翻訳家としての道

こんにちは。私は翻訳職を現在探しているものです。
経験としては、知り合いの伝手で、すこし翻訳を経験しましたが、翻訳会社に正式に入社して翻訳家として働いたことは一度もありません。

企業の書類選考を受ける際、自分の今までの経験を記載していますが、なかなか書類パスにはなりません。
TOEICはもっておらず、英検準一級程度しかありません。最低一級と聞きますが、
実際、どの道の翻訳家になるかはまだ見定まっておらず、悩んでいます。
大体が理系の分野、特許、IT、医学になってしまいます。

そこで翻訳経験者に聞きたいのですが、どのような人を採用する基準になるのでしょうか?
今の就職難から考慮すると、経験もあり資格もある即戦力の人を雇うのでしょうか?

詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

メディア系の翻訳については経験がないので詳しいことはわかりませんが・・・



以前興味を持っていたときに本等で調べた限りでは、出版社に勤務経験のある人が独立して翻訳を請け負っているというパターンが多いように思いました。でも、実際にその業界で働いたこともないので詳しいことはわかりません。ごめんなさい。

ただ、実際に翻訳をしている者としての実感としては、やはり最終アウトプット(この場合、雑誌記事)を書けるくらいの人じゃないと良い翻訳は難しいのではないかなーと思います。NewsweekとかTimeの翻訳って、かなり行間を読んだ翻訳だと思いますので、特に。
    • good
    • 0

経済状況に関わらず、経験者が圧倒的に優遇される職種です。



人柄等を除外して条件だけで考えますと、以下の3要素が重要だと思います。
(1)十分な基礎英語力(英検1級、TOEIC900以上)
(2)翻訳の実務経験(3~5年以上)
(3)募集分野の専門知識

これらがすべて備わっている人は一番採用の可能性が高いと思いますが、(1)が若干足りていなくても、(2)や(3)があれば結構有力だと思います。
逆に、(2)も(3)もなくて(1)だけだと厳しいです。翻訳のスタイルがまったく身についていない人がそれなりになるには時間がかかるので・・・

言うまでもなく、(1)~(3)すべてない人にはかなり厳しいです。専門分野が身につく職場で働きつつ、英語力を磨くなどして、準備期間を設けた方が良いと思います。

また、どの分野を目指されているのかわかりませんが、やはり需要が多いのは技術翻訳だと思いますので、翻訳者として生計を立てていきたいのであれば、文系出身者であっても進んで理系の知識を身に付ける姿勢は必須です。(私も高校の頃は理系科目は大の苦手でしたが、今は有機化学、IT、バイオ等、必死で勉強しながらなんとかやっています)

(2)(3)はいまさらなんともしようがないことだと思いますので、少なくとも(1)の条件は満たせるように頑張ってみてはいかがでしょうか。個人的には英検よりTOEICがオススメです。(英検だと合格か不合格か、全か無かになってしまうので・・・)あと、工業英検も技術英語の基礎が身につくのでオススメです。

この回答への補足

ありがとうござます。
一つ質問ですが、ニュース関連の雑誌や本の翻訳をする場合は、どのような道をたどれば良いかご存じでしょうか?すごく政治について興味があり、ニューズウィークなどの翻訳に大変興味があります。

お願いします。

補足日時:2010/03/18 23:12
    • good
    • 0

TOEICは、翻訳より、英会話の能力だと思います。


翻訳業界の一般的な形態としては、依頼を受けた翻訳会社が、自社で抱えている翻訳者に対して翻訳を依頼します。http://www.all-honyaku.com/status/
従って、翻訳者として売り込むのが一番です。そのためには、JTA公認翻訳専門職資格試験を受験なさると良いでしょう。
http://www.jta-net.or.jp/cpt_test_ken.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報