dポイントを20倍にするたった2つの方法

奈良・東大寺の二月堂、修二会について教えて下さい。

(1)開山堂に咲いている「糊こぼし」という椿の造花をつくるのはなぜでしょうか。
何か伝説とかエピソードなどがあるのでしょうか。

(2)二月堂御本尊の小観音は
実忠が難波津の海岸から観音が住む補陀洛山へ向けて香花を捧げて供養したところ、100日後に生身の十一面観音が海上から来迎したそうです。
大観音についての伝説やエピソードはないのでしょうか。

(3)そのほか、修二会や二月堂にまつわる伝説やエピソードがありましたら教えて下さい。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご存知のことばかりと思いますが、書いてみます。


伝説やエピソードではないですが大観音について。
華厳宗管長・橋本聖圓師は自著『東大寺と華厳の世界』で、
「須弥檀の真中に安置されている大観音は、十一面ではなく聖観音であるともいわれるが、絶対の秘仏として几帳で蔽われていて、練行衆の目に触れることさえないので、確かめようがない」と仰っています。
寛文7年(1667)全焼した際に持ち出された光背の残欠が重文となっていますね。
観音様のお姿を想像すると、絶対秘仏とされる理由が…。

修二会は、ゾロアスター教の影響があるという説は、トンデモ説でしょうか。
大仏開眼の開眼師、菩提僊那はインド僧です。
実忠もペルシャ人またはインド人ではないか、という説もあります。
以前のご質問に、engelrina様が
二月堂の小観音は珍しい構成で、類似するものとしては、インドのムンバイ郊外にあるカーンヘリー石窟第41窟 十一面観音立像(7,8世紀作の浮彫り)がある、と回答されています。
この回答から思いついたのですが、
北の若狭から南の奈良まで水を送るという発想は、イラン地方のカナートを想定したのでは、という説です。
また、「お水取り」の行は、類似の行事が中国や朝鮮にはないので、実忠がイランかどこかで見聞きした体験を基にしたのではないかという説です。
松本清張が、確か松明から拝火教を連想されていたように記憶しています。

伊藤義教著『ペルシャ文化渡来考』
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480086 …

次に「椿の造花」ですが、『東大寺要録』貞観3年の記事に、
落下した大仏の頭部を復興造営し、「むしゃのだいえ」供養を行っていますが、そこに胡楽
(あるいは古楽)の様子が書かれており、「桃」「柘榴」「なし」などを捧げた、とあります。
言うまでもないことですが、「柘榴」とは「ざくろ」です。
しかし、「椿」のことではないかとこじつけて、調べてみましたが分かりませんでした。

ネットで検索すると、次のような話を見つけました。

石榴・柘榴は「ザクロ」のこと。その昔、日本特産のツバキが中国に渡ったとき、彼の地にあったザクロに似た花と実をつけたので「海を渡ってきたザクロ(柘榴)」の漢名がつけられ、そのまま日本に漢字としてもたらされ(略)

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

大観音は、十一面ではなく聖観音であるともいわれているのですね。
知りませんでした。
山辺の道の海石榴市観音もたしか聖観音と十一面観音だったと思います。
聖観音と十一面観音のペアは何か意味があるのかな、と興味深いです。

>観音様のお姿を想像すると、絶対秘仏とされる理由が…。

すいません、どのようなお姿を想像されているのか、教えてもらってもいいでしょうか。

>修二会は、ゾロアスター教の影響があるという説は、トンデモ説でしょうか。

そういう説は聞いたことがあります。
詳しくは調べていないのですが。
私はトンデモ説だとは思わないです。
当事の奈良は国際交流がたいへん盛んでした。
高野新笠はペルシャ系だという説を聞いたことがあります。
またそのころ編纂された記紀はとても聖書に似ていると思います。

実忠もペルシャ人またはインド人ではないか、という説があるのですね。

>北の若狭から南の奈良まで水を送るという発想は、イラン地方のカナートを想定したのでは、という説です。

カナート・・・調べてみたらイランの乾燥地域にある地下用水路のことなんですね!
うーん、おもしろい。

>「お水取り」の行は、類似の行事が中国や朝鮮にはないので、実忠がイランかどこかで見聞きした体験を基にしたのではないかという説です。
そうなんですか!

>胡楽(あるいは古楽)の様子が書かれており、「桃」「柘榴」「なし」などを捧げた、とあります。

二月堂の北側の階段の手前に石榴があります!

>その昔、日本特産のツバキが中国に渡ったとき、彼の地にあったザクロに似た花と実をつけたので「海を渡ってきたザクロ(柘榴)」の漢名がつけられ、そのまま日本に漢字としてもたらされ(略)

山辺の道の海石榴市観音を思い出しますね。
なんか関係ありそうですね。

大変楽しく読ませていただきました♪

お礼日時:2010/03/27 11:59

丁重なお礼を頂いて恐縮です。


「観音様のお姿を想像すると、絶対秘仏とされる理由が」と書いたのは、
これ以上書くことを憚るのですが、光背がぼろぼろになるほど
焼けてしまった状況なので…、こんな想像をして罰当たりめが、という意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答をありがとうございます。
あー、そうですよね。
痛々しいお姿になっておられるかもしれませんね~

でも京都の東寺で炭化した仏像を見ましたが
炭化してしまっていることでより迫力があるように感じました。

絶対秘仏だなんていわないで拝観させてほしいですね。

お礼日時:2010/03/27 23:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東大寺大仏について

東大寺の大仏が立ち上がったら身長はどのくらいですか?

Aベストアンサー

丈六仏という大きさの仏像があります。
1丈6尺=16尺=約4.85mの身長の仏像です。
ただし、これは実際の高さではなく身長で分類しており、
座っている像の場合は、
この半分の8尺の高さの仏像を言います。
仏像においては、座っているときの身長の2倍が
実際の身長だと考えるわけです。

この考え方からすれば、
東大寺の大仏の高さは約15mですから、
身長はその倍の約30mということになります。

なお、一般的に、
丈六仏よりも大きな仏像を大仏と言います。

Q「お水取り」の東大寺二月堂と「お水送り」の若狭の神宮寺は子午線上にあるのは偶然ですか。

二月堂と神宮寺とは、直線距離でざっと90kmほど離れていますが、二月堂の真北に神宮寺があります。
東経135度50分くらいの子午線上です。
「お水取り」の水をわざわざ「若狭の水」に限るのは、それなりの理由があると思います。
良弁和尚の生誕地が神宮寺近くだったからという説もありますが、生誕地は神奈川県という説もあるそうです。

真北(真南)に位置するのは偶然でしょうか、それとも何かの理由があるのでしょうか。
理由があるとすれば、当時の知識で「真北」をどのようにして決めたのでしょうか。
自説でも仮説でもかまいませんので、回答をよろしくお願いします。

小浜市のサイト「お水送り」
http://www.city.obama.fukui.jp/maturi/omizu.htm

東大寺のサイト「お水取り」
http://www.todaiji.or.jp/contents/function/02-03syunie3.html

Aベストアンサー

こんにちは。
二月堂の真北に神宮寺があるとは知りませんでした!
おもしろいことを教えてくださってありがとうございます。

うーん、おそらく偶然ではないと思います。
昔の日本人は大変、陰陽道を重んじていたといいます。
陰陽道では方角などに大変こだわりますので。

例えば飛鳥に「聖なるライン」がありますね。
ご存知のことと思いますが
菖蒲池古墳・天武・持統陵・中尾山古墳・高松塚古墳・文武天皇陵・キトラ古墳と南北に一直線に並んでいるというものです。
http://homepage3.nifty.com/silver-moon/asuka/sacred.htm

また法隆寺の伏蔵・鯛石を直線で結ぶとペンタクロス(二重五芒星)が描けるといいます。
http://blogs.dion.ne.jp/pentacross/archives/3681666.html

このようなことは偶然ではありえなく、意図してそう作られたと考えた方が自然だと思います。

天智天皇陵は京都市東山区山科にありますが、これも聖なるライン上にあるそうです。

夜空を見上げると北に北極星がありますが
位置を変えない北極星は天の中心だと考えられたのではないでしょうか。

中国では北極星を神格化した神を天帝と呼び、
天帝を祀るのは天子の義務とされていたそうです。
http://hokuto.khaotic.info/chara/tentei.htm

北極星を神格化した神は妙見大菩薩ともいい、日本でもかつては天皇家だけに信仰することが許されていたといいます。

そこから飛鳥の「聖なるライン」を考えてみると
天智天皇が北極星、
などは北極星の周囲を回る星々に喩えられているのではないかと思えます。

この仮説が正しければ、菖蒲池古墳・中尾山古墳・高松塚古墳などは
天武系の皇族を葬った古墳であると考えられるかもしれません。

ご存知のように壬申の乱で天智天皇の皇子である大友皇子は天武天皇に負けました。

そのためそれ以降、天武系の天皇が続くことになります。
称徳天皇代で天武系の血は絶えてしまうのですが。

天武系の天皇〈天子)は天帝(妙見大菩薩)を祀る義務があった。
そうして祀られたのが天智天皇ではないかと
私は考えています。

つまり、天帝(妙見大菩薩)とは、前政権の支配者のことではないかと思うのです。

そこから考えると、東大寺は若狭に対して何かコンプレックスをもっており、
それゆえ若狭を天帝とみなしていたのではないか、と考えるのは
トンデモ説ですかね~

余談となりますが
若狭彦神社の遠敷明神(おにゅうみょうじん)が修二会に遅刻し
そのお詫びに閼伽水を送ることを約束すると
二月堂の下の岩が割れ、白黒二羽の鵜とともに清水が湧き出たといいます。

東大寺の大仏建立の際、大仏に金アマルガム(金に水銀をまぜて溶かしたもの)を塗り、
水銀を加熱して蒸発させることで鍍金(金メッキ)をほどこしたそうです。

遠敷や二羽の鵜とは「丹生(ニュウ。丹とは水銀のこと)」の意味で、
お水取りのお松明は大仏に塗った金アマルガムの水銀を蒸発させる様子を
再現させたものではないかという説があるようです。

当時の人々が真北をどのように計測したのか
についてはよくわかりません。他の人の回答を待ちたいと思います。

北極星を観測したのでしょうか。
それとも中国には方位磁石(指南之杓)があったそうですから
遣唐使によってそれが日本にもたらされていたのかもしれません。

こんにちは。
二月堂の真北に神宮寺があるとは知りませんでした!
おもしろいことを教えてくださってありがとうございます。

うーん、おそらく偶然ではないと思います。
昔の日本人は大変、陰陽道を重んじていたといいます。
陰陽道では方角などに大変こだわりますので。

例えば飛鳥に「聖なるライン」がありますね。
ご存知のことと思いますが
菖蒲池古墳・天武・持統陵・中尾山古墳・高松塚古墳・文武天皇陵・キトラ古墳と南北に一直線に並んでいるというものです。
http://homepage3.nifty.com/si...続きを読む

Q【仏教】奈良にある東大寺、薬師寺、法隆寺以外の有名なお寺を教えてください。東大寺は奈良で1番有

【仏教】奈良にある東大寺、薬師寺、法隆寺以外の有名なお寺を教えてください。


東大寺は奈良で1番有名なのに、いつ建造されたのかわからないのはなぜなのでしょうか?

wikipediaで見たら、東大寺だけ800年前半と書かれていて、創建年が曖昧でした。これはなぜですか?

Aベストアンサー

東大寺の創建年については、聖武天皇が741年に全国の国分寺・国分尼寺の中心として発願され、大仏の完成とともに、752年に”大仏開眼供養会”が修された、と、寺伝にあります。
http://www.todaiji.or.jp/contents/history/

どの時点を創建の年、とさしたらよいのか、迷うので、曖昧になっているのではないでしょうか。聖武天皇は、もともと紫香楽宮に遷都したかったのに、火事続きで、奈良に戻ってきた経緯もありました。

創建、ということでは、法隆寺にも、再建論、非再建論があり、お寺側の縁起では、607年となっていますが、670年に、火災で丸焼けになったことは日本書記にありますが、再建の年は書かれていません。

歴史的に有力であったお寺といえば、政治を牛耳っていた藤原氏の氏寺であった興福寺でしょうが、これが、明治初期の廃仏毀釈のおり、僧侶がすすんで寺を放棄する動きがあったため、拝観しても、東大寺のような”生きたお寺のありがたみ”が薄いです。

個人的には、東大寺と並ぶ総国文尼寺である法華寺が好きですが、有名、ということなら、質問の中であげられた三寺がよろしいかと思います。

東大寺の創建年については、聖武天皇が741年に全国の国分寺・国分尼寺の中心として発願され、大仏の完成とともに、752年に”大仏開眼供養会”が修された、と、寺伝にあります。
http://www.todaiji.or.jp/contents/history/

どの時点を創建の年、とさしたらよいのか、迷うので、曖昧になっているのではないでしょうか。聖武天皇は、もともと紫香楽宮に遷都したかったのに、火事続きで、奈良に戻ってきた経緯もありました。

創建、ということでは、法隆寺にも、再建論、非再建論があり、お寺側の縁起では、6...続きを読む

Q【京都の秘密】昔の京都は清水寺より西方寺の方が大きかった。 西方寺には日本一の奈良の東大寺の奈良の

【京都の秘密】昔の京都は清水寺より西方寺の方が大きかった。

西方寺には日本一の奈良の東大寺の奈良の大仏より大きい大仏が存在していた。

その一帯を大仏と呼んでいた。

今の京都駅の東側一帯が大仏という地区で正方寺の東側に豊臣秀吉のお墓が山の上にあるがその辺りまで周囲一帯を大仏地域と言われていた。

こういう今はないけど昔の京都にあった話を聞かせてください。

で、大仏餅が京都の名物だった。

Aベストアンサー

西方寺ではなく方広寺の間違いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B9%E5%BA%83%E5%AF%BA
何度も火災に遭っているので境内には大きな釣り鐘しか無いです。
この釣り鐘が重要文化財で・・・って、ウィキを読んでください(笑)

方広寺の隣に豊臣秀吉を祀っている豊国神社があります。ここの唐門が国宝でなかなか美しいですよ。
付近には秀吉が朝鮮出兵した時の戦利品?朝鮮兵の「耳塚」もあります。
京都国立博物館や三十三間堂も近所ですので一度お越しくださいね。

Q観光地となる寺、例えば清水寺とか東大寺とかって門徒さんっているのですか

観光地となる寺、例えば清水寺とか東大寺とかって門徒さんっているのですか。その門徒さんの葬儀や法事はその寺の和尚さんやってもらえるのですか?

Aベストアンサー

葬儀や法事は行っては居ますが、和尚が行うことはまずありえないでしょう・・・。

有名と言うか、観光地となっているお寺等の住職は、一般で言う社長と同じ立場で、
その会社の顔と言うべき地位を有しています。
個人の有名無名に関係無く、葬儀などに出席するコトはまずありえませんが、
門徒の方の場合には、その宗教のある程度の地位の方が代理などで行うことはあります。

総本山からの一任や、専属住職などの役職が存在しているので、一概にその寺の住職とも
言えない人が住職と言う仕事をこなしている人達も居るので、観光地の寺が個人の葬式や法事に
安易に出てくるコトはないと思えます。

ただ、たまに例外が存在しますが、稀なコトなので今回はありえない回答します。

Q奈良・東大寺三月堂の不空羂索観音宝冠盗難事件について。

奈良・東大寺三月堂の不空羂索観音宝冠盗難事件について調べていますが詳しい資料が見つかりません。

ググってみたところ

(1)昭和12年2月12日に盗難にあった。(お水取りのとき、というので旧暦だと思われる)
(2)お水取りのどさくさに紛れて泥棒が空羂索観音にはしごをかけて
宝石をとった。(盗難にあったのは宝冠そのものだったのでは?)
(3)古物商の機転で宝冠は三月堂に戻された。
(4)宝冠に大きな緑色のルビー(ルビーは赤ではなかったか?)がついていたが紛失していた。

などの記事が見つかりました。
しかし、括弧内に記したような疑問点もあります。

東大寺三月堂の不空羂索観音宝冠盗難事件について、詳細をご存知の方、いらっしゃいましたら教えて下さい。

また詳しく説明されたサイトなどがありましたら紹介していただきたいです。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんばんは

参考になる本のことが書いてありますが
http://blog.goo.ne.jp/narasannjou/m/200612

http://www.bunkaken.net/index.files/raisan/shodana/shodana95.htm

Qトヨタの歴史を簡単に教えてください

自動車メーカーのトヨタの歴史を簡単に教えてもらえませんか?もしくは簡単に説明してくれてるホームページなどあればうれしいです。
創設から現在までどうやって成長したのかが特に知りたいです。

Aベストアンサー

 あんまりかな、と思い・・・追加。

 トヨタは織物機械メーカーとして誕生します、たしか2代目の社長がこれからは自動車だ!!と自動車の生産に乗り出します。
 戦後、各自動車メーカーが外国のメーカーと提携しノックダウン方式で乗用車の生産を始めましたが、トヨタのみ純国産乗用車を生産・発売しました。  

 ノックダウン方式で作られた車は国内の実情に合わない面が多く、国内の実情に合ったトヨタが業績を上げて行った。

   たしか、こんな感じです。

Q二月堂御本尊の小観音の模写図があるそうですが

http://www.relnet.co.jp/relnet/brief/r18-54.htm

上記によりますと、
平安時代に描かれた東大寺二月堂御本尊・小観音の模写図がある
ということですが
写真が載ってるサイトか本はありませんでしょうか。

また、ご覧になられたことがある方、
どんな観音様なのか説明していただけませんでしょうか。

腕が○本ある。
お顔が○面ある。
額に目がある。
手に持っているものは何か。
どんな表情をしているのかなど。

よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

類秘抄
http://sips03.narahaku.go.jp/exhib/2009toku/omizutori/omizutori-02.htm

参考URL:http://www.weblio.jp/content/%E9%A1%9E%E7%A7%98%E6%8A%84

Q東大寺大仏の作り方(図説)

東大寺大仏の作り方を絵で解説しているサイトはありませんか?
どうやって作ったのかの説明はあるのですが、その当時を絵で書いてあるものがあればみたいです。

Aベストアンサー

大仏の作り方
http://www.rondely.com/zakkaya/kanko/todaiji/daibutu.htm

東大寺の大仏は一気にではなく、段階的に鋳造したのでは、と思います。(鋳継ぎ)

Q韓国の友人から、東大寺など、奈良の寺院を建造したのは韓国人であると聞い

韓国の友人から、東大寺など、奈良の寺院を建造したのは韓国人であると聞いたのですが、本当でしょうか?
多分、設計者や技術者が韓国人だったという意味だと思うのですが…

それと、彼は、「以前、日本の天皇が、祖先が韓国から来たことを認める発言をした」とも言っていました。
韓国の新聞でそのような記事を読んだということです。
私は、「日本の天皇がそんな発言をしたら、日本国内で大問題になるはず。
(天皇の先祖が韓国から来た)可能性は否定できないものの、その様な発言はしていないはずである」
と答えたのですが、実際に、その様な記事があったのか、ご存知の方がいれば、教えてください。

古代の日本文化が中国や韓国の文化に強い影響を受けたのは間違いないと思いますが、
知り合いの韓国人の中には、まるで日本文化のすべてが韓国から来たように話す人がいます。
特に、他の外国人たちと話している時にそういう話が出てくると、
日本のアイデンティティを否定されているようで腹がたちます。

ただ、その様な人達と話す時に、感情にながされず、根拠を踏まえて話したいと考えております。
よろしくお願いいたします。

韓国の友人から、東大寺など、奈良の寺院を建造したのは韓国人であると聞いたのですが、本当でしょうか?
多分、設計者や技術者が韓国人だったという意味だと思うのですが…

それと、彼は、「以前、日本の天皇が、祖先が韓国から来たことを認める発言をした」とも言っていました。
韓国の新聞でそのような記事を読んだということです。
私は、「日本の天皇がそんな発言をしたら、日本国内で大問題になるはず。
(天皇の先祖が韓国から来た)可能性は否定できないものの、その様な発言はしていないはずである」
と...続きを読む

Aベストアンサー

>それと、彼は、「以前、日本の天皇が、祖先が韓国から来たことを認める発言をした」とも言っていました。

桓武天皇の母の高野新笠が百済の末裔だったことから、陛下が韓国と縁があるとお話になったことでしょうか。

問題の高野新笠の素性ですが、百済王であった武寧王の子孫ということになっています。
以下はその系譜です。
東城王
武寧王
純陀太子   在日1世
斯我君    在日2世
法師君    在日3世
雄蘇利紀君  在日4世
和史宇奈羅  在日5世 (日本に帰化し和風に改名)
和史粟勝   在日6世
和史浄足   在日7世
和史武助   在日8世
和史乙継   在日9世(天皇家に娘が嫁いだので、高野の姓を賜った)
高野朝臣新笠 在日10世
桓武天皇

計算上は高野新笠の百済人としてのDNAは0.01%もなく、全くの日本人です。

百済人と韓国人は別の民族だと考えられています。
百済を滅ぼして朝鮮に住み着いた新羅人が現在の韓国人のルーツです。

当時の百済は日本の属国(植民地)でした。
韓国の古文書には、東城王は日本(倭)から来たと書かれています。
ということは、東城王が日本人だった可能性もあり、だとすると全く縁がないことになります。

以上から、結論として天皇家と韓国・朝鮮半島とは全く関係がないと言ってよいでしょう。
陛下のご発言は、ただの社交辞令のリップサービスだったのでしょうが、韓国人には理解できなかったのだと思います。彼らはとても「純粋」ですからw


>知り合いの韓国人の中には、まるで日本文化のすべてが韓国から来たように話す人がいます。

韓国は、色々こじつけて日本文化を韓国起源と言っていますが、全く根拠がないものが殆んどです。

パクリ大国南朝鮮
剣道・折り紙・盆栽・桜だけじゃない。韓国起源説
http://c.oshiete.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=5897824

>それと、彼は、「以前、日本の天皇が、祖先が韓国から来たことを認める発言をした」とも言っていました。

桓武天皇の母の高野新笠が百済の末裔だったことから、陛下が韓国と縁があるとお話になったことでしょうか。

問題の高野新笠の素性ですが、百済王であった武寧王の子孫ということになっています。
以下はその系譜です。
東城王
武寧王
純陀太子   在日1世
斯我君    在日2世
法師君    在日3世
雄蘇利紀君  在日4世
和史宇奈羅  在日5世 (日本に帰化し和風に改名)
和史粟勝...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報