ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

自分は最近引きこもりぎみです。その理由は外出する際目線はどこに向けて歩けばいいのか、手の位置はどうすればいいかなどいちいち変な事を考えてしまい周りから見るとおどおどしているらしいんです。最近では少し顔を斜めにして下を見て歩くようにしているんですがそれも周りから見たら違和感ありますかね?もしこうしたらいいなどアドバイスあったら回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

参考までに俺の場合、


人と視線を合わせる事がうまく出来なかった。
なぜなら、がちゃ目だから。
じっと一点だけ見つめていると、片方の目がどっかにいっちゃうんだよ。
バカ殿みたいな顔になってしまうんだよ。
だから人と視線を合わせる事が物凄く苦手だった。

仕事で商談するときには、結構不利だよ。
高速道路を運転する時は、センターラインが縦に2本出てきて、命に関わるけどな。(笑)

だけどいつの間にか、目が寄る前に、自然に視線をそらして、
会話できるようになった。訓練するほどでもなかった。
変顔を見られたくないから努力したのではなくて、
仕事の目的を果す事が優先だったからだ。

同じように考えるのなら、
モデルでもないんだから、歩き方を良くする事が目的ではないという事だ。

あまりにも姿勢が悪すぎて背骨が曲がったなんて話は別だぞ。
それは医者に行け。

いちいち目線や手の位置を気にするなと言ってしまえばそれでお終いだが、
歩くって事は目的に向かって歩いてる訳だから、ゴールについたら何しようとか、
何分で辿り着こうとか、隠れミッキーを探すとか、楽しみを見つければいいと思うぞ。

だいたい、遅刻しそうになったり、友達と話しに夢中になってたりしたら、
気にしてないだろ。

歩き方なんて人の個性だし、変だからと言って指摘する奴の方がナンセンスだよ。
第一すれ違う人とは関わりが無いんだから、気にする対象でもない。

人からどう見られているのかを不安がるという事は、
人にどう見られたいのかという意識も強い。

それならそれでいいじゃないか。
徹底的に追求してみろ。
それで、「引きこもりの歩き方」なんて本書いたら売れるかもよ。

ま、要は先の楽しみを見つけて楽しめ。

いつの間にか気にもなくなるさ。
    • good
    • 2

発想の転換をしてみたらどうでしょうか?


基本的に、盲目者でもない限り、どこを見ようと自由なのです。見る自由が許されているのです。見たくても見れない盲目者からみれば、それはどんなに素晴らしいことでしょうか!
そういう意味で目が見える人は、目が見えない人の分まで多くのものを見て、喜びや幸せをいっぱい感じる必要があるのです。
目が不自由な人の思いを、目が自由な人が果たすしかないことを考えれば、見ることを通して幸せになることが重要です。
でないと、目が不自由な人が「見える目玉持っていながら、何贅沢なこと言ってやんでぇ!!」と怒るかもですよ。
目は、何を見ないでいいのかという消極性を発揮するためにあるのではなく、見ることで、喜びや幸せを増やすという積極性に意味があるのです。
基本は、見たいように見る、気が済むまで見まくる、
強いて言えば、見て悲しむものは見ない!!見て悪性が誘発されるものは見ない!!
見て嬉しくなるものや、見て楽しくなるもの、あなたが見た事実を通してそれを聞いた人も喜びや幸せをもらえるものetc.は制限なく見るべきものでしょう。
不自由になって、自由のありがたみがわかるものです。
盲目の人達が、その不自由さの中にも自由を見出している(=不自由の扱い方を知っている)のですから、本当に自由な人は、自由の扱い方を知らなきゃね。
不自由な人が自由で、自由な人が不自由じゃね・・・
そのためにも、何を見たら嬉しくて、何を見たら悲しい、あるいは苦しいのか・・・それを知るために、多くを見て下さい。
そして、最後は、肉眼ではなく、あなたの心の目で善悪をしっかり仕分けできたらいいですね。
    • good
    • 0

とりあえずの対策として、外出の際は


サングラスをしてジャンバーなどの上着を着て
手をポケットに入れてみてはいかがですか?

でも歩き方に正解は無いので、どんな歩き方でも
大丈夫だと思いますよ。
同じ側の手と足が一緒に動いているようなら
変に見られるかもしれないですが
目線や手の位置なんて、自分が思っているほど
他人は気にしてないと思いますよ。
    • good
    • 0

よっぽどの混雑時や交差点でもなければ、視線は遠く、でいいです。


遠くに焦点は当てておいて、視野全体に注意力を払っていれば、何かにぶつかったリすることはありません。
手の位置は、上着のポケットに突っ込んでしまうとラクだし、片手はカバンにかけて、空いた片手は自然に垂らしているだけでも、全然違和感ないですよ。
街を歩いて、自分に合った感じの人がいたら、同じようにしてみるのもいいかもしれません。
    • good
    • 0

 こんにちは。



 引きこもりぎみで、歩くときには下向きが多いとのことですが、質問者さんは自分に自信がないからそういうことになっていることだと思います。

 自分に自信がないということは、何かをきっかけに自信を取り戻して普通の生活ができるようになるともいうえます。

 自信を付けることでは、好きなことは必ずあると思います。趣味や食べることなどで、そういうことを少し調べてみると興味が出てきます。
 こうして、インターネットを使用して質問しているので、きょうみのあること、好きなことを調べ、サイトや他人の書いているブログを見ると良い刺激となります。

 私は食べ歩きでは、横浜の中華街へ行くのが好きで、月に1回くらいですが、毎回違う店へ入っては食べたものを写真を撮って感想をブログに書くと読んでいる人からコメントをもらったり、食べに行きたいというようなコメントももらったりして、段々と詳しくなってきて楽しくなります。

 これは一例ですが、つまり好きなことをすると自分に段々と自信が付き、自宅にいるよりも、外出することも多くなり、歩くときにも下ではなくて前や歩いている人の顔も見られるようになります。

 下を見て歩いているのは、私はお金が落ちていないかなとか、犬のフンなどを踏まないようにと注意しているときだけです(笑)。

 コミックでも、アニメでも、歴史でも、テレビでも、芸能人でもお笑い芸人でも、コンビニでも、100円ショップでも詳しくなると人に話したり、プログなどに書きたくなって、詳しくなりそれが自分が積極的となり、自信がついてくるということです。

 あとは、良い本を読むのも良いでしょう。成功した人の本を読むのが良いと思います。
 ホームレスから努力して、会社を立ち上げて利益を出した社長という人もいますし、一人で会社を興して、世界のホンダやパナソニックの会社を創業した偉人の本は必ずや得るものがあり、それが自信をつけるきっかけとなります。
    • good
    • 1

わかります!


目線とか、広い道だったりお店だったりするとものや店員さん以外はどこを見ればいいのか…と。

でも、友達に聞いたらみんな「わたしもどこ見たらいいかわかんない」や「人の目線なんてよっぽどかっこよかったりじゃないといちいち見ませーん。自意識過剰だし!」と言われました。笑

みんなぼーっとしたり、好きなひとやものを見てたり、自分のことでいっぱいなんです。
あんまり気にせず、歩けるうちに、春だし、たくさんでかけましょう♪

わたしも、気にせずでかけてきます♪
    • good
    • 0

私も、1人で歩くとあなたのようになることはあります。


目線はどこに向ければいいのか、とかよく考えます。
でも、思いすぎるともっと変だと思います。
解決方法は
自分にもっと自信をもつことです。
自信の持ち方はいろいろありますが、
私の場合、自分が思い通りにいったコーディネートを着て外に出ると
堂々としていられます。
あなたにも、自分に自信をもてることを考えてみれば良いのでしょう?

そんなにいい答えではなくてスミマセン!

少しでも、参考になればなと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング