ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

とある曲を弾いていて、ト音記号の横、シの部分にフラットが書いてあり、一小節目のシの音符にナチュラルが書いてあり、二小節目のシの音符のところにはフラットがかいてあったのですが、

一小節目のナチュラルは臨時だったので、一小節目のみだとおもい、二小節目のフラットはダブルフラットだと思って弾いていたのですが、なんか音がちがうなと思い、実際に弾いている人の押している鍵盤をみたら、フラット一つ分しかおしていなかったのですが、ナチュラルはその小節だけではなく、その後も効くということなのでしょうか?
それともわかりやすいように、もう一度フラットが書いてあったのでしょうか?

もう一つ質問なのですが、ダブルフラットの意味がわかりません。ダブルフラットを書くなら、一つ下の音をそのまま書けばいいと思うのですが、どうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

2番目の質問について。


クラシックの楽譜
曲に使われている調の音階(もとの音)に♭が付いていて、それを半音下げたい場合にはダブルフラットを使います。一つ下の音にすると、音階の何番目というのが変わってしまいますから。
音階の何番目の音が半音下がったと考えると分かりやすい。

ポピュラーの楽譜
ダブルフラットなどを使わないで楽譜を書くことはよく行われます。理論的なことより楽譜の見やすさを重視しているためです。

出版社による違い
同じ曲の楽譜であってもある出版社はダブルフラットで書いてあるが別の出版社は一つ下の音で書いてある。ということが時々あります。
    • good
    • 0

どうやらフラットの記号の意味を勘違いしているようですが、フラットとダブルフラットは別の記号です。

調号にフラットがあって、親切臨時記号が別に改めて書かれていてもフラットは重なりません。ですので質問における2小節目のフラットと調号のフラットが「足されて二重になる」という考え方は間違いです。表記の上ではダブルフラットはフラットを2つ重ねて書きますが、累積されませんので注意して下さい。

臨時記号はあくまで「その小節内に限り有効」です。
作曲家によっては親切に小節を超えた場合でも改めてナチュラルを書いて「臨時記号が無効になった」ことを念押しする方も多く、市販楽譜もそのように書かれていますので勘違いされる方がいますが、質問者さまの当初の認識で合っています。

ダブルフラットの存在意義ですが、これは異名同音という言葉の意味を理解しないと簡単には説明できません。
現在音楽で使われている音律は「十二平均律」と呼ばれるものですが、「純正律」と呼ばれる音律の世界では、例えば「ミのダブルフラット」と「レ」は厳密には違う音になります。もちろん、十二平均律では同じ音になります(ピアノの鍵盤では同じ音になりますね)。
余談ですが、理論上は(純正律)調号にもダブルフラットやダブルシャープの付く調が存在します(現在通常は用いられませんが)。
和声学の勉強をすると理解できるのですが、興味があれば一度調べてみることをお勧めします。
作曲家も「ちゃんとした一流作曲家」なら、ほぼ例外なく異名同音をわきまえて「正しく書き分けて」います。和声理論上「ソのフラット」で表記しなければいけない所で「ファのシャープ」などと書くことは先ずありません(ハープの楽譜は除きます)。
何事にも、ちゃんと理由があるということですね。
(ちなみに音楽の理論というのは、びっくりするくらい完璧に整然と、系統だって構築されています。勉強すると、ある意味、数学と同じく「美しい理論」といえます)
    • good
    • 0

臨時記号は1小節間のみ有効です。

しかし、混乱を避けるため次の小節にご指摘のようなものを書くのが一般的です。べつに無くても良いのですが、あった方が親切ということで「親切臨時記号」などと呼ばれます。

ダブルフラットやダブルシャープは和声を勉強されないと理解できないと思います。基本的にシのダブルフラットとラの音は全く違う音です。

少し違う見方をしてみましょう。
ハ長調でシ♭の音があったとします。
これを変ハ長調(♭が7つの調)に移調して下さい。すると「シのダブルフラット」の音が出来ますね。これを「ラのナチュラル」と書くと、移調作業もやりにくいですし、余計に煩雑ですよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング