人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

私は某国立大学で国文学を学んでいる大学1年生です。

今、この大学に通っているのは、第一に図書館司書の資格を取るため、第二に日本文学を学ぶため、です。

 私は、将来的には図書館司書として働きたいと考えています。
しかし、図書館司書の求人は少なく、その方面への就職は狭き門となっている、と聞きます。

 私の今所属している学部の就職先一覧を見てみたのですが、毎年図書館への就職者はわずか1~2人ほどのようです。(全体の約1~2%)

 やはり図書館への就職は難しいのかと、半ば諦観を抱くようになり、他の職種への就職も考えなければならないなと最近は思っています。
(まあ、その1~2人になれるように努力はもちろんすべきですが)

 私は進路へいろいろ不安を重ねつつ、図書館司書についてネットサーフィンをしていました。そして筑波大学 図書館学類の存在を知ったのです。調べてみると、図書館関係の仕事に就く人は毎年30人ほどいるようです。

 そこで筑波大学 図書館学類への3年次編入を考え始めたというわけなんですが、どうでしょう。その図書館学類では、1、2年次にプログラミングや統計学、数学を履修することになっているのです。
しかし私は完全に文系よりの人間で、数学やプログラミングはほとんど手に負えないのです。

 ちなみにその図書館学類は、3年次からは図書館学や情報処理、情報サービスを主に学ぶようです。

そこで質問です。


1、現在通っている大学が図書館への就職者が少ない、という理由で、筑波大学 図書館学類へ編入するというのは、良いアイデアと言えるのでしょうか?
(どうしても図書館司書になりたいと考えている私は、これはありだと考えていますが、念のため客観的な意見が欲しいです)

2、もし編入をする場合、数学やプログラミングの知識に乏しい私が、  3、4年次においてうまく学んでいけるのかどうか?

(上記のように、シラバスを見る限りでは、学習内容的にはついていけそうですが、実は1、2年次での知識を利用する機会があり、ついていけないのではないか? という疑問があるのです)


以上二つの疑問に関して、参考になればどんなアドバイスでも結構です。どなたかよろしくお願いします。

筑波大学図書館学類 関係者(現生徒、卒業者)の方や、詳しい情報を持っておられる方、見ておられたらぜひとも情報提供お願いいたします。


長文かつ拙い文章失礼しました。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>現在通っている大学が図書館への就職者が少ない、という理由で、筑波大学 図書館学類へ編入するというのは、良いアイデアと言えるのでしょうか?



言えないと思います。そんなことに時間を使うくらいなら、(公立図書館に勤めたいなら)公務員試験の勉強をなさった方がよいと思います。

司書職への就職は、どの大学で学んだとしても、狭き門であることに変わりはありません。では、なぜ、筑波大の司書への就職率が高く、他大の就職率が低かというと、他大の司書課程の学生は、就職活動をするときに、採用試験を受けずに司書職を最初からをあきらめてしまう人が圧倒的に多いからです。

公立図書館に勤めるには地方公務員試験、国立大学図書館に勤めるには国立大学法人等職員採用試験(法人化したので、国家公務員試験から分離されたが、内容的には国会公務員試験に類似)、国立国会図書館に勤めるには国立国会図書館職員採用試験を受けなければいけませんが、これらの試験は、公務員試験用の勉強をかなり一生懸命やらないと受かりません。公務員試験はかなりの難関ですので、ダブルスクールとして公務員試験予備校に通う人も少なくありません。
ほとんどの大学の司書課程は、他の就職に関連した資格をとりにくい文系学部に置かれているため、受講する学生は多いですが(年に1万人強)、司書になるために公務員試験等を受けようと思っていても、いざ就職活動を始めてみると、公務員試験は企業に比べると採用試験が遅く、落ちてからでは他の企業の採用試験を受けられませんので、自然と企業の採用試験優先になり、企業の内定をもらってしまうと、公務員試験を受ける気がなくなる人が多いです。
筑波大の図書館学類の学生で司書職を目指している人は、最初からどのような採用試験を受けなければいけないか知っていますから、本気で司書になりたい人は公務員試験一筋に近いと思います。それに、国立大学ですので、もともとの地頭もそれなりに良いですから、採用試験でもそれなりに良い成績をとることが多いでしょう。また、筑波大の学生は、公立図書館の司書や学校司書の志望者がほとんどである他大の学生とは異なり、大学図書館に就職する人も多いです。(その人数も、年に30人の中に入っています。)そういういろいろな点を総合して司書職への就職率が他大よりずっと高いのです。

つまり、筑波大の図書館学類に行ったからといって、必ずしも、採用試験に有利になるわけではなく、結局は、本人の努力次第だということです。ただし、司書の採用試験の最終面接に残ったとき、質問者様とペーパー試験の成績が同じ人が筑波大出身者だった場合、面接官の心象の上では、筑波大の学生の方が有利になる場合があるかもしれません。大学のネームバリューがきくのは、他の就職試験でも同じですので、そのためだけに編入するのは意味がないと思いますが。

>2、もし編入をする場合、数学やプログラミングの知識に乏しい私が、  3、4年次においてうまく学んでいけるのかどうか?

3,4年の専門科目の必修科目の内容をご覧になった方がよいでしょう。必修科目の中に、情報数学やプログラミングの知識が必須の授業がなければ、大丈夫かもしれません。

それから、ご存知だと思いますが、現在の図書館はかなり電子化が進められていますし、さらに今後どのように進めていくかということは大きな課題でもあります。プログラミングが得意である必要はありませんが、WWW等の電子メディアやインターネット・セキュリティなどについての基礎的な知識は司書でも必須だと思います。

これは、No.1の回答者様へですが、

>べつにそれでフリーソフトが作れるようになるわけでもソフトハウスに就職できるわけでもないでしょう。
>普通に考えれば、図書館にプログラマーは居ないでしょうし。

図書館情報大学の時代には、プログラマーやSEとして電気メーカーに就職した人が卒業生の半分くらいでした。筑波大と合併した後、何度か改編されていますから、今は、もっと文系寄りになっているかもしれませんけど。

何かのお役に立てば、幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど。私は結論を急ぎすぎていたと言っていいようですね。
ほぼ編入試験を受ける気でいました。

要するに、編入して得られるものはネームバリュー程度というわけですね。
それなら、編入のために使う労力を公務員試験の勉強にあてたほうが良いのもうなずけます。

疑問はすべて解決しました。
ご丁寧な回答本当にありがとうございました。

今通っている大学の学部で勉強できることを精一杯身につけようと思います。もちろん、公務員試験の勉強も早めに手をつけることにします。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/18 02:27

はじめまして。

筑波大学知識情報・図書館学類のある春日キャンパスで学生のキャリア支援をしている者です。
※私自身も前身である旧図書館情報大学(および大学院)を出て、その後就職情報誌・サイトの制作等をしていたことで、現在このような仕事をしております。

ということで、私が回答するのが適任かな?と思い書かせて頂きますね。

***

1、現在通っている大学が図書館への就職者が少ない、という理由で、筑波大学 図書館学類へ編入するというのは、良いアイデアと言えるのでしょうか?
(どうしても図書館司書になりたいと考えている私は、これはありだと考えていますが、念のため客観的な意見が欲しいです)


【回答】
就職率や就職者数があなたの判断基準であれば、来ることに価値があると思います。
しかし、実際に司書になりたくてもなれない人間は多いです。
率でいったら高いでしょうが、実数でいったら司書希望でも相当なれていません。
ただ、図書館情報学を学ぶにおいて、附属図書館には図書館情報学に関わる、NDC(日本十進分類法)でいう01*(図書館学)、02*(書誌学)、007(情報学)に分類される資料が充実しているのは事実です。
また、それぞれ専門の教官が揃っているため、議論を交わしたければいくらでも交わせる相手がいます。当然院生等上級生に対して投げかけたって構わないです。
このように自ら勉強するのであればいい環境だと思います。
しかし、つくばは陸の孤島です。たとえつくばエクスプレスが開通した今でも。。。
司書の気質として求められる「情報収集に対する距離的不利さ」は否めません。
インターネットを活用した情報収集が便利になったとしても、社会情勢、とりわけ東京にいたら簡単に入手できる情報であっても、つくばに引っ込んでしまうと途端に入ってきません。(そのため私自身都内へは仕事、プライベートどちらを理由にしてでも月2,3回は出るようにしています。)

図書館員は資料だけ扱っていては「適切な資料」を情報を欲しているお客様に対して提供できないのです。そこは勘が研ぎ澄まされてなくてじゃいけないのです。
そのため、学外の人たちや地域外の人たちと接することが求められます。
※つくばは、学生が住む地区と研究所が立つ地区、社会人が生活する地区、商業地区がはっきりと分かれてしまっているため、交流という点では自ら飛び出さないと全くと言っていいほどありません。留学生数も多い大学なのですが、自らアプローチしていかないと、接することもないようです。(私は学生時代留学生宿舎も日本人学生宿舎も分け隔てなく遊び歩いていたので「え?なんで留学生の友だちがいないの?」と驚くのですが。。。)

2.は続きに。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やはり専門的な資料は充実しているのですね。
本格的に図書館学をやりたいならうってつけですね。

友人から聞いていましたが、やはり都会へのアクセスはあまりよろしくないのですね。

参考になりました。ありがというございました。

お礼日時:2010/03/21 15:31

No.2の回答者です。

まだ、締め切られていないようなので、少し補足です。

>要するに、編入して得られるものはネームバリュー程度というわけですね。

得られるものは、ネームバリュー程度ではないです。専門科目として学ぶ図書館情報学の内容は、司書課程で学ぶ内容とは異なります。図書館情報学を専門として学べば、図書館についてもっと幅広く深い知識が得られます。ただし、それで司書職に就ける確率が高くなるかというと、それは別の話です。

ご存知だと思いますが、米国では、司書課程は、大学の学部を修了してから学ぶものです。司書だけでなく医者などもそうですが、専門職は、別の専門分野の知識が十分ある人が、専門職に必要な知識をそれにプラスして学ぶのが望ましいとされているからです。つまり、米国の司書は、一般的には、(大卒相当の)別の分野の専門知識と(修士修了相当の)図書館情報学の専門知識を両方持つことになります。

日本の大学で、図書館情報学を専門としない学科で司書課程を学ぶ人たちが期待されることは、米国の場合と同様に、他の専門分野の知識に加えて、図書館情報学の知識を持つことです。現状では、司書課程で教えられる内容は、司書として勤めるために最低限必要な内容だけであり、司書課程の学生の図書館情報学の知識は、図書館情報学を専門に学ぶ筑波大や慶応大の学生の足元にも及びません。しかし、逆に言えば、筑波や慶応の学生は、他の専門分野の知識を他大の学生のように深くは持っていません。つまり、筑波・慶応で学んでも、他大の司書課程で学んでも、米国のような専門職としての司書の育成方法とは異なってしまうということです。

図書館情報学を専門的に深く学びたいなら、筑波大に編入することをお勧めします。しかし、図書館情報学を深く学ぶことは、公立図書館の司書として就職するためには必須ではありません。他大の司書課程で学ぶ学生は、図書館情報学の知識は最小限しか持っていないかもしれませんが、その代わりに、別の専門分野の知識を持っていることが筑波大の学生にはない強みだと思います。

そういうわけで、質問者様の場合には、公務員試験の勉強をされるほかに、所属されている学科の専門分野をしっかり学び、司書課程で図書館情報学の初歩を学び、おまけとして、図書館関係の雑誌(「図書館雑誌」や「みんなの図書館」)を読んで図書館についての最新の話題をおさえておくのがよいのではないかと思います。

それから、ご存知のように、地方自治体で、司書枠を別に設けて試験をしているところは本当に少なく、ほとんどの自治体では、事務職として採用し、現場の希望・本人の希望などで図書館に配属するのが一般的です。また、公立図書館では、指定管理者制度を導入し、外部の業者に業務を委託しているところがどんどん増えています。公務員試験だけでなく、そういう図書館関連企業(TRCや紀伊國屋屋など)に就職することも視野に入れられた方が現実的かもしれません。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

どちらも知りませんが、



> 実は1、2年次での知識を利用する機会があり

であれば、そこからやり直せ、と言われるのが普通というか筋でしょう。
編入試験にそこの内容が出て、それでOKなのを確認するか、どちらかでしょう。
したがって、シラバスを見るときは、当然一二年生の内容からしっかりチェックしなければならないでしょうね。
逆から考えて、どうしてそこの連中は数学やら情報やらの内容に入れるのでしょうか?
入試でそこをチェックしてないのであれば、大学で鍛えた、ということになります。

で、ご心配の数学系や情報系のシラバスの内容を転写してください。
勿論、必要があれば一二年生の内容も転写することになるでしょう。
基本的には、情報≠プログラミングです。
食≠料理人ではないでしょ?
作る人と食べる人がいるわけです。
普通に考えて、図書館の職員が作る人な訳はないでしょう。食べる人の方です。
普通に考えれば、食べ方を学ぶことになるはずです。
まぁコンピューターの仕組みを勉強する上で、作ってみると言うこともやるかも知れませんが。
べつにそれでフリーソフトが作れるようになるわけでもソフトハウスに就職できるわけでもないでしょう。
普通に考えれば、図書館にプログラマーは居ないでしょうし。
それにしても、検索一つできない、情報入力一つできない、では図書館の職員失格でしょう。
ひょっとすると、ネットワークコンピューターの簡単な管理ができればいいかも知れません。
普通に考えればその程度の内容だと思うんですがね。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二部の3年次に編入出来る大学

私は、短大(文学部英文科)を卒業していますが、この度4年制大学の3年次へ編入を考えています。しかし日中は働いているので、二部の3年次へ編入を考えています。この条件(学外からの3年次編入と二部)を揃えている大学を教えて下さい。そして、3年次への編入には、同じ学部へ編入しなければならないのでしょうか?首都圏の大学を希望しています。
(ちなみに私が調べた所では青山学院の文学部二部は3年次編入が出来そうなのですが。)

Aベストアンサー

コメントありがとうございます。

短大の単位がどのくらい認定されるかというのは、学校によって異なります。おおよそ、編入を積極的に行っている学校は認定が多く、そうでない学校は少ないです。「積極的」の目安は、毎年の編入合格者が学部学科ごとに10人以上いるかどうかが参考になります。

ちなみに、今の私の学校(都内私立の中○大なんですが)は最も「積極的」な学校の一つで、単位はほぼ一律66単位も認定されます。一般的に、入学した学部で行われている授業のみ認定するというやり方が割と多いのですが、私の学校の経済学部は「キリスト教概論」や「生活と色彩」「秘書概論」なども認定対象です。それを知ったときは本当にびっくりしました。編入生の待遇よすぎです!おそらく、首都圏の大学では最も手厚い待遇だと思います。
ちなみに、同じ学校でも商学部は様子が異なるようです。認定は60あるかないかというかんじだそうです。

また、単位認定と同じくらい大事なのが、3年次に最高何単位まで履修できるかという上限です。私の場合は64単位(これも相当気が利いてる数値)です。短大の認定が64(申告漏れがあったため66でない)+今年度の履修が60(コマの問題でこれ以上取れなかった)=120単位超になるので、就職活動で忙しい来年は最低限の負担で済みます。

この対極の例として考えられるのが、東京女子大です。まず単位認定がものすごく厳しい。ふつうは、英語などの一般教養科目は無条件に認める学校が多いですが、東女は英語さえも認めない場合があるそうです。平均的な認定単位は30~40。また、3、4年で履修できる単位が40単位くらいとの上限があるので、2年間での卒業はまず不可能と言われています。概して、女子大は認定が厳しいですね(お茶の水、日本女子など)。


私は編入予備校に通っていたのですが、そこで頂いた資料で見ると…

駒沢(経済学部商学科)…英語・第二外国語・一般教養・保健体育→全て認められた。専門科目→ほとんど認められなかった。認定上限60で、回答者は60。専門以外で56、専門は4のみ。

駒沢(経営学部経営学科)…英・2外・教養・体育→全て認められた。専門→学科変更(短大は英文)でほとんど認められなかった。認定は、卒業に必要な140中52。1年間の履修上限が56のため、4年で最低32取得しなければいけない。

東洋(経営学部経営学科)…3年次編入は一括62単位認定。

法政(経営学部経営学科)…英・2外→全て認められた。教養・体育→認められないものもあった。専門→認められないものもあった。2単位科目と3、4年次配当科目は認めない。認定は40~72。回答者(商経出身)は46。国文出身は42。短大商経科よりも短大英文科のほうが単位認定が多いなど複雑。難しいが、2年で卒業可能。履修上限は64。

明治(経営学部経営学科)…英・2外→全て認められた。教養・体育→全て認められた(2名)、認められないものもあった(1名)。専門→認められないものもあった(2名)、ほとんど認められなかった(1名)。3、4年次配当科目は認められない。認定は40~70。多学科からの編入で、あまりに認定が少ない場合、相談すると多少考慮されるらしい。

明治(商学部商学科)…英・2外・体育→全て認められた。教養・専門→認められないものもあった。62単位一括認定。

早稲田(社会科学部)…英・教養・体育→全て認められた。2外→必須科目ではない。専門→全く認められなかった。3年次は「外国書研究」が必修なので、英語を勉強しておかないと入学後苦労する。

※以上は、ほとんどが昼間部に対するコメントで、また数年前のもので、現在も同様だとは限りませんので、あくまで参考に。

60単位以上を一括認定してくれて、履修上限が60近くある学校が、卒業しやすくておすすめです。こうした学校を第一志望にするとよいと思います。

また、経営学を勉強なさりたいのなら、四大から経営を選択する方がよいと思います。短大→四大で進路変更するのと、大学→院で進路変更するのは、見られ方が違います。特に、shieruteさんは社会人で、働きながら四大を卒業したいとお考えですよね。そういう方はとても熱心なので編入では割と歓迎されますが、四大英文→院経営だと「仕事をしながら苦労して四大卒業したような人が、なんでまた専攻を変えるわけ?」と見られてしまうと思います。

一般的に、社会人が大学に入る場合は、「大学で学んだことを、仕事にどう生かしたいのか」というのがよく問われますから、ご自身が勉強したいことは何なのかをよくお考えになる必要があります。主な目的が四大卒の肩書きを手に入れることだとしても、です。
(私もメインの目的は「有名大学卒になりたい!」でしたが、大学の開講科目一覧とか見てると自然と「これおもしろそう。こんなゼミに入りたい」など考えが沸いてきます)。

何かあったらまたコメントください。

コメントありがとうございます。

短大の単位がどのくらい認定されるかというのは、学校によって異なります。おおよそ、編入を積極的に行っている学校は認定が多く、そうでない学校は少ないです。「積極的」の目安は、毎年の編入合格者が学部学科ごとに10人以上いるかどうかが参考になります。

ちなみに、今の私の学校(都内私立の中○大なんですが)は最も「積極的」な学校の一つで、単位はほぼ一律66単位も認定されます。一般的に、入学した学部で行われている授業のみ認定するというやり方が割と多いのです...続きを読む

Q大学3年次編入試験に落ちました。助言をいただきたいです。

大学3年次編入試験に落ちました。助言をいただきたいです。
今年希望していた大学の編入試験に落ちてしまい、現役時代に滑り止めしか受からなかったときと同様、もしくはそれ以上に落ち込んで、現在やる気が全く起きません。

今は日東駒専クラスの大学に通っています。
本当はやりたいこと&経済的な面から筑波大学への進学を考えていたのですが、本試を受けてあと25点足らずに落ちました。
ずっとそれが心のどこかにつっかかっていて、しかも筑波があと少しだったのに日東駒専クラスに通うことになって、自分のプライドがなかなか納得してくれませんでした。
また、現在の大学に通う他の学生のあまりの質の低さに愕然としたのもあります。
大学はもっと専門的な人が集まるところだとばかり思っていたのですが、大学1年から今年までちょっとがんばって勉強しただけの私が成績優秀者に選ばれてしまいました。
政治の話など、やや混み入った話は法学部の友人としかできません。
私の所属する学部では、話したところで毎回と言っていいほど疑問符つきで返されるので、そう言う系の話題を振るのはやめました。

加えて2年次からゼミが始まったのですが、ここでも打ちのめされました。
私は「これがやりたい!」と思って大学に進学したし、関連するゼミにも意欲的に入ったのに、同じゼミの生徒はほとんどが「必修科目だから…」と言う感じです。
私がゼミでやりたいことをそのゼミ所属の友人とざーっと話すと、「なんか…すごいねー」と言われます。
大学は自分のやりたいことを突きつめるところだと考えていたので、この言葉には驚きました。
ただやりたいことをやりたいだけなのに、異端の目で見られるのがどうしても耐えられません。
きっと次のゼミ長にされてしまうような気がします。
やる気のないゼミのゼミ長なんて、考えただけで嫌になります…。


結局、私はいわゆる学歴コンプレックスなんだと思います。
なので今年編入試験を受けて、人生を挽回したいと思っていました。
それと言うのも私の出身高校が毎年現役東大合格が出るような学校で、通ってる方には悪いのですが、日東駒専ははっきり言って「ハァ!?」と返されるレベルなんです。
よくて早慶上智、最低の最低でも国立かMARCHと言う雰囲気が色濃く残っています。
よく同窓会のお誘いがくるのですが、大学のことを訊かれるのが嫌で行けません。
高校の恥さらしだと思っています…。

結局なんだかんだで学歴を上げたいだけだったのだと、自分でも分かっています。
しかし本当にいい大学で勉強したかったのは本望ですし、編入試験のために今の大学で1年から必死に勉強をしてきました。
それなのに今までの努力が報われなかったこと。そして今後もこの大学に拘束されることを考えると、強い眩暈がします(落ちた原因は多分私の勉強不足です。今考えると、毎日何時間も勉強していればよかったのにと後悔しています…)
就職も、今は学歴なんて関係ない!と言われますが、旧帝大だけの人が集められる説明会があると聞きました。にわかには信じられません。


私はこれからどのように生きて行けばいいのでしょうか。
これから先、まだまだ長いんだから!大学で運命は決まらない!と思われるでしょうが、そんなことはもはや受け入れられないくらい心に余裕がありません。
いつもは一晩寝ればふっ切れるのに、今回は何日寝ても強引に泣いても気分が回復せずに落ち切ってしまいました。
この世界に私は必要とされていないのだと、思い知らされた感じです。
いくら今の大学で上位にいても世間的には私は要らないのだと、余計なお荷物なんだと示唆された気がします。

編入学に落ちたことが、悲しいを通り越して涙も出ないくらいショックで…。
もう進む先が見えなくて、いっそ死んで私の存在をなかったことにしたいです…。


辛口でもいいので、こんな弱腰の人間に助言をいただけたらと思います。長文失礼しました。

大学3年次編入試験に落ちました。助言をいただきたいです。
今年希望していた大学の編入試験に落ちてしまい、現役時代に滑り止めしか受からなかったときと同様、もしくはそれ以上に落ち込んで、現在やる気が全く起きません。

今は日東駒専クラスの大学に通っています。
本当はやりたいこと&経済的な面から筑波大学への進学を考えていたのですが、本試を受けてあと25点足らずに落ちました。
ずっとそれが心のどこかにつっかかっていて、しかも筑波があと少しだったのに日東駒専クラスに通うことになって、自分の...続きを読む

Aベストアンサー

編入経験者です。

まずは、試験ご苦労様でした。
そして残念でしたね。

>辛口でもいいので、こんな弱腰の人間に助言をいただけたらと思います。
助言というか、ただの体験談かもですが…。

私は、短大→大学(旧帝大)→大学院と出ています。
で、2度編入試験を受けています。
一度目は短大2年の時。
短大が大学併設校で、超有名な編入用短大(今はないです)だったので、当然に内部編入試験を受けましたが、不合格。
たまたま合格発表会場で一緒になった友人が合格して泣いてました。
私は泣きませんでしたけど、泣きたいのは私の方だよっと内心思いました。
そして、【絶対、ここより良い大学行ってやる】と誓いました。
翌年、バイトしながら編入浪人しました。
結構ハードでした。でも楽しかったです。
短大入学前は浪人を許されなかったのですが、本当は、浪人しても良い大学に行きたかった私には刺激的な楽しい毎日でした。

翌年の編入試験で、旧帝大に合格し、大学編入。
ここでの大学生活は何物にも代えがたい最高の2年間でした。
一番は、友人の知識レベルが高いこと。
バカなことももちろんやりましたけど、数人で集まって徹夜しながらゼミの予習したり(実際、それくらいしんどいゼミでした)。

>現在の大学に通う他の学生のあまりの質の低さに愕然としたのもあります。
この気持ち、よくわかります。
短大行ってた時がまさにそうでした。
なので、大学行ってからは、友達との付き合いがすごく楽しくなりましたね。
今も、短大の友人とはほぼ付き合いがありませんが、大学の友人とは仲良いです。

>旧帝大だけの人が集められる説明会があると聞きました。にわかには信じられません。
これも事実です。
送られてくる就職説明のパンフレットに、東大・京大・・・(旧帝大)の方にって堂々と書いてありますよ。
面白いことに、私立は難関校でも入ってないんですよね。

>大学で運命は決まらない!と思われるでしょうが
私は、自分の経験では、大学で運命決まると思いますよ。
ただ、その決まる運命ってのは、大学の名前に関するものはほんの少しで、そこで出会う友人や知識的欲求や恩師や先輩後輩との縁とつながるものだと思っています。

>結局、私はいわゆる学歴コンプレックスなんだと思います。
これも、私がそうなので、良くわかります。
私は、結果として世間が羨むといわれるような大学も大学院も出ましたけど、大学に正規に入学していないこと(編入という意味です)を、一生引きずっていくのだと思います。

総じて質問者さんの心情をとても理解できるの私ですが、
>いくら今の大学で上位にいても世間的には私は要らないのだと、余計なお荷物なんだと示唆された気がします。
こんな風に思うことだけはなかったですね。
私がいつも思うのは【私を合格させなかったことを後悔させてやる】だけです。

一つ階段を上ると世界は変わります。
友人も変わります。
恋愛する相手も変わります。
収入も、将来住む家も、食べるものも、着るものも…
世界が変わるとはそういうことです。
どこまで階段を上るかは、自分しか決められません。
世間は、良くも悪くも、その階段にいる人は、その階段にいるべき人だと思います。
この階段にいることが自分にふさわしくないと思うのであれば、自分で上るしかありません。

健闘をお祈りします。

編入経験者です。

まずは、試験ご苦労様でした。
そして残念でしたね。

>辛口でもいいので、こんな弱腰の人間に助言をいただけたらと思います。
助言というか、ただの体験談かもですが…。

私は、短大→大学(旧帝大)→大学院と出ています。
で、2度編入試験を受けています。
一度目は短大2年の時。
短大が大学併設校で、超有名な編入用短大(今はないです)だったので、当然に内部編入試験を受けましたが、不合格。
たまたま合格発表会場で一緒になった友人が合格して泣いてました。
私は泣きませんでしたけ...続きを読む

Q図書館司書として就職できる大学

私は図書館司書になりたいと考えている高校3年生女子です。

・愛知大学 文学部 人文社会学科
・愛知淑徳大学 人間情報学部 人間情報学科

この2つの大学で迷っています。
どちらが司書として就職しやすいでしょうか?

求人が極めて困難なことは承知ですが、しっかりとしたカリキュラムが組まれているか、就職支援は手厚いか、正規の司書での就職実績があるかという点で選びたいです。

また、愛知淑徳大学は愛知大学にはない、情報系の講義が多いように感じました。
情報系は司書には欠かせない知識だと考えますが、どうでしょうか?

些細なことでも良いので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1,5,6です。

>先生からみて生徒は所詮人ごとですものね。

「親以上に、個人的に親身になって自分の相談に答えてくれないのは、所詮人ごとだから」
という事ならば、相当甘ったれた、歪な発想・発言だと思います。

そうです。誰にとっても「貴方の人生の選択」は
「貴方自身の事」でしかありません。

それを「先生は冷たい。優しくない。不親切だ。思いやりに欠けている」とばかりに
「先生からみて生徒は所詮人ごとですものね」と考えるのはお門違いです。

もし、先生が「貴方の進路を『身内の事の様に』考える(=人ごとだと思わない)」としたら

「今時、図書館司書の正規採用は難関だ。公務員試験の中でも最も厳しい分野だ。
 中堅以上の国立大学に合格する力もない人間が目指せるものではない。
  好きな事を仕事に出来るのは、他人の何倍も努力して結果を出せる人間だけだ。
 貴方は自分が他人より何倍も努力していて、結果も出せていると思っているのか。
 本が好き・図書館が好きというだけで、図書館司書で安定も得たいなんて考えが甘過ぎる。
 頭を冷やして、自分自身を省みなさい。貴方より努力して結果を出している人はいくらでもいる。
 図書館で過ごすのは余暇で十分。生きていく為の仕事は仕事としてきちんと見付けなさい」

と言うでしょう。
ここまで言ってこそ「親身になっている」「人ごとだと思っていない」ですよ。
貴方は、こう言われたかったという事ですか。


高校生なら、
「自分の将来の道筋は、自分(と親との話し合い)で決める事」
ですし
「どの大学に入ったからと言って、『絶対確実に…になれる』とは限らない」
「資格を取得出来る事と、その資格で就職出来る事は別の話である」
「社会では、努力しても、客観的に認められるだけの結果を出さなければ評価はされない」
(学校が「努力だけ」でも評価してくれるのは、「子供相手」だからです)
という「現実」は重々承知の筈です。

「図書館司書に正規採用されるのが将来の希望ですが、何処の大学が良いと思いますか」
「図書館司書に正規採用されるには、○○大学と△△大学と、どちらが良いですか」

こんな質問・相談を先生にしたとして

「□□大学で、図書館司書の資格は取得出来る」
「○○大学でも△△大学でも、大差はないだろう」

これ以上の返答を求めるのは、「甘え過ぎ」「自分の人生を丸投げしているも同然」です。

No.1,5,6です。

>先生からみて生徒は所詮人ごとですものね。

「親以上に、個人的に親身になって自分の相談に答えてくれないのは、所詮人ごとだから」
という事ならば、相当甘ったれた、歪な発想・発言だと思います。

そうです。誰にとっても「貴方の人生の選択」は
「貴方自身の事」でしかありません。

それを「先生は冷たい。優しくない。不親切だ。思いやりに欠けている」とばかりに
「先生からみて生徒は所詮人ごとですものね」と考えるのはお門違いです。

もし、先生が「貴方の進路を『身内の事の様に』...続きを読む


人気Q&Aランキング