛行中生理にならないよう必ず綿密に投薬計画が事前になされます。

ただし、ロシアのコンダコワ飛行士が女性の宇宙滞在記録169日と5時間を達成していますので、
この時ははどうしたのか不明です。わかりません。とういうか調べられませんでした。
投薬による、その後の影響が無い程度に何日ぐらい生理を止めることが出来るかわかりません。
こればかりは婦人科医の回答が待たれます。

それ以前に、女性宇宙飛行士の選考過程ではいくらイヤでも内性器を含め、かなり内臓を徹底的に調べますので、婦人科系が弱ければ選考されることはありません。
家族計画も念入りに聞き取り調査が行われます。場合によっては男女とも精巣、卵巣に宇宙線が当たりますので、確実な子作りを望めばこれも最初から選考されることはありません。
推測ですが、向井さんは最初から子作りをあきらめ、山崎さんは妊娠・出産を経験していましたから最終的に選考されたのでしょう。

結論は投薬で出発日に合わせて生理日を調整します。日本人女性宇宙飛行士の向井さんの最長が14日17時間55分、山崎直子さんが15日2時間47分。大方の女性ミッションがそれぐらいですから、とりあえず投薬計画によって宇宙空間で生理になることはありません。
がしかし、不測の事態に備えて、ばらけても繊維が飛散しない特製タンポンは持参するそうです。ナプキンはダメみたいです。
無重力ですが、ある程度の量の経血は無重力でも吸収されるそうです。が、地上みたいにはいきません。2日目などの多い日に対応できる...続きを読む

Q光速を超えて遠ざかる天体は赤方偏移Z=1.7程度の天体と考えられるが、

光速を超えて遠ざかる天体は赤方偏移Z=1.7程度の天体と考えられるが、この値を超える天体はすでに1000個程度観測されている。って本当ですか?


>光速を超えて遠ざかる天体は赤方偏移Z=1.7程度の天体と考えられるが、この値を超える天体はすでに1000個程度観測されている。(Wikipedia)
とありますが、これはどういう意味でしょうか?

光速を超えて遠ざかる天体とは、Hubble Sphereの外側にあるのですから、これを観測することはできないですよね。
光を分光器に賭けたら赤方偏移の値が大きかったというのですが、この赤方偏移が本当に「膨張速度>光速」をあらわしているのなら、その光は地球に到達しないはずですよね。

どなたか、「Hubble Sphereの外側の天体が観測される」というのはどういう事かご教示ねがえれば幸いです。

Aベストアンサー

光速を超えると、赤方偏移そのものが観測されません。
「光速を超えて遠ざかる天体は赤方偏移Z=1.7程度の天体」
というのは、ハッブル定数からすると、100億光年程度に
過ぎません(それが「光速以上」というのは、“本当は”
470億光年先まで広がっている、という共役空間の考え方。
wikiも最先端分野は執筆者の偏った立場が反映され、困ったものです)。

「1000個程度観測されている」というのは、クェーサー=
当初の星間ガス雲のうち角運動量の少ない部分がすばやく
重力収縮し、一般の銀河の千倍のエネルギーを発している
天体です。
その少し手前(=時間が下った)には、クェーサーに似て
いて、わずかに円盤を伴うセイファート星雲が分布し、
我々の銀河のような渦状星雲への連続性を示しています。

Q無重力空間(スペースシャトル内)での液体について

無重力空間(スペースシャトル内)での液体について質問です。
無重力空間では液体は表面張力により丸くなりますが、その丸くなった液体を飲む時の食感は、地球で水を飲むときと変わらないのですか?テレビで見ているとゼリーみたいに見えるので(笑)口に入った瞬間、地球上での液体とおなじように口の中で広がるのでしょうか?それとも丸いままなんでしょうか??
また、無重力空間で丸くなった液体にストロー等で息を送り込むと中に空間ができると聞いたのですが、本当でしょうか??
どなたかご存知の方よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

実際に体験してみたいものですが、・・・・いつになるやら(笑)

口に入った瞬間、 口内壁面全体にへばりつくと思われます。
舌、口蓋、頬の表面を覆い尽くすように・・・・・

やっぱり、地上では感じる事が出来ない感覚を体験する事になると・・・

参考URL:http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/d-etu1/d-muj1/d-mrj1/IPA-etu130.htm

Q宇宙の形って........。

宇宙の形って、円では無く、正八角形に近いって聞いたんですけど、
本当でしょうか???
多分、本当と思うのですが、理由などがあれば教えて下さい。
参考HPなど教えて頂けると嬉しいです。
なるべく、早く教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

「宇宙の大きさに限りがあるが、果てはない」と言われています。
宇宙は膨張しているとも・・・。
ですから、我々が視覚的(三次元的)にとらえられる形はないのだと。
解明できる人は、恐らくいないでしょうね。
数学的にも証明できないですし。

正八角形と言われてるのは、八卦からきている考えだと思います。
正八角形というのは、”陰と陽の中間の形”、もしくは”その両方を合わせた形”と言われています。
だから夢殿も八角形だとか・・・。
風水、四柱推命なんかから来てる考えなんでしょうね。

というか、よくわかりません。すいません。

Q無重力の空間で磁石を(SとS)(NとN)近づけると・・・。

 無重力の空間で磁石を(SとS)(NとN)近づけるといったいどうなるんでしょうか?
 無重力なので近づけようとした人間も飛ばされるのでしょうか?(人間ごとはねかえるのでしょうか?)


 

Aベストアンサー

スペースシャトルの映像を見ると、宇宙飛行士はシャトル内をふわふわと浮いたまま移動しています。
この映像を見ると、つい勘違いしてしまうことがあります。

それは、重力が無い場所にいると、どんなものでも簡単に動かすことができたり、ボールを投げると、ボールと同じ速さで、後ろに飛んでいく、などです。

ところが、実際は違います。重力が無いと言っても、やっぱり重たいものは動きにくいのです。
これを応用してスペースシャトル内でも体重測定ができます。
地球上で測定した「重さ」に比例して、重いものを動かすには、それなりのエネルギーが必要です。

二人の宇宙飛行士はお互いに磁石を持って近づく場合、飛行士は、何らかの推進装置を使うか、飛行船内のどこかに体を接触させておくか、飛行船などを押した反作用で近づくなどの方法が必要となりますが、これらの力よりも磁力の反発力が小さい場合は、持っている手に反発力を感じる程度であると思われます。

Q以前から月の大きさが気になっていましたが、先日ラジオでその現象について現象名を言いましたが、忘れて気になり

月の現象でおおよそ4年に1度起こる月の大きく(巨大)見えるのは何と言う現象でしょうか?

Aベストアンサー

> おおよそ4年に1度起こる

ではないですが、これのことですかねぇ。

ムーン・イリュージョン
http://www12.plala.or.jp/m-light/notebook/Moon_Illusion.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報