こんにちは。最近、春の甲子園がテレビ中継されてますよね。あれを見て思ったのですが甲子園投手の平均球速って125km位ですよね(野球雑誌にも載ってました)。MAX115kmの投手もいれば140km近く投げて「大会屈指の好投手」と呼ばれる投手もいますよね。この前負けたどこかの高校の高井という174cmのサウスポー投手は140km投げてすごい評判を受けてましたね。すごくつまらない質問なのですが、みなさんは「投手の速球を投げる才能の境界線」は何キロだと思いますか?僕の聞いた話だとどこかの大学の運動生理学の研究をしている人によれば、ごく一般的な日本人男性の筋肉で100kmを投げるのはかなり難しいそうです。高校生の投手って全国の全員を合わせたらものすごい数いると思うんですよ~。投手になる時点である程度速い球が投げられるから投手になっているはずですよね。「ある程度速い球が投げられる人の中で県で数百校ある高校の中の頂点にたち甲子園に出場した高校のエース」この時点でもう努力だけではどうにもならない才能を生まれつき持っていると思うのです。だとしたら「才能がある」といえるのは甲子園投手平均の125km?
なにかしら「投手は才能」という言葉を耳にするので気になってしまいました。
みなさんはどう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして。

今年の春は仕事で甲子園をみれないのですが、
私の思う甲子園投手の才能、というのは、ドラマだと思います。
私は甲子園というとピッチャーをまず見てしまって、で、いろいろ背負うプレッシャーと戦う、その姿勢にいつも涙してしまうのですが、
たとえば昨年夏の決勝、智弁じゃない方の投手なんかは、彼より勝るエースが本当はいて、しかしそのエースがサッカーの授業で怪我をしてしまって(たしか井上とか言った??)、そんでその怪我のエースを甲子園へ連れていこう!ってことでそのピッチャーが投げてたんだけど、本当は彼もピッチャー、エースがやりたくて、で、思っても見なかった大舞台、甲子園。決勝まで残って。で、智弁打線に結局やられたんだけど・・っていう、何かしらのドラマ、人をひきつけるものがある、それも才能なんでは??と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「何キロを投げられる」というのは肉体的な才能で、「人を引き付ける」というのは精神的な才能なのかもしれませんね。プロ野球選手というのは「肉体的な才能」を持った選手がなるものですが、「精神的な才能=人を引き付ける才能」を持っている選手はプロ野球・高校野球などに関係なく持っている選手は持っていますよね。その両方を持った選手がプロ野球に多くなると日本のプロ野球ももっとおもしろくなるかもしれませんね。

お礼日時:2001/04/06 23:32

投手の才能というのは、「性格」と「体格」のことだと思います。


この二つだけは練習ではどうにもならないからです。
球速に関していうと、中学、高校の時に肩の強い子が投手になり、トレーニングによってさらに早くなるということはそのとおりだと思いますが、そこそこの体格を持っていれば、今はトレーニングによってある程度(130Kmくらいまで)速くすることは可能だと思います。昔は肩を強くする練習方法が確立されていなかったから、才能と言われていたんではないでしょうか。
例えば巨人の工藤は高校生の時は130kmそこそこのピッチャーだったと記憶していますが、プロに入ってからのトレーニングによって、37歳?の今でも140後半の速球を投げていますよね。高校の時にも相当な練習を積んだはずのピッチャーでさえ、15km以上速くなるわけですから、トレーニング次第で110kmの人が130kmを投げるようにすることは充分に可能だと思います。
ただ高校野球では、肩を強くするためのトレーニング方法が確立されているチームは少数だと思いますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。いろいろな運動生理学研究の権威の方のサイトをまわってきたところ、たしかに体格が大きい方が良いのは間違いないのですが、球速と体格はあまり関係ないそうです。生まれつき肩が強い=一瞬の間に放出できるエネルギー量が大きい。つまり筋肉の収縮が速い、という事だそうです。身長1m90の人でも普通の筋肉であれば、どんなにトレーニングしても120kmを投げることは不可能だそうです。ましてトレーニングをしなければ80~90kmがいいところでしょう。松坂投手はやはり生まれつき筋肉の収縮速度がとてつもなく速く、中学3年にして、プロ野球選手並の135kmを投げていたそうです。ちなみに松坂投手は決して体が大きいわけではありませんよね。工藤投手も高校3年時のMAXは145km近かったそうです。工藤投手がすばらしいのはその筋肉の収縮能力をトレーニングによってキープし続けている事です。メジャーの投手は平均身長190cm近くある筋肉もりもりの体格なのに145kmを投げる投手はメジャーの投手のなかの5%にすぎないそうです。これらは全て運動生理学の研究者たちの受け売りですが、いい勉強になったと思います。

お礼日時:2001/04/06 23:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイップス

僕はイップスじゃないかなあと自分で思います。キャッチボールのとき暴投がこわくて腕がうまくふれないことが多いです。治す方法を教えて欲しいです。出来れば早く完璧に治る方法がいいですが、そんな都合のいい話はないとおもうのでゆっくり治す方法でもいいです。少しのことでもいいので教えて下さい。よろしくお願いします。ちなみに僕は投手をしたいと思っています。

Aベストアンサー

中日ドラゴンズの木下達生投手が、自身のブログでファイターズ時代の体験を基に書いたものがあります。
http://ameblo.jp/watch1818/entry-10507062219.html
http://ameblo.jp/watch1818/entry-10529627302.html

一読してみてはいかがでしょうか?

Q【野球】150kmのナックルを投げる投手はいますか?【ピッチャー】

150kmのナックルを投げる投手はいますか?
大谷選手はナックルはマスターしないんでしょうか?

Aベストアンサー

ナックルで150キロ投げられるなら、指先(握り)に負担の少ないストレートは軽く170キロ超えでしょう。いや、180キロも可能か?

Qイップス

高校一年なんですが野球でイップスになりました。

こうなったら前向きに受け入れようと思いますが、

イップスの時期はかなり精神的につらいですよね

でも、それを乗り越えることによって、自分にプラスになること

メリットなどはありますか??

また、精神力を鍛えるためにはどのようなことをしたらよいでしょうか??

Aベストアンサー

元、学生野球の投手 心理学専攻です。
心理学的にイップスとは、「恐怖心」による行動の抑制とされています。言い方を変えると、「心の弱虫」が悪戯している状態ですが、対処方法は個人によって違います。大別すると
1、徹底的に練習して克服する
2、徹底的に練習しない
3、「イップス」という言葉すら忘れる(無視する)
の3つではないでしょうか?
スポーツ選手にありがちですが、「イップス」を都合の良い「逃げ道」にしていることもあります。「心の弱虫」は誰でも持っているものですが、悪戯に付き合う必要はないでしょう。
お勧めの対処方法は、3、の無視することです。
「イップス」の現象ではなく、失敗した(投げれない、打てない、など)現実に注目して、野球をしたほうがスキルもメンタルも向上すると思います。

Q高校野球甲子園を見ると、先発投手、中継ぎ投手、押さえ、がいず連投で肩を壊す人が多いけど、なぜですか?

高校野球甲子園を見ると、先発投手、中継ぎ投手、押さえ、がいず連投で肩を壊す人が多いけど、なぜですか?

Aベストアンサー

とは言え、
ここ最近は、エース一人で全部投げきるよりも
複数の投手を準備して、投球過多にならないように指導者も配慮している

昨年夏の大会でも、作新や北海はエース一本勝負だったが、それ以外のチームは分担を図ってはいた
でも、どんなにいいチームでもエース級が二枚揃うのは困難で、二人目はどうしても格落ちする
なので、二枚目が使えるのは序盤戦や点差の付いた試合などに限られる

一発勝負に挑むので、どうしたってエースに頼らざるを得ない

Qこれってイップス?

これってイップス?
野球をやっていて外野手です。
(1)ど真ん中のストレートに手が出ない。頭の中では振れ!と命令しているのに手が出ない。
(2)ストライクだと思いボールに手を出したらボール気味のインコースでファールばかり。
(3)キャッチボールが満足にできない。

昔まではこんな事なかったです。
これはイップスなのでしょうか?

Aベストアンサー

一般にイップスとは、精神的な要因でプレイが出来なくなる事を言います。
代表的なのがキャッチャーがピッチャーに返球する時、全くピッチャーが
捕る事が出来ない暴投になるなどですね。

バッターが全くバットを振る事が出来なければイップスの可能性も考えられますが
(1),(2)を見る限り、振る事は出来る様なのでイップスとは違うと思います。

ど真ん中のストレート(甘い球)に手が出ず、ボール球がストライクに
見えて振ってしまうのなら、どちらかと言うとスランプに近いかもしれませんね。

(3)だけならイップスも考えられますが、暴投など致命的なエラーでの精神的な要因が
無ければ、バッティングが悪いのが要因にも思えます。
(外野手のイップスは非常に少ないです)

ここに書かれているだけでは正確な判断は出来ませんが、イップスなら克服は
時間ががかりますが、スランプならちょっとした切っ掛けで直ると思います。

深く考えぎると逆に深みにはまる事も有りますので、気分を換えて練習などをされれば
意外と早く直るかもしれませんね。

Q高校時代、甲子園優勝投手や準優勝投手でその後プロで

野手(打者)として活躍した選手と言えば誰が思い浮かびますか?

Aベストアンサー

ヤクルトの小川監督も習志野高校の優勝投手でした。

Qイップス

イップスは野球などスポーツにしか起こらない心理現象ですか?

Aベストアンサー

イップスはもともとはゴルフ用語です。
ゴルフやアーチェリーなどはメンタル面が非常に重要となるスポーツです。
それが、バッティング面で野球にも使われるようになりました。
成績の上がっていない選手はボールを見極めようと消極的になり、
結果的に追い込まれてから打つケースが多く、結果が残せないのです。
逆に、調子の良い選手は初球から打つケースが多く、好結果になります。

イップスという用語が使われるのはまだまだ少ないのですが、この現象は
スポーツのみならず、社会のあらゆる場所で見られます。調子に乗っている
人間ほど怖い物はありませんし、高い能力を持っていても萎縮している
人もいます。

Q先発投手が5回まで投げると勝利投手の権利が得られる件について

よく「勝利投手の権利が得られる5回」ということを聞きますが、中継ぎなら1死で勝利投手になる場合があっても、先発投手はリードを奪っても5回まで投げないと勝利投手の権利を得られないのでしょうか?それなら以下の場合は誰が勝利投手になるのでしょうか?

ケース1:先発のA投手が4回2死まで投げて10-0とリード。B投手が1アウトをとるも9失点(自責点9)で10-9に迫られる。残りの4イニングをC投手が投げ無失点で10-9で試合終了。

ケース2:先発のD投手が1回を投げて1失点。E投手が4回までの3イニングを無失点で抑える間に味方が逆転し10-1。5回の1イニングのみF投手が投げ、5失点で10-6。残りの4イニングをG投手が2失点で10-8で試合終了。

Aベストアンサー

 実は5回を投げなくても勝利投手になれるケースはあります

 条件は、最低5回の投球が必要だとする規則は、実は6回以上の試合に適用されるルールです
野球規則 10・19(b)

 上には該当しない

また、野球規則 10・19(g)
 にも例外規定がありますが

 今回は該当しません

 したがって通常の常識
 先発投手は5回を投げきることが条件となるので

したがって

 ケース1の時は

 2人以上の投手が救援してどちらも勝つために効果的な投球であった場合は
        ア)投球回数
        イ)投球内容   を検討する。

により 長く投げた方がつために効果的であるので 

 4イニングをC投手と勝利投手となる



ケース2は
 先発には権利がない
 相手に得点が多い 6イニングを超えている
 5回を投げてない ので駄目
 3つも 駄目駄目駄目 で三重×
 
 E投手が4回までの3イニングを無失点で抑える間に味方が逆転し10-1
 逆転したので この時点で勝投手の権利を得る

 で残りのイニングを比較すると

 同点または逆転された時は、その時から新たに試合が始まったものとする。(それ以前に登板した投手は、何ら関係なくなる)

 1イニングのみF投手が投げ、5失点で10-6
 で
 イニング数が少ないので・・・

 この時点でE投手が権利がある

 その後に残りの4イニングをC投手が投げ無失点で10-9で試合終了。

 で同イニングですが・・

  自己の登板中にリードを奪った場合には、それが最後まで維持されたときに、その投手は「勝利投手」となる。

 ですのでE投手です



 
 
 

  
 
 
 



 

 

 実は5回を投げなくても勝利投手になれるケースはあります

 条件は、最低5回の投球が必要だとする規則は、実は6回以上の試合に適用されるルールです
野球規則 10・19(b)

 上には該当しない

また、野球規則 10・19(g)
 にも例外規定がありますが

 今回は該当しません

 したがって通常の常識
 先発投手は5回を投げきることが条件となるので

したがって

 ケース1の時は

 2人以上の投手が救援してどちらも勝つために効果的な投球であった場合は
        ア)投...続きを読む

Qイップスについて

草野球でピッチャーやってます。

イップスらしき症状に悩まされています。
キャッチボールでは、コントロールよくボールを投げられるんですが、塁間やピッチャーをやる時、軽く投げるとコントロールよく投げられるんですが、本気で投げると高めにいったりワンバンになります。

ピッチャーをやる時、バッターが入ると自分では腕を振ってるつもりでもボールは、キャッチボールの時よりはるかに遅く、ボールは高めに大きく外れるか、ワンバンになるボール球になります。

腕を振ってるつもりでも、トップからフォロースルーにかけて体はいつも通り動いているはずですが肩甲骨から先(指先)が自分の意思と反して振れなくなります。

脳の問題だと思いますが、イップスの可能性があります。何故そうなるのか?。イップス改善策などを教えて下さると助かります。

Aベストアンサー

はじめまして。神奈川でゴルフ指導をしている小森と申します。
私は野球の専門家ではありませんが、マック0915さんの症状はメンタルが原因でゴルフにも通じるものがありますのでアドバイスさせていただきます。

マック0915さんが上手く投げられないときは「本気で投げたとき」や「バッターがいるとき」ですよね。
共に結果が求められるシーンです。
キャッチボールのときや何気に投げているときはコントロールよく投げられているのですから、それ相応の能力はお持ちのはずです。
しかし、結果を意識するあまり肩から腕にかけての筋肉が硬直し、本来持っている能力が発揮できなくなっているのでしょう。

対処法としては、結果を気にせず「投げること」のみに集中することです。
また練習時に、何気ないキャッチボールのときも、出来るだけキャッチヤーに座っていただき、バッターが入っているイメージを頭の中で描いて投げるとよいでしょう。

そのような練習で自信がつけば大丈夫です。
頑張ってください。

Q先発投手は5回投げなければ勝利投手の権利がないのは何故?(コールドの例外を除く)

 5回というのが試合が成立する回だからというのは分かります。しかし、2番手以下の投手なら、5回終了時までに次の投手に交代していても、勝利投手になることがあります。極端なことを言えば、先発投手が打者一人にだけ投げ、次の投手に交代すれば、その二番手投手は回数にかかわらず勝利投手になり得る状況であれば1勝稼げるわけですね。なんか変な気がします。何故、先発投手だけ回数の規定があるのでしょうか。

 消化試合なら、最多勝がかかった投手を勝たせるために、わざと5回までに先発投手を交代させることもありますね。

 ところで、オールスター、オープン戦、WBCなどは、このルールが適用されていませんが、特別ルールということなのでしょうか。

 

Aベストアンサー

「試合の成立」が影響しているのではないでしょうか?
1回や3回投球して、勝利投手の権利を与えてしまうと、
何かの理由で試合を中止しないといけなくなった時に、
勝利投手の権利を没収してしまうことになります。
もちろん、5回までに何人もの投手をつぎ込んでいる場合は、
既にその中に勝利投手の権利を持つ選手が含まれる場合が
ありますが、ゲームが成立していない時点では
それも確定ではありませんので。


人気Q&Aランキング