OCN光で最大124,800円おトク!

冗談半分と興味本位で聞きます。

2ストは潤滑の為にオイルを燃料に混合させることは常識ですが、以前オイル循環型の2ストもあると聞きました。
(ソースはネットか雑誌か覚えていません)

2ストはクランクケースを一次圧縮に使っているのが循環型に出来ない主な原因だと思うのですが、このようなエンジンは本当にあるのでしょうか?またどのような構造なのでしょうか?
出来るけどコストがかかるからやらないということだったと思います。
(2ストの構造が簡単でコストが安いというメリットがなくなるので)

質問を書きながら考えたのがエンジンの動力を利用してポンプを回し、吸気側に加給してあげれば1次圧縮はいらないのでは?と思いました。スーパーチャージャーみたいなもの?でしょうか、確かにコストがかかりそうです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ターボで掃気する2サイクルディーゼルというものもあります。


船舶などの大型エンジンのほかに、日本の90式戦車もそうらしいです。

この回答への補足

エンジンの回転とリニアに連動するSCでは無くTCなんですね。
しかも戦車用のディーゼルですか?バイクにはのらなそうですね…
でも質問でもソースでもバイクと言っていなかったのでぜんぜん有りですね。

寧ろ2スト = バイクという先入観があったと思います。

補足日時:2010/04/02 20:03
    • good
    • 0

おっしゃるとおりです。


いくらでもあります。
現役バリバリの洗車なんか
水冷2ストロークV型10気筒ターボチャージド・ディーゼル
ですしね。
今でも日産ディーゼルの車の前面に誇らしくついてるUDのマーク
ユニフローディゼルは間違いなく2ストロークエンジンです。
    • good
    • 0

http://ja.wikipedia.org/wiki/2%E3%82%B9%E3%83%88 …

ここが参考になるかな・・・

UD位しか知らないけど(それも昔のことになってしまいました)
他にも興味深い物が色々と出ています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング