ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

歯科矯正と咬合療法
咬合療法のメリットとデメリットを教えてください。
また、治療期間と料金を概算でもかまいませんので教えて下さい。
咬合療法と歯科矯正の目的は何なのですか?
咬合療法と歯科矯正は違うものになるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「咬合療法」という用語は一般的な用語ではありません。

もしかすると、一部の歯科医師が独自の考えで「咬合療法」という用語を使っているかもしれません。
つまり、歯科医師によって「咬合療法」という言葉で指す内容が異なるのです。
たとえば歯を削ることを「咬合療法」と呼ぶ人たちもいれば、歯を削らないことを「咬合療法」と呼ぶ人もいます。
M725さんがどこで「咬合療法」という言葉を聞いたのかがわからないと、どういう意味でつかわれているのかわかりません。



「咬合治療」というと、咬合が原因で生じるさまざまな病気に対して、咬合に何らかの手を加えて治療を行うことを指します。
「咬合治療」の具体的な方法としては、
1.歯をちょっと削ったり、歯に樹脂を盛ったりして、上下の歯の当たり具合を変える。
2.歯にかぶせ物をして、上下の歯の当たり具合を変える。
3.歯科矯正によって歯を動かすことで咬合を変える。

などがあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング