大人からバイオリンをはじめ8年のものです。

弓を買い替えたいと思ってます。
今まで初心者用のものを使ってきたのですが、
最終的に持つのであれば、どのぐらいの価格帯がよいでしょうか?

ネットで調べたら、私と同じぐらいやってる方、もっと短い期間の
方でも30万円~100万円と、すごい弓を使っているようで、
驚きました。

最低これぐらい、というものをお教えくだされば幸いです。

A 回答 (2件)

ヴァイオリンを習い始めて14年のものです。


ヴァイオリン科で音大生です。
趣味でされている方でしたら、30万円~100万円は高すぎると思います。
自分の背が伸びたりという成長と共に楽器を買い替えなければなりませんが、私は小さい頃から、買い替えのたびに、習っている先生に楽器を選んでもらっていました。
私も初心者の頃(幼稚園児位の頃とか)は、安い、鈴木メソードなどの楽器と弓を使っていました。
質問者さんは大人から習い始められたということで、体はもう成長されないと思うので、楽器を買い替える理由は、《体の成長に合わせて》ということではないですよね?
もし、買い替えたいと思われている理由が、“弓が折れてしまった”など、修復不可能ということであれば、買い替えるしかないですが、“値段が高いほうが良い音がでるのではないか”などお考えのようでしたら、買い替えるのはお止めになられたほうが良いかと思います。
詐欺の楽器屋さんが沢山いるので、大変危険です。
先ほど書いた、“弓が折れてしまった”など、修復不可能で、買い替えるしかないということでしたら、今までとおなじような(今までおいくら位で、どのような弓を使用なさっていたのかは存じ上げませんが)初心者用の弓で大丈夫だと思います。
“値段が高い楽器=良い楽器=良い音がでる”ということではないので、もし、《弓が持ちにくい》とか《弓の木の部分が削れてしまう》などのトラブルがあるようでしたら、それは弓のせいということは考えにくいので、持ち方、扱い方に何か問題があるのではないかと思います。
長々とすみません。参考になれば良いです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

自分もそうだったのですが、大人からはじめて数年の頃は、
一番危険でした。
ネットでも、はじめて間もない人が、100万円以上の本体と、
高価な弓を買わされているとしか思えないような方法で、買っているのを
知り、いい道具のほうがいいのかなぁ?と思いました。
私も自分が弾けないのを、道具のせいだと思い込んでいた頃があり、
詐欺(?)にも遭いそうになったこともありました。

今は2本使っていて、1本はとても気に入ってるのですが、
中古で安く買ったものなので、買い替えてもいいかな、と
思っただけで、必要に迫られて、ではありません。

先生には楽器に関しては何もいわれないので、
多分、これで十分なんだと思います。

高価でいい楽器は上達も助ける、というレイトスターター向けの
甘い誘惑の言葉がありますが、多分みんな信じると思います。
私は長年疑問を感じていました。
ソリストにでもなるのかな?何が目的なんだろうって。

レイトにとっては、バイオリンは未知の世界なので、
そこにつけこまれるのは当然ですね。

こんな未熟なものにアドバイスいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/18 22:38

何方か詳しい専門家の方の回答を待って居ましたが・・・今だ回答が無いので・・・。


補足をお願いします。
1、先生に習い8年間ですか?
2、現在お使いのヴァイオリンの価格
3、将来、新たにヴァイオリンの購入の考えの有無、その場合の予想額
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弓元の返しを安定させるには(バイオリン)

バイオリンをやってます。

全弓を使うロングトーンで弓の元でアップからダウンに弓を返すとき、どうしても弓の先が指板側に振るような感じになってしまったり、弦に接する弓の角度が(隣の弦に触れてしまうほどではないですが)変わってしまい不必要なアクセントがついてしまったりします。

バイオリンをもう7年やっていますが昔から元での返しが非常に苦手です。

どうしたら弓の元で安定したボーイングが出来るでしょうか。
弓の元で返すときのチェックすべきところ、またはやってはいけないということを教えていただきますか。

Aベストアンサー

経験10年ちょっとのアマチュアバイオリン弾きです。
ということで、ある程度差し引いてご参考にしてください。

弓の元を使うときに、弓が安定しない、という感じでしょうか。
チェックポイントは、小指でしっかりと弓を支えられているか、
あと、返すときに手首を使えているか、というところじゃないかと予想します。

小指が使えていないと、例えば余り早くないスタッカート演奏などの、飛ばしが安定しないです。
手首が使えていないときは、ダウンからアップだけでなく、アップからダウンに移るときにも、返しがわからないぐらいなめらかに返す、ということが難しいと思います。

専門家の方が来てくれればいいのですが…
素人意見ですが、参考になれば幸いです。

Qバイオリンの弓

バイオリンの弓に馬の毛が使われるようになったのはいつ頃からですか?ご存じの方教えて下さい。

Aベストアンサー

バイオリンの起源が16世紀ですのでその時にはすでに馬の毛を使用していたのでそこからだと思います。
よってバイオリンに馬の毛以外で弓に使用はされていないと思います。
質問の回答としてはそうですが、この問題には馬の毛を楽器の弓として使用したのは何時かということだと思いますが多分、民族楽器(中国でいうニ胡などやモンゴルなどの弦楽器)で馬の毛を使用するということは遊牧民の知恵ではないかと思います。

Qバイオリン 弓の選び方

バイオリン 弓の選び方

習い始めて約1年の初心者です。
スズキの2巻・最後の曲をレッスンしているところです。

ここ最近、スタッカートの多い曲を練習してきたのですが、
弓によって弾きやすさが全く違うと感じました。
私の弓はフェルナンブーコではありますが、新品で6万円ぐらいです。
先生の30~40万円の弓だと、同じバイオリンでも驚くほど響きます。


東京の弦楽器専門店を何軒か訪ね、25~30万円ほどの弓をいくつか試させてもらったら、
一口に弓といっても、色々あるのだとわかり、迷っています。

1)重心が手元にあるタイプ
私の弓もこのタイプです。

2)重心が弓先にあるタイプ
お店の方曰く「力をいれずにス~と弾け、綺麗な音が出しやすい」
が、1のタイプになれている私には「暴れ馬?」と感じました。
ちょっと力を入れただけで、かなり反動を感じるため、コントロールしにくいと感じたのです。


そこで質問なのですが、
1.重心が弓先にある2)のタイプで練習した方が上達するのが早いのでしょうか?
2.初心者の上達を助けてくれる弓とはどんな弓でしょうか?
3.また、価格によって、どれほど性能が違うのでしょうか?
4.弓を選ぶ際、どのような奏法(スタッカートなど)が必要ですか?
  それによって、いつ弓選びの試奏ができるようになるか目安になるかな、と。

後々今のものより高価な弓を買うことになるだろうなぁ、と思っていますが
まだ具体的な値段は決めていません。
(弓のことを良くわかっていないので決められない、というか・・・)


道具云々より、まず私が上手であればいいのでしょうが、
ゴルフやスキーといい、道具の性能が腕のなさをカバーしてくれるのも本当ですし(苦笑)
よろしくお願いします。

バイオリン 弓の選び方

習い始めて約1年の初心者です。
スズキの2巻・最後の曲をレッスンしているところです。

ここ最近、スタッカートの多い曲を練習してきたのですが、
弓によって弾きやすさが全く違うと感じました。
私の弓はフェルナンブーコではありますが、新品で6万円ぐらいです。
先生の30~40万円の弓だと、同じバイオリンでも驚くほど響きます。


東京の弦楽器専門店を何軒か訪ね、25~30万円ほどの弓をいくつか試させてもらったら、
一口に弓といっても、色々あるのだとわかり、迷って...続きを読む

Aベストアンサー

学生の頃にバイオリンをはじめて十数年経ってしまった者です。
昔の自分にアドバイスしたい、みたいな感じで思わず回答してしまいます。


1.重心が弓先にある2)のタイプで練習した方が上達するのが早いのでしょうか?

そうは言えないと思います。
習い始めの頃、弓先を手で持ってバイオリンを弾く練習をさせられませんでしたか?弦に力を乗せるとしっかりと音が響くことを体感させるための練習だそうです。まだ弓に力を載せきれずに貧弱な音になってしまう初心者でも、弓を逆さに持てば弓元が重いので弦に力が載りいい音が出るのです。つまり、重心が弓中の方にある弓だと、初心者は音の響くいい弓だ、と錯覚する危険性があると思います。
結局のところ、弓自体の重さでは十分な力を弦に加えられないので、手、腕、肩の重さを弓に載せて力をコントロールする必要があります。弓の重心がどこにあろうとボーイングの上達には関係が薄いのではないかと思います。

ちょっと脱線+確認ですが、きっとどんな弓でも「重心」は、弓の長さを三等分にした点の弓元側の点付近にあるはずです。弓を糸でつるして天秤見たいにして確認できます。この点が弓中側に寄っているか弓元側に寄っているかは個々の弓で違います。ということで、「重心が弓先・・・」は「重心が弓中に近いほうにある」ってことでいいでしょうか。

2.初心者の上達を助けてくれる弓とはどんな弓でしょうか?

腕の重みを弓に、そして弦に伝えやすい「適度なねばり」のある弓だと教えられました。
私の体験からダメな例を書きます。最初に買ったのがバイオリン本体と弓込みで10万程度のものでした。後に買った弓に比べると、さおの部分が太くて、重心は弓中寄り、弾き心地は「硬い」ものでした。弓に粘りがなく硬い棒のようなものだと、腕の重みを弓に載せきれず弦への力のコントロールが難しくて今では使えません。もし、今使っている弓がこんな感じのものでしたら、買い換えてみると上達が早くなるかもしれませんね。

3.また、価格によって、どれほど性能が違うのでしょうか?

ちゃんと選べば新品で20~30万で十分な性能の弓が見つけられて、そのくらいの価格帯までは値段と性能が比例するそうです。安い弓は上に書いたみたいな感じです。


4.弓を選ぶ際、どのような奏法(スタッカートなど)が必要ですか?

ゆったりとした曲を一通り弾いてみて、フォルテ・ピアノの感触で弓と弦の絡む具合を確認するのが一番だと思います。奏法というと、レガートで、ということですね。跳ねる奏法は、弓によって跳ねるポイントも変わりますし、毛の張り方でも変わるので慣れの問題があるかもしれません。


楽器店で弓を試してみた結果、今使っている弓がダメだ、と直ぐに感じたのであれば弓を買い換えた方がいいと思います。ですが、新作で6万円の弓ですと、それほどひどいものではないと思います。
あと、気を悪くさせてしまったらごめんなさい。「習い始めて1年、鈴木2巻」だけで判断すると、一人で選ばない方がいいと思います。先生に選んでもらうほうが安全だと思います。

学生の頃にバイオリンをはじめて十数年経ってしまった者です。
昔の自分にアドバイスしたい、みたいな感じで思わず回答してしまいます。


1.重心が弓先にある2)のタイプで練習した方が上達するのが早いのでしょうか?

そうは言えないと思います。
習い始めの頃、弓先を手で持ってバイオリンを弾く練習をさせられませんでしたか?弦に力を乗せるとしっかりと音が響くことを体感させるための練習だそうです。まだ弓に力を載せきれずに貧弱な音になってしまう初心者でも、弓を逆さに持てば弓元が重いので弦に力...続きを読む

Qバイオリンの弓について

バイオリンの弓を某ミュージシャンのようにエレキギターに使いたいのですが^^;、長さは色々あるのですか?値段は?
また、乱暴に使うと切れてしまうようですが、交換は結構コストの掛かるのもですか?丈夫なナイロンのような素材もあるのでしょうか?

Aベストアンサー

弓の長さは基本的には同じです。
ただし、弦楽器の場合、主として「子ども向け」なのですが、分数楽器と呼ばれるサイズの小さな楽器があり、それ用の弓でしたら、当然、短くなります。
また、見た目は非常によく似ているのですが、チェロの弓(ヴァイオリンより太めです)を使っている可能性もあります。

また、弓に張ってあるのは馬の尻尾の毛です。(ただし、漂白してあるので、別に白馬の尻尾だけを集めたわけではありません)通常の奏法だと、個人差はあるのですが、アマチュアの場合、一年に一度ぐらいのペースで張り替える人が多いようです。(もう少し、張り替えの間隔が長い人もいます)
毛替え(張り替え)の料金は、5~7000円ぐらいでしょうか。
松ヤニもピンからキリまであるのですが、お書きのような用途でしたら、あまりいい松ヤニでなくてもいいですから1000円前後のもので大丈夫でしょう。ただ、用途を考えると「粘度の高い」(=黒っぽい)松ヤニを選ぶといいと思います。

Q弓の重さが140ポンド!?

和洋を問わず、弓を趣味にされている方へ。

とある本に、14世紀の弓の射手、という写真がありました。
添えてあるコメントには「弓は140ポンドの重さだが、
とにかく引くふりならできる。」とあります。

驚いたのですが、これは「弓本体の重量」でしょうか?
写真の弓は、長めの木をたわめ弦を張っただけの原始的なものに見えます。
昔の甲冑は着る本人と同じぐらいあった時期がある、と聞いたことがありますが、
木の弓の重さとして63kgはどう考えてもしっくりきません。

そこで、ホメーロスの「オデュッセイア」を思い出しました。
誰も引くことのできない強弓をオデュッセウスが引いて自身の証をたてたシーンです。
というわけで、これは「弓の弦の張る力」ではないか、と思ったんです。
いかがでしょうか。
「弓本体の重量」か、「弦力の強さ」を表すものか。
ご存知の方がいらっしゃったら、ご回答くださいませんでしょうか。

もっと知りたいのは、この「140ポンド」というのがどのぐらいなのかということです。
たとえ男性でも初心者は引くこともできないほど強いものなのでしょうか?
単純な弓として、オデュッセウスしか引くことができなかったほど
強い弓、というのはどのぐらいの強度が想像できますでしょうか?

(写真には14世紀の射手、と書いてあったけど、衣装含めた再現であって、
 弓自体が14世紀から残っているものではないと思います。)
弦の強さといってもコンポジットボウやアーチェリー、和弓など、
一概には言えないと思いますし、決められた距離を射る現代の競技用弓と、
遠距離から的を射殺する目的の武器であった中世の弓とは、
さらにややこしいとは思うんですけど、ご回答くださると嬉しいです。

本は、「指輪物語」というファンタジー小説の画集です。
(p.138,ジョン・ハウ、『指輪物語』の世界:原書房)

和洋を問わず、弓を趣味にされている方へ。

とある本に、14世紀の弓の射手、という写真がありました。
添えてあるコメントには「弓は140ポンドの重さだが、
とにかく引くふりならできる。」とあります。

驚いたのですが、これは「弓本体の重量」でしょうか?
写真の弓は、長めの木をたわめ弦を張っただけの原始的なものに見えます。
昔の甲冑は着る本人と同じぐらいあった時期がある、と聞いたことがありますが、
木の弓の重さとして63kgはどう考えてもしっくりきません。

そこで、ホメーロス...続きを読む

Aベストアンサー

63kgの弓を持って引くのも重いですが、弦力の重さが63kgでもすごいですね。
弓の張る力じゃないでしょうかね。
私は弓道部でしたが、男子は18kg、私は13kgを引いていました。女子の初心者は8kg~10kgから引きはじめたと思います。重さが軽いと、矢道が安定しません。
射る射らない、当たる当たらないは別として、力のある人なら【弓は140ポンドの重さだが、とにかく引くふりならできる】ならできるかもしれませんね。

Qバイオリンの弓について

バイオリンの弓で、一番はしっこにネジ(銀色の多角形のもの)がありますよね。
弾く前はそれを回して張ると思うのですが、、、
あれってまわしすぎるとどうなるのでしょうか?
毛が切れたり、弓が折れたりするのでしょうか…。
自分では怖くて試せないので、、体験したことある方とかご存知の方
教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

回し過ぎて毛が切れたり,弓が折れたりすることはないです。
でも,回し過ぎると毛を無理矢理に引っ張ることになるので,
必要以上に回さないことです。

下記サイトにもありますが,使っている内に毛は自然と
伸びてきます。そうなると,新しい時に比べ,ネジをきつく
絞める必要が出てきます。毛がとことんひどくなるまで使うと,
これ以上,ネジを絞められないというところまで回しても
毛がピンと張らないほど毛が伸びます。

http://www.sasakivn.com/werkstatt/qa/haar.htm
上記ページの上についているリンク「毛替え」も読んでおくと
参考になると思います。

毛の張り具合は,弾いてみての弾力性や,どれだけ圧力をかけられるか,
自分なりの弾き易さという感覚で判断するといいです。

Q弓を張った後

先日弓を購入しました。
といっても、竹弓ではなく、小山弓具の直心3バンブーなのですが、一つ質問があります。

竹弓の場合、弦を張ってから30分くらいおいてから引くのが良い、というのは知っているのですが、グラス弓の場合はどうなのでしょうか?
今までは道場の古いものを使っていたので、特に意識はしなかったのですが、新しく自分の弓を買ったので気になりました。
特に、自分の場合、直心といっても内竹が本当に竹を使っているもので・・・。

Aベストアンサー

竹弓に限らず弦を張ってから30分くらいは
置いてから使った方が良いです。
これは弦と弓を馴染ませるためです。
特に新しい弦を使ったときはしばらく置いて
弦を伸ばしてから使った方が良いですね。
このときは弦は通常より少し高い目に張って
ある程度伸ばした後、高さを調整して使うのが良いでしょう。

Q弓と弦の接点を変えずに弾くには(バイオリン)

クライスラーの「前奏曲とアレグロ」を練習しているのですが、後半部分の16部音符が並んでいるところは駒寄りで弾けと先生に指示されるのですが、どうしてもいつの間にか弓が指板と駒の真ん中辺りに戻っていってしまいます。少し弾いては「弓の場所が戻ってる」といって止められます。
先生が言うには「駒寄りで弾くことに慣れていないからだ」というのですが、ゆっくりなテンポならなんとかなるのですが、この曲やクロイツェルの2番のようなテンポが早くて弓を頻繁に返すような曲だと途端に接点がずれてしまいます。

駒寄りで安定して弾き続けるにはどうしたらいいでしょう。肘を少し引くようにして弾くのでしょうか。
また接点がずれるのはどんな原因が考えられますでしょうか。

Aベストアンサー

>弓が指板と駒の真ん中辺りに

ということであれば,
その16部音符の箇所に限らず,常にもっと駒寄りにという意味ではないでしょうか。
駒から遠くなると音の強さがなくなり,弓の返しの歯切れは悪くなります。
ぼんやりと鈍い感じになってしまいます。

脇の開き,肘の高さなど姿勢の問題かと思いますが,
そのようなことをチェックすることに気を取られずに,
駒に近いところで弓が絃に垂直になっているかを「目」で見ながら,
不自然な力が入らないようにして
ボーイングの練習をされるのがいいと思います。
感覚とか慣れというもので身に付いていくものがありますから,
常に意識して,「目」で確め,練習していくうちに,
見なくても自然と駒寄りで弾けるようになると思います。
まずは,弓の位置を「目」で確めながら…ではないかと思います。
弓の位置を決め,それに順じて自然な感じで,肩や肘,手首の動きを
探ってみてはいかがでしょう。
これまでに身に付いているものを変えようとするわけですから,
たいへんなことのように思えるかもしれませんが,
そんなに長い時間はかからないだろうと思います。

>弓が指板と駒の真ん中辺りに

ということであれば,
その16部音符の箇所に限らず,常にもっと駒寄りにという意味ではないでしょうか。
駒から遠くなると音の強さがなくなり,弓の返しの歯切れは悪くなります。
ぼんやりと鈍い感じになってしまいます。

脇の開き,肘の高さなど姿勢の問題かと思いますが,
そのようなことをチェックすることに気を取られずに,
駒に近いところで弓が絃に垂直になっているかを「目」で見ながら,
不自然な力が入らないようにして
ボーイングの練習をされるのがいいと...続きを読む

Qmhp3で上位で使える弓をおしえてください

mhp3で上位で使える弓をおしえてください

上位☆8で使える火・水・雷・氷の弓をおしえてください。
一応、王牙弓【稚雷】は持っています。
どうかおしえてください。

それとアマツマガツチにはどの弓とどの防具で行けばいいですか?
龍武器は無理です。

Aベストアンサー

自分も弓を使っていますが、お勧めはファーレンフリード+銀レウス装備とかで
集中、攻撃小、ランナー、連射矢UP、痛撃 のようなスキルになります。
瓶も多く使えますし溜めも優秀、スキルも優秀でお勧めです。

Q弓ケース(バイオリン)がほしい

弓ケースを買おうと思っています
毛替えの時などしか使わないと思うのですが、どんなのがいいでしょうか?
私が思うに、留め具がしっかりしていて取っ手は必要ないかな?
チェロ兼用とかって弾かないなら必要ないですよね?
噂によると5000円位のがあるって聞いたんですが、調べ方が悪いのか分かりません・・
どなたかアドバイスありましたらお願いします

Aベストアンサー

弓のケースって仕事帰りに弓の毛換えに寄りたい、とか言うときには必需品ですね。楽器のケースまで持っていきたくないし。私も一つ持っています。10年以上前に買ったので値段は忘れてしまいましたが、たとえばこんなホームページがありました。取っ手の有無は好みですね。
キーワードを「弓ケース」に限定すればけっこうひっかかかってきますよ。ちなみに、バイオリン・ヴィオラ兼用はあるけど、チェロ兼用は無いと思いますよ(弓の長さも太さもまったく違うから)。
http://nishigaku.cside.com/g2/str-szk-bow.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報