心臓カテーテル検査について

心臓カテーテル検査について教えてください。

検査時の造影剤の使用量は平均的にどのくらいの量なのでしょうか?
検査後の腎機能などへの影響で、注意したほうが良いと思われる、造影剤の使用量は大体何ml以上なのでしょうか?
各個人の腎機能によっても違うと思いますが、一般的には大体どのくらいなのか知りたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

USB99さんが心カテについては回答されています。



注意したほうが良いと思われる、造影剤の使用量も気にされているみたいなので補足します。

イオパミドール注射液用法/用量
選択的血管撮影:5~40mL

最大投与量の目安は(心カテのように選択的じゃなく、静脈内投与の合計)
胸・腹部の場合は100mLまでとするが、肝臓領域の場合は150mLまで投与することができる。
これより多い時は、経過観察する方が良いでしょう。
    • good
    • 0

LVGをしなければ、one shot 5mlとして右3方向、左6方向で50mlでたいていは足ります。

ただ、病変によってはルーチンの方向からのショットでは分離できない事があり、いくつか撮影方向をmanualで追加します。
造影剤の量は少なければ少ないほどいいとしか言えません。が、30mlほどですと、eGFRが40くらいなら普通は問題になる事は少ないです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心臓カテーテル検査について

最近復職して全く新しい分野の配属となり、わからないことだらけです。
心臓カテーテル検査(CAG)に明日介助で入るのですが、透析をしている患者さんがいて先輩に「HDしてる人は何に注意すればいい?」と質問されました。
帰宅し色々調べたのですが、少ない資料でわかりませんでした。
透析患者→腎機能が悪い→造営材を使う→腎機能の検査データを把握しておくこと以外でなにか注意点はありますでしょうか?

Aベストアンサー

透析だと、橈骨動脈や上腕動脈を大事にしたいので、どうしても手首や肘からのアプローチでなく、ソケイ部からのアプローチになります。そうすると、患者さんは腰が痛くなったり、圧迫解除後の肺塞栓の可能性が高くなります。
また、血管が硬くなっている人が多く、穿刺部に仮性動脈瘤を作りやすくなります。

Q心臓カテーテル検査の自己負担額は?

経験者の方々にお願いします・・・
6ヶ月前に、急性心筋梗塞で救急搬送され血管の中にステントを入れる手術をして、今日まで血液をさらさらにする薬を服用しています。先日、定期通院(1ヶ月毎)の際、狭心症の疑いがあり心臓カテーテル検査を10日後にする事になったのですが費用はどの位掛かるのでしょうか?
施術の内容(造影剤を注入して、血管を調べる)に関しては、十分に聞いたのですが、自己負担額の事を聞きそびれました。予定では日帰り入院だとの事ですが・・・・・

Aベストアンサー

状況しだいです。血管が極端に細くなり、このままでは壊死してしまうという状況下でステントが挿入されます、血管のトンネルみたいなものを想像してください。ところが元々何らかの要因で細くなった血管ですからその収縮の力は想像の範囲を超えることが多々ありまして、ある長さを持ったステントの前後が、狭窄することがあるのですね。そのために確認の意味でだいたい半年に一度くらいの割合(これは症状とドクターの考えによってこの限りではありません)で検査をします。今回の案件は心電図にサインがあったのでしょう。最悪別のステント挿入というケースも考えられますので、そうなった場合に高額医療費で帰っては来るのですが一時金を預ける必要があるかと思います。その額は施設によって異なりますので、病院のケースワーカーあるいは循環器担当のクラークに相談されるのがよろしいかと思います。

Q心臓カテーテル検査を、外来でやってる施設ってありますか?

お世話になります。

心臓カテーテル検査を、外来でやってる施設を
探しています。

日帰り入院で対応している施設はたくさんあるのに、
外来で対応しているのは、
豊橋ハートセンター
http://www.heart-center.or.jp/department01.html
ぐらいに思えるのですが、
他にはないものでしょうか・・・

Aベストアンサー

sunny0701さん、こんOOは。

心臓カテーテル検査は終了後すぐに帰宅するのは医学上、安全の点で無理です。静脈より血圧の高い動脈に直接針を刺すため止血に時間が必要で、その間安静にしておかなければなりません。また、心臓そのものや大動脈にプラスチック製のチューブ(カテーテル)や金属製のワイヤーを入れるのです。しかも心臓や大動脈を直接見ながらではなく、レントゲンによる透かし像(透視といいます)だけを見ながらです。100%安全に行うことはできないのです。血管に小さな傷を付けてしまってそこからじわじわ出血したり、血管の内側の膜や付着した血栓がカテーテルやワイヤーではがれて、それが重要なところに血流で流されて行き、心筋梗塞や脳梗塞などを発症させてしまうといったこともあります。今は道具が良くなってきているのでほとんどそういうことはありませんが、0%ではないのです。
ですから、心臓カテーテル終了後数時間は再出血や急変など何かあったときにすぐ対応できる病院内で安静にしておく必要があるのです。普通の病院では数時間安静にする、すなわちベッドで横になれるところは入院用の病室しかなく、そのため日帰り入院と謳っているのではないでしょうか。
豊橋ハートセンターは聞いたところでは外来部門に安静にするベッドがあって安全を確認して帰宅するので、外来と謳っているのではなかったでしょうか。
すなわち、豊橋でも他の日帰り入院の施設でも安静時間を考慮すると、朝に来院して午前中に心臓カテーテルを受け、午後いっぱい安静にして夕方帰宅するというパターンが多いと思います。日帰り入院であっても外来であっても1日がかりなのは同じで、患者さんの時間的な拘束は余り変わらないと思うので日帰り入院と外来をそれほど区別する必要はないと思うのですが。
ただ、入院と外来では医療費が違ってくるかもしれません(入院代が必要かどうかなど)。そこらは検討する必要があるかもしれませんが、おのおの病状や事情で変わってくるのでここではお答えいたしません。

sunny0701さん、こんOOは。

心臓カテーテル検査は終了後すぐに帰宅するのは医学上、安全の点で無理です。静脈より血圧の高い動脈に直接針を刺すため止血に時間が必要で、その間安静にしておかなければなりません。また、心臓そのものや大動脈にプラスチック製のチューブ(カテーテル)や金属製のワイヤーを入れるのです。しかも心臓や大動脈を直接見ながらではなく、レントゲンによる透かし像(透視といいます)だけを見ながらです。100%安全に行うことはできないのです。血管に小さな傷を付けてしまってそ...続きを読む

Q血管造影剤は、投与量と人体への影響のデータありませんか?

放射線科、循環器科、心臓外科、消化器科、脳神経外科、神経内科、等多岐に亘って、血管造影剤が使用されていますが、この造影剤の投与量と人体への影響度の
データがあれば、教えて下さい。文献ならなお、ありがたいのですが。

Aベストアンサー

図書館などで調べた方が正確には分かると思います。
医科大学等の図書館で調べることをおすすめします。

参考程度に、
http://www.fureaihosp.or.jp/minano/comedical%20folda/xray%20folda/contrastmedia.html

参考URL:http://www.fureaihosp.or.jp/minano/comedical%20folda/xray%20folda/contrastmedia.html

Q心臓にカテーテルを使った手術をした後の経過について

先日父親が心臓カテーテルを用いた手術をし、血管にコイル(ステント?)を入れて1回目の手術は問題なく終了し退院しました。ところが次の日になって1度目と同じような症状がおこりもう一度入院し緊急カテーテル手術を行いました。原因はコイル内(ステント)に血がかたまって血管がつまってしまったということでした。1回目は血管が細くなっているということでそれを広げる手術を行った(つまってはいなかった)のですが2回目は完全につまってしまった(心筋梗塞の疑い?)ようで容態が悪化している様に感じます。2度目は手術後、血圧が下がって輸血が必要な事態、発熱、吐き気がひどく今日は腹部に水がたまっているようでそれを取り除く処置をしました。
退院した次の日に再びこういう事が起こってしまったことと、2度目の手術後の様態が1度目と比べてかなり悪いので気になっています。医者の処置方法やこのような症状になるのは予想される範囲なのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カテーテル検査でステントを挿入して数日から一ヶ月以内にまたその部分が詰まってしまう合併症の事を亜急性のステント再狭窄(SAT)と言います。
パナルジンという血液を固まりにくくする薬(抗血小板薬)ができてから、その薬を内服するとSATの確率は0.2~0.3%と少なくなったのですが、0%ではありません。
残念ながらあなたのお父さんはその少ない確率に当たってしまったと言うことです。
カテーテル治療をする前に、医師はそういった合併症が起こりうるという事を患者に説明する義務があると思います。
治療前は冠動脈が狭かっただけで、今回は血管が詰まってしまって心筋梗塞になってしまっていますので、当然今回の方が重症です。おそらく一ヶ月位入院する事になるのではないでしょうか。
SATの確率は少ないとはいえ、カテーテル治療をしたのは循環器内科医ですから、当然知らないはずはないのですが、誰にいつ起こるかまでは予想することはできません。
また、SATはステント挿入後ほとんどが1ヶ月以内に起こるのですが、元気な人をそのためだけに入院させるという事も出来ませんし、起こってしまったこと自体に関してはやむを得ないかと思います。
もちろん患者やその家族には何の責任もありません。

カテーテル検査でステントを挿入して数日から一ヶ月以内にまたその部分が詰まってしまう合併症の事を亜急性のステント再狭窄(SAT)と言います。
パナルジンという血液を固まりにくくする薬(抗血小板薬)ができてから、その薬を内服するとSATの確率は0.2~0.3%と少なくなったのですが、0%ではありません。
残念ながらあなたのお父さんはその少ない確率に当たってしまったと言うことです。
カテーテル治療をする前に、医師はそういった合併症が起こりうるという事を患者に説明する義務があると思います。
治療前は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報