最新閲覧日:

図などをWordからPowerPointへコピーして形式を選択して貼付けをする際、
データの形式を選択するようになっています。
・Wordオブジェクト
・ピクチャ
・ピクチャ(拡張メタファイル)
・リッチテキスト形式
など・・・

このデータの形式の意味と有効に使え分ける方法を
どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まずはそれぞれの形式の違いですが、


・Wordオブジェクト
  PowerPoint(など)に貼り付けたあとにPowerPoint上でダブルクリック
  するとWordが開いてWordとして編集できます。
  つまりPowerPointの中にWordがそのまま貼りついているという
  イメージです。
・ピクチャ/ピクチャ(拡張メタファイル)
  その名のとおり、Wordで編集したものを「画像」としてPowerPointに
  貼り付けます。
  貼り付けたあとに編集する際には、画像として編集することに
  なります。
  2つの形式がある理由ですが、単に古いWindows(95より前)との
  下位互換のためですので、通常拡張メタファイルを使用して
  問題ないと思います。
・リッチテキスト
  リッチテキストでは、Wordで編集したものを「テキスト」つまり
  文字として貼り付けます。その際フォントなどの一部の情報は
  貼り付けられますが、表などWordの機能で表現している部分は
  切り捨てられます。
  この形式で貼り付けた場合PowerPoint上では、テキストとして
  編集が行えます。

以上を踏まえて大まかな使い分けですが、、
貼り付けるときに、
Wordで作ったレイアウトをそのまま生かしたいならば
Wordオブジェクトかピクチャで、貼り付けた後にまだWordの文書として
編集する可能性があるならばWordオブジェクト、そうでなければ
ピクチャで貼り付けるのが良いと思います。
またWordで作ったものの中の文字情報だけを持っていければよいのならば
リッチテキストを選択すると良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shibarouさま
詳しいご回答ありがとうございました。
特にピクチャの2つの形式がよくわからなかったのですが、
これで、スッキリしました。
自信を持って使い分けできます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/03 13:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報