今放送されてるドラマ、大奥が個人的にツボで毎週楽しみに見ています。
そこで思ったんですが『大奥』の元となった(原作っていうんでしょうか?)本ってあるんでしょうか?
それともオリジナルって感じなんでしょうか?
もし本があるんなら読んでみたいと思ったもので…。
ご存じの方、回答お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「大奥」面白いですね。


私も毎週楽しみに観ています。
確かにエンドクレジットで「原作」は載せられていませんが、個人的には宮尾登美子さんの『天璋院篤姫』(講談社文庫)を多少参考にしているのではないかと思います。
読んでドラマと比較みると面白いかもしれませんね。

なお、ドラマにはまだ登場していませんが、
安達祐美さんが演じる和宮については有吉佐和子さんの『和宮様御留』(講談社文庫)というのがあります。
こちらは淡々と話が進んでいきますが、つい引き込まれてしまう良い小説だったと記憶しています。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061840 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『天璋院篤姫』…読んでみたいです!!!
スッゴク興味をひかれます!教えてくれてありがとうございます☆
えっ!!安達祐美さんって和宮なんですか!?
オープニングで姿を見せているので「何の役なんだろう?」と疑問に思っていたところです。
ん?和宮?
…とすると…和宮は家茂の奥さんですよね?
ということは…北村一輝さん演ずる家定は死んでしまう…ということですか??
なんだかショックです…。
気を取り直して『天璋院篤姫』、『和宮様御留』を読んでみようと思います。
ありがとうございました

お礼日時:2003/06/19 19:55

今回の「大奥」には特に原作というものはないようですが、


1967年、1974年に放送された有名な大奥もの「徳川の夫人たち」の原作は
下記の通りです。

ドラマ同様、特殊な場所・大奥で展開される独特のドロドロとした世界、
その中での確執、政治的陰謀、そして女性達の哀しみを描いた歴史小説です。

◎『徳川の夫人たち(上・下)』 吉屋信子/朝日文芸文庫
◎『徳川の夫人たち・続(上・下)』 吉屋信子/朝日文芸文庫
    • good
    • 0
この回答へのお礼

以前に放送された大奥の原作を教えてくれてありがとうございます。
その大奥が放送されたときにはまだ生まれていないので、見ていないので(当たり前ですね)本を読んでみたいと思います。
ドロドロとした世界…楽しみです。
ありがとうございました

お礼日時:2003/06/19 19:49

こんばんは。


大奥、面白いですよね。
私のツボにもハマってます。

フジテレビのサイトで見たのですが
スタッフ一覧(?)のところに「原作」というのがなかったので、元になっている本はないようですね。

でも最近のテレビドラマは最終回の少し前に本になることがあるので、もしかするとこれも本になるかもしれないですね。
私も読みたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nicericeさんのツボにもはまってますか(笑)
最近はあまりドラマを真剣に見ていなかったのに、大奥はスッゴク真剣に見てます。

原作はないようですね…。残念です。
これはもう最終回間際に発売になる本を期待するしかないですね。
もし発売されたら絶対に購入します!!
回答ありがとうございました

お礼日時:2003/06/19 19:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「安濃津」が何故「津」に?

以前から気になっているのですが、何故伊勢安濃津は単に「津」と呼ばれるようになったのでしょうか。
安濃津はかつて博多津・坊津と並んで「三津」と呼ばれるほど港として栄えていたものの、明応の大地震によって遠浅になってしまい衰退してしまったとか。そうすると近世以降は特に「津」といえば「安濃津」を連想するような感じでもなかったのではないかと思うのですが、どうして略した呼び方が定着したのでしょう。
またいつ頃から単に「津」と呼ばれだしたのかも気になります。藤堂家三十二万石の津藩もものによっては「安濃津藩」と書かれていますし、明治四年七月に「津藩」が「津県」となっているものの、その年の十一月に桑名・亀山・長島・菰野・神戸各県と合併した際には「安濃津県」と名付けられていて結局その辺りまでは併用されているような印象を受けます。
ご存知の方、お教え頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

 実際のことは全く知りません。土地勘もありません。
 想像だけで申し上げます。
 安濃郡というのがかつてありましたように、安濃地方は内陸部まで含めた広い地域であったと思います。
 安濃津は安濃の津、安濃地方の津(湊)ということでしょう。
 『津』は固有名詞にはなりにくいものです。
 この地方以外の人々は安濃津と呼んでいましたが、近地の人々は面倒だから省略して単に『津』と呼んでいたのではないでしょうか。
 この地方周辺では『津』といえば、安濃津のことを指すのが当たり前になっており、『津』が固有名詞化し、津藩、津県、津市のもととなったような気がします。
 奈良県に大和高田市という町があります。昔は高田という町で、頭に大和と付いたのは、他県の高田という町や市と区別するためだと思います。近地の人は単に高田と呼ぶだけで、わざわざ大和高田とは呼んでいないのじゃないでしょうか。
 大阪和泉地方に泉佐野市という町がありますが、周辺の人は泉佐野の町へ行くときは『佐野へ行って来る』というだけで、泉は付けません。
 なお、NHKの時代劇『鍵屋ノ辻の決闘』で仲代達也扮する荒木又右衛門が『大和高田・・・・』という台詞を口にしていましたが、ヘンだと思いました。
 安濃地方は広い地方で、安濃の津はその一部、近地周辺の人々はワザワザ安濃津と呼ばず単に『津』と呼んでいた。「安濃の津」の町もだんだん大きく立派になっていったが、『津』という省略された呼称がそのまま定着してしまった、という風に想像しました。

 実際のことは全く知りません。土地勘もありません。
 想像だけで申し上げます。
 安濃郡というのがかつてありましたように、安濃地方は内陸部まで含めた広い地域であったと思います。
 安濃津は安濃の津、安濃地方の津(湊)ということでしょう。
 『津』は固有名詞にはなりにくいものです。
 この地方以外の人々は安濃津と呼んでいましたが、近地の人々は面倒だから省略して単に『津』と呼んでいたのではないでしょうか。
 この地方周辺では『津』といえば、安濃津のことを指すのが当たり前になっ...続きを読む

Q漫画原作ドラマの走りとなった作品をご存じでしたら教えて下さい。

 漫画原作ドラマの走りとなった作品をご存じでしたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

東京ラブストーリーなんかじゃないですかね。

Q三重県津市の魅力

三重県津市にいったことある方、住んでいる方に質問です!!
三重県の魅力、津市の魅力を教えてください!
津市に来年から住むことになるので、なんでもいいので地元ならではのことなど、教えて頂けたらと思ってます。

Aベストアンサー

三重県松阪市出身です。 

ちょっと長くなります(すみません)。

私の家族も友達も皆、津の魅力は「何もない」と答えると思います。

津は通称「県庁所在地のくせに何もない所」と言われていまして、
津市出身の友達も津市民は「(津で)遊ぼう」とは言わない。
「(津市外へ)遊びに行こう」と言うそうです。

三重で一番都会は四日市です。

多分2番目が津だと思いますが、
三重県の北部の人は名古屋に通勤・通学ができることもあり、
週末も名古屋で遊ぶ人が多いです。

三重中部だど、北部の人ほど頻繁ではないにしても、名古屋はもちろん、
大阪、京都、神戸に日帰りでショッピングに行くので、
(私は三重にいるときは月1で近鉄特急で都会に遊びに行っていた)、
周辺の都会に比べれば津には何もないということなんだと思います。

四日市以外の三重県の市町村は津と同じくらいか、津よりしょぼいです。

touhu1234さんが今まで住んだことがあるところがどこなのかわかりませんが、
東海に初めて住むなら、ケンミンショーで紹介された名古屋飯が食べれる店が三重県にはあります。

名古屋名物と思われている天むすの本家は津にあります。

津の県立図書館に月2で通っていたときに、おいしいケーキ店をいくつか見つけました。

松阪は食べることにお金使うの好きだし、外食も好きなので、
人口比率でみると飲食店が多すぎると言われています。

それに比べると津はみみっちい(食べることにお金を使わない)と言われてますが、
津の友達とよく食事を津でしますが、コスパの高いレストランはそれなりにあります。

地方のいいところは、東京より、おいしくて、量が多くて、安いものが見つかることです。

特に三重に帰った時には、夜は懐石料理をやっているところで食べる1000-1500円のランチが楽しみです。

東京だと1500-2000円以上するような内容が楽しめることがあります。

イタリアン・フレンチは三重でも東京と同じコスパの店もあり、
家賃も人件費も安い地方でありえないとキレルことも。。。

アートに興味があれば、津の県立美術館がお勧めです。

以前週末にシャガール展に行き、人がいなくて、ビックリしました。
まったりと名画を満喫できました。

東京だと、絵を見る時間より、並んで人の頭を見る時間のほうが長いので、地方の美術館は本当にいいです。
ただし、自分の好きなアートが三重に来てくれればの話ですが。

三重にいる間にしかできないこととしては、津の文化会館でバレエとオペラを見ました。

超有名なバレエ団だと三重に来ないし、名古屋や大阪まで見に行けるけど、チケット代が高いのと、競争率が高くチケットをとるのが大変です

三重にくるようなものは、チケット代がちょっと安かったり、チケットも取りやすかったりします。

榊原温泉が平成の合併で津市になりました。

母が病気をしたときに、500円では入れることろがあり、(有名なところは多分1000円)
週1で通っていたことがります。
今は増税で値上げされているかもしれません。
榊原のお湯はいいですよ。

榊原にはルーブル彫刻美術館もあります。

松阪牛は津の肉屋でも販売されています。
年末には行列ができる松阪牛で有名な肉屋が津にもあります。

都会のデパ地下だと、高級な肉しか売ってなかったりしますが、
地元だけに庶民でも買える金額の松阪牛のすじやこま切れが買えます。

以上、東京・大阪で生活して気付いた津のいいところを紹介させていただきました。
ご参考になれば幸いです。

三重県松阪市出身です。 

ちょっと長くなります(すみません)。

私の家族も友達も皆、津の魅力は「何もない」と答えると思います。

津は通称「県庁所在地のくせに何もない所」と言われていまして、
津市出身の友達も津市民は「(津で)遊ぼう」とは言わない。
「(津市外へ)遊びに行こう」と言うそうです。

三重で一番都会は四日市です。

多分2番目が津だと思いますが、
三重県の北部の人は名古屋に通勤・通学ができることもあり、
週末も名古屋で遊ぶ人が多いです。

三重中部だど、北部の人ほど頻繁では...続きを読む

Q13:30より放映中の「真珠夫人」の原作本

13:30より30分番組で放映中のドラマ、
「真珠夫人」の原作本をご存知の方、いらっしゃいましたら
情報を教えていただけないでしょうか?

菊池寛原作の、新聞連載の小説だったようですが、
この単行本などでていないでしょうか??

ご存知の方、教えてください!

Aベストアンサー

ハイ、私もすっかり「真珠夫人ワールド」にハマッてしまい
原作本を探してしまった一人です!

番組のHPによりますと、原作本は残念ながら現在絶版になっていて
図書館などで探すしか手はなさそうですね。
ちなみに同HPによれば、「真珠夫人」原作収録本は以下の通りだそうです。

1.文芸春秋新社(現・文芸春秋)「菊地寛文学全集」
2.文芸春秋「高松市市政100周年・菊地寛全集」

がんばって、見つけましょう♪

参考URL:http://www.tokai-tv.com/drama/shinjufujin/

Q三重県津市の観光+昼食を教えて下さい

京都から伊勢は新名神で繋がり大幅に近くなりましたが、2009.1現在ではETC+am9までにゲートを通ると100km未満は高速料金が半額になります 京都南から津ICが96.9km2750円が1550円で走れます 津市内には10:15ころ到着します=昼食を入れて約3時間の予定で、ここだけは外せないという津の代表的な名所を教えて下さい+松阪の牛肉と並んで津はうなぎやが多いそうですが、どこが評判が良く美味しく安いか教えて下さい

Aベストアンサー

こんにちは。

津市ですが、京都の人から見ると全くもって見所が無い町になると思います。季節季節で梅の時期だと結城神社、桜の時期だと偕楽公園や旧美杉村の三多気(みたけ)の桜【津ICの南にある久居ICより約1時間】などが候補に上がるでしょう。久居ICから京都東ICまでは100キロ未満だったはずです。

文化施設では高田本山や津観音などあまり知名度の高くない寺院が多いですし、お城公園(津城跡)もそこまで見所ではないと思います。

http://www.tsukanko.jp/syosai/tsu/umap.pdf
うなぎですが、他県まで有名なのは新玉亭と大観亭でしょう。新玉亭は大食いの方で有名かもしれません。その人その人で好みが違いますのでうまっぷを参考にしてください。

Q大奥の登場人物

大奥はまってます!!!
大奥に登場する人物は全員実在したのですか?(特に側室達)
もちろんドラマ。フィクションなのは理解しています。ですが、「後々この人が~」なんて分かっていれば、もう少し違う見方ができるかな・・・・って。
時代背景に詳しくないのでお教え下さい。
<実在組>
お与世・・2代将軍御代所
春日野局・3代将軍乳母
お考・・・3代将軍御代所
お万・・・側室→{後の細川ガラシ????違う?}
お玉・・・側室(後の桂昌院)
<???組>
お楽・・・側室→4代将軍実母???
お夏・・・側室??????
おりさ・・側室??????

Aベストアンサー

私も大好きで毎回欠かさずみています。
でも、登場人物が多いので困ったときは私はよく
ここをみます。参考にして下さい。

参考URL:http://www.uraken.net/rekishi/reki-tokugawa03.html

Q三重県 第一の都市は津、四日市 どっち

三重県 第一の都市は津、四日市 どっち

三重県 第一の都市は津、四日市 どちらなのでしょうか

県庁所在地である”津”なのでしょうか
人口及び工業化している
”四日市”なのか

それとも鈴鹿市などの他の都市なんでしょうか

教えてください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

都市の主要因である人口,産業(特に工業)生産高,流通量の点から見れば,いずれも四日市が三重県内最大であり,第一の都市と言ってよいでしょう。
ちなみに,農業生産高と(市としての)面積も県内最大です。

先の回答で「四日市は歴史が浅く,四日市港ができてから発展した」とありますが,それは誤りなので,少し歴史にも触れておきます。

15世紀には,地名の由来となる定期市「四日市」が既にたっており,江戸時代に東海道の宿場に定められ,宿場町としても発展しました。四日市は単なる宿場町というだけでなく,京へ向かう東海道と伊勢へ向かう参宮街道との分岐点でもありました。
明治時代には,多くの紡績会社や鉄道会社の本社が四日市に進出し,商業都市として発展しました。四日市港が開かれたのは,当時の主要産業の本社とのアクセスに便利だったのと,名古屋港の建設が遅かったためだったと記憶しております。
その後,商業の中心は名古屋に移り,四日市港も衰退しましたが,高度経済成長期には工業都市(特に重化学工業)として大きく発展しました。

とまあ,伊勢出身の私が,四日市を自慢する義理はないんですけどね。

都市の主要因である人口,産業(特に工業)生産高,流通量の点から見れば,いずれも四日市が三重県内最大であり,第一の都市と言ってよいでしょう。
ちなみに,農業生産高と(市としての)面積も県内最大です。

先の回答で「四日市は歴史が浅く,四日市港ができてから発展した」とありますが,それは誤りなので,少し歴史にも触れておきます。

15世紀には,地名の由来となる定期市「四日市」が既にたっており,江戸時代に東海道の宿場に定められ,宿場町としても発展しました。四日市は単なる宿場町とい...続きを読む

Q河野悦子は大将の家に住んでるんですか? なんでそこに住むことになったんですか?

河野悦子は大将の家に住んでるんですか?
なんでそこに住むことになったんですか?

Aベストアンサー

大将にとって悦子の父は会社の先輩で恩人、
その恩人に悦子が東京に出る際に面倒を見るよう頼まれたから

Q三重県津市で仕事は多いですか??

こんにちは。三重県津市に家庭の事情で半年ほど住むことになるんですが、三重県津市は仕事が多いんでしょうか??主に派遣で工場系を探しているのですが・・・地域情報が分らないので津市に住んでいる方がおられましたら教えてください。

Aベストアンサー

ホンダ(HONDA)の鈴鹿工場関連の仕事
シャープ(SHARP)の亀山工場関連の仕事
23号線沿い藤方の松下電工(パナソニック)津工場関連の仕事

派遣で行くとなればこんな感じでしょうか。他にもあるとは思いますが、大きなところはこんな感じです。ただ、どこにしても車は必須です。車を持ってない場合は寮があるところを探した方が早いかな
。ただ、半年しかいなくて寮に入れるか分かりませんが。
鈴鹿や亀山まで通ってる人もいますし、下請け・孫請けで働いてる人も居ます。まずは派遣会社に聞いてみることをお勧めします

Q『大奥~幕末の女たち~』

昨日の大奥のスペシャル、途中で観られなくなってしまいました(;_:)
どなたか、あらすじを教えて頂けないでしょうか?

公式サイトで紹介されているあたりまでは観たんです。
家定を暗殺しようと胃薬と毒をすりかえたが、「お前も飲めば目眩がなくなるぞ」とか何とか言ってる場面をちょっと見ました。あと、雪江(星野真理)が打ち首になろうとしている場面もチラッと観ました。(下り薬は滝山の仕業だったのになぜですか!?)

どうぞよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

ちょー長いッスが良いでしょうか?
雪江は「慶福暗殺計画には加担していない、毒は自分が大奥で不始末をしでかしたときに自害するつもりで懐剣代わりに持っていたものだ」と言い、簪をのどに刺して自害しようとしますが一命は取り留めます。この件に関して篤子も一枚噛んでいると見る瀧山の指示で篤子は謹慎することになり、その間雪江の看病?をします。そして薩摩での思い出を語り合ったり雪江の夫や子供の話を聞き、雪江は将軍に恨みを持っているということも聞きます。(が、雪江はとりあえず実際は将軍に直接危害を加えようとはしていないです)
そうこうしているうちに慶福の事件が実は、一橋派を罠にかけようとした瀧山が下剤を混入したとわかり、家定は篤子の謹慎を解きます。
それと同時にハリスが家定に謁見することが決まり攘夷派の薩摩の人々は二人が会う前に家定の命を絶つことが良策と考え東郷を使い、篤子に家定を毒殺させようとします。
謹慎が解かれた篤子は、6代将軍の命日に増上寺に参詣し、その時に薩摩藩の間者でもあった近江の計らいもあり東郷と再会、毒を渡されます。それは、「胃の病の持病のある家定が毎日飲む胃薬とすりかえろ」ということでした。
その参詣から帰って、雪江の部屋をのぞいたら雪江が寝ているはずの布団が畳まれており雪江がいない。女中?に聞いてみると「死罪が決まった(ため連れて行かれた)」と…
それを聞いて篤子は倒れてしまい、その間に雪江は斬首されてしまいます。
そのあとに篤子は目覚め、pon-poko-pon さんがご覧になったシーンになったのだと思います。
家定が「お前も飲めば目眩がなくなるぞ」といっていたのは篤子が「めまいがして倒れた」と言ったからであり、純粋に篤子を心配して薬を与えようとしたようです。(昔なので胃薬もめまいの薬もたいした違いはないと考えたのではないでしょうか。ちなみに「なくなるぞ」ではなく、「めまいにも効くかも知れんぞ」程度の言い方だったと思います)
で、その機会を逃さずそばにいた近江が薬をすりかえたと…。
ちなみに雪江が持っていた毒は見つかったひとつだけではなく、荷物から十数個もの毒の包みが見つかったと言うことで有罪になったようです。
その後ですが、一度家定が篤子と近江の前でその薬(包みがいくつもある中のひとつなので胃薬なのか毒なのかは不明)を飲もうとします。が、篤子がその紙包みを手で払い落して家定を救ってしまいます。さらに、薬を入れていた財布みたいなのに入っていた他の薬も全部粉を捨ててしまいます。(つまり篤子が毒殺を少なくとも知っていたことは家定に知られてしまったのかな…)
そうしてハリスとの謁見が近づいてきたある日、雪江の遺品を大奥の女中たちで処理しており(整理して燃やすとのこと)そこを通りかかった近江はその中のひとつデンデン太鼓の中に毒の包みが残されていたことを発見し、その包みを「今朝、家定様が寝所に忘れて行った、いつも飲んでいる胃薬です」と偽って家臣に渡してしまいます。それは回りまわって家定の元へ…
また、その後もやしている場所を通りかかった篤子が切り裂かれたデンデン太鼓を見て事態を察知、表でハリスと謁見しようとしていた家定に伝えたいと大奥を走るが、御台所が大奥を出してもらえるはずもなく切羽詰っていたところを瀧山が通りかかり、事態を聞いた瀧山が家定に伝えようとするがすでにハリスとの謁見が始まっており会わせてもらえない…。
そして謁見の終わった家定、胃薬(=毒)を飲もうとするが、後ひと息…と言うところで胃痛が起こりそれ落としてしまう。
「将軍が倒れたむと表の騒ぎを聞いた近江は自分の役目(=家定暗殺)は完了したと思い込み、自害。
篤子は家定にこれまでのこと(暗殺の事を知っていたのに黙っていた&殺そうとした事)を詫び許しを請う。
二人は分かり合ったが咳をした家定の捨てた懐紙には喀血の後が…(篤子は気づかない)
「その9ヵ月後に家定は他界した。」とナレーションが入り終了です。

ちょー長いッスが良いでしょうか?
雪江は「慶福暗殺計画には加担していない、毒は自分が大奥で不始末をしでかしたときに自害するつもりで懐剣代わりに持っていたものだ」と言い、簪をのどに刺して自害しようとしますが一命は取り留めます。この件に関して篤子も一枚噛んでいると見る瀧山の指示で篤子は謹慎することになり、その間雪江の看病?をします。そして薩摩での思い出を語り合ったり雪江の夫や子供の話を聞き、雪江は将軍に恨みを持っているということも聞きます。(が、雪江はとりあえず実際は将軍に直接...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報