【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

自営業から株式会社設立をしました。
2年前の開業時にレストランの、什器備品、内装費等一式現金で支払いました。
この4月に会社組織にするにあたって、それらの資産を今までは、開業費なり、減価償却費で償却していたのですが、税理士によると、それらの残った価値の部分について会社が買い取る形にして、数年間で減価償却していく形にするように指示がありました。
しかし、私としては、会社が私から購入するに際して、私個人に消費税が発生することがもったいないと感じることもあり、私個人が、会社に設備一式を賃貸するという形はとれないかと思うのです。これは、たとえば個人所有の土地を会社が借り受けて、土地代を支払うことと同じイメージなのですが。
こうすることは、脱税行為でしょうか?
むしろ、こうすることで、中期的な賃貸料が手に入ることになり、私としてはうまみのある処理法のような気がするのですが。
税務の専門知識のある方のご回答を頂ければと思います。
具体的には、残存価値1000万円ぐらい。
これを5年間で償却(毎年200万ずつ)よりも、月額20万円の賃貸料を5年以上支払うことのほうが私にとってメリットありと考えたのですが・・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

個人事業者で専門家ではない者です。



家賃が勝手に決めた適当な金額だとダメだと思いますが、家賃がその場所や建物の具合が相場に合った適正な金額であれば出来ます。

あと消費税ですが、個人事業の廃業届けを提出した後の売却であれば、個人事業者では無くなってしまうので、消費税はかからないような気がしますが、違いますかねえ。(法人の方は事業者ですが)
    • good
    • 0

個人事業者で専門家ではない者です。



家賃が勝手に決めた適当な金額だとダメだと思いますが、家賃がその場所や建物の具合が相場に合った適正な金額であれば出来ます。

あと消費税ですが、個人事業の廃業届けを提出した後の売却であれば、個人事業者では無くなってしまうので、消費税はかからないような気がしますが、違いますかねえ。(法人の方は事業者ですが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
税理士とも種々検討の末、やはり、会社が買い取る方法が自分自身も得策であると判断しました。
理由はいろいろあるのですが、決定打は個人から会社が買い取ることで
中古品購入ということで償却期間が短くなること、定率法で償却するので当年度の償却が多く取れること、特例になっている30万円未満の当年度での全額償却ができることでした。
中期的な家賃収入的な部分はやはり妥当な金額の設定は、減価償却相当でないと所得が発生することと同時に、期間も長く取らざるを得ず、結局あまりメリットはないと考えました。

お礼日時:2010/04/09 05:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング