【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

教えてください。
アルミダイカスト(ADC12)へのメッキを考えています。
世の中にどのような物が存在し、どのように使われているのでしょうか?
メッキの種類と合わせて教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

私自身は、ADC12にめっきをした部品を扱った経験は無いのですが・・・。




表面処理をするとすれば、スパッタリングや真空蒸着もしくは無電解めっきではないかと。

すでにご存知とは思いますが、通常のめっき(液浴)では、周期表の順序と逆では、めっきはできませんので。

以上参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

アルミダイカストへ電気メッキ製品は世の中にあるそうです。
(車のホイールなどがそうでしょうか?)

値段の関係から真空蒸着、無電解メッキは難しく電気メッキをチョイスしました。
ただ知見が無いもので、実施例をお聞きできればと思っています。

お礼日時:2010/04/05 07:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鋳造とダイキャストの違いを教えてください。

鋳造とダイキャストの違いを教えてください。

Aベストアンサー

他の回答をコピペしました
正しくはダイキャスティング。ダイ(Die)=金型。キャスティング(Casting)=鋳造。金型鋳造のこと。鋳造とは、溶融金属(どろどろに溶かした金属)を鋳型に流し込み製品を作る方法。
厳密には、金型を使った鋳造は全てダイキャスティングとなってしまうのですが、一般的には、High Pressure Die Casting(高圧鋳造)のことをダイキャストと呼ぶことが多い。『高圧』とありますが、これは金型に溶融金属を流し込み、高い圧力をかけて鋳造するからです。その他に、低圧鋳造・重力鋳造など様々な方法があります。
ダイキャストの歴史は極めて浅く、欧米では約120年、日本では約60年程度の歴史しかない様です。

ちなみに・・・
お寺の釣り鐘(梵鐘)なども「鋳造」で作られます。これは大昔からある「砂型鋳造法」と呼ばれるもので、双型と言う外側と内側の型の間に金属を流し込む製法です。
(砂型鋳造法には数千年の歴史があるようです。)

☆ダイキャストの特徴
・寸法精度が高く、後工程での加工を減らせる。
・大量生産に適する。
・薄肉のものをつくることができる。
などが言えるでしょう。

他の回答をコピペしました
正しくはダイキャスティング。ダイ(Die)=金型。キャスティング(Casting)=鋳造。金型鋳造のこと。鋳造とは、溶融金属(どろどろに溶かした金属)を鋳型に流し込み製品を作る方法。
厳密には、金型を使った鋳造は全てダイキャスティングとなってしまうのですが、一般的には、High Pressure Die Casting(高圧鋳造)のことをダイキャストと呼ぶことが多い。『高圧』とありますが、これは金型に溶融金属を流し込み、高い圧力をかけて鋳造するからです。その他に、低圧鋳造・重力鋳造...続きを読む


人気Q&Aランキング