ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

「ベンケーシー」「宇宙大作戦」「コンバット」「スパイ大作戦」「アイ・ラブ・ルーシー」「名犬ラッシー」「JQ」「スーパースリー」「大魔王シャザーン」「チキチキマシン猛レース」「トムとジェリー」「マィティ・ハーキュリー」「ポパイ」「奥様は魔女」「じゃじゃ馬億万長者」「ソープ」「わんぱくフリッパー」「サンセット77」「アンタッチャブル」「インベーダー」「キャプテン・スカーレット」「サンダーバード」「バットマン」「ララミー牧場」「ターザン」「モンティ・パイソン」「世界の料理ショー」・・・

挙げればキリがありません。
(今もどこかでやっているかも知れませんが・・)
さて、皆さんが一番印象に残っている、往年の外国TV番組を挙げてみてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (21件中1~10件)

 私も、外国TV映画は、大好きでした。


 物心付いた頃に放送されていた「サンセット77」「ハワイアン・アイ」西部劇の「ローハイド」「ララミー牧場」など。
 私が特に印象に残っている外国TV映画は
「プローブ捜査指令」(原題:SEACH)
 関西地区ではサンテレビで、73~74年と79~80年の2度にわたって深夜に放送されていましたが、2度ともオイルショックによる深夜放送自粛の憂き目に会う始末。1度目のときは午後4時台に移動、当時中学生で、この番組見たさに、大急ぎで学校から走って帰ったものでした。2度目はそのまま放送打ち切り。
 内容は、プローブと呼ばれる事件捜査機関のメンバーは、みな超小型カメラ、体には血圧やアドレナリン分泌量などをチェックするセンサーが埋め込まれ、コントロールセンターからの指令を受けて、難事件の解決に挑むというもの。当時としては、国連マークに似た、斬新な感じのオープニングタイトルと、テーマ音楽が好きでした。
 内容も面白くて、たとえば暗闇では、「赤外線で誘導」として、コントロールセンターのモニター画面を見ながら、メンバーに指示するといったことも。
 今から思えば、体内にセンサーが組み込まれ、体温、血圧、脈拍、アドレナリン分泌量などのメディカルチェックを四六時中監視されていてはたまらないといった感じですが。
 この番組、地元では、私が初めてビデオデッキを購入した81年以降は全く放送されておらず、よって一度も録画したことはありません。
 おそらく有料の専門チャンネルなら視聴可能かも知れませんが、ぜほともDVDあるいはBDのソフトで発売してもらいたいです。

参考URL:http://natsukashi-usa-tv.seesaa.net/article/1064 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>プローブ捜査指令
全く知らなかったです。
それにしても、よく覚えていらっしゃいますね。
ストーリー設定が面白そうですが、深夜枠だったり打ち切りになったり、結構波乱万丈的な番組ですね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/02 20:50

一番印象に残ってるのは「バットマン」です、怪人を殴る時アメリカンコミック風効果音ロゴみたいのが画面に出て来てたように記憶してます。

遠い昔の記憶なんで曖昧ですがディズニーの動物ドキュメンタリーのような番組もその頃放送していたように記憶しています。

他に「名犬ロンドン」がラッシーやリンチンチンわんぱくフリッパーより好きでした。お行儀の良い飼い犬の話より流れ者の風来坊の話の方が性分に合ってました、いや、学齢以前のガキだったんですが。
また「原子力潜水艦シービュー号」はプラモデルを作って風呂で遊んだ記憶があります。多分今観るとショボイ特撮なんだろうけど当時はワクワクして観てました。

それからずいぶん後になりますけど600万ドルの男やバイオニックジェミーが挙がるなら私は「キャプテンロジャースを挙げたいです。ウルティマー大佐のボディスーツ姿はお色気万点だったような。(恥)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バットマンですね!あの車の後ろのジェットエンジン噴射っぽいのが、すごく未来的でした。
>キャプテン・ロジャース
スターウォーズっぽい感じがしないでもないですね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/03 12:50

まだ出てませんか...「パートリッジ・ファミリー」!!!


デヴィッド・キャシディが大好きでした。
「I think I love you」は名曲だったなぁ...(遠い目)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>パートリッジ・ファミリー
おぼろげに覚えていそうな・・・
家族でバンド?日本で言えばフィンガーファイブみたいですね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/03 12:46

#7です。



出て無い物シリーズになってきましたが良いじゃない。

戦争物では「コンバット」が超有名ですが「ギャラントメン」の寂しげなテーマ音楽が忘れられないです。航空機が沢山出て来る「爆撃命令」も好きでした。

NHKのコロンボの後の「警部マクロード」もニューヨークを馬に乗って痛快でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び、ありがとうございます。

コンバットは、上官のヘンリー少尉よりもサンダース軍曹の方が人気がありましたね。三ダース軍曹のタバコの吸い方に妙に憧れました。
>ギャラントメン
全く知りませんでした。YouTubeで確認しましたが、これも面白そうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/03 12:41

あぁ、いっぱいアリすぎて


一番なんてキメられないです~

長時間ドラマ
『真説フランケンシュタイン 北極に消えた怪奇人間!』(日曜洋画劇場)
『ガリバー旅行記』(NHK海外ドラマ・スペシャル)

TVドラマシリーズ(好きな順)
『探偵レミントン・スティール』
『対決スペルバインダー』
『刑事ナッシュ・ブリッジス』
『ヤングライダース』
『怪奇の館レイ・ブラッドベリ・シアター』
『25世紀の宇宙戦士キャプテン・ロジャース』
『新ハイランダー・アマンダ』
『アトランティスから来た男』

とりあえず日本でDVD化されてない(?)作品
だけに絞り込みました~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

DVD化されていないので当然ですが、知らないものばかりですね。
サスペンスやSFっぽい感じがしますね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/03 00:52

ナイトライダー大好きでした。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

車の前面のスリットに、赤いランプが左右にテカテカ光ってたやつ?でしたっけ?
結構見ている人が多かったみたいですが、そのあたりしか覚えていません。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/03 00:38

 こんにちは。



 まだ出ていないのが不思議ですが、「大草原の小さな家」。毎週欠かさず見てました。私のアメリカのイメージに大きな影響を与えています。
 あと、「刑事コロンボ」。は、あの犯人を追い詰めていく過程が見応えありましたね。
 その他では、「600万ドルの男」、「バイオニック・ジェミー」。オスカー・ゴールドマン部長が好きでした。厳しそうなんですが、人情家の一面もあって。
 でも、それにつけても思うのは、日本の吹き替え技術のすごいことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>大草原の小さな家
なるほど、ちゃんと見てました。確か3姉妹?
それとコロンボは吹き替えが変わると、途端に分かりますね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/03 00:33

みなさん懐かしい番組ばかり挙げられていらっしゃいますね。


うちにテレビが初めてついて観だしたのは「コルト45」「テキサス騎兵隊」「ハイウエイパトロール」「ローンレンジャー」あたりからですね。(歳がバレますね)
ただ一番印象に残っているのは「ルート66」と「サンセット77」です。テーマ曲がすごくカッコ良かったのと出てくる車も当時は超カッコ良かったです。
いまだにyoutubeで観られますね、なつかしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ローンレンジャーは、確か番組中で“ローンレンジャー”と叫んでいたような記憶があります。
>ハイウエイパトロール
これもまだ日本にはハイウェイなどなかった時代の放映でしたから、新鮮だったかも知れませんね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/03 00:25

ポリスバイクのジョン&パンチは有名だけど、クルマ版の「スタスキー&ハッチ」の方が好きでした。


アメ車のダイナミックな迫力はシビレます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>スタスキー&ハッチ
赤いフォードですね!マツダの昔のカペラに似てなくもないです。
他の番組と比べると、比較的新しい部類に入りますね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/03 00:21

・タイトル不明の手品の番組


前半で手品を見せて後半で種明かしをする、という内容。手品師は手だけしか写ってなく、それが不気味な雰囲気を出していました。

・タイトル不明の海外面白ニュース
印象に残っているのは、外国のどこかのホテルで外壁に窓から出入りする繭型のカプセルルームを作ったというものでした。数ヶ月後、そのカプセルを取り外すところまでフォローしていました。ネジを外され地面に落下したカプセルが壊れずに数メートル跳ね上がったのを覚えています。

・アニメ「ベッキーとペピート」
タイトルバックに BECKY UND PEPITO。「あれ?アンドは AND じゃなかったっけ?」。ドイツの番組だったんですね。

・アニメ「ちょびひげボリス」
読書感想文の題材に困った友人がこの番組の感想を書いてまんまと先生をだましました。

・タイトル不明のアニメ
悪役かどうかよく覚えていませんがずる賢いネズミが出てきて、その名前が「サボアフェアー」。妙な名前だなと思っていましたが、これはフランス語で savoir-faire「処世術」であると分かったのはずっと後のこと。

・トムとジェリーの間に入っていた別のアニメ
強烈に印象に残っているのは、頭のない選手が野球をしているもの。胴体から首だけが伸びていて帽子をかぶっている。ちょうど胴体に巨大なネジがはまっているような状態。一体あれは何だったのか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろありますが全然分かりませんね。
当時はアメリカのみならず、ドイツの漫画も放映されていたんですね。
>トムとジェリーの間に入っていた別のアニメ
何だか不気味な格好ですね。
この漫画は版権の関係でDVDが少なくて、確認のしようがないですね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/03 00:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング