【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

デート代について

20代の男女の恋愛です。私は割勘がいいのですが、彼女は本音では奢られたい願望があるそうで、尋ねると「今までは奢りだった」と言います。(真実は定かではないですが)

それで、私は

「嫌なら別れる?俺は奢りで愛情を計ったり、結婚して本当に養ってくれるのか?とか疑う女とか興味無いし愛せないから、嫌なら無理せずに別れて。別に結婚したら財布は握らせるつもりだよ。」

っと言うと彼女は別に別れたいとかじゃなくて・・・たまには奢って欲しいといいます。

私は、彼女の誕生日と記念日には奢るしプレゼントもしています。
つまり、彼女はそれ以上を求めているのです。しかし、彼女が私に対して何かするかと言えば別にしてる感じもしません。バレンタイン貰うが、ホワイトで返すし、基本的にギブアンドテイクです。


私としては結婚したら財布を握らせても良いと思ってるのですが(一心同体だし)
交際の段階で全部奢る男性の気がしれません。まぁ、男性陣に尋ねると殆どの理由は

・男が払えばイザコザが減るし揉めると面倒だから
・借りが作れるし格好つけられるから
・アピールできるし、有利に事が運ぶから

っと意見は様々でしたが、大抵は「揉めるのが面倒だから」でした。そもそも、割勘っても自分の分を払えというだけで奢ってと言ってるわけでもないのに、揉める理由がわかりません。結局、自分が一番可愛い女性と交際すればそうなるのでしょうが・・・

【質問】

彼女は別れる気は無いそうです。
でも、本音は奢って欲しいそうです。
しかし、払うのは私のマネーで、私は割勘がいいのです。

正直、私もモヤモヤ交際してても嫌なので、割勘できないなら奢ってくれる人を探せと言っているのですが、やはり「そういう意味じゃない」と暗くなるので問答しずらいです。

ちなみに、彼女は正社員に就いた経験が乏しく、転職を沢山して現在は派遣で、将来が不安だから私にすがっている可能性も考えられます。

何か良い策、あるいは私の心境を変える助言はありませんでしょうか?

真剣な相談なので、冷やかしや中傷はやめてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

おごれという女はやめた方がいいと思いますけどね。



所詮あなたにおごってもらいたいだけです。
自分のお金をデートごときにつかいたくないんじゃないですか?

私はホントに好きな人にはおごってもらった分、また違う機会に私が払ったりと釣り合いがとれている感じです。

人それぞれ価値観が違って当たり前ですからあなたと彼女さんの感覚は違うのかもしれませんね。

私はあなたの考えが正しいと思います。
おごってもらうことで愛されてると感じたい彼女さんなのかもしれませんね。
    • good
    • 0

私と彼氏は絶対どっちかが出すとか絶対割り勘とかはありません


基本は自分が頼んだ分は自分で出します
ただ私は学生で彼氏は社会人ということもあり、私があまりお金を持ってない時は彼氏が出してくれます
そして私が余裕がある時は食事やカラオケ代を奢りますよ
結局片方が余裕ない時にはもう片方が出す、みたいに臨機応変に対応できるといいんじゃないかと思います
    • good
    • 0

おそらく彼女の中で「奢ってくれる=愛情を感じる、奢ってくれない=愛されてない」みたいな式が出来ちゃってるんじゃないかと思います。

今までの男性には奢ってもらってたわけだし。
質問者様にお金を使わせたいわけじゃなくて、コンビニで細かいものを買う時に一緒に買うよってスマートに言ってくれたり、特別扱いというか大切にされてる感を味わいたいんだと思います。

本当に自分のお金を使いたくないだけなら>彼女は別れる気は無いそうです。でも、本音は奢って欲しいそうです・・・なんてことは言いません。即、別れて奢ってくれる男性と付き合います。

こういう女性は結構います。でもその微妙な心境が読み取れなくて、女は男に寄生することしか考えてない!などと安易に考える男性がいるから揉めるんでしょうね。(質問者様のことじゃありませんよ!)
たしかに男性のことを歩くお財布位にしか思ってない女性も中にはいますが・・・

価値観が完全に違うお二人のようなので、どちらかが折れるしかないですね。
普段はきっちり割り勘で小さい金額のもの(500円前後とか)ならたまに買ってあげる、とかすればいいんじゃないですか?質問者様の負担にもならないし、彼女さんも愛されてると感じられて皆ハッピー!どうですか?
    • good
    • 0

これはお金の問題ではありません。

言葉は悪いのですが、質問者様が時間や労力を惜しんでいるのが彼女にばれてるだけです。
デートに凝ったり、手料理をふるまってみてはいかがですか?愛情を感じられれば割り勘も納得させやすいのでは。
    • good
    • 0

>将来が不安だから私にすがっている可能性も考えられます。



すがられるのがイヤなんでしょうか?
質問者さんはお金の事だけで別れることができるんだったら
そんなに彼女の事を好きじゃないんじゃないですか?

割り勘しない女性とは別れたいと思う男性。
彼に割り勘にしないと別れると言われても、たまには奢って欲しいと
いう女性。

ん・・・やっぱりお二人の価値観は、ずっと平行線になるような
気がしますね。
質問者さんの彼女のような考え方の人は、No.7さんの考え方のような
人と質問者さんは、自立している女性で、逆に奢られるのは嫌って
思う女性の方が合っているんじゃないかなって思いました。

質問者さんが別れたいのか別れたくないのかがいまいちわかりません
でした。
    • good
    • 0

たまには、奢ってあげたっていいじゃない・・・。


彼女でしょう。
    • good
    • 0

これは人により意見は様々かと思うので、一意見として書きます。



私(男)の場合は、ずっとおごっていました。
特に疑問にも感じず、そういうものだと思っていたので・・・
自分の感覚では、つきあっている=対等ではなく、
やはり男なので、常に自分が主導権を握りたいわけです。
でも、単純に支払いの時に半額を計算したり、
もたもたするのが格好悪いと感じてたから、ってのもありますね。

なんか、たま~に「今日は私が」などと言われ、
おごってもらったときなどは、すごくうれしかった記憶があります。

質問者様の彼女は、派遣で将来が不安とのことですが、
社会的に質問者様よりも弱者であれば、頼りたくなって当然とも思いますし、
支えてあげても良いのではないでしょうか?

おそらく、質問者さまと正反対の意見なので、
あくまでも、一意見として参考にされてください。
    • good
    • 0

まず、自分の食べた分だけ支払っていますか?


コース料理や定食料理など、毎回一人分の料金が正確にわかっていて、飲み物も一人2杯まで。
そのくらいキッチリしているのなら、「男性から提案する」割り勘は納得出来るのですよ。
ほとんどの男性とシェアすると、女性は高く払う羽目になります。

それと、女性ならではの気遣いを要求していませんか?
お鍋や焼き肉、大皿で出てくる和食屋さんでは、取り皿セットは女性側にわざわざ置くお店が未だに多いです。

いちいち食べた分だけ計算するのは白けてしまうから合計金額の割り勘で、まぁいいか。
お料理を取り分けるの、彼が気付かないから全部私がやってしまおうか。
それがつもり重なると鬱陶しく感じるんです。気の利かない男性の言う平等主義って。

彼女にたまに多く出してあげれば、彼女も可愛く男を立ててくれますよ。
割り勘に不満を言う女性は多かれ少なかれ古風で、男性には従いたい願望の強いタイプです。

質問者様はもっと現代的な、要求をハッキリ言える女性が合うのだと思います。

金銭的な感覚は、努力してどうこうではないので。

質問に答えていなくて申し訳ない。
    • good
    • 0

個人的ですが、割り勘は別に良いと思います。



ただ、1円単位までキッチリ割り勘されると少し引くかな・・・?



それと彼女の中では奢ってもらうのが愛情に比例しているのかもしれませんね

奢ってくれる=大事にされてる(愛されてる)みたいな感じ。



彼女の収入が少ないのであれば、割り勘の割合を

例えば6:4とかにするのは難しいのでしょうか?



あなたの中で「キッチリ半分!」と考えているのであれば、

残念ですが、今の彼女と続けるのは難しいと思います。



結局は価値観の違いですよ。
    • good
    • 0

質問の内容とは少し外れますが・・


質問者様は彼女と別れても良いと思っているのでしょうか?

確かに全て奢らせる彼女の方もどうかな・・と思いますが
それで別れを切り出す質問者様の方がどうかな・・と思ってしまいます。

彼女さんは今まで奢ってもらったから・・という経験で言っているので、私は別に割勘でも良いかと思いますが、

>ちなみに、彼女は正社員に就いた経験が乏しく、転職を沢山して現在は派遣で、将来が不安だから私にすがっている可能性も考えられます。

から、彼女さんが不安であったりお金もあまり持っていなさそうなのが伝わってくるので、私だったら奢ってあげてもいいかな?と思ってしまいます^^;

ですが、さすがに高価なプレゼントをねだってきたりするのはきちんと断ったほうが良いと思いますよ☆
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング