出産前後の痔にはご注意!

こんにちは。
最近、池波正太郎や藤沢周平、宮部みゆきを中心に時代小説を読んでいるのですが、次に読む本を選ぶ際、いつも迷ってしまいます。どれも面白いので後悔することはないのですが、できるだけ様々な作品に触れたいと思っています。
そこで、みなさんのおすすめの時代小説(作家)を、特徴とか簡単な内容、雰囲気・作風とともに教えて下さい!
私は歴史全般(特に江戸・戦国)が好き、武士も剣客も忍びも商人も好きな高校生です。
長編ばかりでなく、勉強の合間に読めるような短編も紹介していただけたらうれしいです。
拙い文章で意味が伝わりにくいかと思いますが、回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私も高1の時、山本周五郎を新潮文庫であれこれ読んでいた時期がありました。


長編は「樅の木は残った」や、田沼意次を独自の視点からとらえた作品などがおすすめです。
中・短編も、女性の生き方・心情をみずみずしく描いたもの、武士や商人、大工さんなど男の人たちを凛々しく、また、もの悲しく描いたものなど素晴らしい作品がたくさんあります。
浅田次郎の「壬生義士伝」「五郎次殿御始末」など。浅田氏の作品は読みやすく、時代小説を読むのに慣れていない人たちも感動したというエピソードをこの投稿サイトでも見かけました。
司馬遼太郎の「沖田総司の恋」〔「新撰組血風録」(角川文庫)より〕など中・短編でしたら、史実の解説という感じがせず読めるのではないかと思います。「胡蝶の夢」も長編ですが、私は良かったと思います。
吉村昭「暁の旅人」「雪の花」など。淡々と描写されるので、好みにあうかは人それぞれかもしれませんが、様々な題材の作品を書かれています。
    • good
    • 0

「山本周五郎」と「吉川英治」です。



言わずと知れた、時代・歴史小説の二大巨頭です。
池波・藤沢を読んでいて、山本・吉川を読んでいないんじゃ話しになりません。

作風としては、
山本周五郎がどちらかと言うと時代物短編集、
吉川英治は、「三国志」「宮本武蔵」「徳川家康」に代表される、超長編歴史物、
を得意としています。

まず、吉川英治について。
最近、映画「レッドクリフ」で話題になった中国の歴史絵巻「三国志」、
これを、日本の大衆向けに初めて紹介したのが、
最初にして最高と言われている、吉川版「三国志」です。
剣豪「宮本武蔵」のイメージを定着させたのも、吉川版「宮本武蔵」だと言われています。
両作品とも、私が高校生のころ夢中になった作品です、
まさに英雄譚の天才。血沸き肉踊ります。
漫画「バガボンド」や「蒼天航路」等と読み比べますと、ハマリますよ。

対して、山本周五郎。
こちらは、近代時代小説の雛形を作った作家です。
かつて一世を風靡した「半七捕物帖」や「銭形平次捕物控」等、
岡っ引や奉行所が活躍する時代推理小説の後に、
江戸期に生きる武家や町人の日常に取材した、
現代のイメージで言う「時代小説」を確立した作家です。
後の世代の作家としては、藤沢周平が良く似ています。

しかし、山本と藤沢には、決定的な違いがあります。

一つは、山本作品には、剣の達人のアクションシーンが殆どありません。
舞台は日常、テーマは一貫して「人の心」、
その強さや弱さを、泣ける程生き生きと描きだします。

二つ目は、明るい事です。
藤沢作品には、作家が最初の奥さんを亡くしたショックから来るのかもしれませんが、
虚無的と言ってもいい様な、救いの無い暗さがあります。
それに対し、山本作品は、基本的に「人間の善性」を常に描こうとしています。
単純なハッピーエンドという訳では無いのに、読後感が非常に爽やかです。

山本周五郎については、どうも上手くレビューできませんでしたが、
黒澤明を始めとした、名立たる映像作家達が、彼の作品を映画やドラマ化してきた
っていうことでも、「山周は面白い」ってことがわかると思います。
長編の傑作もありますが、
僕のオススメは短編集。
沢山ある中で挙げるとすれば、

(1)「日日平安」
黒澤明の代表作「椿三十郎(最近、織田祐二主演でリメイクされた)」の原作となった
表題作を始め、名作ぞろい。
(2)「おごそかな渇き」
下町ものの傑作「かあちゃん」を始め、映画化された「雨あがる」、
武家ものの名品「紅梅月毛」など、泣けます。

今でなくても良いです、
是非、読んでみて下さい。
    • good
    • 1

高橋克彦『天を衝く』全3巻。


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062749157.h …

風野真知雄『水の城』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4396334249.h …

隆慶一郎『影武者徳川家康』上中下
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101174156.h …

中里融司「同行屋シリーズ」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4334738044.h …
    • good
    • 0

隆慶一郎『吉原御免状』『かくれさと苦界行』

    • good
    • 2

司馬遼太郎さんがNGとなると…



なんていうか、歴史に関して歴史物というより
心情とか大衆文学的な部分が好きということでしょうか。

井上靖なんてどうですか?
中国の歴史物も多いのですが、日本の物も書いています。

戦国、江戸となると
「風林火山」「淀どの日記」は有名ですね

「戦国城砦群」「戦国無頼」「風と雲と砦」なども。

江戸時代…といっても、江戸が舞台でも侍も何も出てきませんが
「おろしや国酔夢譚」もおもしろいです。

もっと前の時代になると、天平の甍、後白河院、額田王

特に風林火山は映画やドラマに何度もなった名作ですので是非読んでみてはどうでしょうか。

特徴は、各人物にはそれぞれの思いやこだわりなんかも強くあるのですが
文として淡々と距離を置いて描いていく感じがあります。
ほどよく温かくも突き放したような視点で描かれるというか…。
その分、それぞれの人物の思いや人柄がそれぞれに事情や魅力を持って浮かび上がる部分もあります。
司馬氏とは割と逆のタイプじゃないかと思います。
熱く登場人物に移入したいタイプには合わないかもしれません…。
    • good
    • 0

 歴史小説や時代小説は、私も大好きです。


司馬遼太郎
http://rip.o-oku.jp/dvd_decrypter2.html
 短編・長編いろいろあって大好きです。
 長編ですが、「坂の上の雲」「功名が辻」「竜馬がゆく」など多数、短編なら「果心居士の幻術」「酔って候」「馬上少年過ぐ」など、はずれのない作家です。

「時代小説の楽しみ」シリーズ1~4(?)
 複数の作家が書いてます。
1.剣豪小説、2.忍者もの、3.渡世人・博徒、4.捕り物帳 文庫本で出てますので、定価で1冊700円ぐらいだったかな。

 上記は、市の図書館だと揃っていると思います。
 高校の図書室などにも、結構あるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

質問に書き忘れてしまったのですが、幕末・明治だけは苦手、史実を意識しすぎた小説も好きではありません。私の思い込みかもしれませんが、司馬遼太郎は幕末・明治を中心として評論的な小説をかく作家だとイメージしています。
あまり面白くないだろうな~、というのが私の感想です。

「時代小説の楽しみ」はとても面白そうです!4つのジャンルはどれも興味深いです。
早速探してみたいと思います。

お礼日時:2010/03/24 08:10

私自身あまり小説で時代モノを読んだコトはありませんが、いままで読んだのでイイと思ったのは、講談社文庫の高橋克彦著の炎立つ(ほむらだつ)です。


作風は全然語れないので、時代背景や内容についてPRしますね。
時代は鎌倉、当時奥州にて全盛を誇っていた蝦夷に朝廷が国家統一的な名目で意にそぐわない蝦夷の領土に侵略してきます。
主人公は藤原三代の栄華を誇る藤原清衡の父・藤原経清から始まり、彼が蝦夷の棟梁の次女と結婚したコトから、朝廷は彼を使って蝦夷を取り入ろうとするのですが、彼は朝廷に正当性を見いだせず、蝦夷側について戦います。
朝廷は当時一名門武家であった源氏を使い、奥州に攻め入ります。
奥州の自然を利用した策で、蝦夷は朝廷軍を相手に勝利していきますが、最後には物量戦で次々と柵を突破され、最後の難攻不落の厨川の柵にて彼の戦友の源義家の奇案により、逃げ場を失った蝦夷は倒されます。
ここまでが1~3巻になります。
そして朝廷の支配下になった奥州は出羽の清原の占拠されますが、経清の子供の清衡は蝦夷の棟梁の次女である母が出羽の頭首に敵国からの勝利品として自ら身を捧げ、嫁ぐコトで二人は殺されずにすみます。
ここから出羽の頭首は病で死に、長男・真衡、二男・清衡、三男・家衡の家督争いとなります。
真衡も途中病で死に、清衡は蝦夷の国の再興を密かに願うのですが、清原の血筋でない清衡には手勢がほとんどありません。
そんな中、清衡は父の夢を見ます。
夢の中で父は屋敷の池の桟橋の下に泥をかぶって隠れなさいと言います。
目が覚めると、屋敷に家衡が清衡を謂れのない罪で捕えにくるとの報が入ります。
既に逃げ道はなく、清衡は父が教えてくれた所に隠れます。
清衡の屋敷に着いた家衡は清衡を探します。
屋敷の者を捕えて居場所を聞きますが、屋敷の者も知りません。
そこで家衡は清衡の妻、子供、そして実の母を捕えて人質にし、清衡に出てこさせる策をとりました。
しかし、それに一早く気付いた母は清衡の妨げにならないために妻、子供とともに自害します。
やがて家衡は引き返しますが、この日を境に清衡は鬼のようになり、蝦夷の名の下に旗揚げします。
清衡は蝦夷の頭首の娘の子にあたり、そこに滅ぼされた蝦夷の生き残りや子の世代が続々と集まり、更には源氏の父を殺した戦友の源義家も父の借りを返すために加わり、一大勢力となり家衡率いる清原を滅ぼします。
そして清衡は藤原の性を名乗り、奥州にて栄華を築きあげます。
これが4巻になります。
そして最後の5巻では、牛若丸という源氏の九男坊がでて、後に義経と名乗ります。
ここからは有名な話ばかりですが、義経が平氏の軍を次々と倒し、最後に平氏も倒しますが、兄頼朝から謀反の罪で追われ、鞍馬山から移り住み成人まで過ごした陸奥に逃げるのですが、討たれ死にます。

とまあ、こんな感じです。
途中から、作品の中身を言ってしまい過ぎてると感じ、さらに本書の紹介に半ば暴走気味で、自己を抑制できなくなりました。
だいたいのストーリーはこんな感じです。
ここに更に、戦の中での策や複雑かつ深い人間関係が加わるので面白いです。
そういえば何年か前に、炎立つは大河ドラマにもなったそうです。
自分的には4巻の清衡の怒涛の進撃っぷりがとても好きです。
全巻読んで、5巻の最後では感動しすぎて鳥肌が立ちました。

ぜひ参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

奥州藤原氏の繁栄~滅亡を描いた大河小説でしょうか。4巻の説明の長さに思い入れを感じます。Wikipediaの記事を読みましたが、大河ドラマと並行して高橋克彦さんが小説を書かれたようですね。
平安~鎌倉の小説は数作品しか読んだことがありませんが、蝦夷という当時では辺境の舞台に惹かれます。歴史ではサイドストーリーとして語られがちな奥州藤原氏も魅力的です。

正直、時間軸的にも、空間的にも話の広がり・スケールの大きな小説(三国志のような)は苦手ですが機会をみて挑戦したいと思います^^。

お礼日時:2010/03/24 07:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性作家のオススメ時代小説を教えて下さい

女性作家が書いた時代小説を探しています。
面白そうなものがあっても絶版だったりして手に入らず、普通に購入できるものでお願いします。

以下の作家さんの小説は読んだことがあるのですが、他にもオススメの作家さんはいますでしょうか?

■木内昇
■大内美予子
■秋山香乃
■宮部みゆき

マンガやラノベではなく、小説でお願いします。

Aベストアンサー

北原亞以子さんの
人情味溢れるな江戸ものはいかがでしょうか?

慶次郎シリーズはNHKでドラマ化もされました。

どの作品も余韻が清冽で、新刊を楽しみにしていましたが、
最近鬼籍に入られてしまい残念です…

Qおすすめの時代小説の女流作家を教えて下さい。

ここ数年、時代小説にはまっています。宇江佐真理さん、宮部みゆきさん、藤原 緋沙子さん、北原 亞以子さん、今井絵美子さんの作品は、殆ど読んだ感じなので、それ以外で、おすすめの時代小説の女流作家さんを、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Fewhelltonさんが挙げてらっしゃる作家のほかでしたら、
畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズ、「まんまこと」シリーズおすすめです。

女流に限らないということでしたら、
都筑道夫(つづきみちお)さんの「なめくじ長屋」シリーズ。捕物帳ですが、短編で読みやすく、しかも江戸風俗が生き生きと描かれています。
亡くなった江戸風俗研究家・杉浦日向子さん、作家の宮部みゆきさんなども、このシリーズのファンです。


お役にたてばw

Q時代小説とくに江戸物でおすすめの本を教えてください!

時代小説とくに江戸物でおすすめの本を教えてください!

「宮部みゆき」さんなどの本も現代物しか読んだことがありません。

「山本一力」さんなどは、そこそこ読んでおります。

はば広く、教えていただければ幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

リアリティと言う観点では・・

岡本綺堂 半七捕物帳
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E4%B8%83%E6%8D%95%E7%89%A9%E5%B8%B3

作者の岡本綺堂は明治5年生まれ。半七捕物帳の連載開始は大正6年。勝海舟が亡くなったのが明治32年。徳川慶喜が亡くなったのは大正2年。新撰組の永倉新八や斎藤一が亡くなったのが大正4年。江戸時代を直接知っている人々がまだまだ世の中に居た頃に書かれた話だけあって、維新前の細かい風俗や町並みの描写のリアリティのレベルの高さは群を抜いています。それでいて文体は非常に読みやすく、かつ現代的で、推理小説としても超一級ですが、普通の小説としても十分に楽しめます。


東郷隆
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%83%B7%E9%9A%86

守備範囲が広いことが仇になって時代小説では中堅どころの扱いをされることが多いですが、昭和以降の時代小説作家の中では、もっとも江戸時代の空気を再現することに成功している作家の一人だと思います。ぜひ一度試してください。

リアリティと言う観点では・・

岡本綺堂 半七捕物帳
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E4%B8%83%E6%8D%95%E7%89%A9%E5%B8%B3

作者の岡本綺堂は明治5年生まれ。半七捕物帳の連載開始は大正6年。勝海舟が亡くなったのが明治32年。徳川慶喜が亡くなったのは大正2年。新撰組の永倉新八や斎藤一が亡くなったのが大正4年。江戸時代を直接知っている人々がまだまだ世の中に居た頃に書かれた話だけあって、維新前の細かい風俗や町並みの描写のリアリティのレベルの高さは群を抜いています。それでいて文体...続きを読む

Q宇江佐真理さんがすきな人、おすすめ本を教えてください。

こんにちは。
いつも、図書館で本を借ります。
私の借り方は、気に入った本の著者のものを
とりあえずすべて借りてみるという感じで、
最近新しく気に入った作家さんがいなくて、
借りる本がみつかりません。
私のすきな作家さんは
宇江佐真理さん
宮部みゆきさん
角田光代さん
荻原浩さん
瀬尾まいこさん
柴田よしきさん…たちで
苦手な作家さんは
江国香織さん
村上春樹さん
川上弘美さん
井上荒野さん…たちです。
ミステリーはいいですがホラーは苦手です。
あと、不倫がテーマのものも苦手です。
なにか、おすすめの本があったら教えてください。

Aベストアンサー

宇江佐真理さんからの流れで、諸田玲子さんをおすすめします。「お鳥見女房シリーズ」がとても面白かったです。
江戸時代に、鷹匠の飼う鷹を世話する役目である「お鳥見役」の妻である主婦、珠世さん(中年女性)が主人公。なぜか家には居候がたくさんいつくことになってしまうが、持ち前の大らかさでなんなく苦労も楽しさにしてしまう珠世さんがとても魅力的です。
江戸時代が舞台ですが、剣客、とか幽霊、とかではなく、武家ではありますがやりくりに苦労するような家庭でのごくあたりまえの主婦の生活が面白く読めました。

Q佐伯泰英さんの作品でお勧めは?

佐伯泰英さんの居眠りシリーズを現在読んでいる40代の女性です。
もともとはNHKのドラマのファンで読み始めたのですが、原作のほうがとても面白く、ここ1ヶ月でもうすぐ全巻読み終えてしまいます。
こんなに時代小説にはまったのは初めてで自分でも驚くくらい。
読み終わることを考えると、ちょっと寂しい気もします。
佐伯さんの作品は他にも多々あるようですが、シリーズ物も多いようです。他の作品でお勧めのものがあったら教えてください。
やはり、居眠りシリーズが1番面白いでしょうか?

Aベストアンサー

佐伯の時代小説第一作は「長崎絵師通吏辰次郎」(全2巻)ですが、のちに色々な作品で開花する要素が未成熟状態のまま詰まっている─いわばあれも書きたいこれにも触れたいといった走り書きの感があり、できればかなり全作を読み込んできた段階にて、ああそういうことだったのかと読み来し方を振り返るのが何よりではないでしょうか。

時代小説第二作にして、その後シリーズ化の第一看板となった「密命」(全19巻)は、そのチャンバラシーンの多さからしても最強のシリーズでしょう。

TV化で人気の「居眠り磐音江戸草紙」(全27巻)のもつ、市井のほのぼのムードが好みなら「鎌倉河岸捕物控」(全13巻)は外せません。

また「居眠り磐音」とは同根らしくもあり、それとはまた別の方向へと流れていく市井のしみじみ感というか、やや哀調も漂うのが「吉原裏同心」(全10巻)でしょう。

意表を突いた出だしからあれよあれよと持って行かれる筋立ての妙で、個人的には一番楽しいシリーズが「酔いどれ小籐次留書」(全10巻)です。

意表を突くといえば、忠治任侠ものと表裏一体の「夏目影二郎始末旅」(全13巻)も不思議な味わいが愉しめます。

本当の意味での幕府の密命が絡んだ、江戸初期の「古着屋総兵衛影始末」(全11巻)と、江戸末期設定の「交代寄合伊那衆異聞」(全9巻)は、海外雄飛が関わる、やや荒唐無稽にして、それだけに伸びやかな作品群でしょう。

以上から、まずは「鎌倉河岸捕物控」へ。続いて主力の「密命」、そのあとは「吉原裏同心」と「酔いどれ小籐次留書」あたりが一番穏当ではないでしょうか。

佐伯の時代小説第一作は「長崎絵師通吏辰次郎」(全2巻)ですが、のちに色々な作品で開花する要素が未成熟状態のまま詰まっている─いわばあれも書きたいこれにも触れたいといった走り書きの感があり、できればかなり全作を読み込んできた段階にて、ああそういうことだったのかと読み来し方を振り返るのが何よりではないでしょうか。

時代小説第二作にして、その後シリーズ化の第一看板となった「密命」(全19巻)は、そのチャンバラシーンの多さからしても最強のシリーズでしょう。

TV化で人気の「居眠り磐...続きを読む

Qおすすめの時代小説を教えてください。

おすすめの時代小説を教えてください。
いくつかのシリーズを愛読しておりますが、新規開拓したいので質問しました。
史実を元にしたものではなく、捕物帖・人情話のようなものが好きです。
現在読んでいるのは坂岡真さんのうぽっぽ同心シリーズや照り降り長屋シリーズ、平岩弓枝さんの御宿かわせみシリーズ、風野真知雄さんの大江戸定年組シリーズ。
佐伯泰英さんの作品は居眠り磐音 江戸双紙シリーズと吉原裏同心シリーズを読んでいますが磐音よりも吉原裏同心の方が好みです。密名シリーズはちょっと駄目でした。
一時期築山桂さんの作品も読んでいたのですが、この方の作品は少し恋愛色が強いのでなんとなく違うかなーという感じ。
男女の情愛が描かれた作品に関しては、現代寄りではなく江戸時代に即した淑やかな愛情表現がいいです。
また時代小説の大御所としては池波正太郎さんなどがいらっしゃいますが、池波さんはドラマのシリーズは好きなのですが文章はちょっと読みにくかったです。

長々と講釈いたしましたが、同じく時代小説がお好きな方、列記した作品を見て「これぞ」という作品がありましたら回答よろしくお願い致します。

おすすめの時代小説を教えてください。
いくつかのシリーズを愛読しておりますが、新規開拓したいので質問しました。
史実を元にしたものではなく、捕物帖・人情話のようなものが好きです。
現在読んでいるのは坂岡真さんのうぽっぽ同心シリーズや照り降り長屋シリーズ、平岩弓枝さんの御宿かわせみシリーズ、風野真知雄さんの大江戸定年組シリーズ。
佐伯泰英さんの作品は居眠り磐音 江戸双紙シリーズと吉原裏同心シリーズを読んでいますが磐音よりも吉原裏同心の方が好みです。密名シリーズはちょっと駄目でした...続きを読む

Aベストアンサー

宇江佐真理の「髪結い伊佐治捕物余話」シリーズがおすすめです。
まさに捕物帖・人情話ですし、このシリーズ以外にも宇江佐真理の作品は
けっこう楽しめますよ。

Q読みやすい時代小説を教えてください

読書家じゃないくせに、時代小説が読んでみたくなりました。

育児の合間に読むので、あまり複雑なのや、どろどろしたのは避けたいです。
ホラーも苦手です。

時代小説でもいいですし、
タイムスリップで江戸時代に行ってしまう、、、というようなのもいいです。

戦争とか抜きで、恋愛モノやほのぼのした作品が読みたいのですが、
そんなのあるんでしょうか。。。

おすすめがあれば、教えてください!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「春秋の檻―獄医立花登手控え」 (講談社文庫)藤沢周平

出版社/著者からの内容紹介
島送りになる若者の頼み事。無実を訴える男の正体。御家人毒殺未遂の真相。恋人を刺した女囚の愛憎。さまざまな暗い人間模様が江戸小伝馬町の牢屋に持ちこまれる。小さな罪の背後にうごめく大きな悪。心優しい青年獄医立花登が市井の人情も細やかに、柔術の妙技と推理の冴えを見せて事件を解く時代連作集。

「橋ものがたり」 藤沢周平(新潮文庫)
 
「驟り雨」 藤沢周平 (新潮文庫)
 
内容(「BOOK」データベースより)
抗いきれない運命に翻弄されながらも懸命に生きる市井の人々―。その哀歓を確かな視点で捉え、陰翳深く彫り上げた珠玉の十編。江戸情緒が色濃く漂う、円熟した筆の味わい。

どちらも短編集なので家事の間に読むのにいいと思います。

「みおつくし料理帖」は今私も読んでますがおもしろいですよ。
ちょっと少女漫画みたいな感じですが。

Qミステリーな時代小説

宮部みゆきさんの時代小説が好きで、すべて読みました。
同じ様な「ミステリー・ちょっと怖い・不思議・等々」な時代小説・捕物小説を紹介して下さい。

Aベストアンサー

もしまだでしたら、岡本綺堂はどうでしょうか。

明治時代にシャーッロクホームズのシリーズを原書で読み、啓発されて書いた物語が日本最初の捕物帳小説「半七捕物帳」です。怪談仕立てのプロットなのに最後には合理的な解決が必ずきちんとつく驚くべき完成度の高さです。香り立つような江戸情緒も明治の人ならではの特権で、後世の作品では絶対に真似のできない本物です。純粋な怪談も得意とした人で、「青蛙堂鬼談」「近代異妖篇」等の名作を残しています。

著作権が切れているので、多くの作品はインターネット(青空文庫)でも入手できます。興味があればぜひ読んでみてください。
http://mirror.aozora.gr.jp/index_pages/person82.html
綺堂のプロファイルはこちらです。
http://kaiki.at.infoseek.co.jp/

Q女性が主人公の時代小説を教えてください。

大河ドラマ『江』にはまってます。

女性が主人公の時代小説を教えてください。
時代は平安~幕末。
フィクション、ノンフィクション問いません。
できれば文庫本がよいです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

女性作家さんの書いた時代小説は、女性が主人公のものが多いですよ。
私の好きなのは、永井路子さん、諸田玲子さん、杉本苑子さんです。

永井路子さんでは、「江」の原作になった「姫たちの戦国」と同じ江を主人公にした小説「乱紋」という小説があります。
こちらのお江は大河の江とは違って、無口で周囲に流されて(しかも美人ではない)生きている感じの女性に描かれています。
「姫たちの戦国」との対比をしてみるのも面白いと思います。
他にも色々な時代の女性(古くは奈良時代の三女帝から、江に関連する女性の話ですと、お市の方やおねさんなどあります。戦国辺りの女性主人公は多いです)を主人公にして小説を書いています。

諸田玲子さんは、主に江戸時代の女性をよく書いていらっしゃいます。お江のお話ももちろんありますよ。
お江絡みですと、築山殿(徳川家康の奥さん)を主人公にした「月を吐く」というお話があります。
一般的は「悪女」として知られている築山殿が、また違った感じに描かれていて、おもしろかったですよ。
家康の最後の側室「お六」が主人公の「仇花」、もう少し時代が下って綱吉の側室だった女性の熱い恋の物語もかなり心に残るお話でした。

杉本苑子さんは、戦国より何百年の前の奈良~平安初期にかけての小説が多いのですが、短編集で、御台所となったお江と激しく対立する「春日局」を書いています。
ただ春日局に関する小説は、松本利昭さんの「春日局」が一番面白かったです。

他にもいくつか書いておきますので、ご参考にしていただけましたら幸いです。

◎永井路子さん
乱紋(浅井三姉妹、江)-文春文庫(上下巻)
流星-お市の方(お市の方)-文春文庫(上下巻)
王者の妻(おね)-PHP文庫(上下巻)

◎諸田玲子さん
美女いくさ(お江、小説内では小督)-中公文庫
月を吐く(築山殿)-集英社文庫
仇花(家康の側室お六)-光文社文庫
灼恋(綱吉の側室染子)-新潮文庫

◎杉本苑子さん
春日局(春日局、他4編)-集英社文庫

◎平岩弓枝さん
千姫様(お江の娘千姫)-角川文庫

◎宮尾登美子さん
東福門院和子の涙(お江の娘、後水尾天皇女御和子)-講談社文庫

女性作家さんの書いた時代小説は、女性が主人公のものが多いですよ。
私の好きなのは、永井路子さん、諸田玲子さん、杉本苑子さんです。

永井路子さんでは、「江」の原作になった「姫たちの戦国」と同じ江を主人公にした小説「乱紋」という小説があります。
こちらのお江は大河の江とは違って、無口で周囲に流されて(しかも美人ではない)生きている感じの女性に描かれています。
「姫たちの戦国」との対比をしてみるのも面白いと思います。
他にも色々な時代の女性(古くは奈良時代の三女帝から、江に関連する...続きを読む

Q時代小説のおすすめ

敬称略でいかせていただいますが、隆慶一郎、藤沢周平、山田風太郎が大好きです。話といい語り口といい立ち回りの美しさといい、何回読み直してもあきません。三者三様、なんて滋味のある美しい日本語なんだ!と、くりかえし溺れてしまいます。
ほかにもいくつか時代小説に手をのばしてみたりはしたのですが、どうもぴんとくるものがなく、最近買うのすら面倒になってご無沙汰です。最近は若手の時代小説家も増えたようですが、かつて雑魚を大量に引いたことのある苦い記憶から、手を出しかねてしまっています。
淋しいので、「これはどうだ!」というおすすめを是非とも御待ちしております。

補足しますと、司馬遼太郎や池波正太郎も読んでみましたが、おもしろいとは思うものの自分の心にぴたりとはまるものではなく、くりかえし読むには至らず。宮部みゆきの時代物も左に同じく、でした。

時代小説のほかには、ロマンスやガチガチの純文学や推理小説以外はほとんどなんでも読みます(本格推理は読みます)。ので、多少「時代小説」のわくからはずれていても「これはどうだ」というものがありましたら、ご紹介ください。よろしくおねがいします。

敬称略でいかせていただいますが、隆慶一郎、藤沢周平、山田風太郎が大好きです。話といい語り口といい立ち回りの美しさといい、何回読み直してもあきません。三者三様、なんて滋味のある美しい日本語なんだ!と、くりかえし溺れてしまいます。
ほかにもいくつか時代小説に手をのばしてみたりはしたのですが、どうもぴんとくるものがなく、最近買うのすら面倒になってご無沙汰です。最近は若手の時代小説家も増えたようですが、かつて雑魚を大量に引いたことのある苦い記憶から、手を出しかねてしまっています。
...続きを読む

Aベストアンサー

お目当ての作家は見つかりましたか?
先日図書館で「時代小説ベストセレクション」というのを借りました。
都筑センセーの「チャンバラもどき」を読む為の予習のつもりでしたが
「鞍馬天狗」「眠狂四郎」「座頭市」等々、タネ本としてはドンピシャで、
思わずニンマリでした。

新刊ではもう手に入らないようですが、剣豪物・戦国物等、ジャンルごとに12巻出ているようです。
手頃な大きさで、ちょっと読んでみたい時に重宝しそうでした。

参考URLにて【簡易検索窓】のタイトルに”時代小説ベストセレクション”と入れると収録作品が分かります。

同じく”時代小説ベスト” で検索したら、他社のアンソロジーも出て来ましたよ。

参考URL:http://webopac2.ndl.go.jp/


人気Q&Aランキング