僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる。この有名なフレーズの作品名と作者はだれですか。

A 回答 (1件)

高村光太郎の「道程」です。



ああ,自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた広大な父よ

と続きます。

今度は少し質問らしくなりましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書体のほうにも返事をいただいていたのですね。初めてのことで質問するのも返事を書くのも、何時間もかかってやっています。一応やり取りできているようで安心しました。私は、本も映画もだいすきなのに、題名や作者、監督に出演者などまったく頭に入っていません。広く浅くで同じ本を何度も買うこともあります。そしてそれがわからないのだから、しあわせというかなんというか。いくつも回答いただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/03/31 12:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q"ペンは剣よりも強し"の作者はだれ?

作者リットンの本名を教えてください。

Aベストアンサー

 
>Beneath the rule of men entirely great,
>The pen is mightier than the sword. 1
>    Richelieu. Act ii. Sc. ii.

>ペンは、剣よりも強し
>    「リシュリュー,第二幕第二場」

この劇の作者は、イギリスの小説家・劇作家・政治家で、「The Last Days of Pompeii」の作者でもあるリットン(1803-1873)ですが、彼の正式な名は、称号も含めると:

1st Baron Lytton of Knebworth
Edward George Earle Lytton Bulwer-Lytton

これをカタカナなどで書くと:

初代ネブワースのリットン男爵
エドワード・ジョージ・イール・リットン・ブルワー=リットン

となります。
領地名ネブワースを省いて呼ぶと:

初代リットン男爵エドワード・ジョージ・イール・リットン・ブルワー=リットン

となります。

リットンが三つ出てきますが、これが正式な名です。男爵として称号を持ちますから、これも加えないと、正式な名にはなりません。

(エドワード・ジョージ・イール・ブルワー=リットンとなっている例があります。ウィリアム・ブルワー将軍とエリザベス・リットンのあいだに生まれた末子です。二つの姓を合成して、「ブルワー=リットン」という姓になっているようです)。

-----------------------------------------------

この初代リットン男爵の息子は、第二代ネブワースのリットン男爵かつ、ネブワースのネブワース子爵かつ、初代ネブワースのリットン伯爵で、満州事変のときにリットン調査団の指揮をして、「リットン報告書」を出したので有名なリットン伯爵は、初代リットン男爵の孫、つまり初代リットン伯爵の息子の二代目リットン伯爵(第三代ネブワースのリットン男爵かつ、ネブワースのネブワース子爵)です。

初代リットン伯爵(第二代リットン男爵)――初代リットン男爵の息子
正式名:
Lytton, (Edward) Robert Bulwer-Lytton, 1st Earl of, Viscount Knebworth of Knebworth, 2nd Baron Lytton of Knebworth

第二代リットン伯爵(第三代リットン男爵)――初代リットン伯爵の息子(初代リットン男爵の孫)
正式名:
Lytton, Victor Alexander George Robert Bulwer-Lytton, 2nd Earl of, Viscount Knebworth Of Knebworth, 3rd Baron Lytton Of Knebworth

>Edward George Earle Lytton Bulwer-Lytton. 1803-1873. John
>http://www.bartleby.com/100/427.html
 

 
>Beneath the rule of men entirely great,
>The pen is mightier than the sword. 1
>    Richelieu. Act ii. Sc. ii.

>ペンは、剣よりも強し
>    「リシュリュー,第二幕第二場」

この劇の作者は、イギリスの小説家・劇作家・政治家で、「The Last Days of Pompeii」の作者でもあるリットン(1803-1873)ですが、彼の正式な名は、称号も含めると:

1st Baron Lytton of Knebworth
Edward George Earle Lytton Bulwer-Lytton

これをカタカナなどで書くと:

初...続きを読む

Q『三国相伝陰陽道管轄ホキ内伝金烏玉兎集』の作者について

『三国相伝陰陽道管轄ホキ内伝金烏玉兎集』の作者が本当の作者でない安倍晴明になぜなっているのか教えてください。

Aベストアンサー

kouta5510さん こんにちは。
参考URLのページの中程。
『ホキ内伝』と祇園社を
お読み頂ければと思います。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/heiankyo/seimei6.html

Q僕は今13歳です。 僕の歳からセンター試験が廃止されると聞いたのですが、 僕の歳からはどうなるのです

僕は今13歳です。
僕の歳からセンター試験が廃止されると聞いたのですが、
僕の歳からはどうなるのですか?僕でもわかるように詳しく教えてくださいよろしくおねがいします

Aベストアンサー

http://www.mutant.jp/center.html
ある予備校のサイトです。

Q都道府県名はだれがどのようにして?

現在の都道府県名はだれがどのようにして決めたんでしょうか?
廃藩置県ってのは何となく分かるんですが 決め方が知りたいんです
当時だから一般公募って事は無いですよね?

Aベストアンサー

 下記URLを、参照してください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~hy6t-ymgc/2-08ken.htm

Q僕の生きる道で・・・

久しぶりに「僕の生きる道」を見ました。
当時は中学生だったんですが、今、生徒達と同じ立場になってみて疑問が浮かびました。
中村先生は生物の先生ですが、クラスの生徒達は「受験や模試でいらないから」と生物の授業を受けていませんよね?
教科書に「生物II」と書いてあるとことからすれば理系クラスだと思われます。もし物理や化学をとっている生徒だけのクラスなら生物は受験でいらないと思うんですけど、だったらなぜ授業があるのでしょうか?
私の学校では、例えば私の場合、社会は地理をとっているので日本史や世界史を受けることはけしてありません。

生徒達のいうように受験に必要ないなら授業もないはずですよね?
実際こういう学校はあるんですか?

Aベストアンサー

主治医のお医者さんが前にこぼしていました。
大学の試験にないからと、医学生なのに高校で高等生物(いわゆる生物II)を学んでいない者が多すぎて困るって。

医学部は理系と認識されていますが、その内容から考えれば、生物は本当は必須なんですよね。でも、受験科目に生物IIがない場合があって、生徒が生物を高校時代に選択していないケースが、多いのだそうです。生徒の責任だけでなくて、授業カリキュラムの関係で生物IIがとれないこともままあるそうなので、生徒を責めてもかわいそうなのですが。
実際には、医学部にきてから、生物が必要だったのだと知る生徒も多くて、安易に成績が良いからと物理や化学(これはこれで薬を扱う以上、医学部生にとって必須らしいですけどね。)を選択しているケースがほんどだそうです。

つまり理系で、受験科目になくとも、生物も化学もどちらも必須教科として学んでくるべきだと考えられるものもいるんですよ。

また文系で言えば、日本史を専攻しているのに、大学の受験に必要ないからと、高校で古文IIや漢文IIを学んでいない生徒もいます。
しかし日本史の文献を研究する上では、受験科目になかったとしても、古文や漢文を学んでいないと、はっきりいってかなりのハンディーです。
教育学部の国語を専攻していて、高校で日本史を学んでいない生徒も多いですけれどね。(やはり古文や国語史に関係してくるので、これまた受験科目になくても日本史は必須なんですよ)

それから自分の大昔の話をすれば、文系でしたが、高校2年までは、現代社会(公民)と地理と日本史を選択していました。高校3年では受験科目として現代社会と地理を選択したので、日本史は半分までしか学んでいません。でも半分は勉強した形です。



ところで、高校の勉強は、大学を受験するためにあるのではなく、進学を前提とした普通科であったとしても、学ぶ教科は大学受験のためだけに設定されたものではありません。

そんなことを言っていたら、一般の学部試験には、保健体育も家庭科(昔は男子は武道などの体育でしたが)も芸術(音楽・美術・書道など)だって全く必要ないんじゃないですか?
高校でこれらを学ばなかった人の方が珍しいと思うのですが。

主治医のお医者さんが前にこぼしていました。
大学の試験にないからと、医学生なのに高校で高等生物(いわゆる生物II)を学んでいない者が多すぎて困るって。

医学部は理系と認識されていますが、その内容から考えれば、生物は本当は必須なんですよね。でも、受験科目に生物IIがない場合があって、生徒が生物を高校時代に選択していないケースが、多いのだそうです。生徒の責任だけでなくて、授業カリキュラムの関係で生物IIがとれないこともままあるそうなので、生徒を責めてもかわいそうなのですが。
実際に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報