【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

1ヶ月程前、飲み物を買おうとコンビニに自転車で寄ったところ、停めた自転車が倒れてしまい、自動車(BMW)のボンネットにぶつかり、傷をつけてしまいました。部分修理はできないと言われ、板金塗装で13万ほどかかると言われました(BMWのディーラーで見積もった金額です)。相手の車両保険(三井ダイレクト)を使えないか打診したところ、車両保険を使っても、三井ダイレクトから全額私に請求がきてしまうとのことでした。相手の方は、以前自分が車を壁にぶつけた時の傷でも、ボンネットを取り替える事になるので、それで車両保険を使うので、免責5万と保険料値上がりの2万ほどをみて欲しいと言われ、振込みました。それで万事終了と思っていたのですが、自転車をぶつけた部分の傷を見た三井ダイレクトから、あの傷は板金塗装では直らない。ボンネットごと交換しないといけない傷です。新たに私に請求しましょう、との回答がありました。車両保険を使わず、13万程支払うのが一番良い方法なのでしょうか?いったい、保険をつかっても、修理費が請求なんてことがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あーもう保険に詳しい人物を間に入れないで当事者同士で話をすすめるからこんなヘンなことになったのでしょう。



自動車保険というのは、等級というのが決められています。保険を使わないで契約を更新すると等級がひとつ上がり、保険料が少し安くなります。一方、事故で保険を使うと等級は3ダウンして、そのぶん保険料は上がります。
で、自分の車を直すとなるとそれは車両保険を使うということになるのですが、その車両保険に免責金額の5万円を設定しているので、その免責金額分と等級ダウンによる保険料の差額分を支払ってくれということになったのでしょう。

しかーしそこに疑問点が多々存在します。本来であれば、修理費は全額質問者さんの負担です。なぜなら、傷をつけた原因は質問者さんにあるからです。だから、本来13万円払わなければならない。けれども相手は自分の車両保険を使って修理をするということにしたわけです。それであれば、その傷は相手が自分で壁にこすってつけたような事故として扱われるはずで、それなら相手の保険会社と質問者さんは関係ありません。単独事故扱いになるはずです。

まずもって(質問者さんには幸いなことですが)相手も相当算数に弱いです。例えば相手がもし10等級なら、保険を使うので翌年の契約は7等級になります。しかし、本来であれば11等級になるはずです。相手は翌年7等級になった後に8、9、10、11と上がってゆくのでそこはトータルの保険料で考えなければならないんです。唯一納得いく答えは相手が20等級だった場合ですが(その場合は再来年にまた一番安い保険料になる)。

それと相手保険会社が質問者さんに請求書を回す意味が分からない。おそらく、相手保険会社は単独事故扱いにしないであくまで一旦修理代を立て替えて質問者さんに請求するつもりなのでしょう。もしそうなら、相手は保険料が上がらないはずで、保険料値上がりの2万円は「騙し取られた」となります。相手保険会社は事情を知っているんですか?そもそも、そこの保険会社は保険料が安いことが有名で、安いだけあって悪い評判しか聞きません。自分の顧客に対してすらコンプライアンスをろくに守らない会社だからよく気をつけたほうがいいですよ。
そもそも質問者さんは三文判でも判子を押すような示談書を取り交わしたのでしょうか。口約束だけでお金を振り込むからこうなるんです。

ポイントは以下の通りです。
・相手の修理代金は全額質問者さんが支払わなければなりません
・本来相手は車両保険を使う必要はありません
・車両保険を使って等級を下げるなら単独事故扱いにしているはずです
・単独事故扱いならどのような修理をするかを決めるのは保険会社であり、その支払いに質問者さんが応じる必要はありません
・単独事故扱いにするなら保険会社の同意が必要です
・単独事故扱いにして、免責金額分と増額する保険料分を質問者さんが負担することで示談とする方法もあります
・しかしそうするなら、文書で示談書を交わすのが確実です
・お金のことは、面倒でもちゃんとやらないとこういうトラブルになります

<アドバイス>
「個人賠償責任保険」に入っていませんか。火災保険や傷害保険にほとんど付いているはずです(特に火災保険にはだいたい入っている)。それを使って相手の修理費を支払うことが出来ます。しかし、その場合は免責5万円と値上がり保険料2万円は全く支払う必要がないので、相手から返金してもらう必要があります(だから勝手に振り込むことを非難するのです。個人賠償責任保険は使っても保険料が上がらないので質問者さんのお金の負担はゼロで構わない)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
単独事故扱いにして、免責と増額の保険料を支払うことで話はついていたのですが(父の車の保険会社の人に間にはいってもらいました)。傷の査定をした三井ダイレクトから、先方が以前車を壁にぶつけてボンネットに傷をつけた部分は、壁にぶつけたくらいでは、ボンネットに傷がつかない、知らずに他の車にぶつけられたのだろう。また、その事故の際じたラジエーターの割れも(先方は保険を使わないで直したそうです。それもまた不思議なのですが・・)経年劣化だろう。となり、私がつけた傷はディーラーで見積もりも出してもらったのですが、板金塗装では直らない、ボンネット交換だ、それを請求しよう。となっているのが現状です。
おっしゃる通り当事者同士で話を進めると余計ややこしくなりそうなので、父の車の保険屋さんにはいってもらうことにしました。月曜日早速三井ダイレクトに連絡をとってもらい、私はもうもともと自分のつけた傷を相手の自損で賄おうとしてたのが間違いだったのだ。私は私のつけた傷のことだけ考えようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/03 19:35

誤った回答があります。


まず、車両保険を使って修理をした場合、保険会社が賠償請求権を取得して(代位といいます)、加害者の過失分を加害者側に請求してきます。
この請求はけっこう厳しくて、支払わない場合は法的措置を講じてきます。

車両保険を使った場合、自動車保険の等級が次の満期更改時に3等級ダウンして、その分保険料が高くなってしまいます。
逆に、保険を使わなければ1等級アップして、保険料が安くなるか現状維持になります。
つまり、保険を使った場合と使わなかった場合では、4等級の開きが出てきますので、けっこうな損失になるのは確かです。
ただ、この損失は損害賠償に含めるべき性質のものではありませんので、本来支払う必要はありません。
しかも、いくら損になるかは将来的に保険料改定もあることを考えると、全く予測不可能な損失といえます。

結論を申し上げますと、振り込んだ2万円は修理費の一部としてもらって、残り11万円?を自費で負担したほうが得策です。
ボンネットごと交換する必要があるかどうかは甚だ不透明な部分ですので、知り合いに修理屋さんがいれば、修理費が妥当なものかどうかも含めて一度聞いてみてください。

こういった事故は、「個人賠償責任保険」というもので支払えますが、加入されていませんか?
ご自身が加入されていなくても、ご家族のどなたかが加入されていれば大丈夫です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「個人賠償責任保険」ですね、
私は傷害保険に加入しているので、事故の経緯を説明したのですが、この保険では適用されないとの事でした。
ただ、その他に父が傷害・火災保険に加入しているので、こちらでもう一度確認してみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/03 19:40

> 1ヶ月程前、飲み物を買おうとコンビニに自転車で寄ったところ、停めた自転車が倒れてしまい、自動車(BMW)のボンネットにぶつかり、傷をつけてしまいました。



 これは100%質問者様の方に賠償責任があるでしょう。

> 相手の車両保険(三井ダイレクト)を使えないか打診した

 車の車両保険というのは主に車の所有者が自損事故や盗難などの場合に使うものではないでしょうか。自分に賠償責任がある場合には自分の『賠償保険』を使うのが普通と思います。

> 免責5万と保険料値上がりの2万ほどをみて欲しいと言われ、振込みました。

 ここで話が見えなくなります。おそらく相手側の善意?なのでしょうが、なぜ相手方の車両保険の『免責』だの『保険料の値上がり』が関係してくるのかわかりません。

> 自転車をぶつけた部分の傷を見た三井ダイレクトから、あの傷は板金塗装では直らない。ボンネットごと交換しないといけない傷です。新たに私に請求しましょう、との回答がありました。

 保険会社が何故このようなことに介入してくるのかも疑問です。通常、はっきりした賠償責任者が他に存在するのに自損事故扱いで保険請求したら詐欺行為ではないでしょうか。。

> 車両保険を使わず、13万程支払うのが一番良い方法なのでしょうか?

 普通は被害者側の保険を使うなどということは考えられません。

> 保険をつかっても、修理費が請求なんてことがあるのでしょうか?

 質問者様が『個人賠償保険』みたいなものに入っていれば、それを使えば修理費用はその保険の会社が支払うことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私がつけた自転車の傷以外に、先方が以前車を壁にぶつけた時バンパーやボンネットにつけた傷がありました。先方のつけた傷を直すには、ボンネットの交換が必要で、私のつけた傷も必然的になくなります。なので、自損で処理する代わりに、その保険代を私が持つことで話が決まり、その費用を振り込みました。しかし後日傷を査定した保険会社から、壁にぶつけたくらいでは、ボンネットに傷はつかない。あれは知らないうちに他の車にぶつけられたのだろう。また、私の自転車の傷は板金塗装では直らない、ボンネットの交換をしなければならないから、その費用を私に請求しよう。と言われたそうです。
でも、この回答を見て、先方の傷があったにせよ、私がつけた傷を相手の車両保険で賄おうとすることが違っていることなのだと思いました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/03 19:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング