【初月無料キャンペーン中】gooドクター

現在必要にせまられ、
スミルノフーグラベスの棄却検定を勉強しています。
有意点tの求め方について、わからなくなりました。

調査していると
有意点tを求める際のt分布で
両側検定を採用しているものと、片側検定を採用しているものとが
あるようです。両者で有意点がやや異なるのですが。。。
このような棄却検定で、両側検定を行う意味がよくわかりません。

たとえばn=5で、3、3、3、3、14というデータ群があった場合
14は、あきらかに平均値より高い値のはずです。
つまり、棄却検定を行う場合は
「上側確率」あるいは「下側確率」が対象であることがはっきりするはずで、両方を含めて検定する必要性が感じられないのです。
棄却検定に両側検定を適用する意味があるのでしょうか。

統計に明るくなく、素人くさい質問ですみません。
もしよろしければ、詳しい方、おしえていただけませんでしょうか。

gooドクター

A 回答 (1件)

>詳しい方、おしえていただけませんでしょうか。


詳しい人は、こんなことに疑問を持たないので教えられるかどうか・・・

 棄却検定、というより、検定は帰無仮説が出発点。
この仮説で、ほとんどの人は「両群に差はない」とします。A群とB群で、A群に比較して、B群は高い場合と低い場合の両方を想定した仮説です。両方なので、両側検定をします。

 A群に比べて、高く(または低くなる)なることを検定したい、の場合は、片方なので、片側検定で十分です。
 片側で十分なのに、両側で検定するのは、「教えるのが面倒だから教えられていない。教えるほうが分かっていない」「検定をする人が何も考えていないから」なんぞと初心者の私には書けません。

>棄却検定に両側検定を適用する意味があるのでしょうか。
 私の実験では、片側で十分ですが、お利口な論文の審査員にクレームをつけられたくないから、です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わ、わかりました、、、

たとえば上側確率を対象とする場合、帰無仮説が
「A群はB群に対して高くない(低いかどうかは知らないよ)」
という場合、片側でok、という解釈でよろしいでしょうか。

ご丁寧にありがとうございました。
・・・いろいろな意味で、検定って難しそうですね。。。。

お礼日時:2010/04/01 21:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング