ファンタジー系の本で面白いものを探しています。読んだ事があるのはロードス島戦記シリーズとクリスタニアシリーズです。この本のように世界観がよくでているものがいいです。あと風の大陸も少し読んだ事があるのですがあまりしっくりこなかったです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

J・R・R・トールキン著


「指輪物語」全6巻 評論社
ファンタジーの基本ということで。

あ、「ホビットの冒険」上下巻 岩波少年文庫
を先に読んどいた方が良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

指輪物語は読もうと思いましたがどうも外国文学はてがでなくて。りがとうございます。

お礼日時:2001/04/01 03:08

ソードワールドと言う小説がロードスとクリスタニアと同じ世界の話です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ソードワールド聞いたことがあります。ゲームにもなってましたね。

お礼日時:2001/04/01 03:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近読んだ本 2016年に読んだ本で、オススメなのありませんか??

最近読んだ本

2016年に読んだ本で、オススメなのありませんか??

Aベストアンサー

『君の膵臓をたべたい』 住野よる
『朝が来る』 辻村深月
「羊と鋼の森」宮下奈都

Qロードス島戦記について

新しく発売された新ロードス島戦記(4)を購入しました。
そのときに書店に書かれていた文章について質問があります。

ロードス島戦記でのメインキャラである
パーンとディードが「リユイ」にも出てきたとありました。

どの巻で出てきたのでしょうか?

つながり世界観って結構気になるのでどの程度出てきて
読んだほうがいいものなのかと思っています。

でも、「リユイ」も巻数がありますからね。
ネタばれはほどほどで。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2のmshr1962です。すみません1巻抜かしてました。
「砂塵の国の魔法剣士」の後に「賢者の国の魔法剣士」が発売されてます。

リウイとロードス島戦記の関連ですが
リウイのいるのがフォーセリア(大陸)でロードス島は北にある島です。
魔神戦争のあおりでロードス島がフォーセリアから切り離されたという設定
ですので使われる魔法はまったく同じです。
カシュー王はフォーセリアの貴族の出身といわれてます。

リウイがロードスに渡るのは「賢者の国オラン」での活動で、魔神を封印するアイテム探しのためです。
あらすじが角川のサイトにありますので知りたければご覧ください。
http://www.kadokawa.co.jp/fujimi/sp/riui/index.html

参考URL:http://www.kadokawa.co.jp/fujimi/sp/riui/index.html

Q「ロードス島戦記」「フォーチュン・クエスト」の初出は?

タイトル通りなのですが、上記2作品の初出はいつ・どこでなのか分かりますか?

Aベストアンサー

ロードスの一番最初は、コンプティーク(角川書店発行のゲーム雑誌)に掲載された
ダンジョンズ&ドラゴンズのルールを使ったゲームリプレイだと思います。
参考URLによると1986年8月だそうです。
小説は、このリプレイを元に書かれたと記憶しています。
(リプレイよりあとに小説が出たのは確かです)

フォーチュンはちょっとわからない(書き下ろしなのか雑誌掲載の収録なのか忘れてしまって・・・)ので
はっきりはしませんが
作者の深沢美潮先生のサイト(http://www.fuzzball-inn.net/)によると
第一巻が1989年12月1日発行とのことなので
少なくともこの日か、(雑誌に掲載されたなら)それ以前だと思います。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Playtown/8080/dd/aboutdd/injapan.html

Q学生時代に読んだ本、読んでおきたい本

ただいま大学1年なのですが、どんな本を読んでおいた方がいいですか?おすすめできる本がありましたら、教えてください。
ちなみに、この3ヵ月で読んだのは「国家の品格」「博士の愛した数式」「風の男 白洲次郎」で、あまり長い本は苦手で、読むスピードは遅い方だと思います。

Aベストアンサー

「大国の興亡」ポール・ケネデイ
「文明の衝突」サミュエル・ハンチトン
「銃・病原菌・鉄」ジャレド・ダイヤモンド
どれも、分厚い本です。
私は、これらの本をおすすめしますが?
要らんお節介かも知れませんし、他の人はどんな本が良いか尋ねてみたいと質問されたこととは思いますが、大学生になれば自分で読みたい本を探すべきです。
新聞の本の広告とか、新聞の書評とかをみる。本屋に行って何か面白そうな本はないか探してみるべきだと思いますよ。

Qこれは絶対読むべき!なファンタジー小説。お勧めな本を教えて下さい

最近読書にハマってしまい、読みたい衝動に駆られるのですが中々ツボにハマるものがありません。
今まででこれはヤバイと思えるような渾身のお勧め本を教えて下さい。
参考までに好きな作家さん達です。一冊1、2時間内で読めるのが好きです。

上橋菜穂子:全部好き
水野良:フォーセリアシリーズ全般
冴木忍:カイルロッド
西尾維新:戯言シリーズ、物語シリーズ
ブリアン・ペロー:アモス・ダラゴン

Aベストアンサー

好みは人それぞれですが、印象に残っている作品を挙げておきます。
(他の方が挙げられてるのは、省きますね)

「これは王国のかぎ」荻原規子(理論社)
異世界ファンタジー。1冊完結で、長すぎず短すぎず。

「童話物語」向山貴彦(幻冬舎文庫)
上巻を乗りきると面白い。

「デルフィニア戦記」茅田砂胡(中公文庫・またはC★NOVELSファンタジア)
シリーズとしては長編ですが、1冊は1,2時間で読めるかと。泣いて笑えるファンタジー。登場人物も魅力的。

「竜の眠る海」金蓮花(コバルト文庫)
シリーズもの。世界観がよく練られているのと、作品の雰囲気がいい。特に1作目はお薦め。

シリーズものやら、上下巻だったりですが、1冊は2時間程度で読めるかと思います。
「渾身」のお薦め、というと冒頭で書いたとおり好みは人によって違いますので自信満々とはいきませんが、参考までにどうぞ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報