最近、首がヘルニアになってしまいました。ヘルニアと診断される前に、MRという検査をしました。首は、急に痛みがでて、ヘルニアと診断されたわけですが、それとは、別に5年ほど前(一人目の子供を妊娠したとき)から、腰痛がひどく、こちらも気になっているので、通院している間にこちらも調べてもらったほうが良いかと考えています。
(腰痛の症状は・・・前かがみになると、すっと体を起こすことができません。腰の手を当て、一度ひざを曲げて体を起こしてから、ゆっくり体制を整えます。基本的に、反るのが、痛い。仰向けで、寝てしまうと、朝,腰が痛くなっています。)

(1)今まで、腰痛に関しては、スポーツマッサージの先生にマッサージをしてもらっていて、整形外科には、通ったことがないのですが(子育て特有のものかと思っていたので) やはり、整形外科で調べたほうがよいのでしょうか。

(2)腰の検査をする時は、よく、MRIという検査をすると耳にするような気がしますが、MRで検査することもあるのですか?(首は、MRIでは、検査できないのですか?)

(3)MRIという検査は、CTみたいな筒に入るんですか?(MRのような圧迫感はありませんか?)


MRの検査が余りに怖かった(圧迫感がすごく、閉所恐怖症の人の気持ちがわかった気分です。叫び出してしまいそうなほど、ドキドキしました。痛みのせいで、30分のところを約半分で終わらせてもらえましたが、もう一度あの検査をする勇気がありません)

どなたか、教えてください。よろしくお願いいたします。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=53976,http …
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=55361,http …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

お返事頂いたのに、遅くなってごめんなさい。


3年間で3人と言うのは、下が双子だからです。ご名答!!
なんて、話がそれましたが、やっぱり、出産に関しては、注意するようにとは言われました。体重の増加や、体の重心が変化すると、(お腹が大きくなるのでね。)腰や首でも、負担がかかるところが変わったりするそうです。でも、逆に、若いうちの方が体力があるので、出産は早い方がいいとも言われました。私個人としても、年後で双子なので、(3人とも女なのですが・・・)2度の出産で得したって言う感じですよ!さすがに双子の時は腰が痛くて泣きたいくらいでしたが、家事を適当に怠けながら、とにかくごろごろしたり、休んでいました。後になって、また入院、手術なんて事になったら、余計家族に迷惑がかかりますもんね。msgさんも、ご実家で休めてなによりでした。何かと気遣いもあるでしょうが、ちょっとでもつらい時は自分を責めずにゆっくりしてくださいね。(この痛み、経験者じゃないと、分かりませんもの。)
長くなりましたが、質問のお返事を。
1、妊娠中は、腰が痛くなったりはありますが、ピーク時の痛さほどではないし、その都度休みを取っていたので、一時的なものでした。普段の生活ならゆっくりお風呂に入ってぐっすり眠れるとよかった気がします。妊娠中は整形外科には通っていませんでしたので、自分で湿布をはるくらいでした。
2、手術後も、まるっきり痛みが取れた訳ではなく、やはり左足の神経に違和感が残っています。これは、先生曰く、正座に慣れるように(毎日正座していれば、そのうち足がしびれなくなるように)、生活の中でうまく付き合っていくしかないそうです。今ではあまり気にならなくなって来ました。術後は、主にホットパックのリハビリをしました。(半年くらい)牽引は、合う人とそうでない人の個人差があるようです。(私は、牽引も、針もマッサージも効き目がありませんでした。針などは、合う人はびっくりするほど効き目があるそうなのですが。)運動も、激しいものは避けています。(スキー、スノボーもあきらめました。)筋肉は、腹筋と背筋、両方にバランスよくついてないと余計に悪いそうです。聞いた話ですが、ステッパー(通販などにあるやつ)は、腹筋と背筋、体力維持、足腰に良いそうですよ。私もちょっと欲しいと思っています。
3、MRIも、目の前10センチくらいに壁がありました。検査は、はじめの病院では20分くらい、手術をしたところでは40分くらいだったと思います。音波での検査なので音がうるさかったのですが、後の病院ではなんと、当時売れていたアムロちゃんのCDをかけてくれました。たぶん、おじさんなら演歌がかかったりするんじゃないかな、そのおかげで、私は半眠りになるくらいリラックスしていました。いっしょに歌ったり?!やはり、その人によって検査時間はまちまちなんでしょうね。固定はされませんでしたが、動かない様にとは言われました。
ちょっとは参考になったでしょうか?人それぞれですが、次のお子さんを考えているなら、早目が良いと思います。もちろん、ご自分の痛みの具合が最優先ですが、必要以上に心配なさらなくても平気ですよ。今は、痛みが大変でしょうが、子育ても無理せず、とにかく休み休みで、応援しています。余談ですが、やっぱり冬や梅雨は、痛みやすいし直りにくいそうです。(先生談)妊娠後期に向かって暖かくなる頃に合わせられたら、なお良いかも?!
では、くれぐれもお大事に。ご家族皆様にもよろしく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいところ、どうもありがとうございました!ほんとーに参考になりました。もうすでに若くないのですが、これ以上若くなることもないし、様子を見ながら考えて行こうと思います。。今日、腰をみてもらいに言ったのですが、こちらは、レントゲン以上必要ないかんじで、ただの腰痛と、言われました。(ホッ・・・)腰痛体操でも始めようと思っています。しかし・・・年子に、双子・・・尊敬しちゃいます! お互いに、子育て頑張りましょう! 本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/04/03 15:54

再度お答えします。


(1)出産したのは術後です。ヘルニアで出産を諦めるなどという話は聞いたことはありません。私も大丈夫でしたよ。
(2)多少だるいなどの症状はありましたが、痛みはさほどありませんでした。
(3)「ブロック」って神経ブロック注射のことですか?
私も専門家ではないので、よく分かりませんが、ブロック注射のことであれば、経験はあります。術前に確か5回くらい2週間おきにやりました。私の場合は痛みは軽減しましたがまたぶりかえして消滅はしませんでした。私の場合の「手術」はメスを入れるものでしたから、注射とは明らかに違います。
(4)寝る前に腰痛体操みたいな簡単なストレッチはしています。あとはひどい腰痛の前に「あっ、やばいな・・」って感じる前兆みたいなものがありますよね。そういうとき市販の腰痛ベルトをして防ぐようにしています。
腰痛はつらいものですが、お互い子育てもがんばりましょうね。お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。大変参考になり、また、元気も出ました!
腰は、ヘルニアでないことを祈っているところです。まずは、私も腰痛体操しようと思います! 本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/04/02 23:13

私は20代前半で腰椎椎間板ヘルニアの手術をした人間です。

体にメスを入れるのがいやで、針灸治療・電気治療・カイロ・マッサージ・・・通った治療院は10カ所を越えました。でもヘルニアの突出部分があまりにも大きかったので結局大学病院の整形外科で手術となりました。どれも治療直後はよくても根本的な解決にはならなかったんです。その後それまでの痛みも麻痺もなく、しばらくは快適な生活でした。今は子育ての疲れもあり、多少の腰痛はありますが手術したことは後悔していません。
MRIの検査は確かにすごい圧迫感があり、愉快なものではありません。しかし造影剤を入れた後の頭痛ほど苦しくはありませんでしたよ。腰痛にはいろいろな原因がありますから是非一度整形外科を受診して原因を特定する事をおすすめします。私の場合ももっと冷静に早期にヘルニアの大きさや状態を把握していれば、あんなに痛い思いや麻痺を経験しないうちに手術に踏み切っていたような気がします。
検査の結果、様子を見てもいい程度なら安心できますし、その時は予防の意味でスポーツマッサージの先生でもいいし、針治療などの東洋医学に頼ってみるのもいいと思います。まずはお子さんのためにもよくお考えの上検査をなさったらいかがでしょうか?お大事に・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答いただきましてありがとうございました。すぐに読ませて頂いておりましたが、少々体調がすぐれず お礼が遅れてしまい、申し訳ございません。

いくつか、お聞きしたいのですが・・・

(1)お子さんがいらっしゃるということですが、術後にご出産されたのですか?
 腰のヘルニアで、出産をあきらめるよう言われたという話を聞いたのですが
 そういうことは、なかったのですか?


(2)妊娠中 痛みは、でませんでしたか?

(3)他の方で,「ブロックをすると一年は持つ」と教えてくださった方がいるのですが
 ブロックと手術って別物なんですか?

(4)その後、マッサージや、運動など 何か特別にされていることはありますか?

もしよろしければ是非教えてください。お願いいたします。

お礼日時:2001/04/01 22:39

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


さらに「MRI」に関しては
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(MRI)
このページで特に「検査の際に感じること」・「検査に伴う危険」等と関連リンク先を参考にして下さい。
「検査に伴う危険」には各部位のMRIへのリンクがあります。

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=55152
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/01 21:59

腰と首の両方のヘルニアになった者です。

両方とも直っています。そこで経験者としてお応えします。

1)腰の時は、もう10年以上前になりますので、CTとかMRIのような最新の検査機器がまだなく、病名を確定するのに苦労しました。3つの大病院で、整形外科、神経内科にかかり、やっと椎間板ヘルニアであることが分かりました。勿論レントゲンはありましたが、これでは骨の状態しか分からず、神経の状態を知るには、近代兵器が必要なのですね。

2)首は3-4年前で、整形外科のクリニックで、ヘルニアということは高い確率で分かったのですが、大病院でMR検査を受けるように言われ、確定しました。

■そこで思うのですが、西洋医学の優れているところは、最新の医療機器を駆使し、病名を特定できることです。治療は別ですが。(あとで申し上げますが、わたしは治療を東洋医学でやりました。)ですから、あなたが検査を恐れていることはよく分かりますが、これは是非とも頑張って受けて下さい。よくなるための入り口ですから。痛くもかゆくもないし、東洋医学でも、こうした検査は要求します。

3)さて治療ですが、西洋医学では直す方法は、薬か手術しかありません。緊急の場合を除いて、わたしはできるだけ、東洋医学に頼ることにしてます。その様子をかなり正確にこのサイトに投稿したところ(↓下のサイトをご覧下さい)、外科医から猛反撃を食いました。ですからここには書きません。下のURLをご覧になって、ご自分でご判断下さい。

お役に立てれば幸いです。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=53976
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答いただきましてありがとうございました。

お礼日時:2001/04/01 22:09

痛みは大丈夫ですか?私は、3年前に、腰椎椎間板ヘルニアの手術をしました。


仕事で、重いものを運ぶ事がメインだったので、何だか足が痛いな、と思っているうちに、1ヶ月くらいで、歩けなくなってしまいました。
首のヘルニアって言うのは、(腰でも)腕や、足の神経に障って、どこかに痺れとか出ていませんか?
私は、左足が完全に麻痺するほどで、人によっては腕や両足に出るそうです。で、程度もひどかったので、何度か転院もして、結局手術しかなくなりました。
まず、ひたすら、休んで下さい。少しでも無理すると、悪化するばかりです。これは本当ですよ、お子さんを抱っこも出来なくなってしまいます。
腰痛も、もちろんそこから来ていると思います。このままでは、腰も本格的にヘルニアになるまで時間はかからないと思いますよ。首をかばっているうちに、腰に負担が余計にかかりますから。とにかく、体を休める事。怠けて下さい。
接骨院とか、針灸院ではなく、整形外科、神経科をお勧めします。その人によって、注射でまるっきり痛みが取れる人もいるようですから、早めに受診してくださいね。
それと、MRと言うのが私には分からなくて、(同じ物ではないのでしょうか?!)私は、もっぱらMRIで検査していました。おっしゃるとおり、CTのような筒に入って、ゴンゴンとか、カンカンとか、すごい音のする中で検査します。閉所恐怖症の人は申し出てくださいって言う注意書きがあった気がします。
その後、手術のために、脊髄に造影剤と言うのを入れてレントゲンをとる検査をしました。(詳しく見るため。)
出産を機にヘルニアになる人、多いそうですよ。(いつもと違う姿勢や体重の変化で。)とにかく、早めに診てもらって、ひどくならないうちに直してくださいね。
と言っても、再発も多いそうで、私も普段から気をつけています。疲れたら、さっさと休んだり。とはいえ、私も手術後、3人の子持ちになったので、あまり心配し過ぎなくても大丈夫。うまく、自分の生活スタイルと付き合っていってくださいね。お互い頑張りましょう。
内容が足りなかったらごめんなさい。おだいじに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答ありがとうございました。ちょっと、体調が悪かったので、お礼が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

別件で,質問を出していたのですが、ヘルニアになったからといって、出産を諦めなさいとか、っていう話は無かったのですね?そう言われたという人の話を聞いて(実は、もうひとり子供が欲しいので、)ちょっと心配だったのです。

しかも、3年間で、3人?! それって、全部、年子なんですか?双子ちゃんかな?
と、話がそれて済みません。でも尊敬してしまいます!
気を付けるといっても、3人も小さなお子さんがいたら,どうしたって、抱っこしなければならないですよねえ・・・・・
実際、ヘルニア騒動は、ここ2ヶ月の間の出来事だったのですが、子供を抱くどころか、自分のことも何も出来ずに、主人の実家に泊めてもらいにいきました。

いくつか質問させていただきたいのですが、
(1)妊娠中は、全く痛みなしですか? 
(2)術後、なにか、特別な対策はとっていますか? 運動とか、牽引とか・・・
(3)MRIが、どんなところに入っていくのかは、他の方のご回答でわかったのですが、中では、目の前(10センチとか)に機械が迫っていたりしましたか?何分くらい入っているのですか?

(3)については、補足しますと,MRという検査は、車体の低い車のしたにもぐるような感じで、目の前10センチくらいのところに大きな壁があり、しかも、首と頭を固定されていて動けないという、息が止まりそうな恐怖だったのですが。音は、確かにうるさかったです。

もし、よろしかったらもう少しお付き合いください。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/04/01 22:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘルニアになりやすい犬の種類は?

ダックスとコーギーですか?

Aベストアンサー

椎間板ヘルニアであればダックスとコーギーはなる可能性が他の犬種に比べて高いんじゃないでしょうか。

<http://www.anicli.com/~vet/kensyu.html>

鼠径ヘルニアていうのもありまして、骨盤の穴から腸が出てしまうっていうものです。うちのダックスは椎間板ヘルニア、鼠径ヘルニア両方やってしまいました。

 

Q外そけいヘルニアと内そけいヘルニアの違いとは

本やインターネットで調べたのですが、簡単にいうと、

内そけいヘルニアは加齢によって筋や腹膜が弱くなって間隙ができることが原因で、外そけいヘルニアは先天的な原因が多い…?
ということであっていますか?

外そけいヘルニアは子どもだけでなく、大人もなりますよね、なので先天的な原因というのがわからないです。解剖の本を見たのですが、はっきりとした違いがわかりませんでした;

わかりやすく内そけいヘルニアと外そけいヘルニアの違いを教えていただけないでしょうか。勉強不足で申し訳ないです;

Aベストアンサー

参考URLが絵があってわかりやすいかとおもいます。
小児の場合は先天的に広めに開いているもので、大人の場合はもともと少しだけあいているそけい管の部分が加齢による衰えや腹圧で広がりそこに腸が入り込んでしまうのが外そけいヘルニアです。
小児のヘルニアの全てと、大人の80%はこのタイプです。

それに対して内そけいヘルニアは元々はちゃんとふさがっていたにもかかわらず加齢により弱くなった部分の腹膜が押し破られて腸がはみ出したものです。中年以降の男性に多いようです。

両方とも加齢が原因なのは同じです。はみ出る場所の違いです。

参考URL:http://www.ookuma-hospital.or.jp/column/column_07_09.html

Q椎間板ヘルニアは・・

椎間板ヘルニアと診断されたものです。
MRIで腰椎の間のクッションが黒くなっていました。
あと、少し神経を圧迫していました。
この診断で椎間板ヘルニアと判断される材料でしょうか?
別の病院では、何も言われなかったので、病院の主治医により個人差があるみたいで、困ります。

あと、間欠跛行があるのですが、これも椎間板ヘルニアの影響でしょうか?
間欠跛行は、少しの時間あるくと、筋肉痛みたいになる症状です。

あと、椎間板ヘルニアで、ロキソニンとミオナールをもらっていますが、
これは、椎間板ヘルニアの定番の薬でしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>この診断で椎間板ヘルニアと判断される材料でしょうか?

腰椎椎間板ヘルニアの診断基準は、ヘルニア(飛び出すこと)の画像所見と実際の症状が一致して初めて確定します。たとえば右手をつねっても、左手が痛ければそれはつねったための痛みではありませんので、つねったことが原因とはなりません。ですから画像上ヘルニアがあっても、症状がなければ病名とし腰椎椎間板ヘルニアとはなりません。


>あと、間欠跛行があるのですが、これも椎間板ヘルニアの影響でしょうか?
間欠跛行は、少しの時間あるくと、筋肉痛みたいになる症状です。

これは主治医でなければわかりませんが、ヘルニアの症状の一部でも歩行障害がありますのでその可能性もあるとは思います。ただ歩行障害の原因は何もヘルニアに限ったことではありません。


>あと、椎間板ヘルニアで、ロキソニンとミオナールをもらっていますが、
これは、椎間板ヘルニアの定番の薬でしょうか?

実はヘルニアは自然治癒することが分かっています。理由は簡単にうとヘルニア部分を白血球が異物と判断し食べてしまうからです。飛び出た椎間板が、吸収されてもとの位置に戻るわけではありません。

薬やリハビリなど手術以外の治療方法を保存療法と言います。保存療法は稀ではなく、全国の医療機関でまず第一に行われるものです。ロキソニンとミオナールはごく一般的ですね。ただ症状が変化しなくても、薬を変えようとしない医師がいますので、そういう病院は注意が必要かもしれません。状況が悪くなればボルタレン、トラムセットやステロイド、ブロック注射、そもそも下肢症状に対してのお薬は最初から欲しいところですけど・・・。

ではなぜ保存療法がいいか?手術は病巣の椎間板の核を全部取ってしまいます。椎間板とは外力を吸収するクッションの役割をしています。椎間板を取り除いてしまうので、症状は取れますが、長いスパンで見ると違う腰痛が出やすくなったり、上下の椎間板がヘルニアになるケースもあります。例えば綿が飛び出しているボロボロの座布団でも、中の綿がまったくない座布団よりは足が痛くならないと同じです。


では、どんな時に手術を選択した方がいいのかその目安をご紹介します。

・排泄障害
・あらゆる保存療法も効果がない
・四六時中耐えがたい痛みがある
・異常歩行
・筋肉が落ちてきた

以上はあくまでも目安で、即手術を進める医師もいますが私はお勧めできません。保存療法とはお薬(非ステロイド性抗炎症剤、ステロイド、末梢性神経障害性疼痛薬)、ブロック注射、電気や牽引などのリハビリ(週3回以上)、病院の治療と並行して鍼治療です。まずは保存療法で疼痛をコントロールして根治(自然治癒)を目指しましょう。ちなみに整体やカイロは無資格の上、ヘルニアは禁忌ですからお気をつけ下さい。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

>この診断で椎間板ヘルニアと判断される材料でしょうか?

腰椎椎間板ヘルニアの診断基準は、ヘルニア(飛び出すこと)の画像所見と実際の症状が一致して初めて確定します。たとえば右手をつねっても、左手が痛ければそれはつねったための痛みではありませんので、つねったことが原因とはなりません。ですから画像上ヘルニアがあっても、症状がなければ病名とし腰椎椎間板ヘルニアとはなりません。


>あと、間欠跛行があるのですが、これも椎間板ヘルニアの影響でしょうか?
間欠跛行は、少しの時間あるくと、...続きを読む

Qヘルニア治療について・坐骨神経痛が治らないので 調べたらヘルニアになっていました。

3,4ヶ月前に脚がしびれ、激痛が走るようになり、病院に行くと
坐骨神経痛だと診断されました。
痛み止め薬、座薬、注射をやってきましたが 全然良くなりません。

それで MRI検査を大きい総合病院で撮影することになって
痛みの原因は ヘルニアによることだと確認できたそうです。

昔から腰痛持ちだったのですが 当時、先生に言われたのですが
尾てい骨上ぐらいの骨と骨の間隔が狭いからと言われた所そこが
ヘルニアになっていました。
ここ2年間は ジョギングや腹筋をして運動不足を解消してたんですが。。。。

通院してる病院では 対処しずらいので この地方一番の背骨の
権威がある国立病院に紹介状を書いてもらい 
今月末に診察にいくことになりました。

それで どんな治療方法でいくらぐらい費用がかかるのか 
教えていただけないでしょうか。
治療期間や入院の場合、普通の生命保険は 適用されるのでしょうか。

レーザー治療や内視鏡手術とか 聞いたことあります。
*めっちゃ高いらしいと聞きましたが・・・・
ヘルニアは 手術しても完治しないことも多々?多少?あると聞きました。

個人、個人によって 治療方法や完治するかわからないと聞きましたが
今現在も そのような状況なのでしょうか。

3,4ヶ月前に脚がしびれ、激痛が走るようになり、病院に行くと
坐骨神経痛だと診断されました。
痛み止め薬、座薬、注射をやってきましたが 全然良くなりません。

それで MRI検査を大きい総合病院で撮影することになって
痛みの原因は ヘルニアによることだと確認できたそうです。

昔から腰痛持ちだったのですが 当時、先生に言われたのですが
尾てい骨上ぐらいの骨と骨の間隔が狭いからと言われた所そこが
ヘルニアになっていました。
ここ2年間は ジョギングや腹筋をして運動不足を解消してたん...続きを読む

Aベストアンサー

ヘルニアの手術を2回したものです。
ご存知の情報とダブル部分もあるかもしれませんが。
腰椎椎間板ヘルニアというのは、腰椎と腰椎の部分でクッションの役割をしている椎間板(髄核と線維輪で構成)の部分が何らかの原因でとびだし、背骨の神経を圧迫するものです。正確にいうと、おまんじゅうにたとえると、あんこの部分(髄核)が皮(線維輪)をやぶってそとに飛び出た状態です。なので一度飛び出たものは治りません。ただ、飛び出たとしても、症状にはちがいがあり、要するに痛みがなくなればいいのです。これは神経の圧迫度合いなど、個人差があり、現在は保存療法といって、手術はできるだけしない方向で治療はすすめられるはずです。ただ、痛みがひどい場合や排尿・排便障害、麻痺などがある場合は手術します。患者の一割程度ときいています。私はヘルニアで整形外科やポペインクリニック科に4.5回入院していますが、実際注射などの治療で痛みが改善して早期退院される方も多いです。また手術後は痛みもなくなって回復の早い方もいるし、私のように手術後もかなり長く痛みがとれず、日常生活に支障をきたす場合もあります。治療方法のステップとしては、安静(ときに牽引)→ブロック注射各種→最終手段 手術ということになるかと思います。あとは痛み止めの薬などでしょうか。注射に関しては病院の治療方針でいろいろあるのですが、一般的には硬膜外ブロックを数回行い、効かない場合は神経根ルートブロックでしょうか。この注射でかなり改善する人が多いようです。私も何人も痛みがよくなった人を入院中みました。最初はみな動けなくなって、うなりながら救急車で運ばれるんですが、うまくいけば、安静や注射でかなり痛みがなくなります。あとは無理せず生活に気をつけたほうがいいかもしれません。ヘルニアの出方や種類によって、現在長い年月をかけて小さくなる場合もあるということがわかってきて(侵食細胞マクロファージが食べてくれる?)、また小さくならなくても痛みがなければいいわけです(というかこれはそのまま先生に言われた言葉なんですが)。ただ、何度も悪化してひどい目にあった私から言うと、絶対よくなっても腰に負担がかかることは日常生活で気をつけていったほうがよいと思います。これ絶対。油断禁物です。急性期は安静が大事なようですが、それがすぎれば、腹筋や背筋を鍛えたり、ストレッチをしたり、姿勢や重いものをもつときに注意、また激しい運動に注意などして過ごすとよいようです。保険に関しては、私の場合は入院も手術も出たと思いますが、それはたぶん保険の種類にもよるし、金額に関しても入院期間や病院の種類、治療の種類によって大分変わると思うので、なんともいえません。ちなみにレーザーは新しい治療法なのでリスクも高いといえます。たしかここ10年くらいの治療法だったかな。内視鏡なども同じです。
こうした一連の治療法でいえることは、患者の体に負担が軽い、患者にはやさしいが、医師にはきびしい方法だと思って受けられたほうがいいと思います。保険がおりないということはまだ安全性が確立できていない(熟練した医師も少ない)新しい治療法なのでリスクは上がると思ったほうがいいと思います。

他に民間療法でよくなる人もいるようですが、急性期はあまり動かさないほうが無難な気がします。カイロなどでよくなる人もいるようですが、うーん、私はよくわからないなあ。ちなみに手術後には、私も色んな民間療法も試しましたが、なにかよかったものあったかなあと首をかしげてしまう。腰が悪いって大変ですよね。参考になるか分かりませんが、がんばってください。

ヘルニアの手術を2回したものです。
ご存知の情報とダブル部分もあるかもしれませんが。
腰椎椎間板ヘルニアというのは、腰椎と腰椎の部分でクッションの役割をしている椎間板(髄核と線維輪で構成)の部分が何らかの原因でとびだし、背骨の神経を圧迫するものです。正確にいうと、おまんじゅうにたとえると、あんこの部分(髄核)が皮(線維輪)をやぶってそとに飛び出た状態です。なので一度飛び出たものは治りません。ただ、飛び出たとしても、症状にはちがいがあり、要するに痛みがなくなればいいのです。こ...続きを読む

Q椎間板ヘルニアになったら生命保険に入れないというのは本当でしょうか?

椎間板ヘルニアになったら生命保険に入れないというのは本当でしょうか?

現在28歳、男です。

今年の四月に椎間板ヘルニアになってしまいました。

それで、友人に椎間板ヘルニアになったら生命保険に入れなくなるといわれてビックリしました。


なんとか生命保険に入る方法などはないのでしょうか?

ご面倒ですがアドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

保険に契約できるかどうかを決めるのは、各保険会社の審査担当者だけで
あり、その基準は非公開となっています。
つまり、どうなるのか、断言する事はできません。
以下は、過去の経験や伝聞から、「たぶん、だろう……」という
曖昧な話です。

がん保険は、まず、問題なく契約できるでしょう。
死亡保険の場合、重症でなければ、契約できる可能性が高いと
思われます。
医療保険は、治療中ならば、契約不可となる可能性もあります。
良くても、一定期間、保障の対象から外すという条件付になると
思われます。
治療が完了すれば、条件付で契約可能となる可能性があります。
治療が完了して、5年以上が経過すれば、告知義務から外れるので、
契約できる可能性が高くなります。

