翻訳家としての道

こんにちは。私は翻訳職を現在探しているものです。
経験としては、知り合いの伝手で、すこし翻訳を経験しましたが、翻訳会社に正式に入社して翻訳家として働いたことは一度もありません。

企業の書類選考を受ける際、自分の今までの経験を記載していますが、なかなか書類パスにはなりません。
TOEICはもっておらず、英検準一級程度しかありません。最低一級と聞きますが、
実際、どの道の翻訳家になるかはまだ見定まっておらず、悩んでいます。
大体が理系の分野、特許、IT、医学になってしまいます。

そこで翻訳経験者に聞きたいのですが、どのような人を採用する基準になるのでしょうか?
今の就職難から考慮すると、経験もあり資格もある即戦力の人を雇うのでしょうか?

詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

メディア系の翻訳については経験がないので詳しいことはわかりませんが・・・



以前興味を持っていたときに本等で調べた限りでは、出版社に勤務経験のある人が独立して翻訳を請け負っているというパターンが多いように思いました。でも、実際にその業界で働いたこともないので詳しいことはわかりません。ごめんなさい。

ただ、実際に翻訳をしている者としての実感としては、やはり最終アウトプット(この場合、雑誌記事)を書けるくらいの人じゃないと良い翻訳は難しいのではないかなーと思います。NewsweekとかTimeの翻訳って、かなり行間を読んだ翻訳だと思いますので、特に。
    • good
    • 0

経済状況に関わらず、経験者が圧倒的に優遇される職種です。



人柄等を除外して条件だけで考えますと、以下の3要素が重要だと思います。
(1)十分な基礎英語力(英検1級、TOEIC900以上)
(2)翻訳の実務経験(3~5年以上)
(3)募集分野の専門知識

これらがすべて備わっている人は一番採用の可能性が高いと思いますが、(1)が若干足りていなくても、(2)や(3)があれば結構有力だと思います。
逆に、(2)も(3)もなくて(1)だけだと厳しいです。翻訳のスタイルがまったく身についていない人がそれなりになるには時間がかかるので・・・

言うまでもなく、(1)~(3)すべてない人にはかなり厳しいです。専門分野が身につく職場で働きつつ、英語力を磨くなどして、準備期間を設けた方が良いと思います。

また、どの分野を目指されているのかわかりませんが、やはり需要が多いのは技術翻訳だと思いますので、翻訳者として生計を立てていきたいのであれば、文系出身者であっても進んで理系の知識を身に付ける姿勢は必須です。(私も高校の頃は理系科目は大の苦手でしたが、今は有機化学、IT、バイオ等、必死で勉強しながらなんとかやっています)

(2)(3)はいまさらなんともしようがないことだと思いますので、少なくとも(1)の条件は満たせるように頑張ってみてはいかがでしょうか。個人的には英検よりTOEICがオススメです。(英検だと合格か不合格か、全か無かになってしまうので・・・)あと、工業英検も技術英語の基礎が身につくのでオススメです。

この回答への補足

ありがとうござます。
一つ質問ですが、ニュース関連の雑誌や本の翻訳をする場合は、どのような道をたどれば良いかご存じでしょうか?すごく政治について興味があり、ニューズウィークなどの翻訳に大変興味があります。

お願いします。

補足日時:2010/03/18 23:12
    • good
    • 0

TOEICは、翻訳より、英会話の能力だと思います。


翻訳業界の一般的な形態としては、依頼を受けた翻訳会社が、自社で抱えている翻訳者に対して翻訳を依頼します。http://www.all-honyaku.com/status/
従って、翻訳者として売り込むのが一番です。そのためには、JTA公認翻訳専門職資格試験を受験なさると良いでしょう。
http://www.jta-net.or.jp/cpt_test_ken.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフリーランスの翻訳家になるには

現在中国で仕事しています。正直なところ、将来は日本でずっと生活をしたいので、中国語を生かしつつ日本で働けるフリーランスの翻訳家を目指して現在翻訳学校のネット講座を受講中です。

フリーランスの通訳になるには、まず翻訳会社のトライアルに合格する必要があると思うのですが、ネットで色々な翻訳会社のトライアル受験資格をみると、「フリーランス翻訳経験4年以上」等書いてあるところがほとんどです。フリーランスの翻訳家になるために受けるトライアルだと思っていたのに、その受験資格にフリーランス翻訳経験が求められるとしたら、みなさん最初は一体どうやってフリーランスの仕事をもらったのでしょうか?

あくまで、企業内翻訳ではなくて、フリーランス翻訳家を目指しています。フリーランスの翻訳家になるための初めの第一歩のところがわからないので、経験者の方教えてください。

Aベストアンサー

現在、日本は翻訳家が多すぎて、すでに仕事をしている人も仕事が減ったり、原稿料を下げて仕事をもらったりしています。中国語は英語についで翻訳家が多いですから、たとえトライアルに受かっても仕事が来るとは限らない、ということは覚えていてください。

さて、トライアル受験資格がない場合、
1 ボランティアで翻訳する。
2 ボランティアに等しい低賃金で仕事をする。
3 翻訳会社でチェッカーをしながら翻訳もさせてもらう。
といったことで経験を積むことができます。

また、海外の翻訳会社は日本の会社よりはトライアルが受けやすい、受かりやすいので、中国で仕事を始めてしまう方がよいかもしれません。

Q求める人材・・即戦力ってどう思いますか?

今流行の言葉・・求める人材と問われるとどこの組織も企業も決まったように

”即戦力”という言葉が出て来ます。

こういうご時世だからもはやゆっくりじっくり教育して育てる余裕なんか無い・・というのが

本音なのでしょうが皆さんこれどう思いますか?

というのも同じ業界で何社も渡り歩いてきたベテラン・エリートならそれを求められて

当然だとは思いますが、新卒の業界は勿論、社会人の何たるかも分からない

数日前まで学生だった人間にこれを求めるのは酷だとは思いませんか?

まるで・・商品知識なんかどうでもいいからとにかく商品を売ってすぐに利益を上げげられる

能力のみが必要・・と言われてる気がしてあまりいい気がしないのは私だけでしょうか・・。

そもそも即戦力になる人材が欲しい!と偉そうに言うあなた(=人事担当者)は

果たして新人だった当時、即戦力に成り得た人材だったのですか?と

面と向かって聞いてみたいです。

皆様の意見・感想をお聞かせください。

Aベストアンサー

複数の外資系メーカーを通算して人事経験20年の者です。

新卒の学生さんは、基本的には即戦力としては計算していません。
但し、行動力と成長力のある学生さん(学習能力・吸収力・応用力の高い学生さん)を採用したいとは思います。

社員教育の時間や費用を昔ほど使えなくなってきていますので、OJTのような実践経験からすぐに身に付けてくれるような、素養の高い人が理想です。

入社1年で充分計算が立つ人材に成長した新人は実際に何人も見ています。
あるいはそのようなレベルであれば、それも「即戦力」の範疇かもしれません。

Q翻訳家になるには?

日英の翻訳家について質問です。

(1) 翻訳家になるには、やはりスクールで勉強しましたか?
(2) 翻訳の仕事は、どの様にしていますか?(派遣?企業で正社員?フリー?など・・・)
(3) スクールを卒業された方は、どの様にして仕事を探しましたか? また、学校では仕事を紹介していただけましたか?
(4) 年をとっても出来る仕事でしょうか?

上記の質問、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ただ、英語が好きなだけでは翻訳家にはなれません。いくら、英語が好きでも 日本語でも読むのが億劫なものを
英文を読んで訳すというのは 苦痛だし、ものすごい根気が必要です。

>(1) 翻訳家になるには、やはりスクールで勉強しましたか?
スクールに入るか、誰かについて徹底的に指導してもらう必要がありますね。

>(2) 翻訳の仕事は、どの様にしていますか?(派遣?企業で正社員?フリー?など・・・)
色んなパターンがあると思いますが、多くは自宅待機で 不定期に仕事が来る程度でしょうか。しかし、来る時は 集中したりしますね。

>(3) スクールを卒業された方は、どの様にして仕事を探しましたか? また、学校では仕事を紹介していただけましたか?
スクールによっては仕事の斡旋をしてくれるところもありますし、通訳とは別に 専門の業種に従事してて 翻訳のトライアルを受けて翻訳家になる場合もあります。

>(4) 年をとっても出来る仕事でしょうか?
年齢は関係ないでしょう。ボケたら終わりですが。


それでは、問題を出します。もし、調べても解けないのなら、翻訳は諦めた方がいいかもしれません。


先ずは、中学レベルの易しく短いですが、和訳にてこずる英文です。

Is your sister younger or older than you?


次は 高校レベルの少し難しい文ですが、最初の英文よりは和訳しやすいと思います。

A journey across America is a journey through a bewildering array of scenery and cultures that leaves the traveler with a host of conflicting impressions and opinions.

次は 少し意地悪な問題です。私たちが日本語の文章を読んでても時々英文が挿入されることがあるように、英語の文章にも稀にラテン語やフランス語が混じることがあります。
そこで、これは英語でないので訳せないというのでは プロとして通用しません。そこで恐縮ですが、フランス語の文です。

Il se tenait debout les poing sur les hanches.

これを英語に直訳してみます。

He kept himself standing the fists on the hips.

これを自然な英語にすると

He was standing with arms ******.

そこで、******に入る英単語を当ててみてください。

次は、英語の質問に英語で答える問題です。質問を読むにはそれほど難しくありませんが、
(2)の問題を除けば、英語力だけではどうにもなりません。

(1) What is the difference between nylon and vinyl?

(2) How is a plane moving, when it is flying over the sky?

(3) Here is a pentagon, which is 10 square inches. What millimeter is its each side, then?

(4) Billy borrowed $1.000 from a bank with interest at 17% per year. How much interest will the debt bear after seven weeks?

次の問題です。

(1) ミケはその魚を食べたかった。
(2) ミケはその魚を食べたがった。

(1) 飛行機は飛んでいる。
(2) 飛行機が飛んでいる。

それぞれ(1)と(2)の文の違いを英語で説明してください。

最後の問題です。次は3つの文を対比させながら (3)の文にある 助詞の“や”について英語で説明してください。

(1) 私の町には犬と猫を飼っている人は多い。
(2) 私の町には犬か猫を飼っている人は多い。
(3) 私の町には犬“や”猫を飼っている人は多い。

ただ、英語が好きなだけでは翻訳家にはなれません。いくら、英語が好きでも 日本語でも読むのが億劫なものを
英文を読んで訳すというのは 苦痛だし、ものすごい根気が必要です。

>(1) 翻訳家になるには、やはりスクールで勉強しましたか?
スクールに入るか、誰かについて徹底的に指導してもらう必要がありますね。

>(2) 翻訳の仕事は、どの様にしていますか?(派遣?企業で正社員?フリー?など・・・)
色んなパターンがあると思いますが、多くは自宅待機で 不定期に仕事が来る程度でしょうか。しかし、...続きを読む

Q障害者対象の就労支援は 本当に企業への就職を目的に動いているの?難病もあるから考慮しないといけないの

障害者対象の就労支援は
本当に企業への就職を目的に動いているの?難病もあるから考慮しないといけないのに確実にアウトな仕事しか紹介しません。

Aベストアンサー

支援学校教員です。

特例子会社などがありますが、あなたが求人を見に行く時には「ない」のでしょうね。

http://www.anawf.co.jp/company.html

Q翻訳家になるには?

私は病院で働く社会人2年目です。
資格は放射線技師という資格で、病院ではレントゲン等の撮影をしています。
ずっと英語に興味があったので、家で子育てと両立できる在宅の仕事というところに引かれて翻訳家になりたいと思うように。
できれば自分の今の仕事を生かせるような翻訳をしたいと思っています。実務翻訳の分野でしょうか。でも、放射線技師は医者のしごととは違うので、医者ほど医学が詳しいわけでも、薬剤師のように薬に強いわけでもありません。多少、医療機器のことを知っている程度です。それでも、実務翻訳家として今の仕事を生かすことはできるのでしょうか?

また翻訳家にはTOEICのテストを受けたほうがいいとか聞きますが、専門学校があったり、留学をしてなるという方もいるようで、いろいろな方法があるのでしょうか?
翻訳家になりたいのですが、どのようになったらいいのかがよくわかりません。やっぱり専門学校に入るのが一番なのでしょうか?
専門学校や通信でも、いろんな学校があって、それぞれどう違うのかもよくわかりません・・・。どんな基準で、決めるのでしょうか?
翻訳家になるにはどうしたらいいのでしょうか?

私は病院で働く社会人2年目です。
資格は放射線技師という資格で、病院ではレントゲン等の撮影をしています。
ずっと英語に興味があったので、家で子育てと両立できる在宅の仕事というところに引かれて翻訳家になりたいと思うように。
できれば自分の今の仕事を生かせるような翻訳をしたいと思っています。実務翻訳の分野でしょうか。でも、放射線技師は医者のしごととは違うので、医者ほど医学が詳しいわけでも、薬剤師のように薬に強いわけでもありません。多少、医療機器のことを知っている程度です。それ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
翻訳学校に週に1回通って勉強を少ししたことがあります。
そもそもの英語力が足りないのがよーく分かったので、今は中断してますけど。

フリーの実務翻訳になるには、翻訳会社のトライアルを受けて、合格すればその会社に翻訳者として登録できます。
ただし、すぐ仕事が来るかどうかは分からないみたいです。
フリーの方は、何社か登録してらっしゃるみたいですよ。

翻訳者を目指すのに参考になる本がいろいろ出ていますので、アマゾン等で「翻訳者」と、本の検索してみては?

No.1の方が挙げていらっしゃるアメリアに登録だけはしています。
登録するとメールで仕事の募集案内が流れたりします。(通勤も在宅も、英語以外の言語もあり)
サイトにも募集広告が載っています。自分をPRする文も載せられるみたい。
勉強中の人向けの記事もあるし、翻訳関係の情報に触れるには良いと思います。

募集要項を見ると「TOEIC850点または同等レベルの方」などの記載をしばしば見かけます。全部ではないけれど。

留学は、「日本語→英語」をやる人には良さそうですが、必ずしも必要なのかというと、そうでもなさそうな気がします。
「英語→日本語」の場合は留学しなくても大丈夫です。
英文を良く読解できて、日本文を上手に書けて、調べものが出来れば。

専門学校は、私は「通える場所」「通える日時」「翻訳専門」などで選びました(^^;
通信教育は続かない人間だし・・・・。

通学だと先生の経験談を聞けたり、他の生徒たちを見て自分の相対的なレベルが分かったり、人の訳文を読めたり、といった利点があると思います。

翻訳学校は英語力を上げるよりも、翻訳のルールやコツを学ぶのが主な目的だ、と感じました。
(課題をやっていれば多少は英語力アップしますが)
たいていどこの翻訳学校でも、入門クラスは試験なしで入学できると思います。
上のほうのクラスに途中から入る場合だと、試験やレベルチェックがあるかもしれません。

でも専門学校に行かないと「翻訳者になれない」わけではないです。
トライアルを受けるのに学歴や資格が必要なわけではありませんから・・・・。

「翻訳者」でログ検索するといくつか関連情報がありますが、最近のではこんな話題がありました。
私も書いてますが、No.3の回答は詳しいですね。
  ↓

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1621444

こんにちは。
翻訳学校に週に1回通って勉強を少ししたことがあります。
そもそもの英語力が足りないのがよーく分かったので、今は中断してますけど。

フリーの実務翻訳になるには、翻訳会社のトライアルを受けて、合格すればその会社に翻訳者として登録できます。
ただし、すぐ仕事が来るかどうかは分からないみたいです。
フリーの方は、何社か登録してらっしゃるみたいですよ。

翻訳者を目指すのに参考になる本がいろいろ出ていますので、アマゾン等で「翻訳者」と、本の検索してみては?

No.1の...続きを読む

Q書類選考に残りましたが、日程が合わずどうしても面接にいけません。

こんにちは。先日、転職活動のため、プロフィールのメールを送信
したところ、書類選考に通ったと、以下のメールがきました。

「書類選考の結果、下記日時に面接を行いたいと思いますので、 履歴書と職歴所をご持参の上、来社お願い致します。」

ところが、指定された日程から、1週間出張が入っていて、どうしても
その期間は面接に行くことができません。

その場合、何て、返事を出したら良いでしょうか。
日程変更は失礼かもしれませんが、どう無理をしても、
かなり前から決まっている出張なのでいけないのです。

なんといって、返信したら良いか、アドバイスいただけないでしょうか?
どうか至急お願いします。

Aベストアンサー

現在の仕事にまだ在職中であることは、先方も理解されているんですよね?
そうであれば、正直に出張で都合が悪いと説明する以外にないでしょう。
仕事に対してしっかりとした責任感で取り組んでいるということを、
わかってもらえれば、悪い印象はないと思いますよ。中途半端な説明を
すると、逆に相手の信用を落とすことになりかねないと思います。

もし「今の仕事はどうでもいいから、何とか都合をつけて来い」と言う
ような会社だったら、入ってから大変な思いをするような気がします。

Q翻訳家になるには?

 特に半導体技術に興味と知識があるのですが、英文翻訳家になるにはどのようなプロセスがいいのでしょうか?実務についていらっしゃる方、是非とも回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
まず関連の企業に就職して資料を翻訳する部門で働き、仕事に慣れ、業界にコネクションもできたところで、翻訳家として独立されるとよいと思います。

Q皆様が経験した仕事の中で、個人的に楽な仕事はありましたか?あまり話さず難しくない仕事など給料が低くて

皆様が経験した仕事の中で、個人的に楽な仕事はありましたか?あまり話さず難しくない仕事など給料が低くてもよいのであればお答えお願いします。

Aベストアンサー

事務所ビルの設備管理。
これは、楽ですよ。
あまり楽なので、罪悪感を抱くほどです。
電気などの資格が必要です。


田舎のノンキャリ公務員。
これも良いですね。
犯罪でも犯さない限りクビにはならないし、
給料は決行高いし。
公務員試験に合格する必要があります。

Q翻訳家になるには?

私は以前から翻訳の仕事に興味があり、今から翻訳の勉強をはじめたいと思うのですが、翻訳家になるためにはまず何をすればいいのかわかりません。翻訳の仕事をされている方にお話をききたいです。お願いします!

Aベストアンサー

どの分野の翻訳をするかによって勉強方法は変わってきます。主に文芸翻訳、映像翻訳、産業翻訳の3つがあり、それぞれ非常に異なった特徴を持っています。さらに、日本語から他言語への翻訳なのか、他言語からの日本語への翻訳かによっても違ってきます。

翻訳家になるためには...まずその言語と言語の背後にある文化を勉強をすることです。そしてそれと同じかそれ以上に大切なことは、日本語の言語と文化理解能力を上げることです。ただこれは言語的センスのあるなしに影響するので、センスが足りない場合はより多くの勉強を必要とします。

余裕があれば、翻訳家養成コースに通われることをオススメします。通信もあります。というのは、私自身はいままで翻訳の勉強をしたことがなく、仕事へのコネがなかったため、仕事を取るのに大変苦労しました。色々な会社のトライアルというテストを受け続けて、地道にやってきた結果、やっぱりコースを取るべきだった、という結論に達しました。コースを受けながら、自分のやりたい分野や得意な内容が分かってくると思います。私の専門は英日産業翻訳(産業用機械のカタログや取扱説明書などが多いです)です。

Keep going, never look back, and don't lose sight of the goal!

どの分野の翻訳をするかによって勉強方法は変わってきます。主に文芸翻訳、映像翻訳、産業翻訳の3つがあり、それぞれ非常に異なった特徴を持っています。さらに、日本語から他言語への翻訳なのか、他言語からの日本語への翻訳かによっても違ってきます。

翻訳家になるためには...まずその言語と言語の背後にある文化を勉強をすることです。そしてそれと同じかそれ以上に大切なことは、日本語の言語と文化理解能力を上げることです。ただこれは言語的センスのあるなしに影響するので、センスが足りない場合は...続きを読む

Q翻訳家の年収

翻訳家の人(自営・企業勤務両方含む)

の方、年収と 労働時間教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

企業体ならば、1ワード当り30円~70円程度を客から貰う。
普通の文章なら安い。技術性専門性が高いと当然高い。
医学や国際特許や、レアな学術関係は70円超える事も。
従業員(翻訳者)はほとんど有期契約。
給与はほぼ上記金額に比例。
個人なら1ワード当り10円~。
全て出来高払い。仕事が来るか来ないか?は専門能力があるかどうかで決まる。
TOEIC800超でも、特定の専門知識が無ければ1ワード10円程度の仕事しか来ない。
TOEIC600未満でも、特定の専門分野に秀でていたら1ワード50円以上。それが希少であれば単価は上がる。つまり点数は無関係。実務レベルでの能力が必要。
だから、年収と労働時間はご本人の実力次第。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報