HYトリビュートに加藤ミリヤなど有名アーティストがコラボ

オーストラリア在住です。一ヶ月前、虫垂炎の手術を受けました。1時頃昼食をとり、2時半頃から胃が痛くなり始め(引きつる様な痛さ)4時ごろ出かける用があって外出したのですが そのころから3度ほど食べたものを出し切るぐらいに嘔吐してしまい 帰宅したのですがその頃には腕から先、膝から先の感覚無くなるほどに胃が引きつって ただわき腹が痛むようなことは無く、帰宅後は横になってうつらうつらしたのですが、8時半ごろ医者に往診に来てもらいその時初めてわき腹を押さえられ少し痛い様な。虫垂炎の疑いがあると言うことで救急車で病院に。往診に来てもらった医者が痛み止めを打ってくれたので、後はどんどん楽になったのですが、救急病棟で血液検査、尿検査、レントゲンと検査をし、2,3人の医師が診察し、手術をするとなったのですが、おなかに3箇所穴を開けてそこから取り出すと言う方法、状況によっては切ると説明されました。ただ、虫垂炎とは確定できないとも言われました。その日は水曜日で、退院はいつになるのかと聞いたところ週明けになるだろうということだったのです。さて、手術室、執刀医がスケジュールいっぱいで、木曜午後3時に手術しました(結局穴あけ手術でした)。回復室で目覚めたのが6時、どれくらい寝ていたのかと聞いたところ30分ほどと聞かされました。
翌日金曜日午前主任医師が回診に来てガスが出たことを確認し昼食は完全食となり気分がよければ夕方には帰って良しと言われ退院しました(その時はかなり悪い状態だってと聞かされただけでした)。その後異常なく、1ヵ月後検診に行って詳細を聞いたところ手術時には破裂していたと聞かされました。どなたかどういう状況だったのか説明できる方いらっしゃいませんか?なにぶんにも英語での説明でまたこちらも言葉が適切に出てこず色々と聴けなかったのです。(破裂してたなんて大変なことなのでしょう?)お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

急性虫垂炎の主な症状は、心窩部あるいは腹部全体の疼痛で始まり,しだいに右下腹部に限局する持続痛です。

(移動しないこともありうる。)またしばしば食欲不振、悪心・嘔吐,発熱を伴う。(便秘のことが多く、まれに下痢のことも)さらに各種の圧痛点と圧痛に関係がある徴候(筋性防御)で医師に虫垂炎と診断され、血液検査・尿検査等は虫垂炎の病期症状確認、他の病気(結石・血尿)鑑別の為に行われた。

入院後MUMMYさんの経時的観察を行い,所見の憎悪もないので腹腔鏡下虫垂切除術をしたが、中をみたら破裂(穿孔)していた。急性虫垂炎の穿孔の場合、穿孔部が後腹膜側にあると痛みの所見が現れにくいことがたまにある。発症直後の初期治療で、消化管液による化学的炎症による腹膜炎程度で細菌性腹膜炎にならずにおわった。よって敗血症・循環血漿量減少性ショックなどの重傷には至らなかった。

なんてどうですか ・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございました。ご説明いただき、納得できました。医学書を見ると多分に便秘になるとあったのですが、実は前日に覚えの無いひどい下痢をしていました。実際に胃痛が始まってろくに下腹も痛まないほどのごく短時間で手術を受けたのに破裂するほどひどくなってたなんて...と思っていたのですが。そういうことだったのですね。何にしても初期治療を受けられ重傷に至らなかったのは本当に幸運だったと思います。何しろ翌日には退院でき、今では完全復活しているのですから。

お礼日時:2003/06/16 22:11

こんばんは。


私も、MUMMY様と同じ様にお昼を食べた後に、
胃が痛くなり、嘔吐を繰り返し、
余りにも気持ちが悪いし、胃が痛いしと、
耐え切れなくなり、救急で病院へ行きました。
血液検査・尿の検査・レントゲンを取り、
もしかしたら、虫垂炎かもということで
そのまま入院しました。不思議な事に、
みは段々右の下側に移り、間違えなく虫垂炎でしょうと確認し、手術しました。
結果、腹膜炎を起こしていました。
私の場合は腹膜炎ということで、右側の虫垂炎のキズの他に、
穴を開け、中から廃物(便)を出しました。
>1ヵ月後検診に行って詳細を聞いたところ手術時には破裂していたと聞かされました。
とは、私と同じでしたら、腹膜炎を起こしていたのだと思います。
腹膜炎も手遅れになると大変な事になるそうです。
早めの対処で大事至らないで良かったですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答有難うございました。本当に驚くほど状況が同じですね。私の場合は、予定通り穴を3箇所開けただけの手術だったので、[tyako42」さんほどはひどくなかったのかもしれません。何にせよお互い大事に至らなくって幸運だったのは間違いないですよね。お互い身体を大事にしていきましょうね。

お礼日時:2003/06/16 22:28

最初の虫垂炎の切除がなされて無かったなど、普通の


虫垂炎のオペであればそれは無いと思います。
最初のオペは虫垂炎から回腸にまで炎症が広がっていたとか、何か特別な状況下のオペではなかったのですか。
 それは置いておいて、「破裂していた」場所で考えられるのは、虫垂切除の縫合したところか、その付近の回腸に炎症が偶然起こって、腸の一部が少し破れていて、腹膜炎を起したと考えられます。
それで穴を開け炎症を閉じ込めないようにして、抗生剤で治療をします。腹膜炎の原因がピンホールのような穴からでも起こりますから、今回の処置が腹腔と皮膚を通して穴開けるだけで、腸はいじられなかったのなら、それを破裂していたと言ったのでしょう。
ピンホールなら自然に塞ぎますし。
いずれにせよ腹膜炎で大事に至らなくて幸いだったと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございました。ただ、私の場合、胃痛を起こしてから始めて医者に見てもらいそのまま病院へ行き、手術を受けたので、手術は一度だけでした。やっぱり破裂していたのは虫垂のようです。でも、何にしてもおっしゃるように大事に至らなくて本当に幸いだったと思います、

お礼日時:2003/06/16 22:23

医師ではないので経験談です。


私の時は、それほどの苦痛はなく、病院にいっても
「虫垂炎なら、もっと痛いんですがね・・・」
という感じでした。
よく日の検査(白血球検査だったと記憶してます)では、虫垂炎の可能性が高いとのことで、
「開腹して、とります。虫垂炎でなくても取ります」
との事でした。
なんでも、他の医師が腹部の開腹をみて、虫垂炎ではないと予断してしまうと悪いので、虫垂炎でなくても取っちゃうそうです。
結果は、虫垂炎であったのですが、人によって痛みが違うそうです。私の場合、痛みが弱かったそうです。

私のいとこも、虫垂炎でしたが、医師が誤診(?)で風邪だと言われ続け、破裂したために腹膜炎になり、数ヶ月入院しました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答有難うございました。いとこの方大変でしたね。私の周りでも虫垂炎で破裂していたため、かなり大きく開腹され入院期間も一ヶ月ぐらいと言う話をその後よく聞きました。初期治療を受けられ大事に至らなかった私は本当に幸運だったと思います。

お礼日時:2003/06/16 22:18

スミマセン・・・


経験者でないので詳しい事はわかりません。
ただ友人の話ですが・・・

前々から盲腸だったのですがそれほど悪くなく薬を飲んで手術はしていなかったのですが、急遽、破裂で結局は手術しました。
なので破裂は大変なコトだとは思いますが少なくはないと思います。
確か破裂って化膿していて・・・って事だったと思いますけど。

破裂の場合もちろん治療が遅くなれば命に関わると思います。
多分、友人は急性ではなかったのかな?

とっても曖昧ですみません・・・
お役に立ってないと思いますが、一応です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。私の場合は、何も自覚前兆のようなものが無く、間違いなく急性だったようなのです。私もやっぱりずいぶんと腫上って破裂したと聞かされました。

お礼日時:2003/06/16 21:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 急性腹膜炎<食道・胃・腸の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    急性腹膜炎とはどんな病気か  腹膜とは腹腔内(ふくくうない)をおおう膜です。本来腹腔内は無菌になっています。この腹膜に細菌感染や物理的・化学的刺激によって炎症が起こるものを腹膜炎といいます。腹膜炎は、その経過から急性腹膜炎と慢性腹膜炎に分類されます。  急性腹膜炎には、腹膜全体に炎症が広がる急性汎発性腹膜炎(はんぱつせいふくまくえん)と腹膜の一部に膿瘍を形成する限局性腹膜炎(げんきょくせいふくまくえん...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q虫垂炎の手術後についてなんですが・・・

こんばんは、3月末に虫垂炎の手術を受けました20代・女です。
1年ほど前から(※恐らく後の虫垂炎からくる)腹痛に何度も襲われていたのですが、この3月末に虫垂炎発覚→手術とようやく痛みから解放された・・・と思っていたのですが、最近になって右下腹部に違和感を感じるようになりました。
痛みというほどではないのですが、右下腹部の一部分が張るようなそんな違和感を数日前から感じています。

この症状について調べてみたのですが、多くの方がこういった症状に悩まされているということがわかりました。
ただ私の場合は虫垂炎の手術をした経験がある(※虫垂は切ってもらっています。)ということからもやはり同じような症状でも全く同じではないと思っています。

そこで教えていただきたいのですが、虫垂炎の手術後に違和感や再度痛みを感じた場合、それらは何らかの病気の合図と考えたほうがいいのでしょうか?
私の場合、虫垂炎が発覚したときには相当の膿が溜まっていたとのことで、またあの悪夢の日々を繰り返したくない気持ちから何らかの病気に罹る前にできる限りの対処をしたいと考えています。

お時間ある方、どうぞ回答のほうよろしくお願い致します。

こんばんは、3月末に虫垂炎の手術を受けました20代・女です。
1年ほど前から(※恐らく後の虫垂炎からくる)腹痛に何度も襲われていたのですが、この3月末に虫垂炎発覚→手術とようやく痛みから解放された・・・と思っていたのですが、最近になって右下腹部に違和感を感じるようになりました。
痛みというほどではないのですが、右下腹部の一部分が張るようなそんな違和感を数日前から感じています。

この症状について調べてみたのですが、多くの方がこういった症状に悩まされているということがわかりま...続きを読む

Aベストアンサー

 おそらくは術後の癒着(ゆちゃく)によるもので、虫垂炎だけでなくお腹の中の手術をした時はよくあることです。つっぱる様な引っ張られるような痛みを感じることが多いと思います。
 相当の膿が溜まっていたとのことですので癒着を起こす可能性は高いです。
 まずはどんな時に痛くなるかチェックしてみてください。食事に関係しているか、運動に関係しているかなどです。
 それで手術を受けたところに相談してみてください。
また、女性ですので右下腹部の卵巣の病気とも考えられます。痛みが生理周期に関連していると可能性は高いです。
ぜひ婦人科にも相談してください。

Q虫垂炎を散らした後の再発について

先日、虫垂炎を患い、抗生剤で散らしていただきました。当然、再発の恐れもあり、ひどい場合は手術との事で退院をしたのですが、一般的にどういう時に、また、あのような痛みがでるのでしょうか?また、症状によると思いますが、散らす処置は何回ぐらい出来るものなのでしょうか?再発防止に気をつける事等あれば教えていただきたいです。
うまく文章に出来ず申し訳ありませんが、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

施設によって考え方など違うかもしれませんが、うちの病院では虫垂炎は再発した場合はope(手術)が基本選択肢ですね。散らす処置は初発の時だけで再発の際に散らしたのは見たことがありません。何回も抗生剤で散らすぐらいなら虫垂を取ってしまった方が楽ですし、また痛みが出るかもしれないという不安もなくなりますから。

再発を防ぐ方法に関しては確立されたものを聞いたことはありません。虫垂という部分は盲端になっていて流れが滞留しやすいため細菌の繁殖の場となりやすく、炎症が起きやすいのですが、このことは虫垂自身の解剖学的構造によるもので防ぎようがありません。つまり虫垂が存在する限り再発の恐れはあります。そしてそれを根本的に解決するためにはopeして虫垂を取り除くしかありません。

以下、参考までに。

appe(虫垂炎)の人は今までに何人も見ましたが、外科医は手術になるかどうかをいわゆる“ope腹”であるかどうかで判断しています。“ope腹”とは、単純に言えば、反跳痛が強いかどうか(=手でお腹を押さえていった時よりも手を離した時に痛みが強いこと)、筋性防御があるか(手でお腹を押さえた時に腹筋の抵抗でお腹がカチカチに感じること)ということでこれらがあってその症状が強ければ虫垂炎からお腹全体に炎症が広がってしまう腹膜炎を起こしかかっている(もしくは起こしている)わけですぐにopeが必要となります。

また、病院に来た時点でope腹でない人の場合はまず入院させ、とりあえず抗生剤、禁食、補液で様子を見て炎症を示す血液検査のCRPという値や白血球(WBC)数が上がってこないかどうか数日観察して問題なければそのままopeせずに退院となるケースもあります。貴方の場合がこのケースでしょう。
ただ、最初、ope腹でなくてもCRPやWBCが上昇してくるケースもよくあります。この場合は積極的にopeを行います。虫垂という部分は人間にとっては痕跡器官であり、何の働きをしていないのでとってしまっても問題ないわけですからそれを切除するにあたってメリットはあってもデメリットは考えられずためらう理由がないからです。

虫垂切除術は現在では非常に小さな創で行うことができるopeで手術時間も基本的には30分~1時間であり、安全性も高いopeです。また最近では臍の穴から内視鏡とその他の鉗子を入れて行い、傷を残さないSILSと呼ばれるope方法を取り入れている病院もあります。
いずれにせよ通常、入院~手術~退院まで1週間前後で済む危険性の少ない手術ですのでもし今後手術することになった場合でもご安心を。

施設によって考え方など違うかもしれませんが、うちの病院では虫垂炎は再発した場合はope(手術)が基本選択肢ですね。散らす処置は初発の時だけで再発の際に散らしたのは見たことがありません。何回も抗生剤で散らすぐらいなら虫垂を取ってしまった方が楽ですし、また痛みが出るかもしれないという不安もなくなりますから。

再発を防ぐ方法に関しては確立されたものを聞いたことはありません。虫垂という部分は盲端になっていて流れが滞留しやすいため細菌の繁殖の場となりやすく、炎症が起きやすいのですが、...続きを読む


人気Q&Aランキング