桜にまつわる噂について教えて下さい。

「敷地内に桜を植えると縁起が悪い」って聞きましたが
根拠を教えて下さい。また、「桜の根元には死体があ
る」って噂の根拠もできれば教えて下さい。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

桜は、人骨を吸って育つと言われる。

その為、墓地や戦場跡などに多く立っているのだ、という話ですが…恨みを持った死者の魂を根から吸い取り、花を咲かすのだそうです。桜の花から発散している香りの成分に、幻覚作用を引き起こす物があることが 分かったとか分からないとかいう話(桜餅に使う葉っぱに安息香成分でもあるのかなあ)もあります。出典不明ですみません。

でも、民俗の方では、「桜はサ・クラ」で、「民俗学でサとは田の神様のこと。稲の苗をサナエ、田植えの時期をサツキ、田植えをする少女をサオトメというように、稲作に関連した言葉の中に今も残っています。一方、桜はサ・クラであり、クラは神の座のことですから、田の神の依代(よりしろ)という意味になります。桜の開花は田の神が宿ったことを、桜の満開は豊かな収穫の予祝を、それぞれあらわしているそうです。」というから、そんな怖いものじゃないと思いますが。

なお、植木屋さんの意見では、桜はものすごく養分を吸うので、普通の家の庭などでは、土が痩せて他のものが育たなくなるからやめろということでした(前に家族が強引に植えようとしていわれた)。
    • good
    • 0

以前、植木職人さんに聞いた事あります。


毛虫がわくからですって。
『夜爪を切ると親の死に目にあえない』のように止めた方がいいよ~の意味だと。

でもいまいちロマンチックじゃないですね。
    • good
    • 0

こんにちは。


>「敷地内に桜を植えると縁起が悪い」
については分からないのですけど、
>「桜の根元には死体がある」
については、以前、私が質問しましたときに、親切な皆さんから回答をいただきました。
よろしければ下記を参照されてみてくださいね。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=19049

この回答への補足

迅速なアドバイスありがとうございました!

「桜の根元には死体がある」 の方は良く分かりました。

でも。。。

本当に知りたいのは「敷地内の桜は縁起が悪い」
って方です。。。

宜しくお願い致します。

補足日時:2001/03/30 15:55
    • good
    • 0

「敷地内に桜・・・」については良くわからないですが


「桜の下に死体・・・」ってのは噂とかではなく
あまりにも桜が綺麗なのできっと死体が埋まっているから
こんなにも綺麗なのでは?
という文学的?な表現だと思います
また桜の花はもともと白くて死体から血を吸上げるからほのかにピンク
っていう話もありますね
    • good
    • 0

>「桜の根元には死体がある」


桜の花がなぜ紅い(薄ピンク色)のか?
それは……… って事ではないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「三途の川の渡し賃は6文」は何が根拠ですか

今週の木曜日、賞金クイズ番組を見ていたら、「三途の川の渡し賃はいくらか」という問題がありました。答えは6文(天界、人界、餓鬼道など6つの世界の担当者に1文ずつ払わなければいけないから)だったのですが、そんな言い伝えは聞いたことがなかったのですが、何が根拠なのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

これは六文銭、あるいは六道銭とも呼ばれる習慣で、結構一般的です。#2の方も書かれているように、現在は(金属は火葬に適さないため)紙に印刷されたものを棺に入れていますね。名前からして、穴あきの寛永通宝が一般化した江戸時代以降に一般化した風習のようです。

もともとは、六道のお地蔵さんにひとつずつ渡せるよう死人に持たせたのでしょう。六道というのは天上、人間、修羅、畜生、餓鬼、地獄の六つの世界で、成仏しなかったものはこのうちのどれかの世界に生まれ変わるという考えから、どこに生まれてもいいようにそれぞれの世界を見守る地蔵さんにいわばお賽銭を持たせたわけです。(お墓へ行くと、よくお地蔵さんが六体ならんでいますよね)

地蔵信仰は平安時代の末ぐらいからありますが、六道銭の記録は近世のものしかありません。恐らく、このお金を「三途の川の渡し賃」と俗に言うようになったことがきっかけで、近世になって急激に広まったのでしょう。
本当に渡し賃ならば一文でも三文でもいいはずですからね。(枕団子を六つ作るなど、葬儀前後の民俗にはこの「6」という数字が沢山でてきます)

専門的には、紙銭を燃やす中国の風習が伝来したもの、という説を唱える人もいますが、かつての貴人の古墳に鏡を入れた伝統が金属である小銭を入れる風習となって残り、やがて仏教的に解釈されてこれが6つとなり、さらに「三途の川の渡し賃」といわれるようになって広まった、という説に説得力があります。

基本にある民俗的な習慣と表面に見える仏教的なものが混交しているわけで、特定の角度から見ただけでは割りと分かりにくいのが仏教の習俗の特徴ですね。

こんにちは。

これは六文銭、あるいは六道銭とも呼ばれる習慣で、結構一般的です。#2の方も書かれているように、現在は(金属は火葬に適さないため)紙に印刷されたものを棺に入れていますね。名前からして、穴あきの寛永通宝が一般化した江戸時代以降に一般化した風習のようです。

もともとは、六道のお地蔵さんにひとつずつ渡せるよう死人に持たせたのでしょう。六道というのは天上、人間、修羅、畜生、餓鬼、地獄の六つの世界で、成仏しなかったものはこのうちのどれかの世界に生まれ変わるという考え...続きを読む

Qあるファッションを”流行っている”といえる根拠

テレビで芸能人が「この服は流行っている」とか「この色はこれから流行る」と言うのをよく見ますが、
何を根拠にしているのでしょうか。

Aベストアンサー

過去の質問と回答で、このようなものがありました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1048158755

Q桜と墓の関係とは?(那須塩原にて)

先日、那須塩原方面に旅行に行きました。
車で走っていて気が付いたのですが
その一帯は、墓地に必ずと言っていいほど
桜の木があるのです。
一部八重桜やソメイヨシノのようでしたが
ほとんどは柳桜、と言うのでしょうか、
柳のように垂れ下がる種類の桜でした。

これは何かいわれや理由があるのでしょうか?
また、地域によって違うのでしょうか?

ちなみに私は千葉出身ですが、特にそのようなことはないと
記憶しています。
なんとなくでもいいのでご存知のかた教えてください。

Aベストアンサー

いわれは知りません。

那須は「日光国立公園」の近くで固有種が多いのです。標高の関係で野生のサクラを単に植えるとすべて「柳桜」になってしまう地区のはずです。

Q最近の言葉の使い方で「引き続き宜しくお願いします」というものがよくきか

最近の言葉の使い方で「引き続き宜しくお願いします」というものがよくきかれるのですが、「引き続き」の部分が、どうもおばさん年齢には耳に馴染まない感じです。 「今後も、この後も」とかいう意味なのでしょうが、言葉の使い方の流行りなんでしょうか。 テレビ等の言い回しの影響でしょうか。 

Aベストアンサー

日常会話ではあまり馴染みがないかもしれませんが、ビジネスシーンでは一般的に使われています。

例えば、取引先からの問い合わせへの回答を返すときや、経過報告などを入れる際など、取引が進行中の時点でよく使います。
つまり、“まずは、この取引をよろしく”という、現在進行中の取引を強調したニュアンスです。
これに対して、「今後ともよろしく」は取引が一旦終了した時、将来の取引に向けての挨拶として使います。

オークションの場合も同様です。
「引き続きよろしく」は、例えば商品代金を振込みをしたけれどまだ品物が到着していないなど、取引が終了していない時点で“(まだやり取りが続く)この取引をよろしく”という意味で使います。
取引が完了したら「今後ともよろしく」と挨拶が変わります。

ですので、「引き続きよろしく」と「今後ともよろしく」は、現在進行形の関係に主眼を置くか、未来の関係に主眼を置くかという点で、使うシーンが微妙に異なると言えます。
「引続きよろしく」を使う人が「今後もよろしく」を使わないわけではなく、状況に応じて使い分けているだけだと思います。
ただ、もしオークションの取引が完了しており、かつ、その後継続して取引を予定していない場合に「引続きよろしく」を使っている場合は、適切な使い方ではないように思います。

ちなみに、私が記憶している限りでは、少なくとも20年くらい前には「引き続きよろしく」がビジネスシーンで使われていましたので、最近の流行り言葉ではありません。

日常会話ではあまり馴染みがないかもしれませんが、ビジネスシーンでは一般的に使われています。

例えば、取引先からの問い合わせへの回答を返すときや、経過報告などを入れる際など、取引が進行中の時点でよく使います。
つまり、“まずは、この取引をよろしく”という、現在進行中の取引を強調したニュアンスです。
これに対して、「今後ともよろしく」は取引が一旦終了した時、将来の取引に向けての挨拶として使います。

オークションの場合も同様です。
「引き続きよろしく」は、例えば商品代金を振込...続きを読む

Q桜はなぜ・・・

なぜ、桜は城跡公園や学校施設に植えられたのでしょうか?

Aベストアンサー

まったく私見なのですが・・・

古くから、梅も桜も日本人に愛されてきた花です。
梅は香りも馥郁として、また古木に「ずばえ」(方言かな?)という若枝がはえ
花をつけることから生の息吹のようなものを感じ取り愛でられました。
桜は春の訪れとともにパァ~ッと咲き誇り、あっさり散っていく。
そういう儚さが「もののあはれ」とマッチして愛されたのではないでしょうか。
「しず心なく花の散るらむ・・・」ですもん。

で、近年になって桜の季節がちょうど新学期・新年度と重なることから
公共性のある城址公園や、学校などに植えられたのだと思います。
毛虫はつくし、秋には落葉と、結構手間のかかる樹ですが、
まるで国花のように(実は違うのにね)身近な花になり得たのではないでしょうか

これは、本当に今、いきなり思いつくままに書いたのでまったく自信ナシです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報