いずれにしても、一言で、椎間板ヘルニアと言っても、軽症から重症まで
様々ですから、単純に言うことはできません。

ご参考になれば、幸いです。

Qクラミジア検査のPCRとIgG検査の違いについて

今年1月末に受けたPCR検査ではクラミジア、淋菌共に(-)だったのですが、先月9月末に受けたIgA、IgG検査ではIgA判定(-)0.52で、IgG判定(+)3.12でした。

医師の説明によれば、前の彼氏のときに持っていた可能性があると言われたのですが。。。前の彼氏は約5年前に別れて、今までずーっと性交渉していませんでした。

今年8月末に今の彼氏と性交渉したのですが、前の彼氏のときのクラミジアが生息していたのでしょうか。

それとも検査方法によって、陰性.陽性違ったようにでるのでしょうか。

最近、やっとできた彼氏で、とても好きなので、どのように、クラミジアの治療の事をきりだすか緊張します。

どのように彼に話したらよいかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

ANo.1の方に追加です。
PCRとは実際にその菌がそこにいるかどうか、
かなりの高感度で検出できる検査です。
もちろん検体が不良であれば意味は無いです。
それに対しIgGは過去に感染したかどうかが分かります。
IgGの値が低値なのでずっと以前に感染したのではないでしょうか。
1月にIgGが測定してあり、その時陰性なら今年の感染です。
しかし現在も症状があるのでしたら彼氏も含めしっかり治療した方が良いでしょう。
彼にはSTDとは言わずにちょっと菌が見つかってとか軽く言えばどうでしょう。
http://www.std-lab.jp/stddatabase/db001.php

Q椎間板ヘルニアについて質問します(〃・д・) -д-)) 椎間板ヘルニアで医者にコルセットをしろと

椎間板ヘルニアについて質問します(〃・д・) -д-))

椎間板ヘルニアで医者にコルセットをしろと言われたのですが

整骨院では、コルセットは禁止と言われました。

どちらが正しいのでしょうか

Aベストアンサー

はじめまして!
ヘルニア経験者です!

コルセットは痛みのある期間だけに使用するほうがいいのですよ!
痛みのある場合は整形外科ではコルセットを使用しますがお医者さんも
長期にわたっては体に良くないことはわかっています。
コルセットには治療効果はなく、あくまでも痛みの出やすい姿勢にならないよう患部を固定してくれる効果に止まります。

痛みがある場合は腰痛ベルトやコルセットが手放せないのは「しょうがない」と思うでしょう。

しかし、長時間ベルトやコルセットをしていると、姿勢を維持するために一番大切な、背骨や骨盤の筋肉が弱くなってしまいます。

筋肉が弱くなると何が大変なのかというと、姿勢が悪くなるだけでなく椎間板そのものに負担がかかることなのです。
つまり、筋肉が弱くなると・・・より腰痛が出やすい身体になるだけでなく、椎間板ヘルニアの発症リスクも高まるということです。

整骨院ではなるべく使用しないほうが身体の為と言われる事は多々あると思います。
痛みが引いたらコルセットはしないほうがよいと思います。

Qオリモノが昔から黄色いです。 クラミジアの検査を膣内分泌液で検査したところ陰性でした。 排卵期のオリ

オリモノが昔から黄色いです。
クラミジアの検査を膣内分泌液で検査したところ陰性でした。
排卵期のオリモノは黄色いものですか?

Aベストアンサー

おりものの色は黄白色っぽいものでも異常とは言えないと思います。以前からそうで、陰部の違和感など自覚症状、正常範囲の可能性もあると思います。生理周期に合わせて、おりものの色や形状が変化することも特に異常ではないですよ。

Q首のヘルニアも椎間板ヘルニアといいますか?

タイトル通りの質問です。

首のヘルニアも椎間板ヘルニアと言うのでしょうか?


生命保険の問診表に 「椎間板ヘルニアをやりましたか?」という質問がありました。
以前首がヘルニアになった事があるので、このような質問になりました。

ヨロシクお願いいたします。

Aベストアンサー

はい、その通りです。

ヘルニアには頚椎も含まれます。
補足する所があれば、首(頚椎)のヘルニアですと一言加えればいいかと思います。

QMRウログラフィーについて教えて下さい。

下記の質問で造影剤をしなくてもMRウログラフィーならT2レベルで水の流れが解ることが解りました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2827093.html

只、疑問なのは造影剤の場合は腕に造影剤を入れてから撮影すると思うのでその造影剤が入って行き腎臓~膀胱までどんな感じに流れ行くのは解ると思いますがMRウログラフィーの場合は元々ある水を撮影するようなのでどこが詰まっているとかは解ると思いますがちゃんと正常に流れているかどうかは解らないのではないでしょうか?

つまり、詰まってなくても片方の機能が弱まっていて流れが悪くなっている所までは解らないのでは?と思ってます。

その点はどうなのか解る方がいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

「CTUでも造影剤を入れる訳ではないので」と質問にありますが、あなたが質問のリンク先としてあげたページに既に書いてあることですが、、、きちんとお読みになっています?

CTUはCT Urography。
基本的には通常の造影CTと同じです。腕の静脈からヨード造影剤を流し、造影剤は心臓を通過して、大動脈を通り、両側の腎動脈を通って腎臓に流れ込みます。個人差ありますが、注入開始後はやくて20秒程度で到達します。最初は皮質が染まり、個人差ありますが、90秒もすれば髄質にも造影剤が到達するので皮髄境界がはっきりしなくなり、3分もすれば尿管も染まってきます。こうやって造影剤を注入しながらCTを撮影します。
こういった経時的なものは、何らかの造影剤を使用しなければ出来ないものです。
ヨード造影剤を使用出来ないのなら、施設にもよりますが核医学的にレノグラムを撮影すれば腎の左右差はわかります。

で、あなたの質問ですが、「流れが悪くなっている所」とは具体的に何を言っていますか?「詰まっている」というのは、何が詰まっている、ということですか?「正常に流れているかどうか」とは?

検査は大きく3つの事象に分けられます。
(1)理論的・技術的に可能なこと
(2)その施設で出来ること
(3)診断、つまりは治療をするための検査として使うこと

(1)(2)
CTUは、前にも書きましたが、せめて8列とか16列のマルチスライスCTと、再構成画像を作成するワークステーションが必要です。
かつ、そんな施設でも、3次元再構成は作らないのが通例です。これは努力をして作成しても、保険点数的には何も収入がないから、煩雑なことは市内、というのが一般的な理由です。「特殊CT」として画像加算を撮ることは可能ですが、「特殊CT」の認定を受けていないと出来ません。
MRUは、MRCPの撮影出来る機種であれば、撮影は可能、と思われますが、MRCPと異なり撮影範囲が長いので、MRCPの出来る施設でも、撮影するためのコイル(機械の一部)が足りなくて、撮影出来ないことも多いと思います。
3次元再構成についてはCT同様ですが、こちらの場合、元の二次元の画像だと見にくいという理由から、画像加算はなくとも3次元再構成画像を作成すると思います。

(3)
臨床的に各モダリティで、どんな検査をするかは、主治医がどういう疾患を疑っているか、で決定されます。例えば、同じ片腎の機能低下にしても、腎臓の血管の病気(例えば腎動脈狭窄)でそうなっているのか、腎臓そのものの病気(腫瘍や炎症性変化など)でそうなっているのか、腎臓から出たあとの病気(腫瘍や結石による尿路閉塞・腎静脈閉塞など)でそうなっているのかを見極めるために検査をするわけです。
そこで、疾患の検索として広い目線で患者さんに出来るだけ侵襲をかけない検査からとなると、まあ、CTが一般的でしょう。
 ただし、どんなモダリティでどんな検査が出来るのか、日進月歩なので、臨床家は追いついてこれないのが現状です。CTUという検査があるにもかかわらず、精度の低いIPやDIPを依頼してくることもあります。しかも、たいていの場合、造影CTも追加されます。こうすると、2回造影剤を使用することになります。

 「ちゃんと「正常」に流れているか」というのが最終目標かどうか、今回の質問の意味が不明確ですが、IPもDIPもCTUも、「左右比較」が基本であって、どちらも「正常」かは数値化されないので、決定づけられません。両方も「異常」ということがあり得るからです。
どうしても「正常」にこだわるのなら、レノグラムが一番と思います。

最近では造影CTを応用した、perfusion CTで、腎血流などの数値化、カラーマッピングなどがあり、腎癌の種類などの分類が出来ないかなど研究はありますが、結局、泌尿器科的には腎を手術で取るか撮らないかの判断なので、たぶん下火になるのかな、と思います。

「CTUでも造影剤を入れる訳ではないので」と質問にありますが、あなたが質問のリンク先としてあげたページに既に書いてあることですが、、、きちんとお読みになっています?

CTUはCT Urography。
基本的には通常の造影CTと同じです。腕の静脈からヨード造影剤を流し、造影剤は心臓を通過して、大動脈を通り、両側の腎動脈を通って腎臓に流れ込みます。個人差ありますが、注入開始後はやくて20秒程度で到達します。最初は皮質が染まり、個人差ありますが、90秒もすれば髄質にも造影剤が到達するので皮髄境界...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報