現在、国内で木製枕木を使用している各私鉄の区間というのはいったいどれくらいあるのでしょうか?
また今後、各私鉄会社がコンクリート製枕木へと素材を変更する可能性というのは高いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

中小私鉄では木マクラギがほとんどでしょう。


今後も大幅な軌道の更新がないかぎり、PCマクラギに変更することはないと思います。
理由としては、木マクラギの価格が安いこと、マクラギは傷んだものから部分的に更新されることが挙げられます。
PCマクラギと木マクラギを混用すると、バランスの関係で軌道狂いが起きやすくなることも考えられます。

PCマクラギのメリットは、締結装置が簡略化できること、長寿命であることでしょうか。
大規模なレール更改では、PCマクラギで軌匡を組んで敷設するのが経済的ですが、必要な部分だけを補修していくには木マクラギのほうが安上がり、ということでしょう。
文字通り適材適所、会社の体力によって使い分けているということで、ご理解いただけますか?
    • good
    • 0

 木製の枕木ですよね。

やはりポイント部分や鉄橋で元から木製枕木だった区間、
併用軌道(車などと一緒に走る区間)の区間などじゃないでしょうか?
 
    • good
    • 0

区間での木製枕木と言う定義がわかりません。



たとえばJR東海の東海道新幹線でも
特定の場所(カーブのレール接続点)等では
枕木を使っています

横須賀線で西大井~新川崎の間で観察可能です。

一番下の方のポイント というのも、同じ意味だと思いますが
とにかく、適所適材、少なくとも
全枕木がコンクリート化された路線を私は知りません
    • good
    • 0

中小の私鉄ではまだ木製枕木が健在でしょうけれど、今後は保線が楽になるという理由で、コンクリート製へどんどんシフトしていくのだろうと思います。

この回答への補足

解答のほうどうもありがとうございます。具体的に木製枕木をコンクリート製へ移行させるのにはどんなメリットがあるのですか?

補足日時:2001/03/31 00:30
    • good
    • 0

どれくらいって、わからないですよ。


各私鉄の内情を知っている人じゃないと。
例:全線5kmの路線があったとします。その区間に2個所のポイント。
ポイント区間は、木製の枕木を使用していると仮定します。
この場合は、どのようにカウントします??
なんか例も変な例になってしまいましたが、なぜ、そんなデータが
必要なんですか?
関東大手私鉄の場合つて、ポイント区間以外は、ほとんどPC枕木に
なっていますよね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定期券(私鉄→JR→私鉄)

定期券購入に際して、私鉄→JR→私鉄という乗り継ぎがあります。
この3社で、1枚の定期券になりますか?
また、どこの会社で購入してもいいのでしょうか?
ちなみに、一つの私鉄の定期券申し込みには、乗り継ぎは1回分しか書いてなくて…。

Aベストアンサー

 私は以前、京王-JR-京急 のルートで通勤してましたが、定期券は1枚でした。みどりの窓口で買ってました。
 ルートの真ん中に入っている鉄道会社、またはJRなら、発券できる可能性がやや高いとのことなので(亭主談)、一度みどりの窓口で聞いてみる価値はあると思います。

Q関東の私鉄と関西の私鉄

関西の私鉄はJRとの競合路線が多いですよね。
例えば大阪~神戸間はJR・阪急・阪神が競合しており、
京都~大阪間は、阪急・京阪・JR、大阪~和歌山間はJRと南海が、大阪~奈良間はJRと近鉄が、大阪~宝塚間はJRと阪急が競合しています。
しかしながら関東の私鉄はこういった競合がほとんどありませんよね。
関東でJRと私鉄が競合している区間といえば品川~横浜くらいで(JRと京急)他は競合らしい競合がありません。(一応、JRと私鉄が並行している区間はいくつかありますが競合とまではいえません)
私は関西に住んでいて関西のような競合が関東でも起こっていると思っていたので初めて関東の路線図を見て驚きました。
どちらかといえば関東の私鉄は競合というよりもJRを補充するような形になっていますよね。

なぜ関東の私鉄はJRとの競合区間が少ないのでしょうか?
また逆になぜ関西の私鉄はJRとの競合区間が多いのでしょうか?

理由をご存知の方は教えてください。

また「私はこう思う」という推測でも全くかまいませんので皆様のご意見をお聞かせください。

関西の私鉄はJRとの競合路線が多いですよね。
例えば大阪~神戸間はJR・阪急・阪神が競合しており、
京都~大阪間は、阪急・京阪・JR、大阪~和歌山間はJRと南海が、大阪~奈良間はJRと近鉄が、大阪~宝塚間はJRと阪急が競合しています。
しかしながら関東の私鉄はこういった競合がほとんどありませんよね。
関東でJRと私鉄が競合している区間といえば品川~横浜くらいで(JRと京急)他は競合らしい競合がありません。(一応、JRと私鉄が並行している区間はいくつかありますが競合とまでは...続きを読む

Aベストアンサー

原武史著『「民都」大阪対「帝都」東京 思想としての関西私鉄』講談社選書メチエ って本が、まさに、そのテーマで鉄道草創期から歴史的な考察をしています。図書館などでさがされてみてはいかがでしょうか。

東京は江戸時代からお上に従うという風土で、官営・国鉄主体の鉄道網が発達。関西はおっしゃるように官鉄と民鉄の競合、それに関一市長に代表される大阪モンロー主義が現在の関西の鉄道網の発達につながるといえるようです(ざっくりした話しですが)。

Q定期券区間外の駅から乗って区間内で降りる

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=66976
で、表題の答えが入っているのですが、本当にこういうことって出来るんでしょうか?

ちなみにその内容とは

定期が使える駅までの切符を買います。
降りる駅(定期区間内)に到着したら
乗り越し清算機でまず切符を入れて、
その後料金として定期券を入れます。
そうすると、改札を抜ける為の
切符がでてきますので、それで改札します。

と、いうものですが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

補足です。
 東急のフェアスルーシステムのページを見つけましたので、ご覧下さい。イメージが湧くと思いますので。

参考URL:http://www.tokyu.co.jp/guide/osirase2/index.html

Q大手私鉄について

大手私鉄はなぜ関東・関西に集中しているのでしょうか?
例えば関東だと京王・京急・京成・小田急・西武・東武・東急・相鉄
関西の場合近鉄・阪急・京阪・阪神・南海があります。

これに対して東海・九州には大手私鉄が1つしかありません。(名鉄と西鉄)
また中国・東北・四国・北海道・北陸などには大手私鉄が1つもありません。
(豊橋鉄道・広島電鉄などは地方私鉄として考えます。そのため大手私鉄には含まれていません。)

これはなぜでしょうか?
なおこの質問は推測で答えていただいても全くかまいません。

Aベストアンサー

歴史的に見た場合、日本の鉄道のうち、東海道線を除くと、
私鉄から始まっています。

現在の東北線である日本鉄道、山陽線である山陽鉄道、関西線である関西鉄道等です。
名阪間での、官鉄(東海道線)と私鉄(関西鉄道)の熾烈な争いは、
今では考えられないサービス合戦であったといわれています。

しかし、国の施策により、民間が資本を出し、布設した鉄道を買収し、国有化していきました。
国防対策があったからです。都市間の鉄道はほとんど国有化されてしまいました。
国有化されなかったのは、大阪-和歌山間の南海鉄道ぐらいでした。

ただ、官鉄の輸送目的は、大きな都市間の人や物資の移動のためでしたので、
人口が集中しだした、大都市周辺の人の移動に新たな鉄道が必要となってきました。
それが、現在の大手私鉄の始まりでした。

よって、大都市を中心とした人口の集中した地域に、官鉄を補完するように、
私鉄が発達していったのです。

その後、第2次大戦下では、さらに鉄道の国有化が進み、地方の中小私鉄の多くが、
その対象となりました。
南海鉄道の対抗馬として建設された、阪和鉄道(その後、南海山手線)もその対象となり、
国は、念願の阪和間の鉄道を手に入れました。

また、私鉄の統合も、進められ、近鉄や、名鉄、西武といった、大私鉄が出来上がっていきました。
南海は、近鉄に統合されましたし、京阪と阪急を統合して、京阪神となったり、
東急・京浜・小田急・京王が合併し、大東急となったり、かなり無理な統合もされました。

戦後、無理な私鉄の統合は、ある程度解除されましたが、新京阪(阪急京都線)のように、
出資・建設した京阪に戻されなくなってしまった例もあります。

また、国有化された地方私鉄は、そのまま国鉄として、引き継がれました。
仙台と石巻を結ぶ仙石線や岡山の中国鉄道(現吉備線)などは、私鉄のままでいれば、
もしかすれば、大手または準大手私鉄となっていた可能性はありますね。

ご参考までに

参考URL:http://www53.tok2.com/home/noburin/senseki_history.htm

歴史的に見た場合、日本の鉄道のうち、東海道線を除くと、
私鉄から始まっています。

現在の東北線である日本鉄道、山陽線である山陽鉄道、関西線である関西鉄道等です。
名阪間での、官鉄(東海道線)と私鉄(関西鉄道)の熾烈な争いは、
今では考えられないサービス合戦であったといわれています。

しかし、国の施策により、民間が資本を出し、布設した鉄道を買収し、国有化していきました。
国防対策があったからです。都市間の鉄道はほとんど国有化されてしまいました。
国有化されなかったのは、大阪...続きを読む

QJRと私鉄が「俊足バトル」 どちらが勝ち?

JRが渋谷、新宿と横浜方面を直通で結ぶ「湘南新宿ライン」を走らせ、JRと私鉄が「俊足バトル」 をするそうですね。どちらが勝ちでしょうか?

Aベストアンサー

 朝日さんの記事でも出ていましたね。
 今はまだ第一ラウンドですので何とも言えません。

 将来的には
*JR線
 池袋駅改良工事により、埼京線と東北・高崎線の乗り入れ・乗り換えが円滑に。お台場方面りんかい線乗り入れ列車(埼京線~大崎~東京テレポート~新木場)と神奈川~埼玉方面の列車を運行することで乗客増を望める。
*東急線
 地下鉄13号線(池袋~渋谷)建設完了後、東横線は有楽町線と相互乗り入れ予定(渋谷駅は地下化)。また横浜~元町間を横浜高速線に乗り入れ(横浜~桜木町は廃止)。東上線方面~池袋~新宿3丁目~渋谷~横浜~みなとみらい地区~元町で運行。山手線の混雑緩和に寄与。また目黒線(日吉~武蔵小杉~大岡山~目黒~営団南北線・都営三田線方面)では連続立体化工事完成後急行運転を実施し、スピードアップ化を図る。
*小田急線
 代々木上原~向ヶ丘遊園間の複々線工事が完成後、優等列車が大幅にスピードアップ
 などですかね。

 これらが全て完成するのが大体6~7年後(現時点でほとんど着工済み)ですから、本当の競争はそれからな訳です。お台場・みなとみらいなどへのアクセス向上もあり、どちらが勝ちというよりは相乗効果でトータルの乗降客数が伸びることになると思いますよ。小田急は少し苦しいかもしれませんが。

参考URL:http://www.asahi.com/national/update/1202/006.html

 朝日さんの記事でも出ていましたね。
 今はまだ第一ラウンドですので何とも言えません。

 将来的には
*JR線
 池袋駅改良工事により、埼京線と東北・高崎線の乗り入れ・乗り換えが円滑に。お台場方面りんかい線乗り入れ列車(埼京線~大崎~東京テレポート~新木場)と神奈川~埼玉方面の列車を運行することで乗客増を望める。
*東急線
 地下鉄13号線(池袋~渋谷)建設完了後、東横線は有楽町線と相互乗り入れ予定(渋谷駅は地下化)。また横浜~元町間を横浜高速線に乗り入れ(横浜~桜木町は廃止)。東...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報