【初月無料キャンペーン中】gooドクター

前から思っていたのですが、
この言葉が文で使われているのを見ても、
この言葉を抜いても文の意味が、
変わらないように思います。

例えば、文の中で、「自身」が「私自身」という形で使われているのを見ても、
「私」としても、別にいいんじゃないかな、
と思います。

でも、私の考えは間違っていると思いますが、
私の日本語能力が低いので。。

これらの言葉をどういったときに使えばいいのか。
正しい使用法を教えてください!

A 回答 (2件)

前の方のご説明の意味以外で。



例えば、「これは一般論や常識としてではなく、私に関しての話ですが」と差別化することで、相手に押し付ける事のないように主張を抑えます。
例:
「それは間違いだと私自身思います。」
(「それは間違いだと私は思います」よりは、やはり控えめな主張。)


あるいは、これとスタンスは似ていますが、「自分の中だけで噛みしめている」ような意味にも使えます。
例:
「私自身、とても有意義に過ごせました。」
(「(周囲がどう判断するかはともかく)私は私の中でそう感じている(信じている)」というような、やはり主観的な思いを強調したい時に使います。)

「私自身は気にしていなかったのだが、周囲には心配をかけたようだ。」
「私自身はあまり興味無いけれど、彼はとても気に入っているようだ。」
(「やはり「私に関しては」「私の中では」という主観的な意味がより強まります。)
    • good
    • 7

自身:(2)その人・そのものを特に強める語


自体:(用法)名詞の下につけて意味を強める場合が多い。(由来)自分のからだの意から。
(ベネッセ「表現読解国語辞典」)
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング