北海道にオオカミを                                        北海道にはウサギが少なくなり鹿や狐が多くなりました そこでオオカミを放し手見てはどうでしょうか? 雄だけ5匹ぐらい 危険な発想ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

そのようなかたちで人間が自然をコントロールしようとする考え方は昔からあります。



国内なら、奄美大島でハブ退治にマングースを輸入して島内に放ったのは有名です。
で、どうなったかというとマングースはそれなりに繁殖しましたがハブはほとんど駆除してくれず(実はマングースがハブの天敵というのは怪しい話なんです)固有種であり貴重種である特別天然記念物のアマミノクロウサギが餌になって減少してしまいました。
もともといなかった生き物をつれてきたおかげで島内生態系はガタガタです。
今はマングース駆除に費用をかけていたような。

こちらは自然をコントロールしようとする意志があったわけではないんですが
アメリカザリガニはもともとは食用ガエルのエサとして輸入したものが国内ほぼ全域に広がってしまって日本の固有種であるザリガニは絶滅の危機です。

他にも様々な理由で国外から持ち込んだ生物のせいで、いや持ち込んだ人間のせいで影響が色々出ています。
グッピーのおかげでメダカほぼ絶滅とかブラックバスやブルーギルのおかげで湖の生態系ガタガタとか。
たしか養蜂用に輸入したミツバチもスズメバチにいない地域では国内種を圧迫して問題になっているはずです。
まさかそんなことになると思っていなかったんでしょうが、外来種の影響というのは非常に予測し難いものなんですよね。

コウノトリの場合は今は「がんばれがんばれ」という感じで報道もされていますが、うっかり国内に根付いて繁殖しはじめたらまた以前のように害鳥扱いに逆戻りかもしれません。


アメリカの場合はある地域で絶滅したオオカミとほぼ同じ亜種がまだ他の地域で生存しているのでこれらを再編入して生態系を復活させようというのももしかしたら可能なのかもしれないと思いますが

北海道にいたエゾオオカミについては分類学的にどういう系統のオオカミなのかはっきりしていないのも問題ですし。外来種を持ち込むしかないわけです。
増えすぎたエゾジカ駆除目的でそれをするのは奄美大島の二の舞を踏む危険性が高いと思います。

今はエゾオカミがいたころの北海道とは違っているのですから生態系の中でオオカミが以前と同じような働きをするのかもわかりません。


生態系への影響避けるため繁殖しないよう、質問者様の提案のようにオスだけ5頭ばかり放してみてもたいした駆除の効果もみこめないしオオカミ自身が北海道の環境で生きていけるかどうかもわからないし、これもやるだけ無駄だと思います。
    • good
    • 0

因みに、環境先進国であるアメリカでは「オオカミの再導入」として、真剣に議論、実践されています。



オオカミの再導入については、以下参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA% …

なお、日本では、オオカミの再導入について議論する土壌が皆無に等しく「釣り?」とか「はんかくさい」とか言われてしまい、議論さえ出来ません。

残念ながら、この質問を日本で投稿するには「20年早かった」と言わざるを得ません。
    • good
    • 0

残念ながら「エゾオオカミ」は既に絶滅しています。



絶滅したエゾオオカミを復活させて北海道に放すなら「生態系の復元」になるので賛成ですが、エゾオオカミ以外のオオカミを放すのは「更なる生態系の破壊」にしかならないので反対です。
    • good
    • 0

地元民だけど、


したっけ、何? いったいこの なまら はんかくさい発想は...
北海道の人かい? 内地の人かい?
オオカミって、オオカミのような男じゃないべ?
なして、オオカミ?
はっちゃきこいて、オオカミで駆除しなくてもいいべ。

北海道知事も鹿肉バーガー食っているしょ。
    • good
    • 0

>雄だけ5匹ぐらい



???
雄のオオカミだけ5匹を放しても「繁殖」できませんよね?。

数年で絶滅するか、野犬と間違われて駆除されるか・・・。

いずれにせよ、効果は「ゼロ」に近いと思います。
    • good
    • 0

食物連鎖というのをご存知?



あと人間への影響は???

釣りだったらイタイわぁ
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオオカミの剥製

 父が先日、知人からアラスカオオカミの剥製を譲り受けることになりました。
 父の話では、ケースからして立派なもので、これはさぞ値打ちがあるに違いない!とのことでしたが、私たちに剥製の知識があるわけもありません。インターネットで調べてみても、詳しい情報は見つかりませんでした。
 売るにしても保管するにしても、どうしていいやら悩んでいます。
 そういった情報についてのご意見、もしくはHP等をご存知でしたら、お教え頂けると幸いです。

Aベストアンサー

 タヌキの剥製でも65000円もするそうです。これは動物を自分で持ち込んでの話だと思いますのでオオカミの剥製なら10万以上(ケース付きなら20万?)は制作するのに掛かると思われます。大変貴重な物です。
 ネットオークションに出してダメだったら近くの博物館か動物園に寄贈して下さい。

Q100匹の羊が100匹の狼に勝つ!?

”100匹の狼が1匹の羊をリーダーとするのに対し、1匹の狼に率いられた100匹の羊の群が、必ず勝利する”と言う、よくいわれるはなしがあります。「リーダーこそが重要で、そのほかは数そろえればなんとかなる」的な時に使われているとおもいます。
しかし、普通に考えると、100匹の狼がどう考えても勝つのですが、これはなんか古事かなんかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 言葉にまつわる寓話ということですが、これは寓話ではなく、当時のヨーロッパ人の一般的なイメージによるものです。

 昔からヨーロッパでは、「狼は力が強く、ずる賢く悪い生き物である」という観念がありました。
 これは昔からヨーロッパ諸国が、狼の農作物被害に悩まされてきたからです。
 このことは、グリム童話やアンデルセン童話、あるいはヨーロッパやアメリカのアニメなどでも推し量ることができます。
 狼はたいがい悪役ですよね。

 それに対して羊は、昔から「家畜」として扱われてきました。
 しかも羊は大変に気の小さな生き物ですから、ヨーロッパでは「弱い生き物の代表」のように扱われることが多かったのです。

 これらの観念があって、先のナポレオンの言葉が成り立つわけです。

Q庭で鹿が死んでいます!

庭に鹿の死骸があります。
多分、裏山から入ってきて息絶えたのだと思います。
2,3日見回っていなかったので、
いつ頃からあるのかよく分かりません。。

結構大きいです。
埋めたら腐って臭いとかしそうですし、
埋める穴掘るのも大変そうですし・・・
どうしたらいいのでしょうか・・・・

Aベストアンサー

うちもベランダの普段死角になっている所で野良ネコが死んでいたことがあります。
役所に問い合わせたら、
「敷地内のものは所有者のものという扱いになるので、こちらでは処分できない。
自分で、段ボール箱に入れて可燃ごみの日に捨ててください」
と言われたことがあります。

猫と鹿じゃ大きさが全く違うのでまた行政の対応も違ってくるかもしれませんが、
基本的には敷地内の物は処分してくれないように思います。

夏場は腐敗も早いので、処理業者を自分で手配するかした方がいいと思います。
小さい猫でもものすごい臭いでしたから;

Q「狐、狸、貉(むじな)等に

化かされる」、と昔の人は好く言ってました。

で、「同じ処、道を又戻って来た」とか、「朝まで肥溜めに浸かってた」等々、斯(こ)ういった事は何がそ然(う)させるのでしょうか?何か特別な心理状態にでも在るからなのでしょうか?其の辺りに精通されて居らっしゃる方、御回答御願い致します。

Aベストアンサー

約60年ほど前の事になります
この御話は実際に有った事です
幼い私もその方の話を家族と一緒に聞きました
これから「日本昔話」風に記述します
以下は少し長く成りますが面白い話ですので御付き合いください

近畿地方のある山奥の話じゃったそうな
在る村の大工をしていた屈強な若者が
ある日のこと
御贔屓にしてもらっている分限者(御金持)さまの
一人娘の婿取り婚礼の席に呼ばれて出向いたそうな
田舎の婚礼の事とて夕方から始まって
無事に婚礼が終わるのが日もとっぷり暮れてからじゃった
それから始まる婚礼の披露宴は夜っ引いて続いた
呼ばれていた大工の若者も大層に御酒を呼ばれて
それはもうヘベレケに酔っぱらってしまった
お料理も鱈腹食べてお腹がくちくなった大工は
ついウトウトとして目が覚めたのは夜中近くなってからだった
同席の村の者に起こされた大工はまだ十分に酔っぱらっていたが
明日も仕事が有るので分限者様に丁寧にお礼を言って帰ろうとした
「おい、これを持って帰ってくれ」と出されたのは引き出物の立派な折詰めだった
昔の事、ましてや田舎の事じゃやよってにタクシーなんぞ有りゃせん
酔っぱらった足で幸い月明りだったのでとぼとぼと我が家の方に向かって歩いて行った
若者大工の家は御分限者様の家とは山を挟んで反対側の谷に有ったので
ぐるっと山を回り込むようにして我が家に向かっている田舎の明かりもない山道を
酔っぱらっていたがしっかりした足取りで歩いて行った
途中まで来ると山の上に向かって広い道が開けている
「おかしいな、こんな道が有ったかな、だがこの道をまっすぐ行くと我が家へは近道だ」と思った若者は
深酒の酔いも手伝って正常な判断が出来ず少々きつかったが登って行ったが
余りにも坂がきつかったので疲れてしまって坂の途中で道端の石に腰掛けて一休みした
疲れや酔いも手伝ってつい眠りこけてしまったそうな
カラスの「ガーガー・・・・・」と言う声で目を覚ました若者は一晩中そこで寝てしまっていた事に気が付くと
慌てて起き上って見ると夕べ貰って帰った折詰めはそこら辺りにサンバラバンに広がって
カラスが食い漁っていたそうな
「こらっ」と怒ってカラスを追っ払ったが後の祭り
婚礼の引き出物の立派な折詰めは跡形もなく見事に食い荒らされていたそうな
落ち着いて辺りを見渡すと日はとっくに山の端に上がって居て
若者が眠って仕舞っていたのは何時も下を通っている山裾の道を少し山に上がった
“御稲荷さん”の祠の前だったそうじゃ
慌て急いで山裾の道に戻って若者の家への途中に有る我が家に助けを求めて転がり込んだ
体中を蚊に刺され顔は大方倍にも膨れ上がった顔で我が家に転がり込んで助けを求めて来た
その時の第一声が「狐に化かされた」「立派な道を行ったら寝てしもうた」だった

これがその大工の言う事の顛末ですが
今から考えると
大工が途中で寝込んでしまって恰好が付かないのでこの様な作り話をしたのかもしれません
しかし60年も前、戦後すぐの事、この様な話がまかり通っていた時代の話です
解答にはなって居ませんが何かのご参考にして下さい。

約60年ほど前の事になります
この御話は実際に有った事です
幼い私もその方の話を家族と一緒に聞きました
これから「日本昔話」風に記述します
以下は少し長く成りますが面白い話ですので御付き合いください

近畿地方のある山奥の話じゃったそうな
在る村の大工をしていた屈強な若者が
ある日のこと
御贔屓にしてもらっている分限者(御金持)さまの
一人娘の婿取り婚礼の席に呼ばれて出向いたそうな
田舎の婚礼の事とて夕方から始まって
無事に婚礼が終わるのが日もとっぷり暮れてからじゃった
それから始まる...続きを読む

Q鹿せんべいの材料

ふと鹿せんべい材料が気になり調べたところ米ぬか,穀類のみを使用しているとの事だったのですが、8年ほど前に奈良で鹿せんべいを購入したときに、新聞紙の切れ端が中に見えておりとても衝撃を受けた記憶があります。

調べたところ新聞紙が使われているという噂はよく聞くようですが実際のところはどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

昔(20~30年前)に、鹿せんべいにはダンボール等を混ぜているので、人間が食べるとお腹をこわすと言われた事がありました。

最近では古紙類はリサイクルに回されるので、純粋に穀物だけを使用しているのでは。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報