現地校か日本人学校か迷っています。
今度、小5の娘を連れて、5月に米LAに赴任します。任期は5年の予定です。
帰国したときには高校受験、帰国子女としてできるだけメリットを生かした受験をさせたいと思っています。(青学レベルを目標としています)
そこで、現地校+補習校か日本人学校(西大和学園)か、迷っています。
米では習い事(バレエ)もさせたいと考えているので、現地校では当たり前の山のような宿題+補習校では、そのような時間を捻出することすら難しいのではと懸念もしています。それであれば、日本に居るときのように日本人学校と受験勉強+英語の個人レッスンで、5年後の高校入試に備えるべきかと思います。しかし、現地駐在員家族の大多数の方が現地校を選ばれているとのことで、通学圏よりも、われわれには見えない現地の実情があるのでは。例えば、帰国子女入試の情報は補習校に多く流れていると、あるQ&Aで拝見しました。
米在住、元在住の方で、同じようなご経験がある方、ぜひアドバイスをお願いいたします。
尚、かつてフランスで6年の駐在経験があり、娘も幼稚園から小1まで、4年間現地校に通い、現地の友人たちに馴染み、また完璧なバイリンガルでした(今も仏語の音やニュアンスは憶えているようです)。性格はオープンで社交性ですが、要領が良い方ではありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

LA近郊のアーバイン在住です。


今年の5月に渡米予定とのこと、もう既に新生活を始められているのですね。
そろそろ落ち着かれた頃でしょうか。

最近になってこの質問を見たので、回答がこの時期になり申し訳ございませんが、
私の知っていることを記入させていただきます。

あくまで私の私見ですが。現地駐在員の大多数が現地校を選ぶ理由ですが、大きく3つあるように思います。
1)お金の問題。
2)文化や英語習得を期待して。
3)近年の駐在の傾向、ロサンゼルス特有の問題
です。

1)お金の問題
駐在の場合、教育費が会社から補助される会社が多いのですが
アメリカであれば日本人学校の授業料全額が補助の対象になるのは、稀です。
アメリカは全日制日本人学校が少ない(小・中だと全米で4校か5校です)ので、
補習校しか補助が出ない、全米で(都市や日本人学校か否かを問わず)統一の補助額であるとか、
日本人学校は一般的に授業料他で年間100万円程度必要だ、と聞いたことがあります。
(西大和はいくらなのか知りませんが)
それに比べて、補習校だと月間200ドルなので年間20万円程度です。
年間80万円、持ち出し、となると考える家庭も多いです。
日本よりも生活費が高いですし。

2)文化や英語の習得
アメリカと言う世界をリードする国の中でも移民系アメリカ人の多いLAという地区で、
数年しか滞在しないのであれば、せっかくだから
多文化、英語、を学んで欲しい、だから現地校に行かせる、という家族も多いです。

3)近年の傾向
ロサンゼルスの駐在では、近年の傾向として、西大和のあるトーランスから遠い地域に
勤務地がある場合が多いです。
アーバインはトーランスと同じように駐在の多い街ですが、トーランスまで高速で40分~1時間。
スクールバスもありません。
その他、ウエストLAなど、アーバイン以外にも日本人が多い地区がありますが、
トーランスまで同様に遠いです。
そして、駐在員の平均年齢が下がっている、というのも近年の傾向です。
晩婚化ともあいまって、小学校低学年~未就学児のお子さんを持つ方が駐在になられることが多く、
それ以外の駐在員のヤマ世代が大学生~高校生くらいのお子さんを持つ方です。
逆に、小学校高学年、中学生のお子さんをお持ちの方が駐在になるのは今は珍しいですね。
そうなると、子どもが低年齢だと子ども自身に柔軟力がありますし、日本に帰る予定の学年から言っても
まだ受験に余裕があるので、現地校を選んで文化や英語を体験して欲しい、と思う方が多いようです。

小学校高学年で駐在になった方も皆無ではないですし、お知り合いの方でいますが、
諸事情から(立地、お金の問題等)現地校に行かれてますが、
小学校4年生をすぎると、どこの国でも抽象的な概念が学習対象になってくるので、
現地校の勉強するレベルがそもそも難しい(特に学術用語などの英単語が)
友達のほうが大事になってくる時期なのに、英語が全然わからなくてなかなか友達ができない(日本人の少ない学区であれば)
問題の文化が違うので親が宿題を見ても意味がわからない、
などあり、チューター(家庭教師)をお願いしている家庭がほとんどです。

西大和に通学圏内で授業料も問題ないのであれば、お子さんと話し合って
お子さんの希望なども聞きながら決められるほうがいいと思いますよ。
その他にも、日本人が多いと言ってもその学年は駐在が少ない年代なので、
現地校にいる日本人がすでにグループになっててなじめないこともあったり、
駐在と言っても一年生からずっとアメリカ育ちだったり、永住予定の方だったり、
またはアジア系アメリカ人とのハーフちゃんだったり(名前や見た目は日本人でも)、
逆にココロの底から親友と言える一生の友人に出会えることもありますし、
と子どもの個性も含めて一概には言い切れませんので、
とりあえず現地校の様子を見て、というのが一般的かと存じます。

では、駐在は子どもの教育で思い悩むことも多いですが、ご家族の健康が一番大事ですので、
健やかに暮らされることをお祈りしております。
あ、ちなみに私のところは一番上が小学一年生で、一番下は生まれたばかり、
立地がアーバインなので駐在ですが現地校+補習校です。
    • good
    • 2

当方はアジアですが今年帰国子女で大学に入りました。


現地生まれで高校卒業まで海外在住でした。
初めての学校(ナーセリー)が現地語だったため日本語はかなりあやしくなりました。
満三歳の誕生日を過ぎて日本語幼稚園へ、面接の時はほとんど日本語ができませんでした。
幼稚園のお友達と一緒に日本人小学校へ、これで日本語の読み書きも心配なしと一安心。
中学校からは英語の勉強のためにインター校を勧めましたが
同級生の多くが日本人中学校に進学する為、本人の希望で日本人中学校へ。
高校進学は日本で寮生活かインターナショナルスクールか現地校か迷いましたが
最終的に高校と大学どちらで帰国子女入試を使うか検討しインター校へ。
中学校まで日本人学校へ行ってしまったため英語力不足で
かなり低レベルのインター校へ進学しました。
しかし低レベルが幸いして学校成績は好評価でした。
そして無事卒業後帰国し帰国子女入試予備校へ入塾し受験しました。
結果は希望の国立大学に入学できました。

長々と書きましたが要約すれば帰国子女入試において英語力があるのは当たり前で
当方のように英語力が不足していてもほとんど影響が無いということです。
それよりも小論文などの日本語力が合否を決める要因となります。
小中学校を日本人学校で過ごしたことが最後の受験でものをいったと思います。
日本でも英語で講義をする大学がいくつか出来たそうですが
日本の大学を目指すなら日本語力を重視すべきと思います。

北米ではほとんどのお子さんが現地校へ通うと聞いています
アジアとは事情が違うかもしれません。
また高校と大学では参考にならないかもしれませんがお役に立てれば幸いです。
    • good
    • 4

アメリカの大学で3年間教鞭を執っていました。

現地の教育状況は、日本人学校・補習校を含めてある程度把握しております。

まず学校ですが、現地校をお勧めします。理由は、多くの日本人駐在員の方がそうだから、というしょうもない理由です。日本だと意外に思われる方が多いのですが、全米で補習校(土曜校)は多数有りますが、日本人学校(平日校)は数校しか有りません。しかも、一校あたりの在籍者数は、補習校よりも遙かに少ないのです(同じ校舎を平日校と土曜校が共用している場合が多いので分かります)。

現地校に入れても、日本人の友達はできる、ということです。そして何と言っても英語が話せるようになるのは現地校です。日本人学校の先生は、実は英語がそれほど上手ではありません。文科省から派遣されてくるのですが、選抜基準に英会話能力はありません(というか選抜された段階では派遣国は未定です)。また、現地の、特にLA辺りの小学校の先生は、日本人が来ることに慣れていますから、上手に対応してくれますよ。

デメリット?としては、現地の学習スタイルに慣れてしまうので、特に中学生くらいになると日本の学校に戻りにくくなる子どもが出ることです。補習校の中学生を見ていると、ピアス・化粧・アクセサリは当たり前ですし、授業中のリアクションなども日本の学校とは全然違います。補習校ですから、日本人の子どもだけが集まって授業を受けているのに、日本の学校を知っている人間からするとある種の「違和感」を覚えます。

結局、現地のハイスクールから大学に進学する、という進路を選ぶ子ども達も出ます。

補習校については、現地校との2択ではなく、平日は現地校・土曜は補習校という学習形態を取る方が普通です。確かに話を聞くと習い事も含めて「忙しい」と回答するお子さんがほとんどですが、そこは働き蜂の日本人ですから、子どもも「そんなものだ」と慣れてしまっているようです。ただし、補習校にはあまり過大な期待をしない方が良いと思います。

あまり詳しく書くと差し障りもあるのですが、補習校は扱いとしては私塾です。補習校の先生は慢性的に人手不足なので、教育者としての訓練を受けていない場合もあります。教えるに際して教員免許も不要です。日本から派遣されてきた先生(こちらは当然免許も持っていますし、学校経験も豊富です)は別として、現地採用の日本人講師の中には、中学レベルの国語・社会を教えるには「どうかなぁ」と思う方もおられました。

それは「学力」というよりも、日本の高校受験に対応した教え方、学習スタイルを把握していないという点です。数学や理科はそうでもないのですが、国・社はその辺が露骨に出ます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

非常に詳細なアドバイス、ありがとうございます。
現地校コースで、将来は米ハイスクールから大学という選択肢も、お考えの一部としてアドバイスいただいたものと思います。アメリカには学究以外にも、演劇、芸術といった幅広い専門分野があることを思い出しました。長女は、明確に「芸術系」なので、そちらの方向性も検討の範囲に入れて、選択をしたいと思います。日本に帰る前提ですべてを考えておりましたが、目を開かされるアドバイスでした。可能でしたら、更に深いアドバイスを頂戴できればと存じます。

お礼日時:2010/03/16 21:42

日本の学校教育は2013年に重大な局面を迎えます。

高校の英語の授業は「英語で」行うことが原則となります。文部科学省はNativeを先生にする意思はないのですから日本人教師が実施します。音声教育を受けていない教師が英語で英語の授業をすることは不可能です。従って2013年以降の日本の高校は大混乱に陥ると予想できます。日本の私立大学は年々疲弊し、肥大化し、教育の質は世界で最低の部類に入ると思います。そのことは2011年以降OECDが実施するAHELOで明白になるはずです。

フランス人は英語が苦手、イギリス人はフランス語が苦手です。主要な音域が異なるためだそうです。日本語が加わると3つの主要音域の違った言語に聴覚が対応しなければならなくなります。聴覚が優れた人間はどの音域にも適応できるようです。しかし適応できない人間の場合には、適応できない言語に関して、一種の「自閉症」となるようです。フランス語には適応できても英語には適応できない恐れはあるかもしれません。事前に判別できないのが悩みです。

アメリカの公的教育は荒廃しており、そのことはTeach For AmericaというNPOの活躍などでご存知と思います。アメリカではマグネット校が多数作られており経済的余裕のある家庭の子供は、マグネット校に通っているようです。青色ダイドードで有名な中村 修二さんのお子さんも、その一つに通っておられたようです。

日本人校にいれるにしろ現地校にいれるにしろ問題があり、一概にどれがいいと決められないジレンマに陥ります。

私なら、現地校の中の優れたマグネット校に入れ、英語で教育を受けさせ、フランス語も習得させ、将来はアメリカの大学に入れます。高校は一人だけアメリカに残しBoarding Schoolに入れます。その場合には英語への適応力というリスク、アメリカの大学を出た場合の就職などのリスク、が生じますが、私は日本の高校へ行くリスク、日本の大学、特に私立大学に行くリスクのほうが大きいと判断します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

専門的なアドバイス、まことにありがとうございます。
なるほど、地域の優秀公立校で、研鑽されるということは、英語教育のみならず、一般科目においてもメリットがあるのですね。日本の教育どころか、政治経済に危機感を持っているので、アメリカのハイスクール、大学が優れているかはともかく、やる気があれば幅広い専門性を可能性を与えてくれることは、娘の将来を開く上で大切だと感じました。
ただ、BoardingSchoolの学費は年間400万円程度価格と聞きました。費用的には異常に高いと思いますが、皆さん負担されて通学させるだけの価値を見出されているのでしょうか?それだけのお金をかければ、優秀な家庭教師を雇っても、お釣りがきそうです。もし、こうした点でもアドバイスを頂ければ、幸いです。ranking09様、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2010/03/16 21:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校無償化について。日本人学校は?

高校無償化について。日本人学校は?

高校無償化は、外国の学校も支援されるんですよね?
でも日本人学校は義務教育期間ですが支援など聞いたことがありません。
高額な授業料であるにも関わらず何故対象にならないのですか?

Aベストアンサー

外務省所管の日本人学校は、
小学・中学相当のものだけで、
高等部は未設置なので、対象外です。


zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

Qワーホリは帰国子女?

ワーホリで海外に1年いましたが、帰国すると友人が「帰国子女」と言います。
すこし疑問に思っていたのですが、他の人に私を帰国子女だと紹介するのです。
ただのワーホリだ、と言ってもそれも帰国子女でしょ?と言われ、私も帰国子女の定義もよくわからなかったので、何も言いませんでしたが…。

共通の全くない別の友人からも同じ事を言われてしまいました。
そして近くにある張り紙見つけて、これを英語で言って、などと言ってきます。

正直怒りを覚えてしまいました。英語は意思疎通はできますが、正直ぺらぺらなわけではありません。

その友人はメールで仕事の文章を送ってきて、「訳して」と言ってきたりします。その時は「無理」と断ったんですが。

このような友人にはどのように対処したらいいでしょうか?
何か勘違いをしているような…でも私も間違っていないとは言い切れません。

この先知り合う友人などにいつかは私が海外にいたということは知れていくと思います。
ほとんどは「帰国子女」だの「英語しゃべれ」だのは言ってきませんが、たまにいます。

あまり気分がよくないのですが、我慢すべきでしょうか。
よろしくお願いします。

ワーホリで海外に1年いましたが、帰国すると友人が「帰国子女」と言います。
すこし疑問に思っていたのですが、他の人に私を帰国子女だと紹介するのです。
ただのワーホリだ、と言ってもそれも帰国子女でしょ?と言われ、私も帰国子女の定義もよくわからなかったので、何も言いませんでしたが…。

共通の全くない別の友人からも同じ事を言われてしまいました。
そして近くにある張り紙見つけて、これを英語で言って、などと言ってきます。

正直怒りを覚えてしまいました。英語は意思疎通はできますが、正...続きを読む

Aベストアンサー

帰国子女の定義はNo1の方が書かれていますので。

どんな形態であれ、留学、あるいは長期海外生活を体験をした後に、
同じようなことに遭遇する人は結構いると思います。
私もそうですし、私の周りの人(留学時代の同窓生など)でも、
同じようなことを経験して、不快な思いをした人は結構います。

私はアメリカの大学を出ましたが、もちろん大学を出たって「英語がペラペラ」ではありません。
それなのに、医療関係の英文資料を持ってきて「訳して」と言われたりもしました。
「できません」と言うと「どうして?英語できるでしょ?アメリカに何年もいたんでしょ?」です。

(特に意味も必要性もないのに)見かけた日本語を「英語にしてみて」と、
興味本位で(英語ができるのかどうか試すように)言われたことも多かったです。

たとえ英語が分かっていたとしても、自分が理解するのと違って、
それを正しい日本語で他人に伝えることがいかに難しいかを理解しておらず、
また、友達とおしゃべりができれば、ビジネス英語も専門的なことでも、
何でもかんでも英語が分かる・できる、と勘違いしています。

長期で海外に出たことのない人には「外国に行けば英語はペラペラ」という公式を
持っている人は意外に多いです。
私もそうでした。自分が留学する前にアメリカの大学を出た人と会ったのですが、
もうそれだけで「すごいなぁ。この人はきっと英語もペラペラなんだろうな」と、
私も高校生ぐらいの頃に思っていました(笑)

基本的には我慢するしかないと思います。
これはいくら言葉で説明しても分かってもらえないことが多いです。
留学を経験した者同士で「そんなもんじゃないのにね~」なんて、
グチをよく言い合っていましたね(^^;

私がとった行動は、徹底的に断る、ということです。
「あれは英語でなんて言うの?」なんて聞いてくる人には、
分かっていても分かっていなくても、全部「分からない」で済ませました。

そのうちアテにされなくなって「英語、英語」と言われなくなります。
No3さんも言われていますが「こんなのもできないの?」と言われることもありましたが、
「そうなんです。お役に立てなくてごめんなさい」と笑顔で返す(笑)

「海外にいたのに英語もできない人」と言われることもありますが、
もともと流暢な英語力なんて最初からないので、私の場合それは事実ですから。
むしろ、能力以上の評価を言いふらされるほうが困りますので、
「アメリカの大学を出ていても、大した英語力ないんだな」と、
現実を分かってもらうほうがよっぽどありがたかったです。

もちろん、本当に必要な場合は、できる範囲でお手伝いしていましたが、
日本に住んでいる日本人が、本当に英語が必要になる場面なんてそうそうありませんから、
相手も飽きてきて、そのうち、海外にいたこととか、英語のこととか忘れてくれます。
(英語が必要な環境で生活 or お仕事されているのであれば、そうはいきませんが)

物珍しさがある最初のうちだけのことだと思って、乗り切って下さいね。

帰国子女の定義はNo1の方が書かれていますので。

どんな形態であれ、留学、あるいは長期海外生活を体験をした後に、
同じようなことに遭遇する人は結構いると思います。
私もそうですし、私の周りの人(留学時代の同窓生など)でも、
同じようなことを経験して、不快な思いをした人は結構います。

私はアメリカの大学を出ましたが、もちろん大学を出たって「英語がペラペラ」ではありません。
それなのに、医療関係の英文資料を持ってきて「訳して」と言われたりもしました。
「できません」と言うと「...続きを読む

Q日本語学校 日本人学校

日本語学校 日本人学校ってどう違うのですか?
また、平日は現地の学校に通い、休日は日本語学校に通っている人もいるそうですが、日本人学校もそうなのですか?日本語学校は休日に行われると聞きました。
それとも日本人学校は平日にあるのですか?日本語学校と日本時人学校の違いやアメリカに住む日本人の学校教育の仕組みを教えてください。

Aベストアンサー

日本語学校は、日本語を教える学校です。
日本での英会話教室のようなものでしょうか。
殆どが日本語を習得したい成人向けです。
残念ながら、資格を持った日本語教師は殆どいません。

日本人学校とは、文部省と企業が海外に作った駐在員の子供向けの「日本」の学校です。だから、永住者や国際結婚の子供は日本国籍があっても入学できないそうです。
月~金まで全日5日(土日休み)で、日本と同じカリキュラムを教え、休みや行事も日本の小中学校とほぼ同じように実施されます。
先生は全員(一部の英語の授業などを除く)が日本人で、日本の現役教員が数年の任期で派遣されてきます。

補習校は、現地校に通学する子供に日本文化と日本語を勉強させるために、永住者や駐在員の親が文部省と協力して作った学校です。
土曜か日曜の1日(現地校は週休2日です)、地域の学校や日本人学校の教室を借りて、国語を中心にいくつかの教科を教えます。運動会やバザーなどの行事も頻繁にあります。

ただし、親か有志のボランティアが交代で先生になるので、子供たちが日本語を勉強するモチベーションがどうしても低くなるようです。
「日本人の友達を作るために行っていた」と言う子も多いですね。思い切り日本語が話せるし、マンガやCDの貸し借りができるので、補習校は楽しかったという話はよく聞きますが(笑)。

最近は、現地校には通わせたいけど日本語の学力が落ちたら帰国したときに困るからと子供を補習校には通わせず、土曜・日曜は塾通いという駐在員家庭もあるようです。
もちろん、受験用の塾の盛んなNYやLAの周辺に限りますけど。

「日本人学校 アメリカ」で検索すると、各地の補習校の情報が得られます。
参考サイトを貼り付けておきますね。

参考URL:http://dir.yahoo.co.jp/Regional/Countries/United_States_of_America/Education/Japanese_school

日本語学校は、日本語を教える学校です。
日本での英会話教室のようなものでしょうか。
殆どが日本語を習得したい成人向けです。
残念ながら、資格を持った日本語教師は殆どいません。

日本人学校とは、文部省と企業が海外に作った駐在員の子供向けの「日本」の学校です。だから、永住者や国際結婚の子供は日本国籍があっても入学できないそうです。
月~金まで全日5日(土日休み)で、日本と同じカリキュラムを教え、休みや行事も日本の小中学校とほぼ同じように実施されます。
先生は全員(一部の英語...続きを読む

Q帰国子女の大学院入試

はじめまして、私は今現在上海の某大学に留学している女子大生です。タイトル通り、帰国子女の大学院入試について質問をさせて頂きました。
今の大学を卒業後、埼玉大学の大学院入試を受けようと思っております。学科は日本語科希望です。入試の形式は、第一次と第二次、それぞれ違っていて、第一次は7月、筆記試験と面接、第二次は1月、面接と企画書提出、ということです。上海では、新学期が9月ということで、期間的には必然的に第二次の面接と企画書提出ということになります。


そこで質問なのですが、埼玉大学の大学院入試には帰国子女枠がなく 一般枠と同じ待遇になります。中国に留学していた私にとってはやはり不利なのではないしょうか?

また、帰国子女が日本語学科に入るのは難しいですか?

どなたか、帰国子女入試について詳しい方、埼玉大学院生の方や経験者の皆様、アドバイスや勉強の仕方を教えてくださると幸いです。

Aベストアンサー

帰国子女の特異性をうまくだせば

有利に展開できますよ。

最初から負け戦はしないことだね。

Q日本人学校の教師になりたい

日本人学校で仕事がしたいのです。
健康診断から始まって,様々なハードルがあるようです。
日本人学校へ行かれた先輩方
あるいは日本人学校にお詳しい方にお尋ねします。
私はどのような準備をすればよろしいのでしょうか。
よろしくご指導ください。

Aベストアンサー

元パリの日本人学校の教師経験者の方のHPがありますので、覗いてみたらいかがですか?
http://www.edu.net-kochi.gr.jp/circle/kaigai/paris.html

リンク先には掲示板などもある様ですし、いろいろ情報交換出来るのではないでしょうか?

3年以上の教師経験があれば、応募はできる様ですが、赴任地で、北アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなど人気のあるところは、倍率が高く、中々大変だとは聞いたことあります。
今教師として働いている県の、教育委員会に詳細を尋ねてみたらいかがでしょうか。

Q東大の帰国子女制度について

高2でニュージーランドに留学するつもりです
東大の理系、帰国子女制度はどれくらい難しいですか?
偏差値はどれくらいで、毎年何人くらい入るんでしょうか?

Aベストアンサー

東京大学の外国学校卒業生特別選考(帰国子女等)の場合は、日本人は、外国の学校に最終学年を含めて3年以上在学して、卒業見込みとならなければいけません。
受験するには、ニュージーランドの高校に3年間在学する必要がありますが、それは大丈夫ですか?(新入生として入学する事になります)
特別選考を使わないで、外国学校の卒業見込みのみで受験する場合は、一般入試となり、センター試験から受験する事になります。(この場合の難易度は、非常に高いと言えるでしょう)
なお、理科1・2・3類を受験する場合は、書類選考で1次選考を行い、2次選考で小論文(日本語・英語それぞれ1題の2題を作成)、数学(Ⅰ・A・Ⅱ・B(数列・ベクトル)・Ⅲ)、理科2科目(物理・化学・生物・地学から選択、基礎を含みます)の学科試験、面接を行います。(試験問題は、一般入試の2次試験と同じものを使用します)
合格者数に関しては、平成27年度入学生は、理科1類に1名だけです。
過去の実績では、最大で、理科1類5名、理科2類5名、理科3類1名程度です。
志願者数がわからないので、難易度はなんとも言えないですが、かなり難しいと考えた方が良いでしょう。

東京大学の外国学校卒業生特別選考(帰国子女等)の場合は、日本人は、外国の学校に最終学年を含めて3年以上在学して、卒業見込みとならなければいけません。
受験するには、ニュージーランドの高校に3年間在学する必要がありますが、それは大丈夫ですか?(新入生として入学する事になります)
特別選考を使わないで、外国学校の卒業見込みのみで受験する場合は、一般入試となり、センター試験から受験する事になります。(この場合の難易度は、非常に高いと言えるでしょう)
なお、理科1・2・3類を受験する場...続きを読む

Qソウル日本人学校にお子さんを通わせたことがある方!

日本人学校の授業のレベルはどの程度でしょうか?
近々小学校低学年の子を連れて韓国で暮らす予定なのですが、
授業のレベルがわからず、少々心配しております。

うちの子は現在公立小学校。今のところ授業について行っていますが、特に余裕があるわけでもないので急にレベルの高い授業を受けることになるとついて行けるかどうか・・・。

もし日本人学校のレベルが高いようなら、先取り学習などの必要もあるかもしれません。

日本人学校と日本の公立学校を比較できる方、どなたかお教えください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

10年前なので参考程度に。
HPを見ると、当時と同じ校舎で懐かしいです。http://www.sjshp.or.kr/

私どもは最初、複数子供がいるので現地幼稚園から日本人学校の幼稚園から小学校低学年まで在学を経験しました。  
その後一時日本に帰国し、某区の公立小学校等に通いましたが、別段差は無かったようです。

当時の教育が良かったからか、子供たちはそれぞれの国で医学部・薬学部へ通っています。 経験としては他と違う良い経験を親子ともども味わえると思いますよ。

HPの校舎の左側にある、校庭の奥の小山の長い滑り台は子供たちは大喜びです。\(~o~)/
スクールバスの乗っている時間は日本人が普通まとまって住んでいるところからだと1時間程度かかります。

参考URL:http://www.sjshp.or.kr/

Q帰国子女制度はどのようなものですか?

ニュージーランドの高校へ行ってから日本の大学に戻ってくるのは難しいでしょうか
私は国立の大学に入りたいのですが友達に帰国子女制度はかなり難しい、普通に受けたらまず落ちると言われました
帰国子女制度について詳しく教えてください!

Aベストアンサー

国立でも私立でも帰国女子入試というものがあります。
入試時期は私立の早いところでは9月、国公立は10月~2月と幅があります。
http://www.kawai-juku.ac.jp/kikoku/exam/summary.html

国立の大学、東大や京大は、海外での成績での書類選考でパスした人だけが受験できます。東大は一般入試と同じ問題を一部使います。
帰国子女枠は大学によって条件が異なるので、希望する大学のHPなどで確認、問い合わせしてみてください。

Q日本人学校に対して偏見はありますか。

日本人学校に対して偏見はありますか。

高校受験の面接の際に私の生まれつきの茶髪を見て
(一文添えなかったので染めてると一方的に思われた)
「日本人学校だから校則守れないでしょ」と言われたことがありました。

何を言い出すんだろうと思い一瞬固まってしまい
最後に捨て台詞のように言われたので言い返せずこの学校は落ちました。

中学3年の4月から日本に戻り地元の中学に在籍していたので
なぜ日本人学校のせいにされる?と疑問に思いました。

茶髪に関しては、もう一文添えるようにするしかないかと思うのですが
だからと言ってなぜ日本人学校を否定されたのかわかりません。

男性50代の面接官にそのようなことを言われ、
隣にいた女性50代の面接官も頷いていて二人のの大人に同時に否定された事がショックでした。

Aベストアンサー

日本人学校はただの言葉のあやですね
人を非難するとき、とかく○○のせいとか○○だからと
背景、属している組織の名を出したがるものです
あまり深く気にする事ないでしょう


茶髪に関してはあなたの思うようにするしかないですね
相手は超能力者ではないので言わないとわかりませんから
言わなくてもわかってくれるなんて事ありえません

Q帰国子女の留学!!!!!!!!!

大学が休みの2,3月にアメリカに短期の留学を考えているものです!
英語を学ぶための短期留学ではなく、一般の生徒に混ざって授業をうけたりする1ヶ月間の短期留学って一般にはないのでしょうか?見つけ方が下手なのか、みつかりません.。。もし知っている方がいらっしゃったら教えてください!!!語学留学でも十分、今の生活では得られないことを学べるとは思うのですが.。。

Aベストアンサー

住むところを自分で手配して、、、とかなら地域のコミュニティカレッジなら入れると思いますし、大学でも自費で夏のサマースクール(高校生とかにも開放しているやつ)にはいけるかもしれません。ただ、ビザの関係上一ヶ月ならいいのかわかりませんし、この場合特にサポートはないので現地の学生との交流とかはあまり期待できませんね。単純に授業を受ける、、、、ということになります。

理系でしたら2,3年生向けぐらいに夏の研究プログラム等をやってるところがあったりして、海外からも受け入れる場所もあります。ただ、大体倍率が高いものしか海外の学生のサポートをしてくれなかったりするかもしれません。

いずれにせよ、日本の大学に在学しながら夏を有効活用しようとするときの大きな問題は夏休みの期間が少しずれているからです。アメリカの夏休みは大体6月中旬~8月か9月ごろまでです。一方、日本の夏休みは7月後半から9月一杯というのが一般的でしょうか。すると、大体アメリカの夏のプログラム等は6月の中旬からは1,2ヶ月という場合が多く、日本の大学の試験とかぶるので参加できなくなります。8月からのプログラムはまず見かけません。

よって、学校のそういうプログラムに参加する以外は難しくなってくるのが現状です。ただ、アメリカの短期留学としなければ一部の学生団体や機関がやってる国際交流プログラムやディスカッションイベント(たとえば、模擬国連、ビジネスコンテスト、日米学生会議など)に応募することで学生との交流による結構な刺激をえることはできます。これらは英語をつかいますが、目的は英語学習ではないので自分の勉強分野や世の中にたいする考え方が高いレベルにないと選考過程で落ちます。しかし、英語ができるのはやはり重要で、その点プログラムを有意義に活用できるのでいい経験になると思います。お金をはらって適当に留学するよりこのような活動を通して自分を磨くのはどうでしょうか?留学っていったって一ヶ月ではあまり生活する実感がないとおもうので。

あとは、学校に片っ端からメールして参加できるプログラムはないか聞くとかですね。私費留学という手もあるかもしれませんが、休学して最低でも半年とかになってしまうでしょう。

住むところを自分で手配して、、、とかなら地域のコミュニティカレッジなら入れると思いますし、大学でも自費で夏のサマースクール(高校生とかにも開放しているやつ)にはいけるかもしれません。ただ、ビザの関係上一ヶ月ならいいのかわかりませんし、この場合特にサポートはないので現地の学生との交流とかはあまり期待できませんね。単純に授業を受ける、、、、ということになります。

理系でしたら2,3年生向けぐらいに夏の研究プログラム等をやってるところがあったりして、海外からも受け入れる場所もあり...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング