痔になりやすい生活習慣とは?

現在の日本国憲法は、敗戦時に戦勝国が武力で強制した物ですから
憲法としての正当性が有りません。
国際法違反の違法で無効な憲法もどきに過ぎません。
もしも、そうした植民地憲法でも大変に気に入って居ると言うならば、
正当性を担保して正式に成立させる為に、独立後に再度、日本国民の
合意を得て創憲すべきでは有りませんか?
ですから、憲法が気にって居ると言う考えにせよ、気に入らないから
変えると言う意見にせよ、少なくとも一回は、日本国民の自由な総意で
憲法を作成すべきだと思いませんか?

それとも、現在に至るまでアメリカ軍が占領している状況が現実として
続いているから、日本は主権を持つ独立国では無いので、自分の軍隊が
持てないのと同じく、アメリカの許可が出ないと自前の憲法は持てない
のでしょうか?
それでは、日本国民が功名に騙されているだけで、日本の敗戦処理は
終わって居ない事に成るし、民主党が平等な日米関係に異常なほど
拘る理由も根拠が有ると言う事に成りませんか?
だって、実質的に80箇所もの占領軍の基地を置かれ続けて居て、
しかも基地内は治外法権だし、独立国なのに日本軍は存在しませんし、
自衛隊は完璧にアメリカ軍の使い捨ての駒にされていて、米軍に
組み込まれてしまってますしね・・・・・。
敗戦時に日本は軍隊も持つな、武装も戦争も一切禁止だと命令されて
いたのに、アメリカが朝鮮戦争や冷戦で戦力不足だから、アメリカを
助ける為の軍事力は持っても良い、ただしアメリカの言うとおりの物
のみだと言われて、暴力で憲法を無視させられて朝鮮戦争に参加させ
られて、アメリカ軍への軍需物資の製造で経済が復活し、爆弾や大砲や
船の製造で製鉄業と造船業が世界一に成って、精密兵器の下請けをさせ
られて電子部品が世界一に成り、べトナム戦争が終わると一気に軍需が
無くなって、仕方が無くてタンカー造ったり自動車造ったりしてたら
自動車も世界一に成り、気が付いたらアメリカと日本で世界経済の6割
以上を独占する世界最強の軍事同盟化していました。
しかし、冷戦が終わってしまうとアメリカが態度を変えて来て、日本が
強過ぎると恐いと考えて、韓国や中国に下請けを分散して日本を弱らせよう
と悪意を持つようになり、そうして居る間に中国が強くなり過ぎて慌てて
居ると言った滑稽な状況に成ってますよ。
しかし、日本だけは占領下のままだと言うのはおかしいですよ。

本当に日本が主権を持つ独立国ならば、憲法くらいは自前で創るべきだと
思いませんか?
内容は、現状に近くても全く違う物でも、日本国民の総意で創られて
国会の議決を得た物ならば構わないでは有りませんか。
ただ、現在のように不磨の大典のような扱いをしてはいけないと思うんです。
日本国の憲法は、日本人が幸せに暮らす為に存在するのですから、不都合なら
簡単に変えられるようにすべきですよ。
憲法は、日本人の幸せを守る為の道具に過ぎませんから、それに振り回されるのは
本末転倒でしょう。
出自に明らかな問題が有るんですから、ドイツのように改正すべきでは有りませんか?
本当に深く疑問に思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

おっしゃる通り。

質問者は随分アメリカに対する敵意剥き出だしだし、俺もアメリカ嫌いだけども、この件に関してはアメリカは、自国の利益に適う限りは寛容ですよ。きっとこれをアメリカ政府に打診すれば、きっとそうするように外交圧力まで掛けてくれるはず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや、私は別にアメリカを嫌いでは有りませんよ。
事実を事実として知らない事は駄目だと考えて居るんです。
アメリカが自国の国益の為になら他国に核爆弾まで撃ち込んで
平気な顔をしていられる程の強国で、日本人は弱くて文句さえ
恐くて言えないのは駄目だと言って居るんです。
御互いに現状は同盟国で、時代が変わって相互に必要とする
国際化社会に変わったと言う現実に対して、対応出来ない幼稚な
個人的感情で政治を語るほど危険な事は有りません。
事実を知る事と、時限の低い復讐思想とは全く別の物ですよ。
事実を知る事は、同じ失敗を繰り返さない為に必要な事なんです。
その為に、貪欲に知識を追い求める事は必要ですよ。
反省も必要ですが、現在の日本人の愚かな子供じみた感情的反省は
何の意味も有りませんね。
あんな物は本当の反省では無くて、単なる自信の欠如と不勉強が
もたらした自己不信から来る欝病みたいな物です。
次元が低過ぎて韓国人の火病や中国人の中華思想を笑えません。
日本人は、日本の伝統や文化、輝ける栄光の歴史を、しっかりと
勉強して出直すべき時だと思います。

回答、有難う御座います。

お礼日時:2010/03/28 15:30

引き出物云々は話を分かりやすくするためにの単なる「たとえ話」なんだけどね。


本質的でない差異をあげつらって反論したつもりにかもしれないけど、
「誰が作ったかじゃなくて、どんな憲法かが重要だ」という主張に対して、
全然反論にも何にもなっていないよ。

現行憲法の「内容」に不満のある人は改憲の主張の根拠として、
押しつけられた憲法だからとよく言うけど、あなたもそうなんじゃないの?
それならストレートに「内容」の議論をした方が生産的だよ。

憲法は、日本人の幸せを守るための道具に過ぎないんだから、
「誰が作ったか」に振り回されるのは本末転倒だな。

この回答への補足

もう少し、日本語の読解力を高めて下さいね。
あなたの日本語能力のレベルに合せて、似たような
例示を挙げてあげたのに、御自分の文章の内容をけなしても
仕方が有りませんよ。
あなたが卑近な例を挙げたのに合せて差し上げただけの話です。
あなたのスタイルだから、あなたの能力でも理解出来るだろう
と言う親切心です。
天に唾すると恥をかきますよ。
一国の憲法を、ましてや千年以上の歴史を持つ大国の憲法を、
誰が造ったかなんて重要じゃ無いと主張したら、世界の笑い者に
なると言う常識が欠けていると教えて差し上げて居るんですよ。
もう少し、国家と言う物がどういう成り立ちをして、どれほど
多くの人間の命を奪いながら、最後には人間の英知で進化して
来たのか、人類の歴史を勉強された方が良いと思います。
もう少しインテリならば、自国の憲法に関して、あなたのように
いい加減な事は言えなくなるのです。
憲法に関しては、誰が創ったのか、国民が命を賭けてまで従う
正当性が有るのかは、非常に大切なんです。
憲法は、日本人を死刑にする刑法や、日本人が戦争になったら
無抵抗で皆殺しにされるのか、命を賭けて戦うのかと言う、国民の
生命財産の根幹に拘わる本当に大切な物なんですよ。
それを、戦争に負けて武力で強制された物で良いと言える無神経と
知識の不足が、本当に心配です。
失礼ですが、あなたが高い教育を受けたインテリでは無い事は
解ってしまうんですよ。
自分だけ気に入って居れば何でも良いと言う発想は、余りにも
無責任だと思います。

回答、有難う御座いました。

補足日時:2010/03/28 15:46
    • good
    • 0

>本当に日本が主権を持つ独立国ならば、憲法くらいは自前で創るべきだと思いませんか?



思わない。

そう思う人が多かったら、この60年の間にとっくに改正されてる。

うちは結婚式の引き出物にもらった食器でも、いいと思ったら使う。
「自分で選んでないから捨てて、自分で新たに買いなおすべきだ!」なんて思わない。
あるものを採用するかどうかは、それ自体がいいものなのかどうかが
重要なんであって、他人が作ったかどうかはどうでもいい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、有難う御座います。

お考えの趣旨は解りましたが、個人の嗜好と国家と言う
大きな集団の、ましてや世界第二位の経済大国で世界の
10指に入る強大な軍事力と科学技術力を持つ超大国の
国家としての行動の規範と国の成り立ち、お国柄を決める
憲法を、同じ次元で考えるのは、少し過激で行き過ぎだと
思いますよ。
あなたは、尊敬すべき恩人の結婚式や晴れの舞台でも、
自分さえ良ければ皆が正装して礼を尽くして居るのに、
俺は虚飾に興味は無いからTシャツに短パンで行けるよ!
と言うような唯我独尊の行き過ぎた極論を実行するような
奇人変人ですよ。
1億人の単位に昇る大勢の人間が住む国の規範が、そうした
思想で放置されたら、全てがいい加減な御都合主義の混乱した
国家が出来てしまうでしょうね。
そして、現在の日本は正に、そうした大混乱の状態です。
このままで日本が崩壊すれば、一番困るのは、あなたのような
考え方の人間ですよ。
中国が日本を支配したら、あなたのような自由気ままな自分本位の
考え方や生き方は、真っ先に粛清されますからね。
どうにも出来ない圧倒的な武力で、有無を言わせず殺されます。
そうなってしまうのが望みならば、何も言う事は有りません。

お礼日時:2010/03/28 15:07

あなた様のお考え、思い当たる節があります。



数十年も連れ添った古女房から、突然、
「結婚する時に別居の約束だったのに、同居だったから、離婚します」と言われた時みたいです。

当初は、成り行きや揉め事を避ける目的で、受け入れたのに、
何十年も生活して来て、今まで変更することもなく、この状態でやってきたじゃないの。
いまさら、そんな昔の理由で、こっちの責任にされても困る。

下世話な例で、すみません。
アメリカさんも、そのようなお気持ちじゃないでしょうか。
「いやなら、変えろよ。いつまでも、使ってるんじゃないよ。」
そんな反応が、かえって来そうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アメリカが日本の力を恐れて過大評価して来たのは事実だと
思います。
その為に、日本国憲法は異常なまでの理想論の幻想的建前で
飾られた現実性の全く無い空疎な憲法です。
そして、その裏には日本の伝統や文化を破壊し尽くそうと
した悪意が隠されています。
実際、その悪意の憲法は効果を十二分に発揮して、日本と言う
国を堕落させ、自分では何も決める事が出来ない、思考力と
決断力、行動力を失った三流国に没落させる事に成功しつつ
有ります。
昭和一桁までの生まれの、戦前の厳しい日本の伝統的教育を
受けた指導者が消えると同時に日本は没落を始めてしまい、
国民の大多数が昭和二桁以後になると、大混乱に陥って行き、
現状は先の見えない暗澹たる状態にまで追い詰められています。
この憲法を押し付けて来たアメリカでさえ、余りの効果に
尻込みを始めて、日本人が憲法を変えるのは自由だと言い始めて
居ますよね。

同じ敗戦国のドイツは、とうの昔に憲法を改正し、ドイツ軍を
再興しています。
アメリカ軍も追い出しました。

日本だけがアメリカ軍に占領支配されたままだと言う厳しい
現実が残り、日本は国家としての存在すら危ぶまれる混乱の
中で、没落の速度を速めています。
このままで良いのでしょうか?
勇敢だったアジアの勇者であった御先祖様が、草葉の影で
泣いておられるような気がします。

回答、有難う御座いました。

お礼日時:2010/03/28 15:18

質問者さんの主義主張も大いに理解できるのですが、ちょっとばかり補足の意味合いで付け加えさせてもらいますと、



まず、
新・日本国憲法制定時、つまり旧・大日本国憲法有効時、その時の主権者は昭和天皇であった。
国民が主権を持っていた訳でもなんでもない。

その天皇が憲法改正を決意し、新憲法の冒頭部分に署名押印している関係上、憲法改正について我々国民が口を挟む部分は、法的には皆無であると思うのです。

主権が国民に来て、アーダコーダと言える様になったのは、天皇の憲法改正の決断があったらばこそ、ですよ。そういう形態になってる。
だから・・・あなたが憲法についてどうのこうのと言える身分で居られるのは、現日本国憲法を天皇に制定してもらったからだ… というチトややこしいことになりますね。

んじゃ、もし米国の強制力が働いていたと言うのであれば、その強制力は国民にとっては良い方向の強制力ではなかったのかな?
こういう意味では米軍の日本来襲は、実を言えば国民にとっては、

**** 解放軍! ****

であったとも言うべき。

私個人としてはコッチの方の捕らえ方を濃厚に持ってます。
んで、そんな私は1945年以前にいっぱしの大人ぶっていたのなら、必ずしや通称名:当時の売国奴 になっていたと思いますよ。

米軍を幇助し、日本国体を崩壊せしめるために、あらん限りの努力をしていたと思う。
多分その途中に死んでただろうが。

だがね。今じゃまるきり反対になっちゃってて、現在では私はまるで軍国主義者のようですねw
私は戦前戦後を通じて、日教組とかの売国奴とまるきり反対。朝日新聞ともまるきり反対。
こういう天邪鬼は長生きできんのがフツーだが、どういうわけか危機存亡の時代と時代のハザマで青年期・壮年期を送った関係上、生き永らえた。
あと30年か40年、寿命があるのであれば、次の時代は私は軍国主義者…だろうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スイマセン、回答の内容が良く解りませんでした。

回答有難う御座います。

お礼日時:2010/03/28 16:07

 正当性も無ければ、東京裁判なんてものも完全に違法。


しかも証言に検証作業もなければ、弁護人も皆無
 事後法だらけの違法裁判。

でも改正したくても
 憲法改正の定数にみたないw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座います。

お礼日時:2010/03/28 15:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング