以前、登録を抹消された競走馬は食用になる事もあると
聞いた事があるんですが、抗生物質を投与する事もある
競走馬を人間の食用にできるものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

さきほど書き込んだ者です。


どうも、抗生物質を投与された動物の肉だからといって、かならずしも抗生物質が含まれている訳ではないみたいですね。わかりました。
    • good
    • 1

asucaさんが書かれているとおり、肉食をしているのであれば、既に食べています。



ハンバーガー、コンビニ弁当・・・等、いわゆるジャンクフードに使われている肉については何かしら抗生物質が使われていると思って間違いないです。(抗生物質のほかに添加物とかも入っていますしね)

普通にスーパーで売られている肉も殆ど同じです。

「人体に影響が無い」とも言われていますが、実際のところ影響があっても公表できないのが実情でしょう。食肉供給ルートを止めるとなると、経済問題にまで発展するので、そういう有用なデータは取っていないかもしれませんが。
    • good
    • 1

日常食べている牛肉・豚肉・鶏肉‥いずれも、飼育中に抗生物質が投与されることは珍しくありません。

特に鶏の場合、生後間もない段階での抗生物質投与は必須事項と考えてもよいでしょう。
これらの家畜の肉は食品衛生法により、抗生物質の残留基準が定められており、と殺時期から逆算して、食肉中に抗生物質が残留しないように投与を止める処置を行う他、処方箋に基づいての投与のみとする等の対策が行われています。
耐性菌の発現の原因となる他、多量の抗生物質が含まれた食肉を食べることにより、食べた人の腸内細菌フローラ(菌の種類と数)のバランスが崩れる恐れがあります。
ただし、食品衛生法により、正式な手順で食肉加工されたものについては(ヤミで流れているものは別ですが)、抗生物質の残留を検査されていますので、大丈夫です。
それでも、時に抗生物質が残留する食肉が見つけられたりしているのは事実ですが‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 1

専門家でないので間違いがあるかもしれませんが、私の理解の限りで。


>人間の食用にできるものなのでしょうか?
食べられるには食べられますが、本当はあまり望ましくはないみたいです。

抗生物質を人体に取り入れたのと同じことになるので、耐性菌ができやすいとかなんとか(自信はありません)。

ただ、食品として最低限の安全性は保たれているので、必要以上に心配することはないのでは?

そういえば、牛ではなく馬ですよね。馬刺しくらいしか思い付きませんが、加工品にも使われることがあるのでしょうか?

専門家の方の解答をお待ちしています。
    • good
    • 1

もうすでに抗生物質を与えられた肉を食べてらっしゃると思いますよ。


鶏肉、豚肉、牛肉、特に鶏肉がひどいですがブロイラーを食べていたら抗生物質付けになっています。

人体に害はないといってはいますがね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q牛乳の残留農薬や抗生物質を毒抜きする方法ありますか

牛乳の残留農薬や抗生物質を毒抜きする方法ありますか?

水を沸かしたり、一度凍らせたりするとカルキなどが抜ける
ようですが、牛乳の残留農薬や抗生物質を毒抜きする方法
が何かあれば教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。
補足ありがとうございます。回答を取り消します。

Qなぜイナゴは食用なのに、バッタは食用でないのか?

なぜイナゴは食用とされているのに、バッタは食用とされていないのですか?
この両者の間に、食用になるかならないかの、何か決定的な違いがあるのですか?

Aベストアンサー

イナゴは稲の葉を食べるので「害虫」として認識されています。
これは古来日本人の主食としての稲という存在があるからです。
イナゴは大量発生もしやすく、ひとたび大量発生すると稲が全滅する危機もあるのです。
主食である稲を守ると同時に「動物性たんぱく源」として有効利用できるのです。
佃煮だけでは無く串に刺して焼いたり、大鍋で煮ると言った調理法も有ります(有ったのです)。

害虫駆除とたんぱく源獲得の両者が合致したのでしょう。
イナゴは発生頻度も高いので大量に捕獲できたのだと思います。
稲を食べるバッタも居ますが「イナゴ」ほどでは無かったのでしょう。

色々な条件が重なって「イナゴ食」となったのでしょう。
もしかすると昔の人達はトノサマバッタやキリギリスも食べたかも知れません。
ただしイナゴより美味しく無い上に稲に対しての恐怖も少なかったので『食べなくなった』のかも知れませんね・・・

ちなみにイナゴに限らず内陸部や山間部では「たんぱく源」としての昆虫食は有ったようですね。
蜂の子やザザ虫などはその名残りとも言えます。

Q日本で食用のユムシを入手できるところありますか?

カテゴリーを間違って質問したせいか、5日経っても回答をもらえません。 改めてこのカテゴリーで質問しますので、どなたか以下の質問に回答頂ければ幸甚です。 釜山で「ケブル」という奇怪な海産物を刺身で食べました。味の無いミル貝のような感じでしたが、後で調べると日本では「ユムシ」と呼ばれ、釣りのえさぐらいにしか利用されないみたいです。 それでも新潟など日本海側の一部では食用にもなっているようですが、この食用の「ユムシ」を活きたままで購入(入手)できるところ、又は、食べさせてくれるお店をご存知の方が居られたら教えてください。 

Aベストアンサー

 過去に同様の質問がありました。

  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1085408

 といっても、ここのページの検索ではなく、「google」で、

 ユムシ 食べ (間にスペースを入れてください。)

をキーワードにして検索したら見つかったものです。
 他にも、実際にユムシを自分で調理したことを記録した、連続写真入りブログなどもありました。一度、検索してごらんになってくださいませ。
 (「食べる」でなく、「食べ」で検索するのは、「食べる」でも「食べた」でも「食べます」でも該当するようにするためです。「食べない」でも該当してしまいますが。)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1085408

Q植物のアロエってありますよね。傷などにはると良いアロエと食用にするアロ

植物のアロエってありますよね。傷などにはると良いアロエと食用にするアロエって別の種類だって聞きましたが本当でしょうか?食用にできるアロエを栽培したいのですが、素人でも栽培できるものでしょうか?

Aベストアンサー

一般的にキダチアロエとアロエベラ(トゥルーアロエ)とあって、食用にはアロエベラが良く使われる。
キダチアロエも食べられるけど苦いし皮の中の白い部分が少ない。刺身で食べられるといわれるのはアロエベラの方。
アロエベラも傷に貼ったりなど外用にも使える。

栽培は比較的簡単。冬は室内に入れればいいだけ。日当たりのいいところにおいて水やりも比較的少なくても大丈夫だし、肥料を普通にやっておけばいい程度。
大き目の鉢に植えておけば子供も出てくる。

Q食用油を還元?させる薬ってありますか?

昔ケンタッキーで働いていた時に、色が付いた油に白い粉を入れたら

色が元にもどる粉がありました。

店長は高いものやって言ってましたがなんなんでしょうか?

Aベストアンサー

「ケンタッキーフライドチキンがケイ酸マグネシウムの粉末」とあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%94%A3%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%81%AE%E5%AE%89%E5%85%A8%E6%80%A7#.E3.82.B1.E3.83.B3.E3.82.BF.E3.83.83.E3.82.AD.E3.83.BC.E3.83.95.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.83.89.E3.83.81.E3.82.AD.E3.83.B3.E3.81.AE.E6.8F.9A.E3.81.92.E6.B2.B9

しかし、この手の話は、検索しても中国での事例しか見つかりませんね。



ケンタッキーで使用していたかはわかりませんが、油の色素を取り除くろ過剤として、こんなものあります。
「活性白土」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%BB%E6%80%A7%E7%99%BD%E5%9C%9F#

食用油のメーカーも使用しています。
http://www.nisshin-oillio.com/q_a/2_q1.shtml

「ケンタッキーフライドチキンがケイ酸マグネシウムの粉末」とあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%94%A3%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%81%AE%E5%AE%89%E5%85%A8%E6%80%A7#.E3.82.B1.E3.83.B3.E3.82.BF.E3.83.83.E3.82.AD.E3.83.BC.E3.83.95.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.83.89.E3.83.81.E3.82.AD.E3.83.B3.E3.81.AE.E6.8F.9A.E3.81.92.E6.B2.B9

しかし、この手の話は、検索しても中国での事例しか見つかりませんね。



ケンタッキーで使用していたかはわかりませんが、油の色素を取り除くろ過剤と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報