最近発売されたCONTAX T3に大変興味があり、いつか購入できたらと思っています。そう思ったきっかけは、
(1)オートフォーカスだから。
(2)コンパクトなので街中でのスナップ写真も気おくれすることなく撮れそう。
(3)アンダー気味に撮ることもできるから。(この手の感じが好きなんです。)
(4)微妙に周辺減光していて個人的に好きだから。
(5)デジカメとは違うなにかを銀塩に感じるから。(個人的な感覚ですが。。。)
の3つが大きな理由です。
ただ気になるのが、デジカメでも十分なのでは?ということです。特に(3)と(4)についてはどうなんでしょうか?近頃のデジカメの低価格化と技術の進歩には目を見張るものがあるのに関わらずT3の¥98000の意味はなんでしょうか?(ツァイスだけ?)そもそも銀塩カメラとデジカメの向かってる方向が違うのでしょうか?
ながながとなってしまいましたが、意見を伺えたらうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

CONTAX T3ですか?いいですねー。

最近世間並みに?デジカメを購入してしまった者です。まだ1枚も撮影していませんが「写真を撮る」気にあまりなりません。以前から写真撮影が好きで一眼レフを持っていますが、最近は、コンパクトカメラがいいな!と思っていました。手軽に写真撮影が出来ることが1番じゃないでしょうか?ISO100のフィルムで・・・。CONTAXだったら10年使用できますよ。
国産の最近コンパクトはあまりよくないみたいだし・・。
今現在の性能のデジカメは、10年後?どうですか?「?」ですよね。
自分はT2を中古でもいいから購入しとけばよかったかな後悔してます。いま35MMフィルムでもCD-Rに焼付けしてもらえますから。何とでも方法はありますよ。
    • good
    • 0

写真を趣味として20年やっているものです。


デジカメが画質がよくなったとはいいますが、
個人的な好みでいいますと、デジカメの絵は
今のところ僕には写真に見えません。

銀塩の写真には現像に至るまでに細かく言えば
きりがないほどの不確定な要素があって、それが
銀塩の魅力だと思っているのですが、デジカメには
そういう要素がなく、変化の余地が余りに少ない。
後処理でどうとでもなるのは確かなんですが、
人間の手によって、そういう処理をしたものと、
自然にそうなる銀塩とでは、使って行く上での
喜びが違います。

銀塩は粒子で画像が構成されていますが、
デジタルはピクセルです。
僕は粒子の荒い写真が好きなせいもあって、
こぎれいにまとまってしまいやすいデジタルには
やはり抵抗を感じてしまいます。
この粒子ということをどう捉えられていらっしゃるか、
ということがデジタルかアナログかという選択肢に
おいて最も重要な点になるのではないかと思います。

ですが、他の方の言われておられる通り、デジカメの優位性がある
ケースもあるでしょう。ですので、御自分の撮りたい写真の傾向
と好みによってお選びになるのが最良かなと思います。

参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。たいへん参考になりました。写真がすきで時々撮影してたりはしてたんですが、T3かデジカメかに行きついたんです。oni_ocさんのおかげで、ますますT3が欲しくなってしまいました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/31 00:09

写真を撮る目的で銀塩かデジタルかを選ぶってのはどうでしょう?



紙焼き、特に引き伸ばして紙焼きするなどする場合にはデジタルなんか足元にも及びませんよ。結局プリンタの解像度までしか出せませんからね。
で、パソコンでデータ管理とかホームページ素材にとか考える場合はやはりデジタルですね。ファイルコピーでパソコンに移せますので。

あとは個人の趣味でしょうね。
ちなみに、銀塩でもデジカメでもデータとしてパソコンに取り込めさえすれば、あとはフォトレタッチソフトでアンダー気味だろうが周辺減光だろうか可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。目的で使い分けるのが良さそうな気がしてきました。どんな写真を撮りたいか、写真の使い道は?、などでカメラを選択するのがよさそうですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/30 23:54

もともと「カメラ」というものが好きで(写真を撮るというより物としてのカメラが好き)気が付けば7台くらいの銀塩カメラと2台のデジカメを持っていたりするのですが。



写真を撮るということの意味合いがいろいろあるのではないかと思います。
記録というか映像を残すという意味においては、なるべく簡単に操作できて失敗しないで早く見られるものがよいですよね。そういう方向でのカメラが使いきりカメラだったり、デジカメ(簡易形)だったりという物じゃないでしょうか。

しかし、「撮影する」というプロセスを楽しむという趣味の方向もありますね。このためにはレンズにこだわってみたり、操作する部分(絞りやシャッター速度など)が多くてもかまわない(むしろ多いほうがいいのかも)ということになります。
デジカメにもこの方向を目指したのではと思われる製品もあるように感じます。

さらに商業的な写真の世界というものもあります。ポスターや肖像写真などの撮影には作品の画質の良さが求められます。ですからブローニーフィルムや4X5のシートフィルムを使ったりします。

まだまだデジカメは発達途上なので、フィルム(銀塩写真)ほどの明暗の許容度や諧調表現はかなわない部分があると感じています。また、その場で映像を確認できてしまうので銀塩カメラでの現像ができてくるまで「待つ」ドキドキなどは感じなくなりましたね。

カメラの持つ手触り感や微妙な光の表現では銀塩カメラに今は優位があると思います。
回答になっていないかもしれませんが、雑感を含めて書かさせていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

手軽に撮れるといった点でT3かデジカメかと思ったのですが、微妙な光の表現では銀塩カメラの方が上ですか?スナップの中にもなにか雰囲気のある写真を撮りたいので銀塩カメラにやはり惹かれそうです。でもデジカメのように失敗せずに記録を残す時も必要ですよね。両者は同じようで微妙に異なっているのかな、と感じました。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/30 23:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀塩カメラをデジカメにするフィルム

 Electronic Film Systemという、表題のようなことをする機械がもうすぐ発売ということで、カメラやってる人間の間で話題を呼んでいるようです。

 それで、この機械なんですが、似たようなもので、すでに発売されているものってないのでしょうか(それともこれが世界初の試み?)。
 もし何かご存知の方がいらっしゃったらお教えください。

Aベストアンサー

このIMEGEK(http://www.imagek.com/)社のシステムが最初に発表されたのは、98年のPMAだと思います。参考URLの記事参照。
その時はずいぶん話題にしていたんですが、最近はすっかり忘れていました。デジカメ自体が安くなってきて、一眼レフタイプでレンズ共有できるものも増えてきましたしね。
これってもう発売されているんでしょうか??

おそらく他の会社で製品化に近いところは無いと思います。話を聞いたことはありません。少なくとも発売されているものは無いと思いますけど。

参考URL:http://www.watch.impress.co.jp/pc/docs/article/980213/pma_2.htm

Q銀塩フィルム?(カメラ?)とは?

カメラ関係の記事や投稿を見ていると、銀塩という言葉が出てきます。
自分の中ではデジカメに対抗してアナログカメラと呼んでいるのですが、そのことでしょうか?
また、何て読めばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

その通りです。

銀塩とは、普通のカメラのことを指しています。

「銀塩」=「ぎんえん」ですね。

語源とういうか、最初の写真が銀塩板方式だったため、今でも銀塩といっているようです。

Q銀塩ってどう読むの?

紙の写真のことを
銀塩
と書いてありますが、
読み方が分からないので、教えて下さい。
ギンシオ?
ギンエン?
それ以外?

Aベストアンサー

ぎんえん、と父は言ってます。
最近のカメラ店のチラシなどを見ると、大半がデジタルなので、そうでないカメラは銀塩と表記してありますね。
少し前までは、デジカメは一目でわかったのですが、最近は一眼レフのも多くなってきて、見分けがつかないですね。

Q一眼レフカメラ・銀塩ネガフィルムか?デジタルか?

ズバリ、どちらを買うべきか悩んでいます。

ずっと父のカメラ(ニコンEM)を使い続けていましたが、ついに壊れました。力不足は感じていましたが、とてもシンプルで使いやすかったので気に入っていただけにショックですが、新しいものを購入しようと思います。

昔からニコンF100が欲しいと思い続けているうちに、時代はデジタルに突入。一眼レフまでもがデジタルとなり驚いている暇なく、どんどん市場はデジタルに移行していますね。私はシンプルなEMに慣れているためか、戸惑っています。

EMが壊れたので、近いうち一眼を買わなければなりませんが、レンズの互換性&修理などの将来性のないものを買っても仕方がないと思っています。一度手になじんだカメラは、そうそう手放したくない性格なので、ずっと長~く使えるカメラが欲しいです。

ズバリ、ネガフィルムかデジタルか、どちらを買うべきだと思われますか?また、その理由もご回答頂ければ嬉しいです。ちなみにF5は少し重かった…。慣れなのでしょうか?F6というのも出ていますね。

私は全然詳しくないので、少し噛み砕いてご回答頂けたら幸いです。宜しくお願いします。

ズバリ、どちらを買うべきか悩んでいます。

ずっと父のカメラ(ニコンEM)を使い続けていましたが、ついに壊れました。力不足は感じていましたが、とてもシンプルで使いやすかったので気に入っていただけにショックですが、新しいものを購入しようと思います。

昔からニコンF100が欲しいと思い続けているうちに、時代はデジタルに突入。一眼レフまでもがデジタルとなり驚いている暇なく、どんどん市場はデジタルに移行していますね。私はシンプルなEMに慣れているためか、戸惑っています。

EM...続きを読む

Aベストアンサー

>長く使い続ける「愛機」イメージなので

それならデジカメは問題外でしょう。
デジカメは旬を過ぎたら次々と買い換える、あくまでもデジタル機器の
ひとつ。もともとはパソコンの周辺機器でもあるわけですから。
どれくらい使い続けられるかは(壊れるとかは別として)
機種や予算や本人の考え次第で変わってくるでしょうが
コンパクト機ばかり買っているわたしの場合で1~2年。
一眼レフでもせいぜい2~3年なのでは?

キャノンだか、ニコンだか忘れましたが、初期のRAWモードの
記録方式は現行のソフトウェアでは読み込めないのだとか。
9・11のときに亡くなった、フォトグラファーが死ぬ間際に
撮影した建物が崩壊していく様子などなどの写真のオリジナルデータは
記録方式が古いため現行のソフトでは読み込めない、
とそのニュースの中にありました。ひどい話です。

わたしは決してアンチデジタルなどではないのですが、
あなたのお探しのカメラは絶対にデジタルカメラでは無いと思います。

Qカメラの銀塩ってなんですか?

全く知識が無いのですがカメラが欲しくなって、調べていたら「銀塩」という文字が出てきました。いったい何のことなのでしょうか?ぎんえんと読むのですか。

Aベストアンサー

銀塩はぎんえんと読みます。
下の方々の回答にも有りますように(普通の)写真のフィルムには、ハロゲン化銀をゼラチンに混た物を塗っています。このハロゲン化銀のことを銀塩と言います。
このハロゲン化銀に光を当てると、当たった光の強さに比例した銀イオンが発生します。(ここの所かなりうろ覚え)
これを現像すると銀イオンが金属の銀に変わります。これが白黒ネガの黒い部分であり、白黒写真の黒い部分です。
カラーの場合はこの金属銀をほかの色素に起きかえる現像処理処理をしますのでプロセスは複雑になりますが、やはり銀塩写真です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報