ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

もうすぐタイヤの交換時期を迎えます。
快適性や省燃費を中心に選ぼうと思っています。

その目安の一つとしてタイヤラべリング制度も参考にしようと思いますが、これはどのように評価したらよいのでしょうか?
http://www.michelin.co.jp/Home/Buying-Guide/Whic …

最高ランクを求めているわけではありませんが、そこそこ満足できるものを、と思っています。

A 回答 (4件)

>理屈は分るのですが、じゃあAランクだったらどれくらいなの?ということが分かりません。



・・・ランク付けは同じ基準でテストした物を比較材料とする為に付けているだけで具体的数値の表示は余り意味を成しません(当然きちんとした基準はありますが)。装着する車によっても大きく変わりますので。同条件であればA社のaというタイヤとbというタイヤを比較してどちらがいいか、或いはA社のaというタイヤとC社のcというタイヤのどちらがいいか(あくまで表示されている項目の性能のみに関してだけですが)、その程度の比較材料にしかなりませんので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
やはりその程度でしたか。
自分はAにした方がいいのか、Bでもいいのか、何の参考にもなりませんね。
結局、今までと同じように、メーカーの謳い文句と値段で決めてしまいそうです。

項目も増えて、もう少し普及すれば多少は参考になるかもしれませんね。

お礼日時:2010/04/03 20:34

ラベリング性能はタイヤの転がり抵抗とウエットグリップ性能を等級付けしたモノです。


転がり抵抗は文字通りタイヤが転がるときの抵抗で小さいほど燃費は良くなります。
ラベリングではAAAが一番よくAA→A→B→Cの順です。
ウエットグリップ性能は路面が濡れているときのタイヤが路面をグリップする性能で、
路面状態が良くないときのブレーキ性能にききます。
ラベリングではaが一番よくb→c→dの順です。
ですのでラベルの左の方に行くほどいいと考えていいでしょう。
あとは予算とタイヤに求める性能(燃費なのかグリップ性能なのか)で決めればいいと思います。

ブリジストンのエコピアEX10が転がり抵抗とウエットグリップ性能をそこそこ両立していて、
しかも比較的リーズナブルなのでオススメですね。

参考URL:http://www.bridgestone.co.jp/tire/ecopia_ex10/in …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
理屈は分るのですが、じゃあAランクだったらどれくらいなの?ということが分かりません。

お礼日時:2010/04/03 08:11

今まで各タイヤメーカー毎の○○%燃費向上!とうたっていた


「エコタイヤ」や「低燃費タイヤ」を同じ基準で表示しましょう
って事らしいですね。
なので、申請してテストを通過すれば、これから各メーカーの低燃費タイヤには
あの緑色のラベルが貼付されていくんでしょうね。
No1さんの見解通り、摩擦抵抗を減らす=ころがり抵抗が小さい
それでいてグリップ性能も落とさない=低燃費ってことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
理屈は分るのですが、じゃあAランクだったらどれくらいなの?ということが分かりません。

お礼日時:2010/04/03 08:11

エコタイヤとは道路との摩擦が少ない事でエコ性能が向上する。


しかし摩擦が低減すれば道路とタイヤのグリップ力は低減する。

この相反する特性を両立すれば、グリップ力の高いエコタイヤと言う事になる。

・・・・と言う意味ではないでしょうか。
私は「タイヤラべリング制度」は勉強不足で知りませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
理屈は分るのですが、じゃあAランクだったらどれくらいなの?ということが分かりません。

お礼日時:2010/04/03 08:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング