AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

白点病の治療をしている際に、
治療用のバケツからハゼが飛び出してしまいました。
近くの磯で捕まえてきたのでハゼの種類は分かりません。
結構長い間外に出ていたので弱ってしまった様に見えたのですが、
今は元気に泳いでいます。
しかし、飛び出した跡には血痕が見られ、
エラ周辺で内出血をしているようです。
果たしてこのハゼは今後回復するのでしょうか、
また、ハゼに施すべき治療を教えて頂けると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どの位のダメージを受けたのか分かりませんが、ハゼの仲間は、魚類の中では乾燥に強い生物です。


一週間生きれば、マズ、大丈夫。
エラ(呼吸器)に傷を受けた可能性がある場合は、兎にも角にも、エアリング(ブクブク)の強化。
エラの機能低下は、水中の残有酸素量を増やす事によりカバー出来ます。
1~2週間ほど通常の2倍(エアポンプ2台体制?)よるエアリングが、今ハゼに施せる手当です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハゼのエサ

昨日宍道湖周辺の河口でハゼを釣ってきて、水槽ぜ飼っているのですが、食用のバナメイエビ(ボイル)を与えても、金魚のエサを与えても、乾燥ちりめんを与えても、食べる気配がありません...

このエサではダメなんでしょうか??
誰か教えて下さい!!(>_<)

Aベストアンサー

マハゼでしょうか?
大きさはどのくらいでしょうか?
どんな水槽設備でしょうか?
他のタンクメイトは?

マハゼは雑食ですから「基本的に」はなんでも食べます。

私もマハゼを釣ってきたり採ってきたりして何度も飼ったことがあるんですが、
成長するほど餌付きにくいし、釣った場合は釣り針の傷やショックなどもあるので
さらに餌付きにくいです。
性格、個体差もあって、食いしん坊なやつならすぐ餌付きますが、警戒心が強いとなかなか餌付きません。

一週間くらいは餌を食べなくても平気ですから、少し気長に餌付かせてみてください。
また、興味を持つ餌も個体によって変わってくるので、色々な餌を試してみるのもいいかもしれません。
熱帯魚屋で冷凍アミエビ買ってきたり、イカ短、熱帯魚用餌など。
冷凍アミエビは色んな魚種でかなり食いつきがいい餌です。
水槽内で隠れ家が決まっていれば、パイプなどを使ってその鼻先に落としてやるのも効果的です。
ただし、生餌は水質悪化に繋がりますので、徐々に人工餌に切り替えましょう。
ハゼは底にいる魚ですので人工餌は沈下性の餌がいいです。

一番餌付かせやすいと思ったのはちょうど今くらいの次期の大潮干潮時などに
潮だまりから2cmくらいの幼魚(当歳魚)をすくって採ってきたときですね。
フィルタやポンプなどに吸い込まれないように工夫が必要ですが。

マハゼでしたら寿命は2年ほどですので、10センチ以上の個体(1年魚)ならあと1年生きるかどうかです。
他の近海ハゼは飼ったことがありませんが、ハゼ類は基本的に2年以内で寿命を迎えるようです。
寿命とはいえ2年で死んでしまうのは悲しいので、最近はハゼ類は飼っていません。

経験しないとわからないことも多いので、頑張ってみてください。

☆にしてしまって再挑戦したい場合は、潮だまりで当歳魚の小さいのを多めに傷つけないように採って来ることをおすすめします。

マハゼでしょうか?
大きさはどのくらいでしょうか?
どんな水槽設備でしょうか?
他のタンクメイトは?

マハゼは雑食ですから「基本的に」はなんでも食べます。

私もマハゼを釣ってきたり採ってきたりして何度も飼ったことがあるんですが、
成長するほど餌付きにくいし、釣った場合は釣り針の傷やショックなどもあるので
さらに餌付きにくいです。
性格、個体差もあって、食いしん坊なやつならすぐ餌付きますが、警戒心が強いとなかなか餌付きません。

一週間くらいは餌を食べなくても平気ですから、少し気長...続きを読む


人気Q&Aランキング