『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

地方局、ローカル局はなぜ必要なのですか?

マスメディア集中排除の原則という考え方があるのは分かりますが、そのためにローカル局が作るつまらない番組を見せられたり、興味もない中日戦を見せられるのはヘドがでます。

ローカル番組にも需要があるなら放送すればいいですが、だったらキー局の番組もどこでも見られるようにしてほしいのですが、なぜそれができないのでしょう?

全て自由競争にして視聴者に選択権を委ねればいいと思うのですが?

その結果視聴率がとれず衰退する局があれば自業自得でいいと思うのですが?

ローカル局ってそんなに必要ですか?

ローカル局が作る番組ってそんなに必要ですか?

まあ、特に今は地元を離れて仕事のためだけに東海地方にいるので東海地方の文化や地元情報に全く興味がないのにそういう情報を垂れ流されてるというのもありますが...

集中排除の原則の原則でローカル局を守る必要性があるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

>集中排除の原則の原則でローカル局を守る必要性があるのですか?



それで守っているのではないでしょう。

私は地方在住でローカル局をみています。
本当にキー局の番組がすばらしく視聴率がとれるすべてキー局の番組にしています。
地元の情報も一定割合必要です。

昨日の品川駅の大きな電子看板とかのニュースいりませんし、駅ナカのスイーツも遠いので対象外です。

>全て自由競争にして視聴者に選択権を委ねればいいと思うのですが?その結果視聴率がとれず衰退する局があれば自業自得でいいと思うのですが?

これが本質に迫る問題で視聴者の選択に任せたとき広告収入で成り立っている民放は広告料金を出している企業にどれだけの人が見たと説明できるのでしょうか?今は視聴率がわかって放送地域の人口がわかれば一応出せます。(正確でなくても長年ビジネスモデルとして成り立っている)
一部の地方CATVではキー局の放送を見ることができます。しかし限定された少数の視聴者なら良いですがこれを全員に可能にすると朝ズームインを見たときのCMはローカル局のA地方銀行かキー局のBメガバンクかわからなくなります。
ローカル局では取られる場合がおおいでしょうし、キー局では関東一円より多くの視聴者が得られるが、どれほどか調べるすべもなく企業に多くお金をもらうのが難しいし、企業も未確定の視聴者の分まで払いたくないと考えませんか?

もう1つは電波有限で独占的にテレビ局に与えられているので災害報道など公共的使命もあるので安易につぶせないこともあります。

地上デジタル放送のIP再送信,総務省の真意は
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/2005102 …
地デジIP再送信への二つの課題
「送信地域を限定する技術面の整備」ー>これが現行免許制度の県単位区切りを踏襲する要望から
放送事業者の間に広がる不安ー>地方局ビジネスモデルが崩壊の危険

も参考になるとおもいます。
    • good
    • 2

東京以外の人にとっては東京の情報ばかり流されても困るでしょう。



キー局が放送しているニュースなどでも、地方局が取材しているものも少なくありませんし。
    • good
    • 3

派→波

    • good
    • 1

あなたはローカル局が必要ないといいことですが、私は地上派そのものが必要ないと思っています。

人の考え、意見はさまざまですがこういうところへ質問と称して少数意見を披瀝すると多数派のヒマ人の餌になるだけのことです。

運営者は不毛な議論にならないように注意はしているのですが、質問ではなく質問の形にして自分の意見を言いたがる人と反論したがるヒマ人には困ったものです。
    • good
    • 2

ローカル局が無かったら、何から何まで全部東京のキー局からの垂れ流しになる可能性が極めて高くなりますし、そっちの方がよっぽどつまらないと思います(※首都圏在住の方は結果的に余り変わらないのでアレですが)。

    • good
    • 2

>ローカル局が作るつまらない番組



う~ん。
キー局の番組だって、似たようなものだと思うんですが。

お手間を取らせて申し訳ないんですが、
質問者さんにとって「つまらなくない番組」を、
具体的に提示していただけないでしょうか。
    • good
    • 1

既にBS放送にて「難視聴地域対策」としてキー局放送が送信されています。


国の定める「ホワイトリスト」に登録される事が必要です。
一世帯3台までのデジタル映像機器で受信する事が出来ます。

東京キー局が全国の放送網を経営・維持・管理する事は困難です。
    • good
    • 1

興味がないのはあなたであって、興味がある人がいるから成り立ってる。



まあ、文句があるならテレビばっかり見てないで、他に趣味でも探しましょう。
    • good
    • 3

 その論を進めると、日本などという辺境の島国のニュースなど必要なく、世界に向けた番組さえあればOKとなりませんか。

    • good
    • 0

地方は地方の情報が必要ですよ



東海地方にいらっしゃるとのことですが、
中日のファン層が多いからです。
放送局は、広告費などの利益で経営されています
クライアントが視聴者が見ないような巨人-阪神戦より
中日戦にCMを流したいですよね
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイタリアで日本人は差別されてますか?

先日北イタリアへ行ったのですが、個人旅行であったせいかいろいろ不愉快な思いをしました。
・なにしろ見る目が厳しい。
観光地じゃなかったのでアジア系が目立つのか、それともスカートだったのがいけないのか・・・どこでも怪訝な目でみられました。
町にスカートの人は店員以外では見かけませんでしたが、何か意味があるんでしょうか。パンツスタイルにしたら少し変わりました。
・電車で嫌がられた。
一等車にしたのですが、途中乗って来たカップル(女性)にあからさまに嫌がられ、男性にどうにかしてと頼んでいたようですが結局彼等は次の駅で出て行きました。。。
その他にもカフェで他の客にどかされた等イタリアのイメージが崩れました。何しろ怪訝な目で見られるのが厳しくて・・・。
ミラノのような大きいところではそうでもなかったのですが、もしかしてイタリアって日本人(もしくはアジア系)嫌ってますか?
イタリア語の勉強も始めたのにこれですっかり気が萎えてしまいました。参考に教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしません。そこらじゅうの国を回りましたが、「よそ者が何しに来やがった」という悪意の目つきは、ウズベキスタンのフェルガナ地域でしか、出くわしたことがありません。外国人を見たら興味を抱くのは、大都市以外ではどこの国でも一緒です。日本でも、例えば田舎の田んぼのあぜを黒人が歩いていたら、じいさんばあさんがぎょっとした目で見たり、村中の人が集まってきたりするでしょう。小沢一郎の一人区まわりと同じで、村人がワサワサ出てきても、まったく不思議ではないと思います。

イタリア人の差別感情は、主としてアルバニア人に向けられます。イタリアは第2次大戦中の一時期、海を越えた向かいのアルバニアを支配していました。戦後、アルバニアは、ホジャ大統領の下、独自の共産主義閉鎖国家を作り、弊害も多かったものの、結果として、ユーゴスラビアに併合されてぐちゃぐちゃな内戦に巻き込まれることを避けることができました。アルバニアはユーゴスラビアともソ連とも中国とも仲たがいして、鎖国状態にあったのですが、実際には市民はイタリアのテレビを見て、世界情勢を知っていました。ホジャ大統領の死後、共産主義が崩壊し、資本主義の導入も失敗、ねずみ講への投資を国家が推奨するということを資本主義を理解していない国民に推奨したため、ねずみ講の崩壊と共に、政局は混乱、政権が吹っ飛んだのです。この時、多数のアルバニア人がぼろい船でイタリアに渡って不法入国した事情があり、アルバニア人に対する感情は、きわめて悪いものと推定されます。

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしま...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q一般的にTBSテレビ系列の地方局はラテ兼営局が多い理由は?

日本では東京にある日本テレビ、TBSテレビ、フジテレビ、テレビ朝日が、キー局となって地方の道府県のテレビ局、ラジオ局を系列化しております。このうち、東京のTBSテレビはラジオ・テレビ兼営局であり、アナウンサーやニュースソース、放送設備、局舎などをラジオとテレビで共有しています。またTBSテレビの系列局となっている地方の民間放送局もTBSテレビラジオと同様に、ラテ兼営局が多く、同様にアナウンサーやニュースソース、放送設備、局舎などをラジオとテレビで共有しています。

東京の他のキー局では資本関係が在ってもラテ兼営とはせずに表向きは全く別の局として経営することが多いようです。
フジテレビとニッポン放送、文化放送、お台場時代はフジテレビとニッポン放送は局舎が一緒だったが、ニッポン放送が有楽町に戻ってからは離れ離れになりました。文化放送は一見フジサンケイグループとは何の関係もないように見えますが、人事交流があるようです。(ただしニッポン放送とフジテレビとの交流ほどではないようです)

日本テレビとラジオ日本は一見全く別の放送局に見えますが、時折、放送中に「ラジオ日本は日本テレビ系列のラジオ局です」ということを言ったりしています。また日本テレビ所属のアナウンサーが出向扱いでラジオ日本のアナウンサーとして異動したりしています。

TBSテレビが、ラテ兼営の地方局を(優先的に?)系列化している理由、歴史的背景は何でしょうか?

日本では東京にある日本テレビ、TBSテレビ、フジテレビ、テレビ朝日が、キー局となって地方の道府県のテレビ局、ラジオ局を系列化しております。このうち、東京のTBSテレビはラジオ・テレビ兼営局であり、アナウンサーやニュースソース、放送設備、局舎などをラジオとテレビで共有しています。またTBSテレビの系列局となっている地方の民間放送局もTBSテレビラジオと同様に、ラテ兼営局が多く、同様にアナウンサーやニュースソース、放送設備、局舎などをラジオとテレビで共有しています。

東京の他のキー局で...続きを読む

Aベストアンサー

我が国の民放TVは、1953年8月28日に開局した「日本テレビ放送網」(NTV 日テレ)を皮切りに、1959年頃までには、各地に民放が開局し、在京キー局、(日テレ、TBSの前身KRTラジオ東京テレビ、テレ朝の前身NET日本教育テレビ、フジテレビ、なお、テレ東の前身東京12チャンネルは、この時点では未開局でした)が、自局の系列局を増やすことに、躍起になっていました。
 そのうち、TBSの前身KRTは、現在はラジオ、テレビを分社化しましたが、もともと、1つの民放で、ラジオ、テレビ両部門を持つ兼営社で、これが地方のネットワーク展開において、強みになりました。
 例えば、SBS静岡放送、BSN新潟放送などは、ラジオ時代から、KRTの支援を受け、テレビもその系列となり、現在に至っています。
 このように、KRT(TBS)は、兼営社である強みを活かし、ラジオ時代に、地方局に対して、積極的な支援を行い、近い将来、テレビを開局の際は、ぜひともうちの系列局になってくださいと、根回しを行い、これが、少なくとも70年代前半までは、JNNと呼ばれた、最強のネットワークを形成出来たということです。
 また、ラテ兼営局は、そのエリアで最も早く開局した局が大半で、また大半のエリアでは、民放TVは1局だけでしたから、大体、地方の兼営局は、TBS系列と、日テレ系列に2分されています。
これには、地方の中継用マイクロ回線の事情も絡んでおり、例えば、愛媛のRNB南海放送も、ラジオ時代の繋がりから、テレビもTBS系列になることを望んだのですが、当時、四国地方には、マイクロ回線が1系統しかなかったため、四国4県の、先発のラテ兼営局は、全て日テレ系となり、また、九州地方も、1系統だけだったため、ここでは、先発の兼営局は、全てTBS系列となっています。
 また、地方局には、大抵、地元地方紙の資本が入っているため、日テレのように、読売色が強いキー局は敬遠され、新聞色が薄かったTBS系列を選択したという経緯もありました。
 これら日本のTVネットワーク形成の経緯については、ちょっと古い本ですが、猪瀬直樹著「欲望のメディア」(小学館発行)に、詳しく記載されています。

 http://www.amazon.co.jp/%E6%AC%B2%E6%9C%9B%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2-%E7%8C%AA%E7%80%AC-%E7%9B%B4%E6%A8%B9/dp/4093941637

 これは、1990年頃「週刊ポスト」の連載記事を、単行本化したもので、私も持っています。

我が国の民放TVは、1953年8月28日に開局した「日本テレビ放送網」(NTV 日テレ)を皮切りに、1959年頃までには、各地に民放が開局し、在京キー局、(日テレ、TBSの前身KRTラジオ東京テレビ、テレ朝の前身NET日本教育テレビ、フジテレビ、なお、テレ東の前身東京12チャンネルは、この時点では未開局でした)が、自局の系列局を増やすことに、躍起になっていました。
 そのうち、TBSの前身KRTは、現在はラジオ、テレビを分社化しましたが、もともと、1つの民放で、ラジオ、テレビ両部門を持つ兼営社で...続きを読む

Qローカル局の方向性とは?

以前、知人から「デジタル放送はローカル局に、一番利益をもたらす」と言うようなことを聞きました。それは本当なのでしょうか?その真偽とメカニズムを教えて下さい。
また、デジタル放送時代を迎えるにあたり、ローカル局はどの様な方向性を目指すべきなのでしょうか?

近い将来の情報の流通は、インターネットを経由するのが一番効率が良いというのはなぜでしょうか?

 質問に共通性がなくて申し訳ありません。なにぶん全くの素人なものでご容赦下さい。

Aベストアンサー

まず、2つの質問は関連がありますよ! (^-^) 大丈夫です。

他の方もおっしゃっているとおり、短期的にみて地上波のデジタル放送は
地方局に大きな負担を強いるものであるという見方が多いです。

この計画に笑い話があります。現在、総務省、NHKとデジタル放送推進協議会は、周波数変更に伴う費用の再算出で奔走中。というのも、実は、このデジタル化の計画には詰めの甘いところがあり、都市部から地方に拡大しながら順次デジタルに移行するにあたって、一部のアナログ局の周波数までも変更しなければならない(アナアナ問題)というとんでもないコストが「最近」判明したんです!(笑)

現在、この対策のために、周波数を変更するのか、あるいはいきなりデジタル放送をして、変わりにSTBを配布するのかということでもめています。。。(T-T)

いずれにせよ、このような大きな負担がありながらも、この計画を推進しているのには、ちゃんと理由があります。

1.有限な電波の有効利用(帯域の圧縮)
2.コンテンツの再利用
3.デジタルによる付加価値(高画質、ゴースト問題など)
4.その他いろいろ(機器メーカーが儲かるなど)

電波の周波数の件に関しては、他の方が触れられているので、ここではコンテンツの再利用について書きます。また、この事は、ご友人が仰った「ローカル局に利益をもたらす」という事に結びつきます。

現在の地方局のビジネスモデルは、自社のカバレッジエリアの世帯を広告主に売っているものです。つまり、自社の電波の届く範囲の世帯に広告を発信し、その対価をスポットなら代理店経由、提供枠なら広告代理店経由キー局経由でもらっていると考えてください。

ところが、デジタル放送を前提に作られたコンテンツにおいては、その二次利用が
大変容易であるゆえ、(パッケージのみならず、インターネットなど)市場が広がる可能性があるのです。国もこの点で問題になる著作権隣接権などのルール作りに取り組んでいることは、ご存知の通りです。

例えば、(あまりに大雑把な計算ですが!) 100万世帯の都市の放送局でエリアカバレッジが90%で、平均視聴率5%の番組を作っている局が、接する世帯数は 100万×90%×5% 4万5000世帯。
つまり、地方局はそのエリア内の世帯数が決まっているので、決まったパイを他の系列局と取り合っているんです。どんなに頑張って平均視聴率を上げても、その地域の世帯数は変りませんから、この限界は乗り越えられませんでした。(放送の24時間化でも、あまり多くの収益をあげられない。このご時世であっても、深夜帯の視聴率は散々たるもの)

でも、デジタルを前提に作った番組であれば、そのコンテンツをインターネットを使って全世界に向けて発信をできるため、最大で46億人の潜在顧客がある(ちょっとオーバーですが)といえます。

この事が、唯一地方局にある一筋の光明といえましょう。

現在の地方局の自社制作率は、ご存知のとおり相当低い率になっています。
80~90年代に顕著になった都市集中志向によって、この状況に一層拍車が掛かっていて、地方局のスタッフの士気は下がるばかりです。「このままでは、単なる中継局になってしまうのでは!?」という漠然とした不安を、みなさん持っておられるようです。

「それでもいいではないか。キー局が優れた番組を作って、地方局がその信号の再送出に関わって、全体で利益を上げられれば良いのではないか」、という声も聴かれそうです。確かに、そういうビジネスモデルに特化して、利益を出す事は可能かもしれません。いやむしろ、今までの構造はそのようなものだったのかもしれません。

ただ、私達が考えなければならないのは、キー局が作っている作品が、本当に質の高いものであるかという事です。

現在のブロードバンドの世界では、皆様ご存知のとおり、海外のコンテンツをダウンロードして、再生することは大変容易くなっています。まだ、回線幅の問題や、ベストエフォート(回線が混雑の状況によって変化する)であるということから、音声(IP電話)、あるいは動画の配信には向かないと思われていました。しかし、最近になってネットワークの補強がものすごい勢いで進められており、ストリーミングやミラーリング、CSを使った負荷分散など、さまざまな伝送に関わる技術の進歩の中で、ストレスなく動画を扱える状況が近づいています(韓国の事例をご覧下さい)

(ちょっとわき道にそれますが、余り知られていない事ですが、日本の光ファイバー敷設率は、シンガポールなどの特殊な例を除き、トップです。というのも、多くの商業施設には、すでに電力会社が多芯の光ファイバーケーブルを引きこんであって、数線を電力機器の調整・監視に使っている他は、全くがらがらという状況です。法制度が整えば、このインフラを使って、データのやりとりができます。国もインフラの整備の需要性は承知しており、ラストワンマイル、ラストワンメートルの問題を除けば、相当に恵まれた状況にあるといっていいと思います。地方においても、幹線の光化が急速に進んでおり、これにおいても他国よりアドバンテージがあると思います。)

このような社会の中では、私達がコンテンツの勝負をするコンペティターは、むしろ国内になく、海外にあると言えます。FOXが新たな映画を封切った瞬間、全世界のユーザーがFOXのサイトにアクセスして、各国語の字幕をつけたコンテンツを楽しむという時代が、すぐそこに来ています。

その中で、私達、日本の、キー局が作っている作品は、世界で競える質の高いものなのでしょうか?

残念ながら、そうではないようです。言語の問題もありましょうが、一部のアニメーションを除き、日本のコンテンツが海外で見られる事はありませんし、その評判もご存知のとおりです。ということは、このままキー局主体で、「今のままのコンテンツ」を作っているかぎりでは、この業界自体が消滅(そもそもセットインユース(局を問わず、全体でテレビを見ている世帯数)が減り、広告収入が減り、制作費が減り。。。。)

このような状況の中で、廉価な制作費で作品を作る事に長けた地方局に、もしかしたら分があるかも、と考えるのも自然です。実際は、多くの負債を抱える可能性があり(キー局がどのような対応を取るかによります。まだわかりません)、その中で事業を推進するのには、様々な困難が伴うかもしれません。しかし、大きな広告代理店の制作よりも、小さなクリエィティブ・エージェンシーがCMを受注した「ユニクロ」のように、大きな会社が良い仕事をするとは限らない世の中になっています。いかに優秀な人材を確保し、彼らに伸び伸びと良い作品を作ってもらうかにかかっています。

私の私見が多く混じっていますが、このような前提の中で地方局の生き残りの道には、いくつかパターンがあると思います。

1.キー局の放送中継局としての機能に特化。
保守管理の外部委託の推進、デジタル化に掛かる局舎の更改にあたっては、積極的な証券化の推進。媒体セールスなどを含め、人員の合理化。ステーションパワーの増大(ブランドイメージの向上)に向けた各種プロモーションの効率的な投下(現在の活動はムダが多いのでは?) 売りものである「時間」×「視聴率」の価値増大と支出の削減を狙う

2.独自コンテンツ制作会社として、世界で生きる
少ない制作費でコンテンツを制作できる事を強みとして、世界を市場として考えて制作力の増強に努める。ただし、この場合に気を付けなければならないのは、一部にエッジを立てるということ。競馬専門チャンネルがそれなりに成功していることをふまえ、独自の(ニッチで良い。市場の母数が大きいのだから)得意分野に資源を集中する。市場は日本1億2000万のみでなく、海外も含めた戦略に。その方が市場の分母が大きいのだから。「京都」「奈良」など、海外の人間に興味があり、既にブランドが確立されている地域で活動するならば、それを局の中心に据えても良い。「京都に関しては、全てがわかるチャンネル」という具合に。

3.地域に根ざした会社になる
日本のネットワークの一部として捉えると、小さな企業であるが、各地域では絶対的な知名度とブランドイメージを持った企業であることから、地域に特化した事業を幅広く推進する。地域の住民のベネフィットを最大化する事を事業の最終目的にし、豪雪地帯なら雪に関したサービス全般を扱い、南国ならマリンリゾートに関係する幅広いサービスを扱う。この場合の強みは、ブランドイメージであるという事を忘れずに、それを大切に「地域の人に」愛される会社(会社というよりも、組織かもしれない)を目指す

以上が、私の考えです。
広告代理店に勤めながら、勉強を続けています。
色々と弱い点のある意見であることは承知です。
みなさまのご意見、質問者の方のご意見も頂ければ幸いです。

まず、2つの質問は関連がありますよ! (^-^) 大丈夫です。

他の方もおっしゃっているとおり、短期的にみて地上波のデジタル放送は
地方局に大きな負担を強いるものであるという見方が多いです。

この計画に笑い話があります。現在、総務省、NHKとデジタル放送推進協議会は、周波数変更に伴う費用の再算出で奔走中。というのも、実は、このデジタル化の計画には詰めの甘いところがあり、都市部から地方に拡大しながら順次デジタルに移行するにあたって、一部のアナログ局の周波数までも変更しなければ...続きを読む

Q地元のTVが見られず、他県のTVしか見られない場所がある??

福岡県には、福岡県のTVが見られず熊本県のTVだけが見られる地域があるという話を聞きました。
地元に系列局があるにもかかわらず、地元のTVが1つも見られず他県のTVだけが見られるなんて事は、本当にありえるのでしょうか?

Aベストアンサー

山川町・立花町ともに、久留米局が良好に受信できます。電波の届きの悪い地域は、地域ぐるみで共同受信されていると思いますので、福岡県内で熊本波しか受信できない地域は、数件単位だと思われます。逆に熊本県の玉名市や荒尾市など、熊本局にアンテナを向けず、大牟田局のみを受信している世帯が多いです。

佐賀県に関しては、県内のほぼ全域で福岡や熊本の放送局が受信できるため、2局目は開局しても視聴者が他県の局へ流れてしまい、採算性が合わないため開局には至りませんでした。サガテレビも系列には属さない独立局として開局し、福岡と佐賀のエリアを統一ようとした経緯がありますが、独立局では採算が取れないため、仕方なくフジ系列になった過去があります。

Q専攻とは

よく大学での専攻は?などと言いますよね。
この専攻って何の事なのでしょうか?

学科の事ですか、ゼミの事ですか、それとも特別の研究室のような所での研究の事ですか。

もし、学科の事だとしたら、細かく学科に分かれておらず、学部だけしかない規模の小さな大学の場合はどうなるのでしょうか。

また、研究室の事だとしたら、研究室に入っていない学生は専攻なしということになるのでしょうか。

Aベストアンサー

普通、「専攻」と言ったら、卒論で自分が扱う分野、卒論がないのなら、それに代わりゼミ研究などで自分が扱っている分野のことです。

たとえば「私は文学部の日本文学科で、紫式部を専攻しています」のように使います。そこまで細かく説明することを要求されているわけではないなら、「文学部で日本文学を専攻してます」って言い方もアリです。

また大学によっては、「○○科」の変わりに「○○専攻コース」などを設けている場合もあります。この場合、○○の部分を自分の専攻であると言ってしまっても差し支えありません。

まあ、そんなに厳密な言葉でもないので、神経質になることはないですよ。自分が主に勉強している(したいと思っている)分野、という程度の意味です。

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

Qマンションの10階でゴキブリが!

賃貸マンションの10階の部屋で、去年の7月頃に大きい黒いゴキブリが出ました。私はゴキブリはおろか、小さな虫でも出たら失神するくらい苦手で、2年前位までは実家で暮らしていたので、出たらとりあえずその場からすぐ逃げて殺してもらってました。なので、一人暮らしをする前にはいろんな人に意見を聞いて絶対出ないような10階(最上階)の角部屋を選んだんです。それで安心しきってたんですが…。去年の暑い7月の終わり頃にローテーブルの上にノートパソコンを置いてネットをしてたら、いきなり目の前(テーブルの上)に黒い物体が現れて、一瞬混乱して「ひいっ」と口走ったんですが、その声にびっくりしてその物体はさっとスピードを上げて走ったので、一瞬でパソコンの影に隠れてしまいました。一瞬の出来事だったので、幻覚かなと思ってテーブルから離れてみると床をそいつがうろうろ徘徊していました!それまで小虫しか出たことがなかったので、その光景は非常にショッキングなものでした。今でも信じられません…(泣)。今はもう4月で暖かくなってきてるので、また怖くなってきました。10階以上の高層階で出たという話をいまだに聞いたことがありません。なんで部屋に来たのかも不思議でありません。どなたかそういう例を知っていたら教えてください!

賃貸マンションの10階の部屋で、去年の7月頃に大きい黒いゴキブリが出ました。私はゴキブリはおろか、小さな虫でも出たら失神するくらい苦手で、2年前位までは実家で暮らしていたので、出たらとりあえずその場からすぐ逃げて殺してもらってました。なので、一人暮らしをする前にはいろんな人に意見を聞いて絶対出ないような10階(最上階)の角部屋を選んだんです。それで安心しきってたんですが…。去年の暑い7月の終わり頃にローテーブルの上にノートパソコンを置いてネットをしてたら、いきなり目の前(テーブ...続きを読む

Aベストアンサー

21階なのですが昨年秋に私も質問者さんと同じく???と、衝撃を受けました。やはり大きな黒いやつが・・・。

以前の住居ではゴキブリなんて珍しくも無く、スリッパでしとめ、ガムテープで始末し、ティッシュで清める、と、仕事は完璧でした。何事にもブランクの弊害はあるようで
久しぶりに黒い物体と遭遇した時には「手も足も」でませんでした。(壁にいる場合はスリッパを脱いで手にもちますっ!)幸い子供が始末してくれました。

で、質問者さんと全く同じ反応なのですが、えーっ!出るの?となったわけです。でも、子供の意見では、「エレベーターでゴミを捨てに行くから、下の階の家庭ゴミから逃げたヤツが家へたどりついたのでは?かなり弱っていたしね。」なのです。確かに我が家はエレベーターから最も近い位置に有ります。

外からも飛んできます・・・。以前3階に住んでいた時、夏でしたがブーンと入ってきたのを目撃しました。網戸をしておくべきだったと後悔しましたが。
ベランダの買ってきた植物の土からも・・。 でも、私の住んでいる所には下の方の階の方でゴキブリを飼っている方がいまして、恐怖なのです。いつかは1階毎に昇ってくるのではないかと。

今のところ、我が家での目撃は1件だけなのですが、質問者さんの投稿を拝見して、忘れていた恐怖を思い出してしまいました!!!

21階なのですが昨年秋に私も質問者さんと同じく???と、衝撃を受けました。やはり大きな黒いやつが・・・。

以前の住居ではゴキブリなんて珍しくも無く、スリッパでしとめ、ガムテープで始末し、ティッシュで清める、と、仕事は完璧でした。何事にもブランクの弊害はあるようで
久しぶりに黒い物体と遭遇した時には「手も足も」でませんでした。(壁にいる場合はスリッパを脱いで手にもちますっ!)幸い子供が始末してくれました。

で、質問者さんと全く同じ反応なのですが、えーっ!出るの?となった...続きを読む

QラジオのAMとFMの違いって?

ほとんどラジオを聴かなかったせいか、
ラジオのAMとFMの違いが分かりません。

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

AMは「Amplitude Moduration」の略で、
振幅変調、すなわち音波を電波の強弱の変化として伝えていく方式、
FMは「Frequency Moduration」の略で、
周波数変調、すなわち音波を周波数の変化として伝えていく方式です。

AMは音波をそのまま振幅の変化としていく方式ですから、
電波の波の形をオシロスコープ等で見ると、
乗せた音声の形がそのまま現れます。
つまり、かなり原始的な変調方式、と言えるんですね。

そのため本質的に雑音源の影響を受けやすく、
また二つ以上の電波が重なって受信された場合、
その片方だけを排除することも難しい性質を持っています。

これに対してFMは常に一定の強さの電波に、
波の粗密の形で音声を乗せていくことになりますから、
雑音源となる他の電波が入ってきたとしても、
それによって受ける振幅の変化は無視できます。
つまり、本質的に雑音の混入に強いわけです。

またFM方式の場合は、二つ以上の電波が重なって受信された場合、
一定以上の電波の強度の違いがあると
弱い方は完全にマスクされて
復調(電波から音声を取り出すこと)されない、
という特徴があり、混信に強いという特徴も持っています。

このため、音楽など「良い音」を伝えたい放送には
AMよりもFMが適する、ということになってくるわけです。
以上が変調方式としてのAMとFMの違いです。
 

AMは「Amplitude Moduration」の略で、
振幅変調、すなわち音波を電波の強弱の変化として伝えていく方式、
FMは「Frequency Moduration」の略で、
周波数変調、すなわち音波を周波数の変化として伝えていく方式です。

AMは音波をそのまま振幅の変化としていく方式ですから、
電波の波の形をオシロスコープ等で見ると、
乗せた音声の形がそのまま現れます。
つまり、かなり原始的な変調方式、と言えるんですね。

そのため本質的に雑音源の影響を受けやすく、
また二つ以上の電波が重なって受信された...続きを読む

Q車が無くても暮らせる地方都市といえば?

札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡などは大丈夫そうなイメージですが。。。その他ならどこがあるのでしょう?

Aベストアンサー

・地下鉄やモノレール、路面電車がある都市
(三大都市圏&上記以外では、那覇、北九州、熊本、鹿児島、長崎、広島、岡山、松山、高知 etc.)
であれば、その沿線に住めば、クルマなしでもOKでしょう。

また、公共交通機関がバスonlyでも、都心部に、デパート+大規模なショッピングセンター(ディスカウントストア、DIY等含む)がある都市
(三大都市圏以外では例えば、浜松、金沢、新潟、福山 等)
も、クルマいらず、といってしまってよいように思います。

あとは、その人の感じ方&工夫の仕方次第・・・です。
いざというときだけレンタカーを借りればよい!あとは自転車で! と割り切れば、
レンタカーの営業所のある、大概の街は大丈夫と思いますよ。


人気Q&Aランキング