我が家の子供たちの素朴かつ見当もつかない質問です。
どなたか教えてください。お願いします。

A 回答 (2件)

現在知られている動物の数は


哺乳類8500種
鳥類8600種
魚類18000種
昆虫類750000種
程度ですから、その他の節足動物や腔腸動物なども含めて合計で90万種弱というところでしょうか。
ただし、昆虫類や魚類などは新種がどんどん見つけられており、最終的には数倍になるのではないかと考えられますネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めて質問させて頂いたので、ちょっぴりドキドキ!とってもワクワク!
していました。
あまりにも早い回答をいただき、とっても驚きました。

我が子は、小学校1年生。あまりにも多い数を想像するには、まだ至りませんが
数字で教えて頂けたことで、「そんなにいっぱいいるんだ!!!」と
感動していました。

また、どこかでお会いできるといいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/30 19:30

 研究者ではありませんので「一般人」ですが、学生ですので回答させてください。


下のkawakawa様の回答を真っ向から否定するようです恐縮ですが・・・何種類の「いきもの」がこの地球上にいるかはまさしく神のみぞ知る、誰もその正確な数を言えないのが現状です。神といえば特に「神は節足動物を溺愛する」という茶目っ気のある言葉どおり昆虫だけで少なく見積もって数十万、多く見積もって数百万ともいわれます。
 どの程度亜種を本種と別にカウントするかしないか、どこで線を引くか引かないかというのもありますし、またうやむやのうちに人間が「発見」しないまま絶滅させてしまった種は「どのぐらい」という見積もり方もありますし、「これ」という計算方法はありません。そもそも生物学者というのはほとんど狭い範囲の種しか専門にしないせいもあるのでしょうが、学者ごとに「生物の総数」にはかなりの幅があります。 
 えー、すみません、実は今自宅におらず、参考文献の名をどうしても思い出せないのです説得力ゼロですが・・・。とある本には「少なく見積もった学者で600万、多く見積もった学者で2000万」という数字が出ていました。昆虫やバクテリアなどの研究者は多く見積もる傾向にあるようです。
 が、バクテリアやウィルスなどの単細胞生物は最初からカウントしないほうがいいでしょうね(笑)。これらの生き物なしにどんな生物も生きてはいけないのですが・・。また、すでにkawakawa様ご指摘のとおり、世界で毎日と言っていいほど新種発見があります。しかし、「1ヶ月で100種前後の生き物が絶滅している」という言葉もあります。

 全くの余談ですが、高校のころ国語の教科書に載っていたエッセイに「この世にいる生き物なんてその生態は8割方判別しているのだろうし(だからそんな生き物は消えてなくなっても惜しくない)」と書いていた著者がいて激怒したことがありました。人間の身近にいるイヌネコや、ライオンにキリン、シカやタヌキといった身近な動物さえ、その生態についてはまだまだ謎の方が多いというのに!!そのじじい(失礼)は動物図鑑のどんなページをめくっても「この生態についてはまだまだ謎が多い」がない場所はないのを知らないに違いない!と言って。
 もし不愉快でなければ、お子様には「世界はとても広くて、人間以外の世界がたくさんありすぎるのでまだまだ人には全部でいくつの数があるのかわからない」と言って欲しいです。ちょっと変ないい方ですね。上手く言えませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

KINGBIRDさん、我が子のあまりにもつたない質問に、こんなにもご回答くださって
本当にありがとうございます。
私も、子供も「いくつである」という数字の答えを求めていましたが、
本当にそうかもしれませんね。この世の中に、人間が知りうることで、“絶対”
なんてことはないのかもしれませんね。
KINGBIRDさんの回答には、ロマンを感じました。
素敵な方なんだろうなと想像してしまいます・・・
まだ、どこかでお会いできるといいですね。

お礼日時:2001/03/30 19:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鳥類は、恐竜の生き残りですか?

鳥類は、恐竜の生き残りですか?
鳥類は、恐竜の子孫であり、生き残りと言われているようですが
ほんとうでしょうか?
また、その根拠を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは、

この質問は奥が深過ぎて文字で説明しようとすると何千文字も何万文字も必要となってしまうような難しいお話だと思いますし、化石などの資料も少なく断片的で完全には分かっていない部分も多く、学者さんによっても全ての学者さんが肯定派という訳でもないので何とも言えないところも多々有ります。

なので、凄くざっくり説明します。
先ず爬虫類型恐竜(一般的によく知られているティラノサウルスなど)だけが大型の恐竜だと思われがちですが、実は爬虫類型恐竜が全盛を迎える以前には哺乳類型大型恐竜(大型動物?)全盛の時代が有りました。

その後の地球環境の激変により、地球に低酸素時代が訪れます。
その時に大型化していた私たち哺乳類の先祖は、この低酸素の中で生き抜く為に2つの方法を使いました。
沢山の酸素を必要とする効率の悪い大きな体を捨てて小型化をする事。
もう1つは、単に肺を膨らませて呼吸していただけの構造に進化を加えて、肺の下に横隔膜(おうかくまく)という呼吸を補助する為の器官を発達させました。(横隔膜を働かせて肺を大きく膨らます事で沢山の空気を取り入れる仕組み)

この低酸素の中で恐竜達は哺乳類とは違う独自の呼吸システムを進化させて行きました。
気嚢(きのう)という副器官を発達させる事で、哺乳類よりもはるかに優れた酸素の取り入れ方法を身に付ける事に成功します。
参考図です。
http://ameblo.jp/oldworld/entry-10153482359.html
(哺乳類を4サイクルエンジンに例えると、爬虫類は2サイクルエンジンのように優れた効率を持っていた。エンジンの理論が分からない人には分からないかも知れませんが2サイクルの方が給排気の効率は圧倒的に優れています)

結果として、恐竜は低酸素の地球環境に対し優れた順応性を発揮して、地球の酸素濃度の回復とともに体を大型化させ哺乳類を押し退けて空前の繁栄を遂げる事になります。

上記の参考図でも紹介されていますが、この気嚢(きのう)という器官が恐竜にも有った証しとして鳥が持っている「穴の開いた骨」が恐竜の骨にも見られる事と、色々な調査で判明した地球環境の変化による低酸素時代の哺乳類と恐竜の世代交代劇など、一連の流れから総合して恐竜達が現在の鳥と同じ呼吸システムの気嚢(きのう)を使っていた事は間違いないであろうと推測できる。

そして、この気嚢(きのう)という器官をもった鳥の祖先が恐竜以外には見当たらない事から、恐竜大絶滅の前から少しずつ小型化をして体毛(羽毛)を身に付け始めていた一分の恐竜が生き残って現代の鳥の先祖になったと考えられている。
(鳥の祖先が恐竜ではないとした場合は、鳥の祖先に当たる生き物が他に見当たらないので、鳥類は祖先を持たずに突然地球上に発生した事になってしまい、それはでは進化論の理論から考えても無理が有る、結果として恐竜が鳥の祖先だと考える事が全ての証拠を矛盾無く1本のまとまった線で結ぶことが出来るという事です)

渡り鳥たちが8000メートル以上の高さの山を越えるのに、酸素ボンベ無しでも無着陸で長距離飛行が出来るのは、低酸素時代に祖先の恐竜達が手に入れた優れた呼吸器官の気嚢(きのう)を受け継いでいるからである、と考えられています。

こんばんは、

この質問は奥が深過ぎて文字で説明しようとすると何千文字も何万文字も必要となってしまうような難しいお話だと思いますし、化石などの資料も少なく断片的で完全には分かっていない部分も多く、学者さんによっても全ての学者さんが肯定派という訳でもないので何とも言えないところも多々有ります。

なので、凄くざっくり説明します。
先ず爬虫類型恐竜(一般的によく知られているティラノサウルスなど)だけが大型の恐竜だと思われがちですが、実は爬虫類型恐竜が全盛を迎える以前には哺乳類型大型恐...続きを読む

Q見当もつかないのですが

見当もつかないので教えていただきたいのですが、
細胞内で起こっているDNA転写による酵素の生成スピードを教えていただけますでしょうか?
[合成されるアミノ酸/時間]
酵素の種類にもよると思うのですが
見当もつきませんのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、用語の使い方が、若干違います。

DNAの「転写」により合成されるのは、RNA(mRNA)です。
酵素(蛋白質)は、mRNAからの「翻訳」によって生成します。(このステップに「転写」という言葉は使いません)

さて、正確な答えはわかりませんが、下記のページによると、
100残基/5秒
を上回る速度のようです。

参考URL:http://web-mcb.agr.ehime-u.ac.jp/bunnshi/protein.htm

Q鷹・鷲など鳥類メインの動物園ありますか?

鷲や鷹を間近で見たいのですが、普通の動物園ではオリが広くて近くで見られません。
せめて鳥類メインの動物園があれば近くで見ることができるかなと思うのですが、千葉、埼玉、東京、ちょっと頑張って神奈川あたりまでで、そのような場所をご存じありませんか?
 九州の久留米に鳥類センターがあるらしいですが、ちょっと遠すぎなのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

千葉動物公園は鳥類がメインではありませんが、鷲や鷹が数種類いたと思います。
確かオリはそれほど広くなく、すぐ近くで見ることが出来たような記憶があります。

Q 前世を記憶する子供たちの例が2000点程、ヴァージニア大学の40年に

 前世を記憶する子供たちの例が2000点程、ヴァージニア大学の40年にもわたる研究により報告されています。子供が前世人物だと主張する知るはずもない遠方の故人に関する生前の情報を知っていたり、その前世の生活習慣や死因にまつわる恐怖症を示したりします。さらには高頻度で、前世人物の致命傷となった傷跡と同じ部位に同じような傷跡をもって生まれてくるそうです。
 生物学的にこのような現象を生まれ変わりだと全く考えられないわけで、他に可能性として挙げると、子供や故人のESPや念力によるもの、または研究と発表における不備や詐欺、のいずれかになると思いますが、どちらが可能性が高いと思われますか?

Aベストアンサー

http://en.wikipedia.org/wiki/Jim_B._Tucker

英文のWIKIでは「実験は正しくないし、疑似科学だ」としてますね。
based on incorrect or pseudoscientific interpretations. < 引用終り

ちなみに、出ている学会誌も
http://www.healthsystem.virginia.edu/internet/personalitystudies/JimBio.cfm
Society for Scientific Exploration
http://www.02.246.ne.jp/~kasahara/parapsy/periodicals_printerversion.html によれば
「サイ現象や超心理学の論文ばかりでなく、UFOや未知の動物など、特異的現象全般を対象とした雑誌。」なんか 日本で言うと ムー?


で、ハーバード大学の医学部の場合、本当に医学部の中で研究している先生以外に、Assistant Professor としてアシスタントに入れているそうです。その人数をカウントすると、非常に多数の研究者がいるという感じになる。ヴァージニアもそれっぽいな。
だいたい、略歴を見ると 1999年からAssistant Professorになっている。
その人が ヴァージニア大学で40年にわたって・・・というのも、なんだかな。

医学博士号をもつ タッカーさんが40年にわたって個人的に研究している成果を、1999年からヴァージニア大学でAssistant Professorになったので、ヴァージニア大学で40年にわたって研究していると、称して発表している。
といのが、真相のようです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Jim_B._Tucker

英文のWIKIでは「実験は正しくないし、疑似科学だ」としてますね。
based on incorrect or pseudoscientific interpretations. < 引用終り

ちなみに、出ている学会誌も
http://www.healthsystem.virginia.edu/internet/personalitystudies/JimBio.cfm
Society for Scientific Exploration
http://www.02.246.ne.jp/~kasahara/parapsy/periodicals_printerversion.html によれば
「サイ現象や超心理学の論文ばかりでなく、UFOや未知の動物など、特異的現象全...続きを読む

Q鳥類のDVD、教えて下さい。

こんにちわ!
我が家の猫ですが、鳥類に異常に反応します。
興味深そうに凝視しています。
そこで、「鳥類のDVD」って市販されて
いませんか?  もし、有ったら、教えて
下さい。

Aベストアンサー

「野鳥図鑑 第1集~第4集」税抜き、各\3800(BOX販売もあり) 発行・発売 NHKエンタープライズ
はどうでしょうか。
日本の野鳥を集めたDVDです。

Qどなたかお願い致します。

生物の先生の授業が分かりづらくて、授業についていけていません。
やらなければいけないプリントがあり、どなたか
(1)たんぱくしつ
(2)ししつ
というように答えを教えて頂けませんでしょうか。
どうかお願いします。

Aベストアンサー

(17)連鎖

Q味覚障害について

味覚障害について以前質問させていただいた時にHPのアドレスを
教えてくれた方がいて、活用させていただいているのですが
それをみると味覚障害でも1次性味覚障害と2次性味覚障害があるようなのです。
それは何によって分けられるのでしょうか??
知っている方がいたら、教えてください。

Aベストアンサー

えーと、分類ってことでいいのかな?

1次性味覚障害は
 遺伝性、末梢伝導路障害、中枢性伝導路障害、味覚臭覚同時障害、突発性

2次性味覚障害は
 口腔疾患、全身疾患、亜鉛欠乏症、薬剤性、風味障害、心因性、その他

と言った具合に別れるようです。
つまり1次は先天的、2次は後天的な理由ということでしょうか。

大阪府歯科医師会のWebにわかりやすく説明されています。

参考URL:http://www.oda.or.jp/o_sikais/topics/topics_02.html

Q子供と海岸で二枚貝にフリルがついたような貝殻を拾いました。種類や名前が

子供と海岸で二枚貝にフリルがついたような貝殻を拾いました。種類や名前がわかる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。とても可愛かったのですが?3分の1くらいは割れてしまいました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「市場魚介類図鑑」によれば色がちょっと違いますが「ハナガイ」ではないかと思います。
貝殻の形はそっくりですよ。
http://www.zukan-bouz.com/nimaigai/heterodonta/marusudaregai/hanagai.html

Q春の味覚と秋の味覚だったら、どっちが好き?

春の味覚、そろそろ出ているのでしょうか・・・
ふきのとう、竹の子、菜の花、いちご、ワラビ、たらの芽など、どちらかと言うと山菜や野菜が多い印象ですが、魚偏に春と書く鰆(サワラ)、も春を告げる魚と言われますね。
ホタルイカもこの時期です。

秋の味覚はご存知の通りですが、皆さんは春の味覚と秋の味覚だったら、どっちが好きですか?

Aベストアンサー

秋の味覚の方が好きですね。

春は生命力も淡い感じですが、秋は完結編的な旨味がある気がします。

因みに体調もありますよね。
春先は何だか気持ちが晴れなかったり、体調を崩しがちなのに対して、秋は割と清々しく過ごせてます。
体調が良いと何を食べても美味しいですもんね。

Q我が家のつばめのヒナが危機です!

 去年我が家に初めてつばめが来ました。家族みんなとても嬉しいやら珍しいやら
で見守っていました。やがてヒナが生まれて元気に巣立っていきました。
 ところが、今年来たつばめが自分の子(ヒナ)を巣から突き落としているみたいなのです。何度か落ちそうになっている所を巣に戻してやったりしたのですが、
日に日にヒナが落ちて行き、ついに親つばめも居なくなってしまいました、どうして突然こんな事をするのか誰か教えて下さい。補足:ヒナが落ちるようになった頃すずめが毎日来てつばめの親と家の前で空中戦のような事をしていました。
P.S 奇跡的に助かったヒナが1羽だけいて怪我はしているものの、元気です。
    餌や、育て方について詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

私は昔ジュウシマツを飼ってました。あと、たまたま紛れ込んだすずめを勝ったことがあるけど、つばめはないです。

ですから、参考程度ですけど。m(__)m

すずめはジュウシマツと同じえさで大丈夫でした。小鳥のひなのえさをやるセット?みたいなのを(えさ一袋とえさやり器)を買ってきて、小皿にえさスプーン一杯ほどとり、ちょっと水を垂らしてかき回してからえさやり器に積め、ひなの口の中にいれてあげます。
あと、鳥は体温が高い(約40度くらい)のであっためる必要があります。
寒くするとひなはすぐしんじゃいます。羽が生えそろってくるまでは保温に気をつけましょう。

えさのやり方、その他は小鳥を扱ってるペットショップで教えてくれます。

巣の近くでスズメと戦争になったので、親鳥が子育てにふさわしくない場所だと思って育児を止めたのでしょう。自然界ではよくあることのようです。

最近では、オオワシやタカなんかが発見されると工事なんか中止になったりするのも、そのためです。

うまく育てられるといいですね。そのためにも早く小鳥を扱ってるお店でえさや道具を入手し、育て方を聞きましょう。

私は昔ジュウシマツを飼ってました。あと、たまたま紛れ込んだすずめを勝ったことがあるけど、つばめはないです。

ですから、参考程度ですけど。m(__)m

すずめはジュウシマツと同じえさで大丈夫でした。小鳥のひなのえさをやるセット?みたいなのを(えさ一袋とえさやり器)を買ってきて、小皿にえさスプーン一杯ほどとり、ちょっと水を垂らしてかき回してからえさやり器に積め、ひなの口の中にいれてあげます。
あと、鳥は体温が高い(約40度くらい)のであっためる必要があります。
寒くするとひなは...続きを読む


人気Q&Aランキング