人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

プリメインアンプ PM8003かPM-15S2に買い替えようかと考えています。現在デンオンPMA-390とB&W685を使っています。

スピーカーは今のままで、音は感動するくらい変わるでしょうか。
要素としては、音のクリアさとか生々しさを求めたいです。
ただしセッティングとかはかなりいい加減です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>> 音源は主にPCの非圧縮ファイルをRolandのUSBインターフェイスを通してアンプにRCA入力です。


実はこのUSBインターフェイスにヘッドフォン端子があって、ここから自分のヘッドフォンで聞くとまさに前に言ったような「細かい音」が聞けるのです。そして音質もアンプのヘッドフォン端子で聞くより良いです、私的には。 //

UA-1EXのヘッドフォン出力は今イチだと思いますが、UA-5(古い)やUA-25/同EXあたりのヘッドフォン出力は、なかなか悪くないと思います。

他方、一般的なプリメインアンプのヘッドフォン出力は、PMA-390シリーズがそうかどうかまでは知りませんが、スピーカー出力に電流制限抵抗を挿んだだけ、といったものが少なくありません。また、接点が多くなり、信号経路も長くなり、途中に入る素子の数も増えます。

したがって、プリメインアンプのヘッドフォン出力より、USBオーディオI/Fのそれの方が高音質である可能性は、十分にあります。

>> スピーカーでこれを完全に再現するのは無理だとは理解しているので、検討している機器の能力内で少しでも近づけば嬉しいというところです。 //

仮に、プリメインアンプのヘッドフォン出力の音質が、USBオーディオI/Fのそれの方が高音質である理由が、上述のような接点、信号経路、途中に入る素子の数といった点に起因しているのであれば、より高品質なアンプに替えることで、音質の劣化を防止できる可能性があります。

少なくとも、USBオーディオI/Fで直接聞くレベルまでは、音質を改善できる余地があります(逆に、オーディオI/F以上の音質にはなり得ない)。

もっとも、仮に、アンプを高品質のものに替えることで、スピーカーからより細かな音まで発せられるようになったからといって、それが正しく耳に届けられるかは別問題です。これまでも繰り返し述べてきた通り、また他の回答者も指摘されている通り、セッティングや部屋の問題が残るからです。

そして、また、アンプの客観的な性能が良いことと、その音色を気に入ることとは、別問題です。

仮に、marantzがあなたの好みに合っているとして、PM8003とPM-15S2とでは5~6万円ほど価格差があります。現にどのような音になっているのか分からないので何ともいえませんが、場合によっては、アンプはPM8003にしておき、その差額で良いセッティングができる条件を整える(たとえば家具を買い替える、スタンドを買うなど)方が良い可能性もあるでしょう。
    • good
    • 0

再び iBook-2001 です♪



補足をいただき、ありがとうございます。

アンプが不調で、メーカーを絞って検討されておられるのでしたら、PM-15S2で良いでしょう。
http://www.marantz.jp/ce/products/audio/amplifie …

音の差と言う意味では大先輩のヨークミンスター様の
部屋 >> スピーカー >> アンプ
と言う事に、私も同じ感想を持っています。

しかし、B&Wのスピーカーはなかなか良いので、少々オーバースペックな位のアンプを導入しても、アンプの差を表現してくれますから、ムダにはならないので安心してください。
そして、将来805等のモニター系のスピーカーを導入されても十分に利用出来るアンプの一つでしょうしね♪

B&Wの80*等のモニター系と一般用のスピーカーは若干音の出し方が違い、音楽の躍動感や楽しさは一般用、冷静な鳴り方で分析能力優先し、若干ノリが少ないのがモニター系でしょう。(かなり 大雑把な言い方ですけれどね。苦笑)

ソウルノートに関してはchandos様が具体的に書かれてますね。
ついでに、ソウルノートブランドを立ち上げる前にマランツブランドで設計した製品は、
レコーディングスタジオ用のパワーアンプでした。

ちなみに 1世代前の製品PM-15S1もまだ販売されているようです.
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …
流通在庫と言う物でしょうかね?

価格等を見ても、現行のS2が良いと思います。

あとは、ご質問者様の好みで判断してくださいね~♪

この回答への補足

ありがとうございます。

スピーカーも欲しくなってきてしまいました。将来的には805クラスもいってみたいです。
まあすぐは無理ですが。

補足日時:2010/04/02 20:31
    • good
    • 0

アンプの候補としては他にPIONEERのA-A9MK2


http://pioneer.jp/components/pureaudio/lineup.html
N MODEのX-PM2
http://www.nmode.jp/
SOULNOTEのsa 1.0
http://www.kcsr.co.jp/soulnote/products/index.html
。。。などが考えられます。どの機種でもPMA-390よりは音質の向上が認められるでしょう。

ただし「セッティングとかはかなりいい加減」とのことですが、どの程度「いい加減」なのでしょうか。スピーカースタンドを使わずに床に直置きでもされているのでしょうか。セッティングを無視するとアンプを更改しても効果は薄れます。

そして、プレーヤーは何をお使いでしょうか。「音の入り口」はとても大事です。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

音源は主にPCの非圧縮ファイルをRolandのUSBインターフェイスを通してアンプにRCA入力です。
セッティングですが、スピーカスタンドは持っておらず片方は木の棚、片方は樹脂製の約1mくらいの棚に置いているだけです。いい加減すぎて怒られそうですね。

ただ一応一番よく聞こえる高さを探した上両方とも同じ高さに合わせました。あと注意しているのはスピーカの周囲にはできるだけ物を置かないようにしていることくらいです。
まともなアンプが来てからだんだん詰めていこうというスタンスです。

補足日時:2010/04/02 20:22
    • good
    • 0

>> 音質の説明が難しいのですが、例えば良い機器だとオーケストラで奏者の衣ずれとか弦楽器の弓が弾ける音(?)までがよく聴こえる気がします。


要はそのくらい細かい音が聞こえるほど自分にとっては良いということです。解像度というのでしょうか。 //

まず、「とにかく細かい音を聞きたい」というのであれば、スピーカーよりヘッドフォンを使うべきです。スピーカーを使うと、必然的に部屋の反響を聞くことになり、極めて微細な音よりも、大きな音の反射音の方が大きく聞こえることになって、微細な音はマスクされてしまいます。したがって、レコーディングなどでも、細かな音のチェックはヘッドフォンで行い、スピーカーは音の広がりやバランスを見るのに使われます。

スピーカーで微細な音の再生を求めるなら、やはり部屋が重要です。1つは騒音レベルが低いことが必要です。奏者の衣擦れの音まで聞こうと思えば、リスナー自身の衣擦れの音が気になるほど静かでなければなりません。また、1つは音響特性が優れていることが必要です。不要な反射音や定在波があれば音を濁します。

また、アンプよりはスピーカーの方が重要です。アンプを高級品にしても、メーカーを変えても、歪み率にしろ周波数特性にしろほとんど変わりませんが、スピーカーだと顕著な差があり得ます。たとえば、B&Wなら685よりは805の方が低歪みだと思われます。当然ですが、歪み率が低い方が原音(=メディアに記録された音)に忠実です。

さらにまた、ステレオ音声は左右の位相差、音量差によって音像を得ているので、左右の条件を揃えることが何より重要です。すなわち、「耳で聞いたときに左右同じように聞こえていること」が必要です。今のセッティングで、モノラル音源を右だけ、左だけで鳴らしてみて、聞こえ方が大きく違うようなら、セッティングに問題があります。左右で聞こえ方が違うというのは、オーディオ的な言い回しをすればフォーカスが合っていないということなので、細かな音を聞くには不利です。

以上により、けっきょくセッティングが最も重要で、次にスピーカー、アンプは2の次、という結論になります。

オーディオの楽しみ方は人それぞれなので、別に「スピーカーの真正面に正座して聞け」という趣旨ではありませんが、しかし、セッティングをおざなりにしてアンプだけで音をいじろうとしても、上手くはいかないでしょう。もちろん、最終的にはアンプやCDプレーヤー、ケーブルを含めてトータルでコーディネートすることになります。

>> Yorkminsterさんの言われるC社というのはどうなのでしょうか。 //

個人的には、Primare、DENSEN、Bow Technologies辺りが、そういう音だと思っています。もちろん、これはあくまで個人的な意見なので、他の人にとっては印象が異なることも十分あり得るでしょう。

この回答への補足

ありがとうございます。

音源は主にPCの非圧縮ファイルをRolandのUSBインターフェイスを通してアンプにRCA入力です。
実はこのUSBインターフェイスにヘッドフォン端子があって、ここから自分のヘッドフォンで聞くとまさに前に言ったような「細かい音」が聞けるのです。そして音質もアンプのヘッドフォン端子で聞くより良いです、私的には。

スピーカーでこれを完全に再現するのは無理だとは理解しているので、検討している機器の能力内で少しでも近づけば嬉しいというところです。

補足日時:2010/04/02 20:04
    • good
    • 0

はじめまして♪



私は、主にスピーカー工作を小学生の頃から趣味の一つとして今も楽しんでいます。
そして、デノン(当時はデンオン)のアンプもマランツのアンプも所有していますよ。

ご質問者様の「音のクリアさとか生々しさを求めたい」が 私の思う音色と同じ方向なのか、とても不安なので、具体的な回答は出来ませんけれど、、、

歴史的に、本来はアメリカのメーカーで有ったマランツですが、アメリカの会社が無くなり、日本マランツとしてアンプを中心に今までブランドが残っています。そして、CDの開発メーカーとしてSONYとフィリップス社ですが、当時のフィリップス社の製造でマランツが加わっていました。その後、日本マランツはB&Wのスピーカーを日本国内販売代理店となり、その後のマランツアンプはリファレンススピーカーとしてB&W社製品を採用したのか、かなり昔からの「マランツサウンド」と言われた個性が無くなりました。(方向性が変わったんでしょう。)

歴史上の系や、サウンドの方向性と言う意味では、マランツ製品がマッチするのでしょうけれど、往年のジャズやポップス系には「クリアでリアル感」が得られるでしょうかねぇ?

それから PMA-390 は 有る意味とても価格とは無関係に良い面が有りますので、その方向性でグレードアップを考える場合は4倍以上からの価格製品をターゲットとする方が良いように思いますよ。 まぁ、元気な音ですが荒さも有りますので、大人しい音ならいろんな製品がターゲットでしょうし、荒さが無くて元気さがもっと欲しいなんて言う場合は、一桁上の製品を聴き比べて自分の好みに合う物を自分で納得するしかありませんね。

熱い中音域を重視し、そこそこのバランスで生楽器の音を求める場合でしたら、マランツのプロ部門から独立した ソウルノートと言う製品も良いでしょう。
低域の安定度と底力感で冷静に荒さが出ない方向でしたら、ヤマハのプロアンプ技術陣が独立したフライングモールというデジタルパワーアンプも良いかと思います。

ほんと、好みの音は、人それぞれですので、どんな方向が好みでしょうかね。

とにかく、390と685の組み合わせは、価格とは無関係に有る面では突出した良い組み合わせでしょう。 コストを掛けずに他の方向も聴いてみたいのでしたら、8003も購入して両方を試して、音の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

なお、セッティングで向きや横の壁との距離で高音側が大きく違うように聞こえる場合が有りますし、左右の壁や床との距離で低音感が違ってきますね。アンプの個性よりはセッティングのバランスの方が大きく変化しますし、ケーブルの差はもっと小さい物です。でも 独唱のボーカルでは、それぞれが影響していて、頑張ってチューニングすると大きな感動領域に没頭出来たりします。

オーディオは奥が深いので、ご自身の好みの音が得られて、音楽でより大きな感動が得られますようにガンバッテください♪

この回答への補足

回答ありがとうございます。

最初に聞くジャンルを明示したほうがよかったですね。
選ぶ上でターゲットにしているのはクラシック系です。まあでも他のもというか何でも聞きます。

390と685の組み合わせは相性が良いのですか。実はそこそこの音は出てるかなと思ってたのでそんなに間違ってなかったのですね。ただ最近アンプの調子が良くないのでどうせなら上のグレードにしようかと思ったのです。

メーカーの選択肢を広げるとワケがわからなくなりそうなのでマランツに絞っていたのですが、回答いただいたメーカーのも考えてみます。

補足日時:2010/04/02 00:15
    • good
    • 0

価格バランスから見れば、PM8003でしょう。


PM-15S2では、オーバークオリティ。そのかわり、B&W685の性能を十二分に出し切ってくれるでしょうし、今後のスピーカーのグレードアップにも 対応してくれます。
聴くジャンルや音量がわからないので、薦めていいのかどうか わかりませんが、デノンPMA-1500AE¥84,000も元気の良さでかえます。勿論、PMA-2000SEも。
バワーのデノン、なめらかさのマランツでしょうか。

デンオンPMA-390(5.7kg)は、良いアンプですが、PM8003(12kg) PM-15S2(18.5kg)が相手では、よほど酷い使い方をしない限り 大差がつくと思います。
その差を、貴方の望む方向へ持って行けるかどうかは、セッティング次第。

セッティングの重要さは、最初の方が回答されたとおりです。
価格どおりの性能を引き出したければ、まずセッティング。
価格以上の性能を引き出したければ、チューニングと使いこなしになります。

ホームセンターなどで、ラワンやシナ合板(15~21mm厚)を機器の大きさにカットして貰い、2枚重ねにしてアンプの下に敷いてみるぐらいは やってほしいところです。
足のガタつきは、薄いゴムシートなどで取る事。
…簡単でしょ。?

この回答への補足

回答ありがとうございます。

PM-15S2も考えてるのは、おっしゃる通り今後スピーカーのグレードアップも視野に入れてるからです。
オーケストラや重奏系を聞きますが、専用の部屋ではないのでそれほど音量は大きくないです。
セッティングについては詰める必要はあると考えていますが、同条件でアンプ単体での差がどのくらいあるかというのが目下知りたいところです。

補足日時:2010/04/01 22:56
    • good
    • 0

>> 音は感動するくらい変わるでしょうか。

//

感動するか、しないかは、人それぞれ異なるので、何ともいえません。個人的には、「お~やっぱり違うね.....でもまあ、こんなもんか」くらいだと思います。

>> 要素としては、音のクリアさとか生々しさを求めたいです。 //

あなたのいう「クリアさ」「生々しさ」と、回答者の思うそれとが一致しているとは限りませんし、一致していないのが普通です。たとえば、PM-15S2よりも、同じDENONの上位機種であるPMA-2000SEなどの方が「クリアで生々しい」と感じる人もいるでしょう。あるいは、「DENONもmarantzもダメ。C社のxxxxの方が良い」と思う人も、当然いるでしょう(というか、私はそうです)。

>> セッティングとかはかなりいい加減です。 //

具体的にどの程度なのか分かりませんが、たとえ100万円のスピーカー、100万円のアンプを使っていても、セッティングがいい加減だと宝の持ち腐れです。音は空気の振動であり、その空気は部屋によって囲まれているので、「部屋」はスピーカーと並んで(あるいはそれ以上に)重要な調整ポイントです。

PMA-390に比べれば、PM8003もPM-15S2もより上位に当たるので、その意味ではグレードアップになるでしょう。しかし、その違いをフルに引き出せるかどうかは、セッティングの良し悪しにかかっているといっても過言ではないでしょう。

PM8003やPM-15S2の音があなたの好みに合うなら、あるいは同じDENONの上位機種より良いと思うなら、買い替えること自体には問題ないと思いますが、音質を追求するのであれば、アンプの買い替えと同じくらい、あるいはそれ以上にセッティングにもこだわった方が良いでしょう。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
音質の説明が難しいのですが、例えば良い機器だとオーケストラで奏者の衣ずれとか弦楽器の弓が弾ける音(?)までがよく聴こえる気がします。
要はそのくらい細かい音が聞こえるほど自分にとっては良いということです。解像度というのでしょうか。

Yorkminsterさんの言われるC社というのはどうなのでしょうか。

補足日時:2010/04/01 22:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q80~90年代のアンプ名機は?

こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもなく徹底的に回路や部品に凝った機で、クラシックからポップスまで「こんな音出すんだ!」と1聴で判る怪物機。後にこれを凌駕すると宣伝された2000台限定のAU-α907Limitedを新品で入手しましたが、X111には敵わないと思っています。
(2) NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。なんと言ってもフロントフェースの美しさは1番。
(3) LUXMAN L-550XB(1984年27万円)メンテナンスや修理は比較的可能。
トランジスタで如何に球風の音を出すかにこだわった機種で、Xはかなり出回っているが、フロントフェースが黒のXBは超レア機種で、今まで1回しか見た事がない。LUXMANはこの550Xと最近のL-550Aしか持っていない。
【セパレート】 (1) 東芝Aurex SY-90Λ(失念しました)気が狂ったとしか思えない兎に角メーカーのメンツだけで販売した機種で、販売当時私も3台購入して1台は予備用もう1台は新品をばらして中の部品だけを取り出し、米国で売ったら販売価格の1.5倍で売れた。
そんな超高級部品特に(Λ=ラムダ)コンデンサは別格で、「他の柔なアンプに付け替えたら高級機の音がした」と云うもの。現在は修理に予備機の部品を取り尽くして部品探しをしても誰も譲ってもらえないので、今度壊れたら飾りとなりそう。
プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。
両機種とも完動品入手でもオリジナル部品での完全修理は諦めた方がいい。
(2) YAMAHA C2X(1986か7年20万円前後) シンプルで、これだけ小さい駆体に高性能MCイコライザーまで組み込んだ、私なりのヤマハの傑作プリアンプと思っています。
パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。

以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。
出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。
当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもな...続きを読む

QマランツPM-17saに最適なスピーカって?

すこし相談に乗って下さい。
以前よりAOR好きの自分は、特に男性ボーカルを中心に特に問題など感じずに音楽を聴いておりました。
しかしとある電気店でサラ・ブライトマンを耳にして、その美しいボーカルに感動し、家でも聴こうとCDを買ってきて聴いてみたところ、何だか高音部が濁っているように感じました。
その当時は、CDプレーヤー ケンウッド
      プリメイン  デノン PMA 390IV
      スピーカー  KEF Q55

そこで澄み切った音を再現する為に中古でマランツの PM-17SAを購入、しかし依然高音の濁りが取れず新品でオンキョーのCDP C-777を投入するもやはり、高音の濁りが無くならずに。困り果てております。
この場合選択肢としてどんなSPを導入したら サラの声を歪みなく透明に聴く事ができるでしょうか?よろしくご教授ねがいます。

Aベストアンサー

「濁り」という言葉は多義的なので、なかなか不満点の把握は難しいのですが...

PM-177SAは、少し古いですが優秀なものだと思います。トーンコントロールは、スルーで使った方が混濁感は減るでしょうから、できればその方向で調整した方が良いと思います。

Q55を聴いたのはもう何年も前なので、はっきりと音を覚えているわけではありません。なので、偏見も込みですが、KEFらしい、少し線が細く高域に癖のある音だと思います。が、これは好みの範疇の問題だと思います。濁りや歪みと呼ぶほどのことでもないでしょう。

C-777も、値段を考えれば悪くはないと思います。

ケーブルに関しては、TANNOYブランドのケーブルはレアなので、ちょっと分かりません(中身はおそらくVan Den HulのOEM品だと思いますが)。

むしろ、設置方法に問題がありそうです。スピーカーの基本は、大地にがっちりと固定されていることです。ユニット(特にウーファー)の振幅で筐体が共振すると、これがユニットの振幅に干渉して音が濁るからです。つまり、「柔らかいもの」は原則としてNGです。

>> ゴムシート / 耐震ゴム / コルク

厚さにもよりますが、ゴムやコルクは押すと凹みます。つまり、ユニットが前に出るのに釣られて筐体が前のめりになり、後ろに動くときは後ろの反ることになります。つまり、筐体が安定せず、したがってユニットの動作に干渉する原因になります。混濁感の原因の1つとなり得ます。

>> 3センチの御影

石は「固いもの」ですが、端的にいえば、御影石を叩くとギンッという濁った音が尾を引きます。これがスピーカーからの音に乗って、濁りの原因になり得ます。

つまり、ここでの情報だけで決めつけることはできませんが、スピーカーの設置方法として音を悪くする要素が多そうだ、ということです。

Q55の詳細な情報がないので分かりませんが、スパイクには対応していませんか? しているなら、直接、フローリングの上に受け皿を置いて、スパイクだけで立ててみて下さい。スパイクがない、または紛失してしまったなら、とりあえず10円玉で3点支持するのでも構いません。高さは多少下がりますが、耳がツイーターの軸上から数cmずれる程度ならまったく問題ありません。

スピーカーは、ユーザサイドでの「使いこなし」が重要なので、買い替えよりも先に、ある程度のスキルとノウハウを身に付けた方が良いでしょう。そうでないと、買い替え地獄に陥ることになります。

「濁り」という言葉は多義的なので、なかなか不満点の把握は難しいのですが...

PM-177SAは、少し古いですが優秀なものだと思います。トーンコントロールは、スルーで使った方が混濁感は減るでしょうから、できればその方向で調整した方が良いと思います。

Q55を聴いたのはもう何年も前なので、はっきりと音を覚えているわけではありません。なので、偏見も込みですが、KEFらしい、少し線が細く高域に癖のある音だと思います。が、これは好みの範疇の問題だと思います。濁りや歪みと呼ぶほどのことでもないで...続きを読む

QA-1VLとA-7VLどちらにすべきかご指南願う

onkyoのプリメインアンプ、過去のフラグシップA-1VLオークション中古か現行の製品A-7VLどちらにすべきか迷っています。どちらも六万円半ばで買えると思います。
現在はonkyoのA-933を使っていてステップアップをしたいと思っています。スピーカーはちょっと頑張ってD-312Eの中古を買って使っています。ロックやポップス、HIPHOP中心、クラッシックはかじる程度です。
どちらのアンプの音も知っているという方に聞きたいのですが単純に音的にはA-1VL優位なのでしょうか?迷っている原因の一つに私はPCオーディオ中心に音楽を聴くのでA-7VLのデジタル入力に少し惹かれるものがあります。USB-DAC,DDCとしてRMEのbabyfaceかKORGのDS-DAC-10を使っています。
ご指南よろしくお願いします。視聴出来る環境はありません。

Aベストアンサー

A-7VLの音を知らないのと、A-1VLやA-933の記憶も遠い過去のものになっていますが...

A-933とA-1VLを比べれば、発売当時(ほぼ同時期)の価格で2倍の差があるので、確かにアップグレードと言えるかも知れません。ただ、中古で、特に品質保証などの点で不安のあるオークションで、最大10年近くも古い可能性があるアンプを購入する価値があるかというと、若干疑問の余地があります。

A-7VLの出来は知りませんが、DAC込みで希望小売価格11万円となると、A-933相当のアンプに2~3万円相当のDACを乗せた程度と考えて、あながち間違いではないでしょう。BabyfaceのAD/DAはかなり性能が良く、そのままでもプロのレコーディングに堪え得るものです。DS-DAC-10も悪くありません。A-7VLのDAC部分がこれらを超える音質だとは到底思えないので、デジタル入力があるからといってA-7VLを選ぶ理由にはならないでしょう。

ということで、発売当時A-1VLに憧れていて品質面での不安がない(たとえば信頼できるオーディオショップが出品している)など、特別な理由があればA-1VLで良いでしょう。

そうでなければ、ONKYO以外にも良いメーカーはたくさんあるのですから、頭を冷やして、落ち着いて買い替え候補を探せば良いかと思います。

-----

余計なお世話ですが、録音をしないならDS-DAC-10だけ、録音もするならBabyfaceだけに統一しても良いかと思います。音質面で劇的な違いがあるとは思えないので、2台持っていても仕方ないでしょう。

A-7VLの音を知らないのと、A-1VLやA-933の記憶も遠い過去のものになっていますが...

A-933とA-1VLを比べれば、発売当時(ほぼ同時期)の価格で2倍の差があるので、確かにアップグレードと言えるかも知れません。ただ、中古で、特に品質保証などの点で不安のあるオークションで、最大10年近くも古い可能性があるアンプを購入する価値があるかというと、若干疑問の余地があります。

A-7VLの出来は知りませんが、DAC込みで希望小売価格11万円となると、A-933相当のアンプに2~3万円相当のDACを乗せた程度と考えて、...続きを読む

Qパワーアンプとプリアンプどちらに投資した方が効果的ですか?

表題の通りなのですがパワーアンプとプリアンプどちらに投資した方が
音質的に向上が見込めるでしょうか?

できましたら同じメーカー品ものを
比べた場合のご意見ですとありがたいです。

一般的なご意見から試聴からの個人的なご意見まで
幅広く聴ければと思い質問させて頂きました。
実際の製品名等も挙げていただければ更に助かります。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

難しい悩みですね。  どっちを変えても「変化」は出て来てしまいますから また 組み合わせの「妙」もあって 単品での試聴で良いと思っても 組み合わせてみると ダメだったり・・・と。 他の方も言っている様に 純正の同クラスの組み合わせが「無難」カモしれませんね。 

但し 折角の「セパレート」なのだから カタログの様な組み合わせでは面白くないでしょう! ココはチャレンジ(冒険)ですよ。 ラックス純正の組み合わせに固執せず プリをアキュフェーズや 外国製にしてみたりと・・・ 中古市場を覗くと 案外良い物に巡り会えるかもしれませんよ。 

どの様な音が出てくるかは 出たとこ勝負! あなたの家の部屋で スピーカー(SB-M1000)から出てきた音次第ですね。 まるで「賭け」の世界ですが・・・

M1000はチョッと鳴らしにくいスピーカーですね。 ウーファー部が独特な構造をしていますので 軟なアンプでは低域が肥大してしまい 締りの無いぶよぶよな低域再生となってしまいます。  M-7Fクラスでは十分だと思いますが スピーカーの配置の仕方や アンプの電源の取り方でも ガラリ音は変わってしまいますから・・ カット&トライでしょう。


私もただ今メインとなるパワーアンプを物色中でして かれこれ1年と8ヶ月が経ってしまいました。 途中で部屋の改装も入ってしまい 長期に渡り メインとなるパワーアンプ不在の状態です。 今年中には何とかしてあげないと スピーカーが泣いてしまいます。 早く鳴らしてあげないとね。 !(^^)!  また 大きな「博打(ばくち)」にでなければなりませんね。 (@_@;) 

  

難しい悩みですね。  どっちを変えても「変化」は出て来てしまいますから また 組み合わせの「妙」もあって 単品での試聴で良いと思っても 組み合わせてみると ダメだったり・・・と。 他の方も言っている様に 純正の同クラスの組み合わせが「無難」カモしれませんね。 

但し 折角の「セパレート」なのだから カタログの様な組み合わせでは面白くないでしょう! ココはチャレンジ(冒険)ですよ。 ラックス純正の組み合わせに固執せず プリをアキュフェーズや 外国製にしてみたりと・・・ 中...続きを読む

QマランツPM-7004とPM-15S2の比較

現在PM-7004で聞いています。 十分満足してますが、他の部屋用にもう一台買いたいと思っております。PM-5004を前に買ってPM-7004を買った時大分音がはっきりと繊細になったなと思いました。今度PM-15S2を買えばやはり値段が倍になり良くはなると思います。 でもアンプは中級以上は値段が倍になってもほとんどわからない程度の音の良さかもしれないと迷っております。店行って聞き比べればいいのはわかってますけど、聞き比べた経験のある方がおりましたら、意見をお聞きしたいと思います。そんなにかわらなければ、PM-7004でもいいかな と迷っております。 スピーカ良くなれば違いがはっきりするのかな? スピーカは音工房の自作スピーカ Z800-FW168HR(15万くらい) と Z700-FE108EΣ(6万くらい)を主に使います。 前にJBL4312Eでしたか上記2種のほうが良い音なのでJBL4312Eは売ってしまいました。 よろしくお願いします

Aベストアンサー

音工房のスピーカーは聴いたことはありませんが、4312Eよりも良い音で鳴るのならば、アンプの違いも如実に反映すると予想します。

PM7004とPM-15S2の違いですが、店頭で主にB&Wのスピーカーを使って比較試聴した結果、やはり「値段相応」の差はハッキリと認められます。定価ベースで倍以上も違うので当然といえば当然ですが、情報量・解像度・音場の広さetc.どれをとってもPM-15S2が上回っています。

ただ、MARANTZだけがアンプではないので、他社製品も幅広く試聴されてはどうでしょうか。DENONやONKYO、PIONEERにYAMAHAなど、いろいろと候補機が考えられると思います。

またスピーカーが高能率ならばTRIODEなどの真空管式も面白いと思いますし、SOULNOTEやNmodeといった国産ニューカマーも無視できません。また私は聴いたことがないのですが、Cambridge AudioとかATOLLなどの海外製品も一部では評判のようです。

Qオーディオアンプのプロテクトが掛かって音が出ない

Sansui AU-D607xのアンプを所有してます。
20年ほど前に購入し10年以上使っていませんでしたが、電源を入れてみたところプロテクトが掛かって電源が入りません。
ちなみにこの10年の間に引っ越してから初めてのアンプ単体での電源投入です。
上面カバーと下面カバーを開けて電子部品の焼け・ハンダ浮き等の確認はしたのですが、非常にきれいな状態です。埃はそれなりの入っていたのでエアで飛ばしましたが症状は変わりません。
もしかしてスピーカーが繋がってないとプロテクトが掛かってしまうのでしょうか?
スピーカーケーブルを買ってきてテストしようか専門家に修理出そうか迷っています。
出来れば自分で修理して再現させたいのですが、どなたかアドバイスいただけたらありがたいのですが・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子機器全般に言えることでもありませんが、通電せずに長期間放置しても故障は生じるものです。

10年以上放置となると、まずは電源平滑コンデンサーやその他電解コンデンサーの容量ヌケが疑われます。また、半導体の故障も考えられるでしょう。

上記いずれかの不具合によって、出力端に大きなDCオフセットが生じているか、あるいは過電流保護回路が動作している可能性もあります。

> 上面カバーと下面カバーを開けて電子部品の焼け・ハンダ浮き等の確認はしたのですが、非常にきれいな状態です。埃はそれなりの入っていたのでエアで飛ばしましたが症状は変わりません。

基板をちょっと目視しただけでは、部品劣化は判断しかねますし、またハンダ浮きも分からないものです。

> もしかしてスピーカーが繋がってないとプロテクトが掛かってしまうのでしょうか?

解放インピーダンスを検出してプロテクトが掛かるのは、ごく稀です。可能性があるのは解放されると困るディジタルアンプくらいなものでしょう。
そのアンプは故障しており、何が出力端に出ているか分かったものではありませんので、大切なスピーカーを接続するのはやめておきましょう。

> スピーカーケーブルを買ってきてテストしようか専門家に修理出そうか迷っています。

症状の特定ができないようでしたら、それがいいと思います。
自分で症状を特定するにしても、(知識のある人間でさえ)膨大な時間と労力を要します。掲示板でちょっと質問したから適切な回答が得られるような内容ではありません。

電子機器全般に言えることでもありませんが、通電せずに長期間放置しても故障は生じるものです。

10年以上放置となると、まずは電源平滑コンデンサーやその他電解コンデンサーの容量ヌケが疑われます。また、半導体の故障も考えられるでしょう。

上記いずれかの不具合によって、出力端に大きなDCオフセットが生じているか、あるいは過電流保護回路が動作している可能性もあります。

> 上面カバーと下面カバーを開けて電子部品の焼け・ハンダ浮き等の確認はしたのですが、非常にきれいな状態です。埃はそ...続きを読む

Q音声出力を分岐すると音はどうなるのでしょうか?

TVの音声出力(RCAピンジャック)にスピーカーをつなぐ場合、2組のスピーカーにつなごうとした場合、音声出力を分岐しないといけませんが、この時、音声は劣化や音量ダウンなどが起きるのでしょうか?

実際の話は浴室TVの事なんですが、浴室TVにはRCAピンジャックの音声出力があります。これを通常浴室のスピーカーにつないでTV本体のスピーカーと浴室スピーカーの2つで聞くのですが、今回、もう一つ小型の浴室スピーカーを手に入れました。現在新築建設中なのでついでにこの小型浴室スピーカーもつないで3組のスピーカーで音声を楽しもうと思っているのですが、音声出力を分岐ケーブルで分岐するとなんだか音が悪くなったり音量が落ちるような気になってしまうのですが、どうなのでしょうか?

音を水に例えれば蛇口の水を分岐すれば2つの口から出る水の量は半減します。
スピーカーも同じような原理があるのでしょうか?

それとも分岐して複数のスピーカーで聞いたほうがやはり音の広がりがUPして音質は劣化しないのでしょうか?


詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして♪

具体的な浴室用TVの音声出力回路については不明ですが、2分配程度でしたら一般的に聴いて判る程の変化は無いと思いますよ。

一般的なオーディオ信号の受け渡しでは、出力側が低インピーダンスで、受け取る側が高インピーダンスです。
この比率が数十倍から数百倍などですと、2台ぶら下がったからと言っても大きな負荷にはならない物です。

水道で例えられておられましたので、イメージとして水道で、、、
出力側はとても太い水道管で、受け取る側の水道管が細いと考えて頂くとイメージ出来ますでしょうか。
太さの差が最低でも数倍から数百倍の状況で考えて頂くと、2分配することで、少しは水量が減るのですが影響に気づかない程度って事です。

先に、「一般的に」と言いましたのは、個々の設計で出力側も入力側もかなりインピーダンスが違う物です。
たまたま運悪く 比較的高めのインピーダンスで出力する機器と、入力インピーダンスがかなり低い機器の組み合わせの場合は、出力側のアンプの限界等の影響が出て来る場合も有るかもしれません。

以上、RCAピン接続がライン接続の場合です。

もしもRCAピンがパワーアンプの出力で、アンプを内蔵していないスピーカーと言う前提でしたら、大きな問題となる場合があります。
スピーカーを動かすのは電力になります(ラインの場合は微少電力で、主に電圧伝送)
 例えばアンプが想定したスピーカーインピーダンスとして4Ω~16Ω等の場合、
 8Ωのスピーカー2組だと4Ω相当で設計想定内ですのでオッケー♪
 4Ωのスピーカー2組だと2Ω相当で過負荷、アンプが焼けたりする可能性が大きくなります。

電気の場合はオームの法則から、同じ電圧(ボリューム)なら、抵抗値(インピーダンス)が半分になると、電流は2倍になります。
(余談ですが、数学的計算上はショートした時にゼロΩになると無限大の電流になりますね)
しかし、アンプの出せる限界(最大○ワットとか)を超えると、回路が壊れてしまいます。
 う~ん、この状態を水道で、、、
うんうん、同じ太さの水道管を2分派したら、水流が減るのではなく、2倍の水量を出そうとして、元の水道管に設計の2倍の水圧がかかるため、破壊に繋がる可能性が高いと言うこどでしょうかね。


RCAピンの出力がラインなのかスピーカー出力なのか、そして具体的にどのような規格の製品なのか 等 判りますと、具体的にピンポイントで利用方法などアドバイス出来るかもしれませんので、支障がなければ補足をお願いしたいと思います。

はじめまして♪

具体的な浴室用TVの音声出力回路については不明ですが、2分配程度でしたら一般的に聴いて判る程の変化は無いと思いますよ。

一般的なオーディオ信号の受け渡しでは、出力側が低インピーダンスで、受け取る側が高インピーダンスです。
この比率が数十倍から数百倍などですと、2台ぶら下がったからと言っても大きな負荷にはならない物です。

水道で例えられておられましたので、イメージとして水道で、、、
出力側はとても太い水道管で、受け取る側の水道管が細いと考えて頂くとイメージ...続きを読む

Qプリアウトのないプリメインアンプでパワーアンプと接続

今までスピーカー選びで何度か質問させていただきましたがスピーカーもいろいろ目処がたってきたのでパワーアンプの質問をさせていただきます。
スピーカーを選んでいると推奨入力30W~など書いてありますが自分のアンプは16Wしかありません。
ので、パワーアンプを経由すればこのスピーカーもドライブしきれるのかな?と思い調べ始めたのですが
このプリメインアンプにはプリアウトがありません。
出力はスピーカー出力のみです。
この場合、プリメインアンプのスピーカー出力にY字プラグやバナナプラグでRCAピンコードを接続してパワーアンプのINPUTに繋げてもいいものでしょうか?
そもそもプリメインアンプはパワーアンプに接続する必要がないのでしょうか?

Aベストアンサー

アンプの出力値として記載されているワット数は、あくまで仕事量を示す単位であって、スピーカーをドライブする能力とは違います。

ちなみに一般家庭で使用する場合、アンプの出力は結構大きめの音量にしても平均でせいぜい2,3W、狭い部屋なら1W未満だったりします。
カタログに書いてある数値は、あくまでフルボリュームでの数値です。普通フルボリュームなんて使い方はしないでしょう。
車だって300馬力あるからと言って、常時300馬力なんか出していないのと同じです。

つまり、出力で言えば今使っているアンプでも一般家庭なら十分です。
私も以前、A級とAB級を切替えられるアンプを持っていて、A級は定格出力20W、AB級は100Wというスペックでしたが、A級に切替えたからと言ってボリュームを極端に上げなければならないなんて事もありませんでした。実用上A級もAB級も同じボリューム位置で十分な音量で鳴らすことが出来ました。


>そもそもプリメインアンプはパワーアンプに接続する必要がないのでしょうか?

プリメインアンプは、文字通りプリアンプとメインアンプ(=パワーアンプ)を一体化したアンプですから、パワーアンプは内蔵されています。
ですからプリメインアンプのスピーカー出力からパワーアンプにつなげても、パワーアンプを2つ通すことになりますし、パワーアンプ自体、既にプリメインで上げた出力を入力させること自体が想定外ですから、音が歪んだりする可能性もあります。お勧めできるものではありません。

アンプのアップグレードをお考えであれば、プリメインアンプ自体の更新か、セパレートのアンプに買い直すか、となります。

アンプの出力値として記載されているワット数は、あくまで仕事量を示す単位であって、スピーカーをドライブする能力とは違います。

ちなみに一般家庭で使用する場合、アンプの出力は結構大きめの音量にしても平均でせいぜい2,3W、狭い部屋なら1W未満だったりします。
カタログに書いてある数値は、あくまでフルボリュームでの数値です。普通フルボリュームなんて使い方はしないでしょう。
車だって300馬力あるからと言って、常時300馬力なんか出していないのと同じです。

つまり、出力で言えば今使ってい...続きを読む

Qデノン プリメインアンプ PMA-1500SE と PMA-1500A

デノン プリメインアンプ PMA-1500SE と PMA-1500AE の違い

デノンのプリメインアンプ購入を考えています。
一応、現行機種である PMA-1500SE を考えていますが、ネットで中古で PMA-1500AE が出ているのを見つけました。昨年7月に買った美品、とのことです。
1500SE は 1500AE の後継機種のようですが、メーカーサイトを見たところ仕様にはほとんど差異がなく、数値的に見たところ違うのは使用電力量(SEは295W, AEは250W)、そして重量(SEのほうが1kg重い)ぐらいでした。

この2機種はそんなに違いがあるものなのでしょうか?

無論 1500AE は5年前に発売されたもので、1500SEのほうが新技術が取り入れられているのかと思いますが、専門的なことは分からずにいます。
あまり変わりないのなら中古で AE を買おうかと考え始めました。

ちなみにスピーカーはヤマハ Soavo-1(PB) を購入予定、当方音質には相当こだわりを持っています。

Aベストアンサー

今さら、ですが...

PMA-1500AEとPMA-1500SEは、直接横に並べて聞き比べた訳ではないので、そういう意味で厳密な違いは分かりません。しかし、店頭に並んでいるのを聞いた限り、特に変わったとは感じませんでした。逆に、何世代も離れているならともかく、同じシリーズを謳う製品で1世代の間に劇的な変化があったとしたら、その方が怪しいでしょう。

さて、ところで「YAMAHAのスピーカーとDENONのアンプの相性」ですが、別に気にしなくても良いでしょう。少なくとも、「DENONはクラシックに合わない」などということはありません。現にDENONでクラシックを楽しんでいる人も大勢いますし、DENONの試聴会場などでもクラシックのCDは必ず置いてあります。

何より、「音に対し非常なこだわりのある」あなたが、実際にSoavo-1とPMA-1500SEの組み合わせで聞いてみて、合格点を出したのですから、それで良いではありませんか。

ネット上では、「あなたのこだわり」を本当に理解できる人は、1人もいません。音楽的な背景も違うし、思想も違うし、言葉に込めたニュアンスも違うでしょう。名前も顔も分からない人の言葉より、「あなた自身が肌で感じた音」の方が数100倍信頼できます。

ついでに、「プロ用」の話が出ているので、これにも触れておきましょうか。

音響のプロといっても、色々な業種があります。それぞれの分野で、適切な機材は異なります。また、1つの現場でも、用途によって様々な機材を使い分けます。そうやって、「適材適所で選ぶ」のがプロの仕事であって、「プロが使っているから使う」のは素人のやることです。

たとえば、ライン/マイクケーブルは、安いものだと1万円/100mくらいです(切売りで150円/mくらい)。これでも、まあ使えなくはないので、長尺が必要なときは使います。ホール音響とかだと、舞台袖から調整室まで100mが50回線(マルチケーブルを使いますが)とかの世界なので、高いケーブルは使えません。

PA/SRなどでは、毎日巻き取ったり延ばしたりを繰り返すので、音質なんかより断線しないことの方がよほど重要です。いくら音が良くても、3回の公演で切れたりしたらお話しにならないし、買い替えの費用も馬鹿になりません。

しかし、どうしても譲れないところでは、何万円もするケーブルを使いますよ。マイクケーブルにしても、ギターのシールドにしても、電源コードにしても、です。

もちろん、「その音が気に入れば」プロ用のケーブルでも構わないでしょう。しかし、気に入るかどうかは、その人次第です。私は録音もするので、200m巻きで買ったマイクケーブルがありますが(有名どころではありません)、まあ我慢できる音です。

ともあれ、「あなたが気に入るかどうか」が問題なのであって、それは「あなたにしか分からないこと」です。どんなに経験や知識が豊富な人でも、あなたの感性や嗜好まで分かるものではありません。気になるアドバイスがあるのであれば、実際に自分で確かめてみることです。「こだわる」とは確信を持つことであって、他人の意見に「流される」ことではありません。

今さら、ですが...

PMA-1500AEとPMA-1500SEは、直接横に並べて聞き比べた訳ではないので、そういう意味で厳密な違いは分かりません。しかし、店頭に並んでいるのを聞いた限り、特に変わったとは感じませんでした。逆に、何世代も離れているならともかく、同じシリーズを謳う製品で1世代の間に劇的な変化があったとしたら、その方が怪しいでしょう。

さて、ところで「YAMAHAのスピーカーとDENONのアンプの相性」ですが、別に気にしなくても良いでしょう。少なくとも、「DENONはクラシックに合わない」などという...続きを読む

QタンノイはJAZZやロックは聴けますか?

こんにちは

私は現在JBL-C36とALTEC A-7で 主にJAZZやロック 時には一般の洋楽も楽しんでいます。

実際私の周りでも主にJAZZファンが多いですのでやはりアメリカ製のスピーカーが大半を占めています。

そこで質問なんですが、実際タンノイでJAZZを聞いている方いらっしゃると思うのですが聴けますか?

私は一度だけですが、アーデンの音は聴いた事あります。
その時はやはり・・・クラシックでしたね~とてもJAZZ聴かせろ!!とは言えませんでした(笑)

でもアーデンは中々よかった印象持ってます。

当然私はお金持ではありませんが、オーディオ馬鹿ですので生活を犠牲にしてまでもタンノイ(ヨーロッパスピーカーの購入しようと思ってまして・・・(笑)
アーデンにこだわっているわけでもありません。

とにかくヨーロッパのスピーカーがほしいのです!!
B&Wは私の好みではなかったので省きます。(B&Wファンの方すいません)

やっぱりある程度大型のタイプがほしいですね!(能率の悪いのはご勘弁)

ヨーロッパスピーカーマニアの方 相談に乗ってくださいお願いします。

こんにちは

私は現在JBL-C36とALTEC A-7で 主にJAZZやロック 時には一般の洋楽も楽しんでいます。

実際私の周りでも主にJAZZファンが多いですのでやはりアメリカ製のスピーカーが大半を占めています。

そこで質問なんですが、実際タンノイでJAZZを聞いている方いらっしゃると思うのですが聴けますか?

私は一度だけですが、アーデンの音は聴いた事あります。
その時はやはり・・・クラシックでしたね~とてもJAZZ聴かせろ!!とは言えませんでした(笑)

でもアーデンは中々よかった印象持ってます。

当...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして、私は20年ほど高級オーディオを専門店で販売していた者です。ご質問者の考えておられる通り、一般的にタンノイはクラッシック用とされてきましたのでJAZZにとって最高の相性であるとは言い難いところはあります。しかし一口にオーディオといってもレコードを主に聴かれるのか、CDなのか、はたまたSACDしか聴かないのか、などなどソースの種類だけでなく、再生装置にも色々な個性があってご承知の通り、レコード針一つでも音は変わります。かく言う私も、以前は相当なお金をつぎ込んで最新のサウンドやレコードの倍音再生に夢中になっておりましたが、最近は何故かFMチューナーのサウンドに凝っております。どこかに行き着くところがあるのかも知れませんが、それほどオーディオというのは色々な楽しみ方があるのだと改めて感心しております。さて、本題に戻りますが先ほども申しましたように、タンノイでJAZZを聴くというのは普通は一般的ではありませんが、柔らかく、優しく、気軽にJAZZを楽しむなら最高の組み合わせの一つです。但し正面から向き合って、ピアノタッチがどうだとか、ベースの歯切れが悪いとか、サックスの抜けが悪いとか悩んではいけません。心地よい音楽の雰囲気を楽しむことを最優先にお考えください。そうすればそのシステムは最高のシステムになるはずです。

初めまして、私は20年ほど高級オーディオを専門店で販売していた者です。ご質問者の考えておられる通り、一般的にタンノイはクラッシック用とされてきましたのでJAZZにとって最高の相性であるとは言い難いところはあります。しかし一口にオーディオといってもレコードを主に聴かれるのか、CDなのか、はたまたSACDしか聴かないのか、などなどソースの種類だけでなく、再生装置にも色々な個性があってご承知の通り、レコード針一つでも音は変わります。かく言う私も、以前は相当なお金をつぎ込んで最新のサウンド...続きを読む


人気Q&Aランキング