歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

中国の国民は、海外からの評価をどう思っているのでしょうか?

薬による人の死亡 ペットの死亡 食品の危険
旅行客としてレストランで床にまで食い散らかしたり、
テーブルの上で子供の汚れたおしめを変えたり
テーブルに平然と足を乗せるノーマナー。

海外から、白い目で見られる事が増えている中国ですが、
その国民は白い目で見られている事に気付いているのでしょうか?
そして気付いているならば、どう捉えている人が居るのでしょうか?

私は一般の中国人の方2名のとても良い方を知っていたので
こういう(食品・薬品・マナーの)悪い話を後から知った形で
どうもふに落ちません。

日本も高度経済成長期には、そういう色々な汚点が有ったと聞きますし
一見中国が異常な国のように浮いて見えていますが、
単にどの国も通る道で、いずれは最低限
「他人がやられて嫌な事はしない」
程度の常識は持てるのでしょうか? それとも持てないのでしょうか?


色々疑問が多岐にわたっていてすみません。
・中国は本当に異常な国なのか、単なるどの国も通る道なのか
・中国国民は自国の悪評をどう思っているのか

突き詰めると結論は「人それぞれ」なのでしょうけれども
なぜ中国はこんな状態になっているのか、
個人的な見解など色々教えて頂ければ・・と思います。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>中国は本当に異常な国なのか、単なるどの国も通る道なのか



半々だと思います。まず「どの国も通る道」というのは確かにその通りで、日本だって高度成長期は今の中国人とマナー的に大差なかったと思います。先進国の商品コピーなども古くは日本のお家芸でした。

いっぽう中国独特の部分といえるのは、文化的には断突の超大国でありながら経済的には中進国(地方は後進国)というねじれです。文化的成熟は中華思想というか、たっぷりのプライドを産みますので、精神的に横暴な、でも経済的には貧乏人でマナーも悪いという、あまり付き合いたくない人種が量産されるのでしょう。

>中国国民は自国の悪評をどう思っているのか

これは何も思ってないでしょう。それは日本が80年代にエコノミックアニマルと呼ばれ結構白い目で見られていたが、それを恥じていたかといえばノーだったのと同じで、いちがいに中国の民度の低さとは言いにくいものがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>日本だって高度成長期は今の中国人とマナー的に大差なかった
>と思います。先進国の商品コピーなども古くは日本のお家芸でした。
なるほど。日本もコピー商品をやらかしてたんですね。
だからブランド品だの家電だののコピーを出しまくられても
家電メーカーは大きな動きはできないんですね。
かつて自国がやっていたから・・(笑

>文化的には断突の超大国でありながら経済的には中進国(地方は後進国)
なるほど。
確かに自国の文化に誇りがあればプライドは高くなりますよね。
経済的発展の遅れ・・何で中国は共産主義になってしまったんだか;

>>中国国民は自国の悪評をどう思っているのか
>これは何も思ってないでしょう。
なるほど。日本も恥じていなかったのですね。
しかし今の日本はそうでもないという事は、
世代交代で親を反面教師として自浄されたのか、
社会の変化で大人自身も自分の行動がマズイと焦って改めたのか・・

とても参考になりました。
今まで文明の歴史には全く興味が有りませんでしたが
現代がなぜこう有るのかを知るには、やはり歴史が大切なのでしょうね。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/08 11:55

それぞれの国の人間の行動はその国の文化・考え方が基本になっています。

また、それらは歴史の中でつちかってきたものです。中国の場合は5000年の歴史の中で有限のものを他者を騙すことによって獲得すると言う考え方が文化になっています。又、そうしないと生き残ることが出来なかったわけで、「誠意」や「正直」とか「人様に迷惑をかけない」と言う文化を醸造することができませんでした。中国人の判断基準は「お金がもうかる」かどうかです。これは良いとか悪いとかでなく、文化なのです。日本人が大切にする「誠意」や「正直」は美徳とは思っていません。日本人が「人生の目的は金じゃない。」と言うことは彼らにとっては日本人は自分の本質を出さない悪人と捉えてしまいます。シンガポールを支配したリークアンユー首相はこれら中国人の性質を充分理解していたので、シンガポールではすべてお金に置き換えて、罰金・罰金で自国の民をコントロールしたのです。中国人が日本にきて、驚き、関心するのは日本人が正直であることやお金に執着しないことではありません(反対にそれらについては日本人を軽蔑さえしています)。彼らが驚くのは道路にごみが落ちていないとかトイレが綺麗とか、信号を守るといった日本人の素養の高さに対してです。中国人にとって最も大切なことは「お金」で守るべきものは「同族」なのです。彼らは自国すら信用していません。ましてや他の国はもっと信用していません。ですから他の国に帰化しても、中国人としてすべて自分を中心に考える癖がついていて、他人に迷惑をかけてもかまいませんし、自分はあくまで帰化した国籍の中国人と思っていますし、帰化や国籍はしょせん「金」と言う目的のための手段でしかありません。何度も言いますが、これは善悪ではありません。文化なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

深い内容のご回答、ありがとうございます。
浅い歴史の知識しか有りませんが、確かに中国は日本のような
同一民族で温室的な争いをしていたのとは違うようですし、

>中国人が日本にきて、驚き、関心するのは日本人が正直であることや
>お金に執着しないことではありません
>(反対にそれらについては日本人を軽蔑さえしています)。
これについても、なる程と思えました。
確かに善悪ではなく文化なのでしょうね。

しかしトイレが綺麗 信号を守る そういう所は裏を返せば・・
と何かふにおちないような、それもまた人間らしいとでも言うか。
とても興味深いご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/20 18:42

一言で言えば既成観念から抜け出せないわけです。


しかし、海外には全く違う価値観の人達が住んでいるのです。
残念ながら国内に留まっている限りは殻から抜け出せないのです。

更に中国は儒教社会、拝金主義、反日教育、情報統制などなど
愛国を旗印にした教育に洗脳されて、周りも同調しています。
こういう頭コチコチの状態を打破するには人格的に相当できていないと難しい。
幸いにして中国で徳を学ぶことができたものは、日本に来てから、
日本人と中国人の差に愕然とするのだそうです。

一度、外国に出て、自国の恥を素直に認めるのはなかなかできません。
更に屈辱を受け入れた後で、自国が外国から批判されていることについて、
堂々と胸を張って違うと言い返すのは更に殻を破る必要があります。
中国はこの2回の脱皮をしなければ日本に追いつけません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

背景を良く知らないので何とも言えないですが・・
案外自分自信も振り返らないとまずそうな気がしてきますね;
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/20 18:37

ああ、連投すみません。

ただね、中国人は全国中に世界中に歓楽施設を持っていて、そこではSM売春や殺し歓楽といった事が行われているという噂は頻繁に聞きますね。MI6、CIA、DGSE(フランスの諜報機関)、GRUといった工作機関がそういう作戦マニュアル(実力者篭絡、懐柔)を持ってるのと同じように。キリシタンの売春婦も実際頻繁に見た時期あったけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どの国にもそういう黒い話をまれに聞きますね;
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/08 12:10

どうでしょうかねえ?テーブルマナーを見れば「猿め」、道行く様を見れば同じように思うんじゃないでしょうかねえ?それは心の狭い上流階級、しかも都会人(住所居所は別として)に良く見られる反応だと思います。

西欧は実際差別社会で、情報機関も本当に公正無偏向な、不偏不党な報道が行われているか分かりもしません。ロシアでは有名な、イズベスチアは共産党の政府広報機関でしたが、今では政界の大物もいる財界グループの傘下にあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>心の狭い上流階級、しかも都会人(住所居所は別として)
>に良く見られる反応だと思います。
確かに
自尊心に安易な地位や財産を選んでしまった人の一生は哀れですね・・。
他人との葛藤を正しく受け止め己を磨かず
安易な物にすがりそれをプライドとして葛藤から逃れた者の末路・・。
人はそう強くない生き物という事なのでしょうか。

参考になりました。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/08 12:08

私も全ての中国人が悪いとは限らないと思っていたのですが、最近はむしろ中国そのものが嫌いです。

マナーの悪さや嫌われ度は世界一を争う国とまで言われています。同様に韓国もそうです。彼らは自分たちが世界一と思っており、平気で嘘をついたり犯罪を犯して人のせいにします。マナーは質問者様が書かれている通り、本当に悪いようです。世界から嫌われているということは相当な理由があるからです。あとは政府による影響もあると思いますが、総合的に見ても悪い印象ばかりです。もちろん少数だとは思いますが良い人はいると思います。それなり教養がる人なら。

>・中国は本当に異常な国なのか、単なるどの国も通る道なのか

中国が異常なのです。そうでなければ世界一嫌われるはずがありません。

>・中国国民は自国の悪評をどう思っているのか

気にしてないと思います。世界が悪い...でしょうね。自分たちの基準は世界の基準と思って居る人が多いですから。

これは私個人の意見ですが、日本人の殆どは好感は持っていないと思います。好感が持てる人は余程心が広いか、無知なのか、あるいは反日思想を持った人ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
欧米でも中国・韓国の方をお断りする観光地が有る様ですもんね;
他人を馬鹿にする事で自分の価値が高いと錯覚した人は
国籍を問わず、愚かでプライドばかり高い迷惑な人と化しますもんね。。

自分自信にもっと揺るがない誇りを持てないかぎり
その悲しい価値観に捕らわれ続けかわいそうな事になり続けるのでしょうか。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/08 12:02

レコードチャイナ


http://www.recordchina.co.jp/
などで紹介される現地人のブログを見る限り、中国人自身も良くは思っていないようです。

> なぜ中国はこんな状態になっているのか
文化大革命が原因です。
文革では共産主義革命に邪魔と考えられる様々なものが弾圧されました。その中で学校が破壊されたり孔子が悪人とされ儒教が否定されるようなこともありました。これによって、当時は礼儀の教育が行われなくなってしまい、現在の中国社会を動かす中心となっているのがそういった世代の人たちです。

> 「他人がやられて嫌な事はしない」
> 程度の常識は持てるのでしょうか? それとも持てないのでしょうか?
これは儒教の思想であり、世界共通とは言い難いです。中国に関していえば本家本元だから忘れ去られているだけといえますが、上記のように一度徹底的に否定されました。元通りになるには今後の教育政策次第といったところで、何十年か必要でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
良く思ってないのですね。
子が親を見て、社会(他人)の視点を聞いて、それで自浄される効果とか
案外働いているのでしょうか。それとも―

>礼儀の教育が行われなく
そういう時期が有ったのですね。
共産主義にとって邪魔・・オリンピックやサッカー選手への態度で
海外からバッシングされて慌てる中国政府・・
何かと内部でも混乱が多い国なのでしょうか。

>>「他人がやられて嫌な事はしない」程度 について
なる程。政界共通とは言い難いのですね。
中国は本家本元で忘れ去られている・・いつしか自浄されると良いのですが。

ご回答、ありがとうございました。
勉強になりました。

お礼日時:2010/04/08 11:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国人は、中国政府に対してどう思っているのですか?

中国では中国共産党の独裁体制で、日本では当たり前に認められているような人権が、政府によって規制されているという事を知りました。(メディア規制、インターネット規制など)

反日教育が行われデモなども起こっていますが、全ての中国人がそのように思っているとは思えません。

実際のところ、中国人は中国政府に対してどのように思い、感じているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちわ(/は)。

>実際のところ、中国人は中国政府に対してどのように思い、感じているのでしょうか?

簡単に言うと、ほとんど全てに近い中国人民(除く文盲と乳幼児と学齢期の子ども)は、北京中央政府または国家政府に対して良い感情は抱いていません。
はっきり言うと、"信用"しておりません。(残念ながら国民自身が中国国内では公言できませんが)。公言すると即刻密告されて公安警察のお世話になる可能性が十分に有ります、現在でも。これは今に始まったことではなく、中国(以下便宜上こう呼称しておきます)の歴史が始まったと同時にすでに存在している史実です。どっかでも書きましたが、数千年の間、中国の人民民衆は為政者に騙され続けたという事実が存在します。船で移動できる時代になると大勢の人民は安楽を求めて国を捨てて山を越えて或いは海を越えて出国しました。この頃は為政者に不満が在るというよりも恐ろしいほどの貧困から逃れるのが主目的でしたが。その数数千万といわれています。

その貧困の原因は、時の体制による徹底した階級社会制度と圧制と搾取と愚民政策によるものです。近代では共産党統治の後、ある者は台湾へ、ある者は香港へまたは先人を頼って他の地域に逃亡しました。まあ目的地は東南アジアが主ですが。こちらは、為政者に不満を持った人民が主です。その数数百万人です。出国できた人民、逃亡できた人民はまだ恵まれていたほうです。ご存知のように彼らの多くは苦労は有ったにせよ自由という幸せを掴み取り財産を造った人も大勢います。いわゆる華僑と呼ばれる人たちです。

こんな現象が生じる国家が他に有るんでしょうか。有るとすれば、一昔前の東欧の一部とかロシアとか、アフリカの独裁国家くらいなものです。これでお解りかと思いますが、中国の人民がその時代時代の体制によって苦しめられ虐められていた歴史はそう簡単には払拭されません。先祖代々の不信や恨みの感情は簡単には変えることは不可能です。近代になって中国解放後ですら人民は体制から何度も騙され搾取され続けています。毛さんが始めた文化大革命、その後の紅衛兵運動、四人組裁判、天安門事件、江沢民時代から始まった故意による愛国(反日)教育などで悪く言えば騙され続けています。ほとんどの人民自身が騙されていることは薄々でも感づいている筈です。
毎日のように発覚する政府関係機関・政府関係者直々の賄賂授受・公金横領・密輸・製品横流しなどその醜さは日本の非ではありません。(日本では故意に、報道されていないと思いますが)毎年政府関係の大物が何人も死刑執行されている事実は隠蔽しても隠しとおせない時代です。この事実を知りながら更に中国の政府を信じろと言うほうが無理です。いつかは暴動が起こってもおかしくないはずです。その兆しは既に発生し始めました。各地で起きる人民対地方政府または官僚との衝突です(これも日本では詳しく報道していないと思いますが、無論中国国内ではご法度です)。政府批判をした人の不法逮捕監禁や人権蹂躙は世界中から批判を浴びています。国連での発言力が無に等しいのはこれが主原因ですね。

国がでかいからひとたび暴動が発生すると大規模になることは天安門の時でも実証済みです。政府はそれを恐れて厳しい言論統制と人民の目を国外に向けることに躍起となるのは自然の成り行きです。

あの文革がまともな行為だったと認める中国人はまずいないと思います。紅衛兵騒動は"禁句"にすらなっています。この間に自分たちの手で自分たちの親や親族や仲間(同胞を)を粛清・殺戮し街の中を引き廻しました(史実です)。それらのドタバタ騒動で亡くなった人の数数百万とも数千万とも言われています。運良く生き延びた被害者の数数千万人はまだ生存しているでしょう。

中国人が中国政府を信用していないという解りやすい物語が有ります。香港中国返還当時、最もがっかりして他国へ逃亡したのは香港人自身です。一時は大物が不在になりもぬけの殻の状態が続いたのは記憶に新しいですね。

どうですか、これでも政府を信じられますか?^^♪。

こんにちわ(/は)。

>実際のところ、中国人は中国政府に対してどのように思い、感じているのでしょうか?

簡単に言うと、ほとんど全てに近い中国人民(除く文盲と乳幼児と学齢期の子ども)は、北京中央政府または国家政府に対して良い感情は抱いていません。
はっきり言うと、"信用"しておりません。(残念ながら国民自身が中国国内では公言できませんが)。公言すると即刻密告されて公安警察のお世話になる可能性が十分に有ります、現在でも。これは今に始まったことではなく、中国(以下便宜上こう呼称...続きを読む


人気Q&Aランキング