ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

決算書等でよく見る△と▲の意味または使い分け方を教えてください。
タイトルの通りですが、自治会やPTAの決算書でよく見かける△と▲の意味または使い分け方を教えてください。年度によっても使い方とかが違うみたいですので悩んでいます。
きっと正しい使い方があると思いますので決まり等を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

マイナス表記での△・▲はどちらでも使うことはできます、


特に決まりごとはありませんが、毎年違うようでは見づらい?ので統一されたほうがよいと思います
自治会等は年度ごとに会計の係が変わるのでそういうことが起こるのではないでしょうか。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。統一できるよう決めごとをしたいと思います。

お礼日時:2010/03/19 06:38

いずれもマイナスを意味しますが



△・・・マイナスだか回復見込みがある
▽・・・マイナスだが今後も少々のマイナス傾向が予想される
▲・・・マイナスの暗闇だが光が見えそうだ
▼・・・マイナスである上に先が見えない(真っ暗)

というような使い分けをする人が


いない・・・・・


とも限りませんから、

責任者にお尋ねください。

一般的にはそのような使い分けはなくて単にマイナス(減少、控除)
を示します。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。特にマイナス以外の決まりはないのでね。

お礼日時:2010/03/19 06:35

△も▲もマイナスを意味し、どちらがどう違うと言うのはありません。


単純に統一されてないだけだと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。申し送りで統一したいと思います。

お礼日時:2010/03/19 06:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財務表の三角マーク(△)は?

財務諸表で数字の隣にみうけられる「△」「▲」「▽」「▼」マークについて教えて下さい。何を意味しているのでしょうか?

Aベストアンサー

(4番の補足)

エクセルで 書式→セル→表示形式→数値→負の数と順に開いてみてください
(1234)-1234 △1234 ▲1234 などと並んでいるはずです。ここでは増減ということは考えず すべて 負の数 であると考えてください

さて、貸倒引当金は負債ではなく資産のマイナス勘定といいます。単に貸倒引当金では 数を加えてしまう恐れがあります。
 500-15≠500+15

すると、貸借のバランスが崩れること(左と右の数字の合計が異なる)になります。債権から控除(マイナス、-)する形式で表示するため、-や△が付くことになります。

Q▲△帳簿に書く時どっちがマイナスでしたっけ?

▲と△ですが、どっちがプラスかマイナスか教えてください。

Aベストアンサー

マイナスを表記するときだけ、△を使うケースがあります。確定申告書がそうです。
どちらか一方の場合は、プラスには無表記、マイナスには△か▲、両方使うときはプラスで△、マイナスで▲でしょうか。

Q会計の決算における増減の▲符号のつけ方、について。

私は、ある任意団体の会計をしていますが、▲符号の表し方で困っています。端的に(下記)の場合、予算を基準として表すのか、決算を基準として過不足の符号▲を表すのか混然として困っております。教えて下さい」。
  例:予算9.993 決算4.853 増減5.140
この場合▲符号を付けるのでしょうか、付けないのでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

普通の会社等の簿記と、報告書類の目的が違うのでこうなっているのでしょうが。

予算額-決算額=比較増減という算式です。
経費等、予算をオーバーすればプラスと認識したくなりますが、上の式で計算すると、△記号がつくことになりますね。よって、お尋ねの例では、プラスを認識することになります。

ちなみに、予算案の場合には、今年度予算額-前年度予算額=増減の式になります。
これは、前年と比べて、減っていればマイナス(△)ですから、分かりやすいですが。

Q会計報告の『増減欄』について教えて下さい

初歩的な質問で恐縮です。

会計報告書の「予算」「決算」「増減額」と欄がある場合、『増減額』のプラス若しくはマイナスの表記が分らなく、教えていただきたいと思います。

前年度に対しての予算を書く場合の「増減」は理解できるのですが、そもそも会計報告書に『増減』欄があるのもちょっと理解できないです。

例えば、
収入の部について
予算が1,000,000に対し、決算が980,000だと、増減額△20,000

支出の部について
予算が50,000に対し、決算が30,000だと、増減額20,000

上記のように前年度今年度も書かれておりますが、それであっているのでしょうか?
なんかスッキリしなく教えて下さい。

Aベストアンサー

予算額に対して決算額が少なかったのなら、どちらも△マークですね。
支出のほうに△マークがないのは、ちょっと?です。

複式簿記の考え方で解釈するなら、お金が増えるか減るかではなく、数字が増えるか減るかだけを見ます。
数字が減れば△マークです。

決算の結果が、収入側で△マークが付くのはまずいこと、支出側は△マークが付く方が好ましいことです。

会計報告ということは、町内会か親睦会か何かですか。
こういった任意団体ですと、経理や簿記の経験のない人が担当になることも往々にしてありますから、自己流の解釈で済ましてしまいます。
翌年になって人が代わっても、間違っていることすら気がつかないまま、前年のやり方を踏襲してしまうのです。

Q▲と△の違い

▲と△の違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

会計書に示す「マイナス」の意味のことですね。

「-」だと、単純に横棒だけなので、ぱっと見した時に見逃して「プラス」と勘違いすることがあるからです。

プラスとマイナスの違いは大きいですね。


そこで三角印が考えられたのですが、どちらでも相異はありません。
より目立つためには▲を使うでしょうし、手書きの場合は塗りつぶすのが面倒でしょうから△を使用することが多いように思います。
とくに違いは無いと思えば良いでしょう。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q▲ ▼の意味

特許明細書にたまに書いてある、
▲ ▼の意味と使い方がわかりません。
どういうときに使って、どういう意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

いわゆる特例法の施行規則に規定されているものです。
「日本工業規格X0208号で定められている文字以外の文字を用いようとするときは、日本工業規格X0208号で定められている漢字に置き換えて記録し、又はその読みを平仮名で記録し、それらの前に「▲」、後ろに「▼」を付す。」

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報