最近友人と「帝都」を舞台にした小説や漫画などがブームです。
そこで、そういった「帝都」を舞台にした(または関係している)小説を教えていただけませんか?
「探偵もの」だとなお嬉しいですが、それ以外でも大歓迎です。

今まで読んだのは
帝都探偵物語シリーズ(赤城毅)
帝都物語シリーズ(荒俣宏)
怨霊記(千秋寺亰介)
機神兵団(山田正紀)
漫画
帝都月光綺譚(島津和樹)
死神探偵と憂鬱温泉(斎藤岬)の中の華族探偵素成シリーズ

江戸川乱歩とかは挫折しました。上記から私たちの好みそうというか読めそうなものをお願いします。

みなさんのお勧め本心待ちにしております。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

『大東京三十五区 冥都七事件』 物集高音


『東亰異聞』 小野不由美
『魔都 恐怖仮面之巻』 栗本薫

『東京物語』ふくやまけいこ
『帝都物語』藤原カムイ(原作:荒俣宏)
『北神伝綺』森美夏(原作:大塚英志)

こんなん挙げてみましたが、いかがでしょう?
前の三作品は小説、後のが漫画です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「大東京三十五区 冥都七事件」冥都、気になる単語です。
「魔都 恐怖仮面之巻」魔都、いいですね!私の中の帝都イメージです。

ふくやまけいこさん、なんとなく知っています。かわいくてほのぼのした絵をかかれる方ですよね?なかよしでネコのお姫さまのお話を見たような気がします。ということはほのぼの系?
「帝都物語」小説は読了しました。漫画はえーっと別の方のを読んだような…?あ、高橋葉介さんだそうです。貸してくれた友人が答えてくれました。藤原カムイさんのは違う内容でしょうか?楽しみです。
「北神伝綺」原作が大塚英志さんですか…。サイコ難解です、私には。でもタイトルは気になります。チャレンジしてみます。

図書館にあるといいなあ。どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/06/18 22:18

帝都=皇居のある都であれば、



夢枕獏の『陰陽師』
岡野玲子の『陰陽師』(夢枕獏の原作の漫画)

ってのもありなんでしょうが、流れ的には直近の遷都後らしいので、

関川夏央:原作、谷口次郎:画の『坊ちゃんの時代』シリーズなんてのは時代、場所、登場人物的によろしいのでは。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

メロディを愛読していますので、漫画の陰陽師読んでます。(意味はよくわからないけど面白いです)

「帝都」といえば、明治・大正・昭和初期だと思い込んでいましたけど、もっと昔もそうなんですよね。

「坊ちゃんの時代」シリーズですか。絵も内容も想像できませんが、逆にそれが楽しみです。探してみます。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/06/20 22:33

小野不由美「東京異聞」新潮文庫


とか、
大和和紀「はいからさんが通る」講談社
とか、
「サクラ大戦」
とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
小野不由美さんというと「十二国記」の方ですね。期待できそうです。
「はいからさんが通る」これは漫画でしたよね?ちっちゃい時に親戚のお姉さんが読んでいた記憶があります。ということは古~いから手に入るかなあ?
えーっと「サクラ大戦」って小説?漫画?作者名と出版社が書いてないですが…。タイトルはすごくひかれるものがあるんですけど。

さっそく明日友人と探して見ます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/06/18 21:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物語シリーズ主人公の阿良々木暦について。

私は、本を買うときは事前に前調べをして、自分の趣味にあっているかどうかを調べてから買っています。

今回、私は物語シリーズを集めてみようかと思っていまして、なので皆様に質問をさせていただきたく思います。



主人公は、物語シリーズで活躍しますか?

ネットで検索していると、主人公である、阿良々木が活躍せず、モブ同然の扱いを受けているという記事を見かけました。私的にはそういう展開は苦手でして、実際はどうなのかを教えて頂きたいです。




ヒロインはどんどんと死んで(消えて)いったり、敵(悪者)になっていくのですか?

こちらも検索をしていて、見かけたのですが、物語シリーズはどんどんとヒロインの扱いが酷くなっていくと聞きました。
そういう展開も苦手なので、できれば事実なのかどうかを知りたいです。


以上二つの質問になります。
私情で申し訳ありませんが、物語シリーズを全て読み、これらの疑問に答えていただける方がいらっしゃいましたらお答えいただきたく思います。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

訳あって戦ったりしますがヒロインは死にませんし、
ほんとの意味で敵になったりはしません。
暦がヒロインを助ける話が大筋なので主人公は基本活躍します。

半分以上の巻で暦が語り部をしていますが、ヒロインが語り部を
している巻も増えているのでその巻はどうしても暦の存在が薄く
感じられるかもしれません。活躍はしますよ。

全体を通して質問者様の苦手な展開ではないと思いますし、おススメです。

Q荒俣宏さんは忘れ去られたのでしょうか

他のカテで荒俣宏を 胡散臭いオカルト本のライターみたいに書いていたので
すこし驚きました

1980年代末の帝都物語がSF大賞を受賞し 映画化もされた作品で
のちの京極夏彦などにも影響を与え、鈴木光司などのホラー小説ブームの
先駆でもあったとおもうのです。
もう60代後半過去の人かもしれませんが、30代の頃に愛読した氏の作品を
ぼろくそに誤解しているのはちょっと許せなかったです。

さて、冷静なみなさんの荒俣宏評価をおきかせください。

Aベストアンサー

exhivisionist2さん、こんにちは。

 私にとって荒俣宏といえば・・・
 ロード・ダンセイニ、ウォルター・デ・ラ・メア、アンドレ・メリットの、そしてジョージ・マクドナルドの名作「リリス」の訳者。

 というとミもフタもないようなので、フランスを舞台にした『レックス・ムンディ』の著者。まともに影響を受けてしまいました。代表作「帝都物語」は挫折してしまいましたので、大きなことは言えませんが、日本を代表するファンタジー作家の一人だと思います。そもそもめちゃめちゃ取材をして理論武装する薀蓄派の人だと思いますので、ここのところそっちを優先した活動ばかりしていて、今の人から見たら
>胡散臭いオカルト本のライター
 扱いも止むを得ず、というところでは?

Q「探偵はバーにいる」シリーズ冒頭で「ハミへ」とは?

東直己さんのススキノ探偵「探偵はバーにいる」シリーズで冒頭に「ハミへ」という言葉がついているのですが、
あれはどういう意味でしょうか?ご存知の方があれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

献辞?

ハミさんにこの本を捧げます、と言う意味。

ハミさんが誰なのかは知らない。随筆だと「家庭内別居」とか言ってたけどねえ・・・。

Q物語について 物語の最後って抽象的又は具体的、どちらで終わる方が面白いですか?

物語について
物語の最後って抽象的又は具体的、どちらで終わる方が面白いですか?

Aベストアンサー

私個人はどちらも好きですが、世間的に人気なエンターテイメント性あふれる作品は具体的に終わらす方が多いと思います。
ただしホラー、ミステリー、あるいは純文学となると、抽象的な方が多いと思います。

Qミステリー小説のシリーズモノのおすすめを教えてください! 麻見和史さんの殺人分析班シリーズにはまりま

ミステリー小説のシリーズモノのおすすめを教えてください!

麻見和史さんの殺人分析班シリーズにはまりました。ミステリーとしてもしっかり楽しめるのはもちろん、(塔子ちゃんと鷹野さんのような)登場人物たちの微妙なカンケイもあり…というシリーズがいいな、と思います。
これまでに、
・森博嗣さん
・笠井潔さん
・京極夏彦さん
のシリーズモノは読みました。現代の日本を舞台にしたもの希望です。

長い質問になってすみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

松岡圭祐:
①万能鑑定士Qシリーズ 全20巻
②特等添乗員α(アルファ)シリーズ 全5巻
③探偵の探偵シリーズ 全4巻
④探偵の鑑定Ⅰ、Ⅱ
⑤水鏡推理シリーズ 5巻 継続中
覚えておいて損はない役立つ知識や時事ネタが各シリーズに散りばめられています。
各々は女性主人公で、現在の同軸時間上に設定されていて、主人公同士が時々オーバーラップして登場します。
①万能鑑定士Q②特等添乗員α③探偵の探偵は同時進行で読み進めても良いです。
①~③シリーズの総決算が④探偵の鑑定Ⅰ、Ⅱ
⑤は同軸時間上のヒロインとして、新たな方向性と分野でストーリーが展開します。

>登場人物たちの微妙なカンケイもあり…というシリーズがいいな
と言うことなら、万能鑑定士Qシリーズがそれに当たりますね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報